エアコン 臭い すっぱい。 エアコンを入れると酸っぱい臭いがする車の臭いを取る方法はこれだ!

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

エアコン 臭い すっぱい

見出し• エアコンのすっぱい臭いの原因は? エアコンは室内の空気を吸って循環して送り出しているため、ホコリや汚れの素となるものも一緒に吸い込んでしまうことで、運転しているとフィルターや内部にもだんだん汚れが溜ってきてしまいます。 また、運転しているとエアコン内部に水が発生し、吸い込んだ汚れと水が反応してすっぱい臭いを発することもあります。 一番の原因として考えられる臭いの発生元は、吹き出し口内部のカビです。 ホコリと水があることでカビが発生しやすい環境が整っているため、放置するとアッと言う間にカビが増殖してしまいます。 これは、内部の十分に乾燥しきれていないということです。 しかし、カビからすっぱい臭いがするのかと思ってしまいますが、アルカリ化したカビが原因と考えて間違いないでしょう。 他にエアコンが臭くなる原因としては、たばこのヤニ、キッチンの近くであれば料理油の臭い、寝室であれば寝汗の臭いなど、環境によってさまざまな生活臭や汚れが臭いの原因となっているのです。 エアコンのすっぱい臭いを取り除くには? エアコンから臭いがしてくるということは、汚れやカビなどが発生している可能性があることがわかりました。 人に不快感を与えるエアコンの臭いをそのまま放っておく人は居ないと思いますが、その臭いは、健康面や家計にも悪影響を及ぼすので早急に臭いの元を取り除かなくてはなりません。 クリーニング機能を使う 自動クリーニング機能が付いてる機種であれば、定期的に自動でクリーニングが行われているはずなので、びっくりする程汚れていることはないでしょう。 しかし、臭いが気になりだしたら、クリーニング機能を使って内部の掃除をしてみましょう。 自分でフィルターの掃除をする エアコンに自動クリーニング機能が付いていない機種の場合は、定期的にフィルターの掃除が必要になります。 ホコリが付いていると、風を送るときに無駄に電力を使うので電気代も多くかかってしまうのです。 家計のためにも定期的に行うことをおすすめします。 風の吹き出し口を掃除する エアコンの風の吹き出し口は、カビが発生しやすい場所となっています。 精密機械のため水気は厳禁です。 固く絞った雑巾でプラスチック部分だけ、拭き掃除を行いましょう。 臭いの放置は人体に影響を及ぼす?! 臭いを放置することで健康面でも悪影響があるかも知れません。 臭いで・・・?と思う方もいるかもしれませんが、なぜ臭いがするのかと言うことを思い出してもらうと分かりますよね。 では、具体的にどのような人的被害があるのかみていきましょう。 アレルギーや喘息 エアコンの内部に発生したカビを長期間放置することで、成熟したカビは胞子を飛ばします。 その胞子は、エアコンの風に乗って部屋全体へと散らばり体内へ侵入し、 アトピーや肺炎、 アレルギーなどを引き起こす原因にもなります。 感染症 小さな子供やお年寄り、また若い人でも風邪や熱で抵抗力が無くなっている時に脳や肺などの重要な役割を果たしている器官にカビの胞子が侵入してしまうと、 真菌感染症という感染症にかかってしまう恐れがあります。 カビ中毒 エアコンから排出されたカビが食べ物に付着し、カビが作り出した毒性物質の カビ毒を食べてしまうことで起こる中毒です。 食後に症状が出るものではなく、長い年月をかけて発症する 慢性疾患で、ガンや肝臓、腎臓に障害があらわれます。 「自動掃除付きエアコン」は何もしなくて大丈夫? エアコンにもさまざまな機能がありますが、その中でもフィルターと熱交換器の自動掃除機能とがあります。 この自動掃除機能が付いている機種であれば、全く掃除をしなくても大丈夫のでしょうか? 全くの掃除不要と勘違いしている人が多いと思いますが、結論か言うとあくまでもフィルターと熱交換器の自動掃除機能なので、他の部分のお手入れは必要となります! フィルターをすり抜けた細かいホコリやカビの胞子は、内部の冷却フィンなどに蓄積され、冷却運転することでエアコン内部に結露が発生し、蓄積されたホコリを餌にしてカビが増殖するので、自動掃除機能だからといって掃除を怠ると内部はどんどん汚れてしまいます。 では、掃除機能のない安い機種にしてもいいのでは・・・?と思た方もいるのではないでしょうか? やはり、自動掃除付きとそうでない機種では使用していて全然違います。 自動掃除機能付きエアコンは、運転終了後にまずはフィルターの掃除と熱交換器の掃除・乾燥を行います。 この機能によって、フィルターの掃除はほとんど必要ありませんし、熱交換器の乾燥機能のおかげで数年使用したエアコンでも嫌な臭いは一切しないという声もあります。 エアコンのカビ対策!内部をしっかり乾燥させよう! エアコンのカビ対策には、エアコン内部の乾燥が効果的ということが分かりました。 対策には、 毎日行うものと 月に2回程度行うものがあります。 毎日10分間の送風運転 エアコン内部の結露を防ぐには、冷房運転を停止する前に送風運転を10分ほど行いましょう。 送風運転を行うことで、エアコン内部の温度が室温と同じになり、こもった空気や湿気を追い出すことが出来ます。 また、送風モードは扇風機ほどの電気代しかかからないので、クリーニングや買い替えになるくらいなら、毎日の送風を習慣にした方がよっぽど経済的ではないでしょうか? 月2回程度の暖房運転 30度に設定した暖房で30分くらい運転し、エアコン内部を乾燥させてカビを外へ追い出しましょう。 送風機能がついていない機種のカビ対策は? 送風機能が付いていない機種の場合は、温度調節で送風していきましょう。 やり方は、20度の設定で冷房運転していた場合、この設定温度を28度くらいまで上げると、冷気が出てこなくなり送風だけが行われるようになります。 まとめ 暑いときや寒いときに活躍するエアコンですが、臭いが出てきたら要注意ですね。 カビの発生には注意してしっかりと清掃を行い快適に使用しましょう。

次の

エアコンのすっぱい臭いはカビが原因!?掃除で消す対策方法まとめ

エアコン 臭い すっぱい

エアコンの臭い暖房運転したらクサイその原因は? 一般的に、 エアコンの暖房運転をした時の臭いの原因は、 「カビ」「雑菌」「埃」が主なものです。 POINT! 夏などにエアコンの冷房機能などを使った際に出てくる水分が エアコンの本体の中に残り、 それが原因で臭いの原因となることが多いです。 掃除などで、臭いを消そうとしますが、 その前に、エアコンが臭くなりにくくするために できることがあります。 それは夏などにエアコンや除湿を使ったら、 その都度、送風などの機構を一定時間(30分ほど)、 行っておくというものです。 この「送風」により、 エアコンの中に残る水分を減らすことができます。 水分が減ることで、臭いの原因の一つである、 カビなどの発生を減らすことができます。 エアコンの臭いの対策は? 基本的に、 エアコンの臭いが気になる時に、すぐにできる対策としては、 窓を開けた状態で温度を高くした暖房運転を続けるというものです。 ただし、窓を閉め切ったままでは、 臭いがエアコンも含めて、部屋の中を巡回して、 臭いが部屋の中に籠ってしまいます。 窓を開けながら暖房運転をすることで、 臭い空気が外の空気と入れ替わります。 しかし、そういったことでは根本的な解決にはならないので、 時間のある時に臭いの原因の対策をする必要があります。 最も望ましいことは、専門の業者に頼み、 分解清掃をしてもらうことです。 専門業者ですと、素人ではできないような部分までやってくれますし、 作業の質も高いので臭いの元を断つことができます。 ただし、専門業者にお願いする為、少し値が張ってしまいます。 我が家でも一度だけ、ダスキンさんにお願いしたことがありますが、 2台で、4万円ほどかかりました。 でも、毎年、ダスキンさんにお願いする訳にも参りません。 やはり、あまりお金をかけないでやりたいところです。 自分でできる対策としては、簡単な清掃があります。 自分でエアコンの清掃をするための道具なども いくつか売られています。 スプレー式のものなどが一般的なものです。 スポンサーリンク 外せるものは、全て外します。 前カバー、フィルター、ルーバーなどは 簡単に外すことができます。 ルーバーとは、エアコンの電源を入れると動き出し、 風の方向などを調整するために働くパーツです。 ルーバーは機種によっては外しにくい場合もあります。 それらを洗浄し、乾燥させます。 しっかりと乾かすことが大切です。 それと並行して、スプレー式のもので、 エアコンの本体のアルミフィン(熱交換器)の部分の清掃を行います。 液だれなどの危険性があるので、 エアコンの下に新聞紙などを敷いてから行うことをおすすめします。 外せない部分も濡れ雑巾で拭いたり、 綿棒や歯ブラシ、つまようじなどで細かい部分まで掃除を行い、 臭いの元を根絶させます。 汚れを取るなど掃除のタイミングは、 エアコンを使い出す夏前ではなく、 暖房を使い出す前の秋に行った方が効果的です。 理由は、冬に良よく行われる暖房運転では、 エアコン内に水分などはあまり発生しません。 その為、カビや雑菌などの発生はほんとんどなく、 さほど汚れていない状態です。 しかし、夏にエアコンなどを使った後の秋は、 様々なもので汚れている状態です。 そういったものをきちんと掃除しないまま、 寒くなった時に使用することで、 様々な臭いが発生することになります。 すっぱい臭いの原因と対策は? 基本的に、 すっぱい臭いは雑菌臭が原因です。 エアコンの中に残った水分が色々なものと反応する中で、 雑菌が発生し、それが臭いのもととなっていると考えられます。 この臭いの対策をする為にも、 既にご紹介したやり方で清掃をしていくことが必要です。 最近、「お掃除機能付き」エアコンなどが 売られているのを見た事があると思います。 テレビのCMなどでもよくやっています。 少し高いのですが、何となく良さそうなので、 その機能を搭載したエアコンの売れ行きは上々のようです。 しかしながら、残念なことに、 そのようなエアコンを設置したからといって安心はできません。 なぜなら、こういったエアコンは、 一般的にフィルターのお掃除をしてくれるというものだからです。 フィルター以外の部分は通常のエアコンと同じで、 掃除をしてくれる訳ではありません。 臭いの原因は、勿論、フィルターであることもありますが、 それ以外に原因があることも多いです。 そういう理由で、「お掃除機能付き」エアコンだからといって 安心はできないのです。 まとめ この記事では、エアコンの暖房運転した際の臭いについて その原因と対策について、詳しくまとめました。 なかなかエアコンの臭いは手強いです。 できるだけ夏の時期から使用後に送風を行い、 エアコン内の水分を減らし、カビの発生を防ぐなど 対策をうっておかれることをおすすめします。 そうすれば、いざエアコンの暖房運転を始めたとしても、 嫌な臭いで悩まされることを防ぐことができます。 本記事をきっかけに、エアコンの臭い対策を行って、 冬の間、快適に過ごされることができましたら幸いです。 最近の投稿• 最近のコメント• に forourhappylife gmail. com より• に 田村 より• に forourhappylife gmail. com より• に 匿名 より• に forourhappylife gmail. com より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

エアコン 臭い すっぱい

古い車はエアコンフィルターが付いてない車もあります。 エアコンフィルターの交換が必要な3つの理由 エアコンフィルターの交換が必要となる主な理由は主に3つあります。 汚れがたまる• 風量の低下• カビの発生原因 汚れがたまる フィルターを通すことによって、外気の空気をろ過する訳ですが、車が走行する道路(車道)は、巻き上げる砂埃や排気ガス等により、住宅用のエアコンを使う環境よりも空気中のゴミや汚れが多い環境なので、当然、住宅用のエアコンフィルターよりも汚れます。 風量の低下 フィルターは風の通り道です。 フィルターにゴミや汚れが溜まってしまうと、風の通り道が塞がれてしまうので、風量が低下します。 カビの発生原因 暑い夏は冷房、寒い冬は暖房、と、車のエアコンは一年中働いています。 使用状況にもよりますが、 汚れが溜まり、さらにフィルターが湿気を含んだ状態では、カビの発生や、悪臭の原因になります。 汚れてカビたフィルターを通った空気を車内にまき散らしていると思ったら精神衛生上よろしくありませんね。 定期的なフィルターの交換は花粉等の対策にも エアコンフィルターによっては、花粉などの微細なアレルギー物質の除去に対応した物や、防臭効果のあるもの、以前から話題になっているPM2. 5やウイルス、黄砂等をろ過してくれる高性能な商品もあります。 花粉症やアレルギーをお持ちの方、または、小さいお子さんがいる方は、特に定期的な交換をおすすめします。 また、ドアを開閉する以上、車内に花粉や菌を取り込んでしまうのを完全に防ぐことは出来ませんが、除菌作用のある消臭スプレー等を併用するのも一つの方法です。 塗布されたビタミンCセラミックスから、ビタミンCを放出。 5㎛粒子などの微粉塵をブロック。 フィルターで捕捉したウィルスの活動を抑制。 新開発の活性炭が嫌な臭いをカット。 フィルターで捕捉した菌・カビの繁殖を抑制。 定価では、¥5,000~6,000する高性能タイプですが、ネットで購入すれば、非常にお得に購入できますよ。 フィルターの交換は簡単です。 自分で出来ます。 一般的なエアコンフィルターの交換は簡単です。 (一部の車種では少し面倒な車もあります) 大まかにいえば、 助手席のグローブボックスを取りはずします。 あとは、フィルターのフタを外せば、 エアコンフィルターが出てくるので、新品と交換するだけです。 フィルターを交換しても臭いが改善されない場合。 長期間フィルターを交換していなかった場合は、フィルターを交換しても臭いが取れない場合もあります。 そんなときは、エアコン(エバポレータ)の洗浄とエアコンフィルター交換をセットですることで改善されると思います。 フィルターを通った後、エアコンの風は、エバポレータという部品を通ります。 このエバポレータはキンキンに冷えていて、通過することで空気が冷やされると同時に、エバポレータのフィンが空気中の湿気を奪います。 これによってガラスの曇りが取れたりするんですね。 このエバポレータにフィルターで取り切れなかった汚れや、カビの菌などが蓄積されてしまうと、フィルターを交換しても、臭いが取れない原因となります。 こういったことからも、エアコンフィルターは定期的な交換が必要なんですね。 フィルター交換と併せて洗浄しましょう エアコンが臭いからと言って 消 臭剤や 芳香剤で 誤魔化しても意味ないですからね。 特に、芳香剤なんかは、むしろカビ臭と合わさってもっと臭くなっちゃいます。 逆効果です。 エバポレータの洗浄に関しては、カーエアコン用の洗浄剤などが販売されていたりしますので、自分で作業することも可能ですが、車種によっては内装の取外しや、専門的な知識が必要になるケースもあります。 心配な方は、整備工場にお願いするのをおすすめします。 まとめ:臭いの元を断ちましょう 車のエアコンが臭いと感じたら、まずはエアコンフィルターを疑いましょう。 エアコンフィルターは定期的(約1年毎)に交換が望ましいです。 特に、花粉症の方やアレルギーをお持ちの方は、お出かけ前に交換を検討されてはいかがでしょうか? 快適な愛車でお出かけを楽しみましょうね。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の