スロパチ 広告。 【全台系や塊っぽい箇所がめっちゃあったぞ!】ビーム原333の6月16日(火)スロパチ広告掲載時の結果まとめ │DB7丨データベース7丨九州、福岡スロットパチスロまとめサイト

千葉マルハンとスロパチステーション、この時期に盛大に煽る

スロパチ 広告

スロパチ広告の公約 表立って取材イベントが出来なくなった東京都内で主に開催されています。 公約は5台並びが複数個所あるというもの。 さらに店によりますが、全台差枚としても 客側の+で終わることが多いので結構強いイベントだと言えます。 開催日・開催店舗の調べ方 開催日・開催店舗共に前日にならないと分かりません。 しかしある程度「この店は〇のつく日はスロパチ広告が開催される」というパターンが決まってきています。 パソコン版 パソコン版では、取材スケジュールや取材結果を見ると上の方に「本日の開店時間一覧はこちら」と表示されます。 ここをクリックすると 翌日スロパチ広告が開催されるお店を見ることが出来ます。 スマホ版 スマホでも同様に上側にこのように表示されます。 アプリから入ってもブラウザから入っても同じです。 注意点 一つ注意点があります。 それは 必ず表示されるわけではないことです。 この画像のように別のバナーが表示されることもあるので、その場合はスロパチ広告が表示されるまで粘り強く別のページに飛びましょう。 開催店舗の見方 先ほどのページを見つけタップすると、このようなページが開きます。 これまでの開催スケジュール これまで決まった日にスロパチ広告を入れているお店を紹介します。 ・123篠崎&東雲 5のつく日 ・レイトギャップ平和島 6のつく日 ・マルハン日野&東大和 7のつく日 ・キューデンアネックス西新井 9のつく日 似たようなイベの「スロパチ結」が新しくできましたが、都内ではこのままスロパチ広告を続投するみたいですね。

次の

全日遊連、パチンコ広告の自粛を6月19日以降緩和の方針

スロパチ 広告

スロパチステーションが広告宣伝規制をスルーし続け取材を強行した結果、大阪での協賛が禁止となった。 規制が厳しくなったのはスロパチステーションが原因? パチンコ・パチスロの業界人の中で、大阪の規制がさらに厳しくなり、 「協賛」等と謳ってイベントを示唆するような行為が2019年11月より一切できなくなるという。 その原因と言われているのが、 「スロパチステーション」で、同メディアは規制を無視し取材イベントなどを敢行。 警察にも事情聴取されるなど、かなり荒々しい運営をしつづけていたのだが、とうとう大阪では身動きできなくなりそうだ。 もちろんこれは「スロパチステーション」に限らず、 パチンコ・パチスロ系のメディア全てに反映される。 パチンコ・パチスロ系ライターやタレント、YouTuberの懐に響いてくるという、実は大ニュースだったりする。 射幸心を煽りまくるスロパチステーション そもそも でパチンコやパチスロの を煽ることが禁じられている。 しかし、スロパチステーションのサイトでは 射幸心を煽りに煽ったホールの写真が掲載されており、この時点で 正直アウトである。 この風適法に違反した場合ホールは営業停止などの行政処分を受けるため、お客様であるホールのことを考慮した制作や運営をすべきではないだろうか。 【関連記事】 パチンコ・パチスロ系人気タレント? ライター? YouTuber? 【いそまる】氏とは パチンコ・パチスロメディアで活躍している【いそまる】氏。 軽快なトークと可愛らしい顔で人気の【いそまる】氏のプロフィールはこちら。 【名前】いそまる 【本名】山川翔平(やまかわしょうへい) 【年齢】25歳 【生年月日】1994年7月18日生まれ 【身長】176cm 【体重】69. 9kg(2019年1月時) 【出身地】三重県名張市(現在は愛知県住) 【所属】スロパチステーション 最初は「いそまる」ではなく「いそべぇ」という名前で活動しようとしていたのだとか。 字画がよかったのか、「いそまる」という名で大成功、そして女性ファンも獲得しまくっているパチンコ・パチスロ系の人気タレント? が【いそまる】氏なのである。 【いそまる】氏のTwitterに広告宣伝規制違反の痕跡が!? r 【いそまる】氏のTwitterを拝見したところ妙な点に気がついた。 TOP画面の下部にある「優良店のみ」のURLをクリックしても対象のページ(動画)が表示されないのである。 これは に違反すると考えた【いそまる】氏や、運営側が削除したのではないかと思うのだが、「優良店のみ」という文言やURLを削除していないあたり、スロパチステーションらしい。 このようなミスや広告宣伝規制に対する甘さが、大阪の逆鱗に触れてしまい、身動きがさらに取れない状況になってしまったのだろう。

次の

全日遊連、パチンコ広告の自粛を6月19日以降緩和の方針

スロパチ 広告

そんななか、ぱちんこ広告協議会より 「月日のゾロ目」 での取材・番組収録・媒体広告・来店系・屋台・コンパニオン等の 自主規制を4月1日から尊守するようにとの通達がありました。 ようは、ゾロ目イベントをするなと言う事です。 他の日付には、何も触れていないのでやる事上記事案自体はOKとう見解ですね。 ガセイベントが横行してネット上ではイベントが良く叩かれていますが 優良店舗が分かるので個人的には、イベント賛成派です。 集客だけしてガセる店舗もあるのも事実ですが。。。 イベント自主規制により、月日ゾロ目のイベントが できないので「オフミー」と「スロパチ」が コラボして「月日ゾロ目の日」の放送を告知することで、 イベントをしなくても集客をする。 そして、放送の告知として扱うため、コンプライアンス面でも安全。 という企画だったんですが ネット上に上記内容を含む「月日ゾロ目の日放送のスポンサー募集」 内容が出た事により放送見送りが決まりました。 統一されていないのもどうかと思いますが。。。 特に東京は健全化の目も厳しいので告知は、ほぼ無い状態です。 合同イベントの件も警視庁が動いてるみたいなので 今後も何かしらの動きはありそうです。 やり過ぎでいつも規制が厳しくなる業界ですが 遊技人口が減れば優良店も減ってしまうので 完全にホワイトとは言わないので上手くやって業界を盛り上げてほしいです。 人気ブログランキング参加中。

次の