チョコレート 生クリーム レシピ。 【レシピ】プロも知らない?ガナッシュクリームの基本の配合比率【生チョコ】

チョコレートババロア 生クリームとチーズ乳製品レシピ │ クリーム・コンシェルジュ タカナシ乳業株式会社

チョコレート 生クリーム レシピ

Chocolate cake (チョコレートケーキ) ふわふわのスポンジでラム風味のガナッシュと香ばしいクルミをサンドした、大人味のチョコレートケーキです。 ほぐした卵を湯せんにかけながら人肌になる位まで泡だて、グラニュー糖を2回に分けて加えながら、さらに泡だてます。 ハンドミキサーを持ち上げ、生地の跡が残る位になったら、 回転を小さくして生地のきめを整えます。 2 薄力粉をふるい入れ、つやが出るまですくい上げるようにしてよく混ぜたら、湯せんにかけ熱い状態にしておいた牛乳とバターを加え、さらに混ぜます。 焼き上がったら型から取り出し、網にのせて冷まします。 4 チョコレートクリームを作ります。 チョコレートクリーム用のガナッシュを作ります。 【A】のチョコレートを刻んでボウルに入れておきます。 【A】のクリーム(160ml)を沸騰寸前まで温めて、チョコレートを入れたボウルに注ぎ入れ、1-2分待ちます。 チョコレートが溶けてきたら、泡だて器を小刻みに動かしてチョコレートとクリームをよく混ぜ合わせ、均一なガナッシュにします。 5 (4)のガナッシュの粗熱を取り、ラム酒を加え混ぜたら、人肌よりも冷たくなるようにガナッシュをボウルごと氷水に当てます。 (ガナッシュをよく冷やすのがポイントです) 6 別のボウルにBのクリーム(80ml)とグラニュー糖を入れ、氷水に当てて6分だてにホイップします。 8 シロップを作ります。 シロップは水とグラニュー糖を鍋で加熱し、砂糖を溶かします。 冷めたら、ラム酒を加えます。 9 組み立てます。 冷ましておいたスポンジを3枚にスライスし、シロップを打ち、チョコレートクリームを塗ります。 くるみを散らしスポンジを重ねます。 これを2回繰り返します。 上面にシロップを打ち、残りのクリームを表面に塗り広げます。 10 ケーキの側面に削ったチョコレート、上にフルーツを飾ります。

次の

生チョコレートクリーム(シャンティ・ショコラ)のレシピ3選

チョコレート 生クリーム レシピ

チョコレートは先にある程度レンジで溶かしておいてもいいよ。 生クリーム・転化糖を鍋に入れ沸かす。 (転化糖が鍋底で焦げてしまわないように混ぜてから火にかけること) 2. 沸かした生クリームをチョコレートに加え、少し置いておく。 ゴムベラを 真ん中から外側に少しずつ動かしながら回していく。 液体の量が多いので混ぜにくいが、あわてずゆっくり混ぜていく。 少しとろみがついてきたら( 乳化出来ていたら)密着ラップをして冷蔵庫で一晩冷やす。 一晩寝かせたもの( 12時間以上)をホイッパーで立てる。 1回シャバシャバになってから立ってくる。 (転化糖が鍋底で焦げてしまわないように混ぜてから火にかけること) 2. 沸かした生クリームをチョコレートに加え、少し置いておく。 ゴムベラを 真ん中から外側に少しずつ動かしながら回していく。 密着ラップをして冷蔵庫で一晩冷やす。 一晩寝かせたもの( 12時間以上)をホイッパーで立てる。 1回シャバシャバになってから立ってくる。 ミルクな 生チョコレートクリーム(シャンティ・ショコラ) 生クリーム35% 500 90 1. 生クリームを鍋に入れ沸かす。 沸かした生クリームをチョコレートに加え、少し置いておく。 ゴムベラを 真ん中から外側に少しずつ動かしながら回していく。 液体の量が多いので混ぜにくいが、あわてずゆっくり混ぜていく。 少しとろみがついてきたら ( 乳化出来ていたら) 密着ラップをして冷蔵庫で一晩冷やす。 一晩寝かせたもの( 12時間以上)をホイッパーで立てる。 1回シャバシャバになってから立ってくる。 チョコレートの乳化には欠かせないハンドブレンダー 手で混ぜていくのはしんどいし、本当に乳化しているのか不安になりますよね。 ハンドブレンダーがあれば、早くムラなく乳化できます。 ガナッシュ作りの時は本当に大活躍!.

次の

【レシピ】プロも知らない?ガナッシュクリームの基本の配合比率【生チョコ】

チョコレート 生クリーム レシピ

失敗しやすいチョコレート生クリーム 生クリームの泡立ては加減が難しく、緩すぎたりかたくなってしまったりと、失敗しがちです。 ただでさえ難しい生クリームの泡立て。 そこにチョコレートも加えると、さらに難易度がアップすると思いませんか? そこで、今回は失敗せずにおいしいチョコレート生クリームを作るポイントをお伝えします。 チョコレート生クリームの作り方 今回ご紹介する方法は、生クリームをチョコレートと合わせて混ぜる方法と、生クリームを先に泡立ててからチョコレートを加え混ぜる方法の2種類です。 どちらのやり方でも同じようにできますが、食感が少し変わります。 生クリーム…200ml• チョコレート…60g おすすめのアイテム 【1】生クリームをチョコレートと合わせて混ぜる方法• 生クリームの半量 100ml を500Wのレンジに1分間ほどかけて温める 沸騰しない程度。 *冷たい生クリームをそのまま入れてしまうと、きれいに混ざりません。 1のボウルにレンジで温めた生クリームを少しずつ入れて、ゆっくりと混ぜ合わせる。 *生クリームは一気に入れないようにします。 チョコレートとなじむのを確認しながら、少しずつ加えていきましょう。 しっかり混ざり合った状態。 3のボウルを氷水に当てて、温度を下げる。 温度が下がったら、残りの生クリーム 100ml を加え、混ぜ合わせる。 *このときの生クリームは冷やしておきます。 氷水に当てたまま、好みのかたさに泡立てる。 *チョコレートが入っている分、生クリームだけの場合よりも固まりやすいです。 様子を見ながら泡立ててください。 【2】生クリームを先に泡立ててからチョコレートを加え混ぜる方法• チョコレートを刻む タブレット状ならそのまま。 *冷えるとかたくなってしまうので、湯せんにかけたままにしておきます。 残りの生クリーム 150ml を別のボウルに入れ、氷水に当てながら5~6分立てくらいの緩めに泡立てる。 *チョコレートを加えるときにかたくならないように、生クリームを泡立て過ぎないことが大事です。 泡立てた生クリームに2のチョコレートを加え、全体に混ぜ合わせる。 よくある失敗例 ボソボソになってしまう ボソボソのチョコレートクリームは、一番多い失敗ではないでしょうか。 普通の生クリームを泡立てるよりも、チョコレートが入っている分、早くかたくなるので、あっという間にボソボソの状態に。 食べられますが、ケーキのナッペや絞りには難しいです。 ボソボソになったものをもう少し混ぜていくと、分離して水分が出てきてしまいます。 チョコがダマになってしまう 泡立てた生クリームに、溶かしたチョコレートをそのまま入れると、チョコレートが生クリームの中で固まってしまい、ツブツブの状態に。 冷たい生クリームに、温度の低いチョコレートを入れたため、生クリームと混ざる前に冷えて固まってしまうのです。 失敗しないためのポイント 脂肪分が低い生クリームを使用する チョコレート生クリームを作るときは、生クリームにさらにチョコレートの脂肪分が加わるので、ボソボソになったり、分離したりする可能性が高くなります。 なので、脂肪分が低い生クリームを使用したほうが、失敗しにくいです。 不安な場合は、植物性脂肪分が含まれた生クリームを使うのがおすすめ。 生クリームとホイップクリームを自分でブレンドしてもよいと思います。 やわらかめの状態を意識する 生クリームの泡立ては緩めにしておくと調節がしやすいです。 自分が作りたいものよりもやわらかめの状態でストップし、様子を見ながら泡立ててください。 ハンドミキサーを使用してホイップする場合 途中のまだ緩い段階で、泡立て器に持ち替えると良いでしょう。 生クリームを先に泡立ててからチョコレートを加え混ぜる場合 生クリームを泡立て過ぎないようにしてください。 泡立て過ぎると、チョコレートを入れたら、あっという間にボソボソになってしまいます。 チョコレートはあらかじめ少量の生クリームと合わせておく 生クリームは一気に入れず、少しずつチョコレートとなじませましょう。 チョコレートが固まる前に手早く混ぜる 生クリームにチョコレートだけをそのまま加える場合は、チョコレートの温度は高めにし、チョコレートが固まる前に手早く生クリームと混ぜるようにしましょう。 チョコレート生クリームは慎重に! いかがでしたでしょうか? チョコレート生クリームは泡立て過ぎないように慎重に作ることが大事かな、と思います。 失敗せずに、おいしいチョコレート生クリームができるように参考にしてみてください。

次の