クリスタ キャンバス サイズ。 CLIP STUDIO PAINTでのトリミングのやり方

漫画原稿 の用紙サイズ 等について

クリスタ キャンバス サイズ

クリスタでキャラ(人物)や背景を切り抜きたい ブログ主はイラスト制作ツールでクリスタを使っている。 イラスト制作ソフトではあるが多機能なので「画像編集ソフト」としても使わせてもらっている。 クリスタで画像編集をするとき、1枚の画像から一部分(キャラなど)を切り抜きたいときがたまにある。 Photoshopだとトリミングという機能で一発できれいに切り取れるらしいが、クリスタには残念ながらその機能はない。 クリスタでPhotoshopのトリミングと同じことはできないかというとそんなこはなく、多少手間はかかるがちゃんと切り抜きをすることができる。 長方形に切り取りたい ブログやホームページのヘッダー画像やバナー用に切り取りたいときに。 切り抜きたい部分を選択した後「編集」メニューの「キャンバスサイズを選択範囲に合わせる」を選択する。 選択範囲の部分に合うようにキャンバスサイズが変更される。 後は別名で保存する。 ちなみにキャンバスサイズは長方形のため 楕円ではキャンバスサイズを選択範囲に合わせることはできないので注意。 不定形に切り抜きたい 特定のオブジェクトだけ(キャラなど)を切り抜きたいときに。 背景が単色なら「自動選択」を選択して背景のところをクリックする。 その後はDeleteキーを押して背景部分を削除して別名で保存する。 背景が単色でない場合は選択範囲から「なげなわ」または「折れ線」を選択する。 切り抜きたいところをおおまかに囲んで選択範囲を指定する。 一発できれいに切り取りたいところだがクリスタでは難しいのでまずはおおまかに。 選択範囲を指定したら「切り取り+貼り付け」を選択する。 選択範囲した部分が新規レイヤーに移動する。 新規レイヤーを選択してあとは消しゴムなどで地道に不要な部分を消していく。 いざというときのバックアップ用に切り抜きたい画像レイヤーをコピーしておく。 選択範囲メニューから「境界をぼかす」を選択する。 ぼかす範囲を設定してOKをクリックする。 納得がいかないならやり直してぼかす範囲を調整する。 あとは選択範囲を解除して消しゴムなどで余分な部分を消す。 そして別名で保存する。

次の

レイヤーをキャンバスに合わせる

クリスタ キャンバス サイズ

クリスタでキャラ(人物)や背景を切り抜きたい ブログ主はイラスト制作ツールでクリスタを使っている。 イラスト制作ソフトではあるが多機能なので「画像編集ソフト」としても使わせてもらっている。 クリスタで画像編集をするとき、1枚の画像から一部分(キャラなど)を切り抜きたいときがたまにある。 Photoshopだとトリミングという機能で一発できれいに切り取れるらしいが、クリスタには残念ながらその機能はない。 クリスタでPhotoshopのトリミングと同じことはできないかというとそんなこはなく、多少手間はかかるがちゃんと切り抜きをすることができる。 長方形に切り取りたい ブログやホームページのヘッダー画像やバナー用に切り取りたいときに。 切り抜きたい部分を選択した後「編集」メニューの「キャンバスサイズを選択範囲に合わせる」を選択する。 選択範囲の部分に合うようにキャンバスサイズが変更される。 後は別名で保存する。 ちなみにキャンバスサイズは長方形のため 楕円ではキャンバスサイズを選択範囲に合わせることはできないので注意。 不定形に切り抜きたい 特定のオブジェクトだけ(キャラなど)を切り抜きたいときに。 背景が単色なら「自動選択」を選択して背景のところをクリックする。 その後はDeleteキーを押して背景部分を削除して別名で保存する。 背景が単色でない場合は選択範囲から「なげなわ」または「折れ線」を選択する。 切り抜きたいところをおおまかに囲んで選択範囲を指定する。 一発できれいに切り取りたいところだがクリスタでは難しいのでまずはおおまかに。 選択範囲を指定したら「切り取り+貼り付け」を選択する。 選択範囲した部分が新規レイヤーに移動する。 新規レイヤーを選択してあとは消しゴムなどで地道に不要な部分を消していく。 いざというときのバックアップ用に切り抜きたい画像レイヤーをコピーしておく。 選択範囲メニューから「境界をぼかす」を選択する。 ぼかす範囲を設定してOKをクリックする。 納得がいかないならやり直してぼかす範囲を調整する。 あとは選択範囲を解除して消しゴムなどで余分な部分を消す。 そして別名で保存する。

次の

初めにキャンパスサイズの設定方法(CLIP STUDIO PRO)|イラスト・レジン・ハンドメイドにフォーカスを当てた記事を書いています。

クリスタ キャンバス サイズ

キャンバスをレイヤーに合わえると間違えそうですが、気をつけてください。 〝レイヤー〟を〝キャンバス〟に、合わせます! レイヤーをキャンバスに合わせる では、レイヤーを基準にキャンバスサイズを広げるという効果を得られました。 しかしこちらの機能は、キャンバスを基準にレイヤーサイズを合わせます。 全く同じ単語を前後で変えてるだけなので紛らわしいですね…。 個人的にはこのページ書かれている〝レイヤー〟を〝キャンバス〟に、合わせるほうを多く使います。 使い方は以下の通りです。 かならずキャンバスに合わせたいレイヤーを指定して使用しましょう。 下記画像では、 赤い矢印が画像のレイヤーサイズを表し、 緑の矢印がキャンバスサイズを表しています。 と混同しがちなので、使い分けに注意しましょう。 全レイヤーを画像サイズに合わせる レイヤーメニューには、全てのレイヤーをキャンバスサイズに合わせる項目があります。 レイヤーをキャンバスに合わせる効果を全部のレイヤーに適用します。 スポンサードリンク 記事が気に入ったらシェアお願いします.

次の