練馬区の感染者数。 自治体ごとの感染者数、東京都が公表 2日連続で更新 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

東京都の新型コロナウイルス感染者の分布マップ(市区町村別) | グラフストック

練馬区の感染者数

ページ番号1023014 更新日 令和2年7月17日 区内発生状況の公表について 葛飾区では、区内における感染症まん延を防止し、感染症による健康リスクが個人や社会に与える影響を最小限にし、区民の安全・安心を確保するため、発生状況等の情報を公表します。 注:区内発生状況の公表については、東京都との確認が取れたもののみを掲載しておりましたが、4月17日からは葛 飾区で把握し、東京都と詳細を確認中のものについても順次公表することといたしました。 早く区民の皆様に公表することが重要であると考え、公表方法を変更した結果、陽性者が一時的に増加する結果となりました。 今後、東京都との照合の結果、表を修正することがございます。 ご理解のほどお願いいたします。 ・陽性が判明した方は、原則として入院し、治療を行います。 ・濃厚接触者は、区保健所で状況を確認し、2週間の自宅待機をお願いしています。 ・新型コロナウイルス陽性になった方が別の病気で亡くなった場合は死亡者数から除いています。 ・ これまで、公表していた感染者一覧などは下記の添付ファイルをご覧ください。 新型コロナウイルスに感染したかもしれないと思ったら 下記のフロー図を参照ください。

次の

新型コロナ、東京都が区市町村別の感染者数を公表 各区の独自公表も広がる 「感染拡大やデマ防ぐため」

練馬区の感染者数

感染者数を掲載している杉並区のホームページ 練馬は年代、性別も掲載「高齢だけでない実態知って」 小池百合子知事が記者会見で「感染爆発の重大局面」と述べた3月27日、は感染者の年代、性別を一覧にして、区のホームページに掲載。 保健予防課の担当者は「感染者は年配の人、というイメージがあった。 実態を知ってもらうため年代を載せた」と話す。 31日現在、累計20人に上る患者のうち30代は2人、20代が1人、10歳未満は1人いる。 これ以前、感染者数を公表していたのは、の2区のみ。 江戸川区の担当者は「正確な情報を伝えることが感染拡大やデマを防ぐことになる」と説明。 公表にあたっては感染者の同意を条件にしている。 杉並区など、プライバシー配慮のため年齢と性別伏せる 30日に公表を開始したは、プライバシーに配慮して年齢や性別、発生エリアは公表しない。 「感染リスクがあることを胸に刻み、自己防衛に努めてほしい」としている。 は4月1日から、区民でPCR検査が陽性だった人数と退院者数の午後3時までの合計を、毎日、午後5時までに公表することにした。 年齢や住んでいる地域などは公表しない。 世田谷区内では3月18日までに3人だった陽性者が、4月1日時点では45人に達した。 退院者は9人に上る。 も1日、3月23日からの1週間の感染者数を公表した。 港区、中野区も近日中の公表準備を進めている。

次の

区内感染状況(2年7月17日更新)|杉並区公式ホームページ

練馬区の感染者数

新型コロナウイルスの感染者急増に伴い、東京都は1日、区市町村別の感染者数の公表を始めた。 23区でも、区内の感染者数をホームページで独自に公表する動きが広がっている。 感染者数を掲載している杉並区のホームページ 練馬は年代、性別も掲載「高齢だけでない実態知って」 小池百合子知事が記者会見で「感染爆発の重大局面」と述べた3月27日、練馬区は感染者の年代、性別を一覧にして、区のホームページに掲載。 保健予防課の担当者は「感染者は年配の人、というイメージがあった。 実態を知ってもらうため年代を載せた」と話す。 31日現在、累計20人に上る患者のうち30代は2人、20代が1人、10歳未満は1人いる。 これ以前、感染者数を公表していたのは江戸川、渋谷の2区のみ。 江戸川区の担当者は「正確な情報を伝えることが感染拡大やデマを防ぐことになる」と説明。 公表にあたっては感染者の同意を条件にしている。 杉並など、プライバシー配慮のため年齢と性別伏せる 30日に公表を開始した杉並区は、プライバシーに配慮して年齢や性別、発生エリアは公表しない。 「感染リスクがあることを胸に刻み、自己防衛に努めてほしい」としている。 世田谷区は4月1日から、区民でPCR検査が陽性だった人数と退院者数の午後3時までの合計を、毎日、午後5時までに公表することにした。 年齢や住んでいる地域などは公表しない。 区内では3月18日までに3人だった陽性者が、4月1日時点では45人に達した。 退院者は9人に上る。 千代田区も1日、3月23日からの1週間の感染者数を公表した。 港、中野区も近日中の公表準備を進めている。 [元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年4月2日].

次の