エアームド スーパー リーグ。 【ポケモンGO】まろが選ぶスーパーリーグ3体パーティ(まろパ)

[ポケモンGO]エアームド・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。はがね+ひこうという手堅い複合タイプ

エアームド スーパー リーグ

チルタリスの弱点はこおり、いわ、ドラゴン、フェアリーです。 列挙されたポケモンだと、以下は使えそうです。 おなじくナマズンもゲージ技にふぶきがありますが、ドラゴンは等倍ですし、ふぶきは発動までに時間がかかるので、対チルタリスだけを考えると候補から外れるかと思われます。 なお、チルタリスに対してチルタリスを充てるとなると消耗戦ですので、技、個体値が効いてくる事になるのでしょう。 エアームドの弱点はでんき、ほのおです。 列挙されたポケモンだとタイプ相性と技の点から使えそうなのはレアコイルくらいでしょうか。 スーパーリーグではナマズンやマリルリなどが良く使われるますが電気技はこれらにばつぐんを取れるので面白いかも知れませんが、そもそも防御、HPが低いのが気になりますね。 以上、それぞれのポケモンとの相性だけを考慮して記載しましたが、対戦自体は3体のポケモンの組み合わせとなるので、そう単純ではない事はお分かりかと存じます。 私もスーパーリーグはほとんど勝てないので、色々考えて頑張りましょう。 まずは、砂を貯めて技を解放するのが勝利への近道かと それでもシンドイですが。

次の

【ポケモンGO】エアームドの種族値と覚える技

エアームド スーパー リーグ

チルタリス,デオキシス ディフェンス ,マリルリ チルタリス デオキシス ディフェンス マリルリ ドラゴン ひこう エスパー みず フェアリー SCP:1697 SCP:1706 SCP:1775 総評 等倍の打ち合いに強く幅広く対応できる チルタリスを中心に組んだパーティ。 二体目にはチルタリスが弱い 岩・鋼・氷タイプに強く技範囲が優秀な デオキシスを採用した。 ただしこの二体では相手の ブラッキー・ヤミラミへのケアが甘いため単体性能の高い マリルリを三体目に採用した。 オプション 相手の フェアリータイプを対策したい場合はチルタリスを エアームドにする選択肢もある。 マリルリの技構成には相手の鋼・悪タイプとマリルリのミラー対面を意識してじゃれつくとハイドロポンプを選んでいるが、マリルリの ゲージ技の中で一番早く発動できて草タイプへの有効打となる れいとうビームを採用する選択肢もある。 トロピウス,レジスチル,マッギョ トロピウス レジスチル マッギョ くさ ひこう はがね じめん でんき SCP:1719 SCP:1788 SCP:1715 総評 相性補完が良くそれぞれの単体性能に優れている トロピウスと レジスチルを軸にしたパーティ。 トロピウスが弱い岩・飛行タイプにレジスチルが強く、レジスチルが弱い地面・格闘タイプにトロピウスが強いためこの二体は相性が良い。 しかしこの二体では相手の レジスチルへのケアが甘いため三体目には トロピウスと相性の良い マッギョを採用した。 オプション マッギョの通常技は ミラーやレジスチルにより強くしたい場合はでんきショックを マッドショットにする選択肢もある。 また レジスチルへの対策としてマッギョを採用しているが、相手の マッギョやガラガラ アローラ を対策したい場合は ナマズンにする選択肢もある。 チルタリス,ラグラージ,レジスチル チルタリス ラグラージ レジスチル ドラゴン ひこう みず じめん はがね SCP:1697 SCP:1508 SCP:1788 総評 通常技が優秀で等倍でのダメージレースに強い チルタリスを中心に組んだパーティ。 二体目に チルタリスと相性補完が良い ラグラージを採用(チルタリスが弱い岩・鋼タイプにラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにチルタリスが強い)。 ただしこの二体だと フェアリータイプやブラッキーへのケアが甘いので レジスチルで補っている。 さらに、レジスチルが弱い炎・格闘・地面タイプに対してチルタリスは耐性があるのでこの二体の相性補完は良い。 オプション 相手の ニョロボン・チャーレムを対策したい場合はラグラージを マリルリにする選択肢もある。 その場合は相手の鋼タイプへの打点として技構成にハイドロポンプを入れておきたい。 チルタリス,ナマズン,スリーパー チルタリス ナマズン スリーパー ドラゴン ひこう みず じめん エスパー SCP:1697 SCP:1642 SCP:1695 総評 等倍でのダメージレースに強い チルタリスを中心に組んだパーティ。 二体目には チルタリスと相性補完の良い ナマズンを採用(チルタリスの技が通らない鋼タイプや弱点をついてくる岩タイプにナマズンが強く、ナマズンが弱い草タイプにチルタリスが強い)。 ただしその二体だと相手の マリルリ・チルタリスへのケアが甘いため技範囲の広い スリーパーを三体目に採用した。 オプション 相手のエアームドを意識する場合はナマズンをラグラージにする選択肢もある。 マリルリ,エアームド,ナマズン マリルリ エアームド ナマズン みず フェアリー はがね ひこう みず じめん SCP:1775 SCP:1667 SCP:1642 総評 弱点が少なく相性補完が良い エアームドと ナマズンを軸にしたパーティ(ナマズンが弱い草タイプにエアームドが強く、エアームドが弱い電気・炎タイプやレジスチル・ダイノーズにナマズンが強い)。 ただしこの二体だと ブラッキーやチルタリスとのタイマン力で隙を見せるため三体目に マリルリを採用した。 オプション 相手の マリルリ・エアームドとのミラーを意識する場合はその並びにより強くするためにナマズンを ラグラージにする選択肢もある。

次の

【ポケモンGO】エアームドの色違いとおすすめ技&弱点

エアームド スーパー リーグ

「エアームド」の注目すべき点はタイプ耐性です。 耐性を持つタイプが10種類と非常に多く、かつ弱点タイプが「でんき・ほのお」2つのみという優秀さです。 しかも、 弱点となる「でんき・ほのお」のタイプ技を使うポケモンがスーパーリーグに少なめことも「エアームド」が活躍できる要因となっています。 そのため、PvP対戦で「エアームド」は 様々なポケモンの攻撃に耐えて相手のHPを削りつつ倒す、または次のポケモンへ有利な状況で交代するなど受け役として立ち回ることができます。 「かくとう・くさ」に強い 「エアームド」の覚える 「ひこう」タイプ技構成は威力・速さともに優秀で 「かくとう・くさ」タイプポケモンに刺さります。 「かくとう」タイプは「はがね」タイプポケモン対策として、「くさ」タイプはマリルリ対策としてよく選出されるため、 これらの対策ポケモンとして「エアームド」が活躍します! はがねタイプに有効打がない 「エアームド」の覚える技は性能としては優秀ですが、 「ひこう・はがね」タイプ技しか覚えることができません。 これらの技は 「はがね・でんき」タイプポケモンに対して耐性(ダメージが抑えられてしまう)となるため、効率よくダメージを与えることができません。 「エアームド」の技が有効となるポケモンの幅広さがないところはデメリットです。 おすすめ最適技 ノーマルアタックは「エアスラッシュ」がおすすめ ノーマルアタック(通常技)は性能を見ると「はがねのつばさ」もダメージ効率(DPS)が良く優秀ですが、 ゲージ増加の速い「エアスラッシュ」がおすすめです。 「エアスラッシュ」とすることで、優秀なスペシャルアタック 「ゴッドバード」を短い間隔で撃つことができます。 「ゴッドバード」は必須 スペシャルアタック(ゲージ技)では 「ゴッドバード」が非常に高性能です。 ダメージ効率(DPE)も高く少ないエネルギーで素早く相手に撃つことができます。 技開放は無理にする必要なし スペシャルアタック開放の対象となる技は、必然的に「ゴッドバード」とタイプが同じとならない「ラスターカノン」になります。 しかし 「ゴッドバード」より「ラスターカノン」が有効となる場面・ポケモンがそれほどありません。 「ほしのすな」を節約したいときは無理に開放せず「ゴッドバード」のみで様子見するのもアリです。 エアームドの技 全てに耐性あり• 「でんき」タイプ技がに効果抜群 「はがね」タイプポケモンでダメージ抑制 「エアームド」は覚える技のタイプが「はがね・ひこう」のみです。 そのため、 「はがね」タイプのポケモンに対する攻撃が 全て「効果いまひとつ」となります。 そのため 「レジスチル」「トリデプス」「メルメタル」などを相手にすると効率よくダメージを与えられません。 これら「はがね」タイプポケモンを出して、 等倍以上のダメージとなる技を入れて攻めることで有利な状況になります。 「でんき」タイプ・技ポケモンも対策になる エアームドに効果抜群となる 「でんき」タイプ技を持つ「アローラライチュウ」や「マッギョ」も非常に有効です。 互角のバトルとなりますが、「かみなりパンチ」を覚えた「スリーパー」も善戦できます。 GOバトルリーグ情報.

次の