メンタ リスト daigo ニコニコ 動画。 【怒涛の早口】メンタリストDaiGoの動画で人生に役立つマインドや心理学を吸収しよう

メンタリストDaiGoの自宅公開!場所はどこ?本名や彼女も!【ロンハー】

メンタ リスト daigo ニコニコ 動画

こんにちは。 Ken です。 勉強や仕事でノートを使うけど、良いとり方がわからないって思いませんか? 僕もノートを取るのが苦手で、仕事で使っているノートを後から見返しても何が何だかよくわからなかったりします。 そもそも何をノートにとったのかすら記憶が曖昧なレベルです。 ただメモして放置、みたいな感じですね。 それを改善するために実践してみたいのが、 メンタリストDaiGoさんがおすすめするノート術です。 ニコニコ動画でDaiGoさんが配信しているチャンネルに登録すると 月540円 見ることが出来るのですが、これがメッチャ当たりでした。 有料のものを全て無料で紹介するわけにはいきませんが、とりあえずコレだけは知っておこうという内容をまとめておくことにしますね。 ノートは復習するためのもの 大前提になりますが、 ノートは復習して見返すために取るものだということを頭に入れておいてください。 後から見返さないノートになんの意味も価値もありません。 ノートは後から見返すから記憶に定着するのです。 ただ単にその場でのメモとして使ってしまうのはもったいなすぎます。 ノートは復習するためのもの、これを頭に入れておいてください。 ノートは1冊にまとめる ノートは1冊にまとめましょう。 よく勉強用は勉強用、読書用は読書用などと使いみちによってノートを分ける人がいますが、DaiGoさんによればそれはあまりオススメしないとのこと。 ノートは分けるのではなく、全て1冊にまとめてしまうのが良いそうです。 ノートを1冊にまとめると、持ち運びの面や復習の面でかなり使いやすくなります。 ノートは使いたいと思った時にすぐに使えなければ意味がありません。 複数のノートが存在してしまうと、全部持ち歩かなくてはならず、かなり面倒ですよね。 1冊にまとめておけば、そのノートさえ常に所持していればいいだけです。 また、一番ダメなのはルーズリーフを使うことだそうです。 なぜなら、ルーズリーフはバラして整理することが前提なため、時系列がわかりにくくなってしまうからとのこと。 DaiGo式ノート術では、ノートは時系列でどんどん書いていきます。 時系列で書くことにより、復習がしやすくなるからです。 少し高めのノートですが、高ければ絶対に使おうという気にもなるので、ここは投資しても良いと思います。 また、罫線のありなしについては無い方をオススメしています。 無地のほうが自由に書くことが出来るからです。 ノートはキレイにとらない ノートはキレイにとろうとしてはいけません。 キレイに取れば、確かに後から見返した時に見やすいかも知れません。 しかし汚いほうが、人はそれを思い出そうとするものです。 また、キレイに書こうとすると時間がかかりすぎてしまうため、あまりよろしくありません。 それなら汚くても良いから、どんどん書いていったほうが良いのです。 タイトル ページ数 キーワード キーワード キーワード 余白 これは復習する際に非常に効果的なやり方です。 後からその部分を見返す時に、書いておいた3つの単語から何を学んだのかを推測します。 推測できれば問題ありません。 もし推測できなかったならそれはしっかりと学べていなかったということなので、一緒に書いておいたページ数の部分をもう一度読み、余白部分に更に単語を追加しておきます。 こうすることにより、更に記憶に定着するというわけです。 万年筆がオススメ 筆記用具としては、万年筆がオススメとのことです。 サラサラとかけますし、何よりオシャレなので各テンションも上がります。 ちなみにDaiGoさんはキャップレス万年筆をオススメしていました。

次の

メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」(メンタリストDaiGo)

メンタ リスト daigo ニコニコ 動画

私も職場で「え、DaiGo好きなの?www」みたいな反応されてびっくり…。 でも世論的にはそういう人の方が多いんでしょうね DaiGoさんはTVでのパフォーマー引退後、企業コンサルタントや講演、執筆活動を中心にお仕事をしています。 実は自分の会社も起こしていて、 かなりのやり手です。 ビジネス関連や心理テクニックなど、多岐に渡るジャンルで本を出版しているのですが、とりあえず新刊が出るペースがエグい(笑)月に新刊情報が3冊出ることも…! ゲスな言い方すると、 TV出てなくてもめちゃくちゃ稼いでいる人なんです。 しかも、かなりの読書家で1日に10冊程度の本や論文を読むというDaiGoさん。 そこで得た知識をいち早く提供する場が、今回オススメする「ニコニコ動画配信」なんです! メンタリストDaiGoのニコニコ動画 ニコニコ動画といえば、日本ではYouTubeと同じくらい超メジャーな動画共有サイトではないでしょうか。 そもそもペリスコープの存在を知らなかった… ペリスコープに限らず、現在ライブ配信サービスってすごい勢いで拡大していってるんですね。 無料のものだけでも30以上あるんだとか。 【参考リンク】 現在、DaiGoさんは ペリスコープでの配信をストップしているようですが、無料枠の内容を ニコニコ動画・YouTubeで同時生放送しています。 後半の有料枠がニコニコ有料会員限定です。 ちなみに YouTubeチャンネルの登録者数は46万人を突破していました…すごい(2018年9月時点)。 メンタリストDaiGoのニコニコ動画がすごい理由 メンタリストDaiGoさんの生放送動画は基本的に2部構成で、前半が無料枠、後半が会員限定の有料枠です。 無料枠は同時配信しているYouTubeでも視聴できます。 ぶっちゃけ無料枠も有料枠も、同じくらい内容が濃くボリューミーです。 まずはYouTubeチャンネルで過去の無料動画をチェックしてみるといいかもしれません。 しかし、タイムシフトって期間が決まっていて、7日経つと完全に見られなくなるんですよね…。 なんとなくダラダラ過ごすのがよくないっていうのは分かりますが、じゃあどうするとやる気が起こるようになるのか?が分かりやすく解説されています! メンタリストDaiGoのニコニコ動画で人生ちょっとプラスになった 今回はメンタリストDaiGoさんのニコニコ動画について紹介しました! 最初にちょっぴり強調したのですが、これだけの有料会員数を誇るニコニコ動画チャンネルはDaiGoさんにとって 単なる趣味です。 DaiGoさんは人生の目的を「知識の最大化」と掲げていて、ニコニコ動画はある意味、話すことで得た知識を自分に定着させる、という意図があるのかもしれません。 著作に「『好き』を『お金』に変える心理学」があり、まさにDaiGoさん自身が好きなことをマネタイズした成功者なのだろうなと感じています。 勘違いしないでほしいのは、 「動画を見れば自分も成功できる!」ではありません。 DaiGoさんの好きが「本を読む(=知識を得る)」ことであり、そのマネタイズが「知識の共有」です。 月額540円が安く感じるくらい、人生をちょっぴりプラスにする知識がたっぷり詰まっている「」。 気になる動画がひとつでもあれば、ぜひ無料枠からチェックしてみてください。

次の

‎「Dラボ

メンタ リスト daigo ニコニコ 動画

本を月に2冊出版し印税の収入 なんとdaigoさん、 2週間に1冊出版しているという凄まじい出版ペースですが、一体どうやってそんなハイペースで出版できるのか? 口語で作成したものをライターさんが書き起こしているから、このペースでの出版が可能になっていると推察できます。 daigoさんの本は漫画形式だったり、恋愛・片付け・コミュニケーション・子育てに関する本までジャンルが多岐に渡り、すべて科学的な根拠や心理学を基本とした本ばかり。 読んだらレビューしますね! 引用元:amazon 1週間で1冊出版すると、年間で48冊、すでに出版している本も含めて、普通なら10%程度の印税を16%もらっていると仰っていました! 13万部売れた本の増刷で1500万円くらいの印税が入るともおっしゃっていたり…出版するまでは労働と時間がかかるかもしれませんが、一度出版し商品化してしまえば不労所得です。 すごいです。 本の印税に関しては全部で具体的にどのくらいの金額になるかわかりませんが、出版するまでの労力を除けば、もう不労所得で印税が入ってくるので、羨ましい限りですね。 「印税が入る」なんて言ってみたい。 常に何社かコンサルを継続して行えばそれだけでひと月でサラリーマンの年収をあっという間に稼いでいることになりますよね! お金という形だけでなく、報酬を株で支払われることもあるようですし、daigoさんご自身、株や仮想通貨で資産運用なさっているはずです。 初めての株は企業のコンサルの報酬としてストックオプションをもらったものだと仰っていましたよ! しかも会議とか打ち合わせには一切出ないスタンスなところも自分の時間や効率を重視していて、スマートな考え方にも共感できます。 講演料の収入 1回あたり最低300万円以上 毎回依頼にあったオリジナルの公演を行うdaigoさん。 1回あたりの講演料はなんと破格の300万円以上というからこれまたびっくりな金額ですが、それもそのはず。 同じ公演は2度となく、なぜそんなに高額なのか?という質問に対し、「本気の案件しか受けたくない。 金額が高いほど、学びが大きい。 」という事らしいです。 これには私も首がちぎれんばかりにそうだよね!テレビのdaigoさんに共感してしまいました!笑 無料で教えるのって一見お得な気がするけど教えてもらう側のマインドも低いし、結局実績を出せずに意味なく終わることが多いので、教え損になってしまうんですよね。 受ける側の意識を上げるには、本気度を上げるにはやはり受講料を高額に設定することで本気の人だけが集まるし、自己投資のできる本気の人だけを指導し本人も頑張る!ことで結果的に、実績が出るということになるんだと思います。 これって本当おっしゃる通りだと思いますし、非常に効率がいい上に、受ける側も指導する側も結果winwinですよね。 YouTubeの広告収入 DaigoさんのYouTubeチャンネルは100万人のチャンネル登録者がいます。 (2019年9月現在)YouTubeの広告収入でおそらく毎月400万円から800万円程度稼いでいる模様です。 金額の幅がかなりあるのは、その月のビュー数によって変わってくるからです。 というかYouTubeのアドセンス報酬って確定してからでないと正確にはわからないので…推測になります。 daigoさんの配信動画を見ましたが、科学的根拠をもとにお話しなさるので、「そうだったんだ!知らなかった!」というような情報が満載で、説得力を上げるためにわざと早口でお話しされてもいます。 daigoさんの行動には全て理由がありそうですね。 ほぼ毎日動画を配信し、後半をニコニコ動画で配信しますよ。 YouTubeで広告収入を得つつ、さらなる次のビジネスへ自然に誘導するdaigoさん。 ニコニコ動画の収入がすごい! Daigoさんのニコニコチャンネルは月額540円で、ほぼ毎日の生放送を見ることができ、更に今まで放送された動画が2000本以上見放題ということで、既に会員数が13万人を超えており、単純に計算するだけで、 月に6500万円以上になります。 月額課金のうちどのくらいニコニコの方がが持っていっているのかは不明ですが、おそらく、再生回数により報酬が発生する仕組みもあるようなので、それにしてもかなりの金額を稼いでいらっしゃいます。 そろそろ日本からの脱出を実行されるのでは?daigoさん、オックスフォードにお家を買いたいと仰っていたので、もう実現しそうですね! まとめ daigoさんのように、(金額は飛び抜けていますが) いくつもの収入源を持つことはこれからの時代、普通になっていく傾向です。 実際国も副業を推奨していますし、認める会社も増えてきましたね。 もし会社員ならば、副業という形でもう一つ収入源を。 できれば不労所得に近い収入源を持つことが理想です。 もし専業主婦の場合、家庭の収入源は会社員のご主人の収入だけの場合、なんらかの理由で会社で働けなくなった時、途端に生活に困ってしまうでしょう。 でもdaigoさんのように 複数の収入源があれば、一つのビジネスがダメになっても他の収入源がある限り、すぐすぐ生活に困窮するということは回避できます。 私が3歳の時に父がガンになり、働けなくなりました。 母は専業主婦で私を含め二人の幼い子供を育てながら父の大病の看病に毎日奮闘。 体調が悪く会社に出勤できなかったため、父は持っていた土地をクリニックに貸すことで、毎月家賃として不動産収入を得るようにしたのです。 そのおかげで病気療養中の父が無理して働いたり子育てと看病にてんてこ舞いの母が働きに出なくても幸い家族4人生活に困ることはありませんでした。 私はその頃幼かったので、ぼんやりとした思い出しかありませんが、大人になって結婚し子供を育てるようになってから、母に聞いて詳しく知りました。 学生時代から母は私に 自立した女性になりなさいと言われてきました。 収入源が一つというのは綱渡りのようなものだと。 何もなければそれに越したことはありませんが、人生いつどうなるかわかりません。 リストラされなくても会社が倒産したり病気になって働けなくなる可能性もあります。 なので結婚してからも、夫がしっかり働いていても私もきちんと収入源を確保しなければいけないと思ったのです。 daigoさんの収入源の多さに驚きつつも、これからは複数の収入源を持つ時代だとも確信しました。 daigoさんの収入源は上にあげただけでも5ヶ所+株や仮想通貨などの資産運用もされてるでしょう。 おそらくですが、推察するにこれ以外にも収入源があると思われます。 私自身、人生を豊かに生きるために、daigoさんの働き方は非常に参考になったので、今回記事にさせていただきました。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 こんにちは。 mikaです。 大好きなアパレルに就職するも厳しい労働環境に心身共に疲弊。 その後転職した会社では、自分らしさを出せず常にモヤモヤを抱えながら違和感が大きくなっていたところ、妊娠をきっかけに子育て専業主婦に。 この全てを手に入れる決断をする。 コツコツ淡々と行動…今では自分のペースでのびのびと仕事をし会社員時代と同じかそれ以上の月収を得ています。

次の