あれ 意味。 【あれ】の例文や意味・使い方

荒野の読み方と意味、「こうや」と「あらの」正しいのは?

あれ 意味

また、規則正しい模様を、などのにした場合も、画像の解像度と模様の周波数のずれが原因で同様の縞模様が発生するがこれもモアレと呼ぶ。 また印刷でもという点の集まりに画像を変換するので同様の現象が発生する。 (これらの詳細は下記参照) モアレそのものも周期を持ち、この周期は元になる模様の周期の組み合わせで決まる。 的にいうと、モアレとは二つの空間周波数の現象といえる。 様々な形態で発生するため、モアレにもいろいろなものがある。 モアレを望ましからぬものとして取り除く対象にする場合もあり、逆に発生したモアレを有用なものとして利用する分野もある。 概要 [ ] 図1のように2組の平行模様を斜めに重ねると交差部分が平行線の周期とは異なる縞模様になる。 これがモアレの代表的な例である。 モアレは平行線でなく、の目のような平面パターンでも発生する。 たとえば、升目のピッチが異なる二つのを重ねると発生する。 図2に縦横に並んだ模様(金属板に開いた丸穴)の重なりによるモアレの例を示す。 これは二次元空間周波数のうなりである。 この効果は分野や分野では特に注意を要するものである。 モアレの実例 [ ] モアレを利用した測定 [ ] モアレは迷惑な現象だけではなく、これを積極的に利用することもある。 高精度の位置決め用の位置センサの一種モアレスケールでは、わずかにピッチを変えた平行縞を重ねたときに発生するモアレが、二つの平行縞の相対変位よりも大きく移動することを利用し、変位を拡大して測定するものである。 また、立体の表面に二つの格子縞を投影したときに発生する干渉縞の形状(等高線)から物体の立体形状を得る方法を、モアレトポグラフィという。 の一環でモアレ撮影(検査)にモアレ写真法が使われる。 印刷 [ ] 印刷では、写真のようなを表現するために、を用いる。 すなわち色の濃さを規則正しく配置された点それぞれの大きさで表現する。 このため、印刷された写真をもとに原版を作成して再び印刷すると、網点のピッチの違いや、ピッチが同じでもわずかな傾きによってモアレが発生することがある。 またカラー印刷では、複数の色版の網点を重ねて印刷するため、周期的な色模様がみえる場合がある。 このため、各版はモアレが最も目立たないとされる角度に網点を傾けて印刷している。 単色では45度、では、モアレが目立つCMKの3色のうち1色を45度に置き、これに対して他の版をそれぞれ30度ずつ離しておくのが伝統的な角度である。 そしていずれか2色の中間にモアレがめだちにくいY版を置くようにする。 (例としてM版を15度、K版を45度、C版を75度、Y版を30度)。 モアレの出た写真は極めて見栄えが悪いため印刷においては注意して避けるべき点の一つである。 画像処理 [ ] 上の画像を不適切に縮小したことにより発生したモアレ。 による画像処理においても、画像はとよばれる縦横に周期的に配置した点に分解して表現することから、印刷と同様なモアレが発生する可能性がある。 画像処理の過程では、縦横画素数を整数分の1以外の大きさに縮小・変形した場合に発生しやすい。 において縮小が単なる間引き処理であると、ありもしない模様が発生 偽解像 する。 これはの一種である。 これを防ぐためには、縮小後の画素位置周辺の縮小前の複数画素からの距離と強度で重み付けするリサンプリング処理などが有効である。 レンズの解像度がこれより低い場合や光路で干渉によるボケ 小絞りボケなど が生じる場合は問題にならないが、一般的にこれを解決するアプローチとして、撮像素子の手前に 画素ピッチ程度にぼかすフィルタ を入れるのが普通である。 なおフィルムカメラでは、画素にあたる感光粒子が不規則に配列しているため、この問題は生じない。 網点印刷されたなどをで入力する場合にも、写真とスキャナのの差次第でモアレが発生する。 スキャナの光学的な分解能が高い場合には、網点のピッチ以上のでスキャンした後、グラフィックソフトウェアにおいて必要とする分解能まで落とす 間引きではなく補間する アプローチが有効である。 例えば縦3000pxでスキャンした画像を、縦1600pxの解像度のモニターで見るとモアレが発生するため、画像の解像度を縦1500~1600px程度まで落とすことでモアレを回避できる。 表示においては、処理する解像度と表示する解像度が異なる場合にも発生することがある。 グラフィックソフトウェアなどで縮小表示するときに、やはり表示分解能で補間する処理が必要であるが、高速表示のためにこれを省いているグラフィックソフトウェアも多い。 テレビ [ ] でもが上下方向に周期的にならぶため画像処理と同様な問題がある。 さらにアナログテレビ、特にカラー方式においては、輝度信号において細かな模様を伝送する高周波領域と、色差信号とが、クシ状に交互に重畳されているため、信号の干渉により色付きのモアレ状の画質劣化が発生する。 これはモアレ現象というよりカラー方式の信号処理の限界から来る現象で、クロスカラー妨害と呼ばれる。 アナログ方式のでは、記録時の時間軸のわずかな揺れ(ジッタ)によって色がわずかに変動し、これがモアレ状の画質劣化として感知されることがある。 繊維・衣服 [ ] 分野で、布・織物を構成する繊維の不規則性から波型模様が生ずることがあるが、これが「起源」の項でしめすモアレの語源である。 の動作不良や保存方法の問題などによって起こり、布製品の均一性を損なうため望ましくないものである。 しかしなどで意図的に美しい模様を発生させて用いる例もある。 漫画 [ ] 制作においては、異なる複数の規則的な模様のを重ねた際にモアレが生じる。 乱れとして避けられることが多いが、一方で演出として意図的に用いる制作者もいる。 医学 [ ] からの一環でモアレ撮影(検査)が行われている。 起源 [ ] モアレはヨーロッパにおいてによく用いられた モアレの元来の意味は(古くはであるが、やにも用いられる)にあらわれた波型の模様で、杢目模様(もくめ~)あるいは水模様という。 このパターンはふたつ、あるいはそれ以上の平行なを重ねることにより発生するものである。 モアレという語はもともと/での毛織物製の衣料を意味する。 に取り入れられた後、にも mouaire として登場する。 1660年には英語に再輸入されて moire あるいは moyre となった。 一方フランス語では mouaire が動詞 moirer(巻きずれや圧力で水模様を発生させる)に変化し、1823年には形容詞 moire を派生させた。 計算 [ ] 平行パターン [ ] 幾何学的方法 [ ] ふたつのパターンが重なっている図。 ふたつの、平行かつ等間隔なパターンを考える。 図の左端でふたつのパターンの線が重ね合わせられたとしたら、右にいくほどずれは増加していく。 ある数だけ右にいくと、パターンは「向かい合う」。 つまり、第二パターンの線は第一パターンの線の間に位置する。 これを遠くから眺めたとすると、線が重なり合っている部分は空白が広く見えるため淡く見え、線が向かい合っている部分は暗く見える。 この式から、次のことがわかる。 線間隔が大きいほど、淡部と暗部の距離は大きくなる。 つまり、淡部と暗部が大きく離れているということは、ふたつのパターンの間隔が近いということになる。 モアレの原理はに類似している。 干渉による方法 [ ] コントラスト Iが正弦関数で変化するような、透明なパターンをふたつ考える。 これより、明度はふたつの三角関数の合成であることがわかる。 正弦関数に係る部分は高周波成分であり、ふたつのパターンの空間的振動数の平均となっている。 余弦関数に係る部分は低周波成分で、ふたつのパターンの空間的振動数の差の半分となっている。 低周波成分は高周波成分の「」となっている。 この現象はに類似している。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」の意味と由来とは?類語も紹介

あれ 意味

概要 [ ] は目を隠して中央に座り、その周りを他の子が輪になって歌を歌いながら回る。 歌が終わった時に鬼は自分の真後ろ(つまり後ろの正面)に誰がいるのかを当てる。 各地方で異なった歌詞が伝わっていたが、初期にによって記録されたの歌が全国へと伝わり現在に至った。 野田市が発祥地といわれることから、のの前に「かごめの唄の碑」が建立されている。 を扱っている歌だとされるため、東京では放送できるが大阪では放送できず排除される形となっている。 歌詞 [ ] 地方により歌詞が異なる。 かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀 と滑った 後ろの正面だあれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀 が滑った 後ろの正面だあれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が統べった 後ろの正面だあれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に つるつる滑った 鍋の鍋の底抜け 底抜いてたもれ• かごめかごめ 籠の中の鳥は いつもかつもお鳴きゃぁる(お鳴きやる) 八日の晩に 鶴と亀が滑ったとさ、ひと山 ふた山 み山 越えて ヤイトを すえて やれ 熱つ や(お灸を据えて、やれ熱や)• 籠目籠目 加護の中の鳥居は いついつ出会う 夜明けの番人 つるっと亀が滑った 後ろの少年だあれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出会う 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だぁれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出会う 夜明けの番人 鶴と亀が滑った 後ろの少年だあれ? なお、文献では、このかごめかごめは中期以降に現れる。 『後ろの正面』という表現は、末期以前の文献では確認されていない。 さらに、『鶴と亀』『滑った』についても、明治以前の文献で確認されていない。 現存する文献 [ ] 「竹堂随筆」 竹堂随筆 ちくどうずいしゅう :3年()頃に編纂 浅草覚吽院に住した修験僧「行智」の編んだ童謡集で、・年間( - )頃に収録された童謡集 「かァごめかごめ。 かーごのなかの鳥は。 いついつでやる。 夜あけのばんに。 つるつるつっぺぇつた。 なべのなべのそこぬけ。 そこぬいてーたーァもれ。 」 「戻橋背御摂」 戻橋背御摂(もどりばしせなのごひいき :10年()、江戸市村座で初演された芝居 鶴屋南北の作で、芝居に取り入れた子供の遊び唄。 戻橋背御摂に関しては大南北全集 春陽堂 、鶴屋南北全集 三一書房 などで確認できる。 「かごめかごめ籠の中の鳥は、いついつ出やる、夜明けの晩に、つるつるつっはいた」(大南北全集) 「かご目かご目篭の中の鳥はいついつ出やる、夜明けの晩につるつるつるはいつた」(鶴屋南北全集) 「月花茲友鳥」 月花茲友鳥 つきとはなここにともどり :文政6年()、市村座で初演された浄瑠璃。 清元全集 日本音曲全集刊行會 、日本歌謡集成 春秋社 などで確認できる。 「かごめかごめ籠の中の鳥は、いついつ出やる、夜明けの晩に、つるつるつるつゝぱつた」 「幼稚遊昔雛形」 幼稚遊昔雛形 おさなあそびむかしのひながた :15年()に刊行された万亭応賀編の童謡童遊集 「かごめ かごめ かごのなかへ(の)とりは いついつねやる よあけのまえに つるつるつッペッた なべの なべの そこぬけ そこぬけたらどんかちこ そこいれてたもれ(孫引き)」 「俚謡集拾遺」 俚謡集拾遺 りようしゅうしゅうい :(4年)刊行 (38年)、文部省により各都道府県から集められ、(大正3年)に刊行された「俚謡集」に収録されなかったものを集めたのが俚謡集拾遺である。 「籠目かごめ、籠の中の鳥は、いついつでやる、夜明けの晩に、ツルツル辷(つ)ウベッた。 」 東京 「籠目かごめ、籠の中のますは、何時何時出やる、十日の晩に、鶴亀ひきこめひきこめ。 」 長野県 「かごめかごめ、籠の中の鳥は、いついつ出やる、よあけの晩げつゝらつゥ」 新潟県 「かごめかごめ」に関する俗説 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2011年8月) この歌の歌詞が表現する一風変わった(ある意味神秘的な)光景に関しては、その意味を巡って様々な解釈がある。 ただ、『鶴と亀』以降の表現は明治期以降に成立したと思われるため、それらの解釈に古い起源などを求めることは困難である。 また、この歌の発祥の地についても不詳である。 姑によって後ろから突き飛ばされ流産する妊婦や、監視された環境から抜け出せない、の所在を謡ったものとする俗説などがある。 歌詞の解釈 [ ] 解釈に際しては、歌詞を文節毎に区切り、それぞれを何かの例えであると推定し、その後で全体像を論じる形をとっているものが多い。 以下に一部を紹介する。 「かごめ」 [ ]• 籠目、すなわち竹で編まれた籠の編み目を表す。 「囲め」が訛ったもの。 つまり、かごめ遊びをする際に、皆で「囲め、囲め」と呼び合っている。 「屈め」が訛ったもの。 つまり、かごめ遊びをする際に、オニに対して「屈め、屈め」と言っている。 籠目の形、すなわち六角形のことである。 籠目の形、すなわちのことである。 「籠女」と書き、見た目が籠を抱いているような女性、すなわち妊婦のことである。 「カーゴ(Cargo)」に乗る役目。 処刑場を囲んだ竹垣を表している。 「かごめ」は「神具女」(かぐめ)若しくは「神宮女」(かぐめ)である。 即ち、神の雰囲気を具える女、日本で古くから厚く信仰されていた祈祷を行う「巫女」 ミコ、預言者 や「斎宮」の意味である。 「かごのなかのとり」 [ ]• 「籠の中の鳥」であり、当時の風俗から考えて鳥は鶏である。 かごめ遊びの中で、オニとなった人を「籠の中の鳥」に喩えている。 「籠の中の鳥居」と解釈し、籠に囲まれた小さな鳥居、もしくは竹垣に囲まれた神社を表している。 ある点を籠目の形(六角形または五芒星)に結んで出来た図形の中心に存在する物を指している。 籠目の形をした空間の中心に存在する物を指している。 籠女(妊婦)の中にいるもの、つまり胎児のことを指す。 子供のことである。 「とり」=トリをとる人。 祭り等で、最後の締めをやる人。 最後尾に就いて、取り溢しが無いように皆を追い上げて、締めをする人。 「いついつでやる」 [ ]• 「何時、何時、出会う」であり、「何時になったら出会うの?」「いつになったら出て来るの?」と疑問を投げかけている。 「何時、何時、出遣る」であり、「何時になったら出て行くの?」と疑問を投げかけている。 「何時、何時、出遣る」であり、「何時になったら出て行けるの?」と疑問を投げかけている。 「何時、何時、出遣る」であり、「いつ、出現するか?」「いつ、出て来るのか?」と疑問を投げかけている。 「何時、何時、出やる」であり、「何時になったら出るのかな?」と疑問を投げかけるのであるが、「出やる」の「やる」は西日本で、目下の者や愛玩動物に対して親しみを込めて使う敬語的語彙であり、共通語で的確な訳語がないが、「出やがる」に親しみのニュアンスを持たせたとでも云うべき意味を持つ。 「よあけのばんに」 [ ]• 「夜明けの晩」つまり「夜明け=夜の終り、朝の始まり」「晩=夕暮れ、夜」であり、「真夜中過ぎ」を指している。 「夜明けの番人」であり、籠の中の鳥、つまり鶏のことである。 「夜明けの晩に」は「夜明けから晩に至るまで」という意味であり、「朝早くから夜遅くまで」という時間の経過を表している。 「夜明けの晩」つまりは光を見る前であり、胎児からの視点では臨月に当たる。 「夜明け」は夜が明けたときで、「晩」は夜のこと。 つまり「夜明けの晩」とは「存在しない時間」のこと。 「夜明けの晩」つまり「夜明け」の「晩=終り(朝が始まりなら晩は終り)」であり、「夜が明ける終りの部分」つまり「日の出=日光を見る(日光東照宮の方向を見る)」を指している。 「夜明けの晩」つまり「夜明けとも言える晩」であり、午前4時前後の時間帯を指している。 「つるとかめがすべった」 [ ]• 「鶴と亀が滑った」であり、縁起の良い象徴の2つが滑るということで、吉兆(もしくは凶兆)を表している。 「鶴と亀が統べた」であり、鶴および亀に象徴される為政者(または建造物)を表している。 「鶴と亀が統べった」であり、鶴および亀に象徴される為政者が、「統治した」と「滑った」を掛けてある。 京都に伝わる童謡の歌詞「つるつる つっぱいた」が変化したもので、「ずるずると引っ張った」という意味である。 の「月花茲友鳥」より、「つるつるつるつっぱいた」が変化したもので、「するすると突っ込んで入っていった」という意味である。 「鶴と亀が滑った」であり、長寿の象徴である2つが滑るということで、死を表している。 とを統べるでが統治。 「鶴と亀」とは、日光東照宮御宝塔(御墓所)の真前に(側近くに)置かれている「鶴(飛ぶ=天)」と「亀(泳ぐ=海)」のことであり、徳川家康の側近つまりが「統治する(陰で操る)」という意味である。 「うしろのしょうめん だあれ」 [ ]• 「後ろの正面」は、真後ろを表し、「真後ろにいるのは誰?」と問うている。 「後ろの正面」は「鬼」の背面(背中側)を指す。 「後ろの正面、誰?」は、「後ろを向いた時に正面に居る人は誰?」との意味。 転じて、逆の存在・影の指揮者・取り憑いていた存在等を表す。 江戸時代、京都で「正面」と言えば大仏殿を指し、正面の後ろに葬られた人物()を連想させている。 された首が転がって、体は正面を向いているけれど首が後ろを向いて、「私を殺したのは誰?」と問うている。 または、死んだことに気付かず目の前の首がない体は誰のものだろうと疑問に思っている様子を表している。 ただし、この「しょうめん」の部分の歌詞は、一部の地域では「しょうねん 少年 」とする場合もある。 の出身地 から の方向を向くと、「後ろの正面」はちょうど、日本で唯一、明智光秀のを所蔵している がある()になる。 歌全体の解釈 [ ] 「かごめかごめ」はその歌詞の、論理のおかしさ、普通ではなく合理的でない所が、人間の類推の能力に働きかけ、聞く人を楽しませる、面白味のある言葉遊びの歌として日本中に流行したとする説。 主に女児の遊ぶ「かごめかごめ」は、歌の冒頭で一人の目の見えない状態の女児を複数の女児が取り囲み「かごめ かごめ」と囃し立てるところから始まる。 ここでの「かごめ」は、「囲め」と「籠のなかの女」と「格子状で隙間のある」等の複数の意味を持つとなっている。 次に「かごのなかのとりは」で、冒頭の「かごめ」の意味を「鳥類のかもめ」 の意味へ一転させ、取り囲まれた女児を「鳥が囲まれている(とりかこまれている)」「籠の中の鳥」等と意味付けている。 次に「いついつでやる」で、「鳥はいつ籠から出ていくのか」「答え合わせはいつだろう」という期待感を持たせると同時に「鳥が誰かと会う」ことをし、多義性を持たせている。 次に「よあけのばんに」で「夜が明けた晩」という、「朝と夜の順序が逆」というを用い、疑問と混乱を誘うおかしみを出している。 そして「つるとかめがすべった」で、「鳥は鶴だった」と「かもめ」から一転させ、「鳥が出会ったのは亀であった」という拍子抜けを誘い、「縁起の良い鶴と亀が滑って転んだ」という失敗へのを持たせ、最後に「うしろのしょうめんだあれ」で「後ろなのに正面」という、「誰が真後ろにいるかを当てて頂戴」という多義性を持たせている。 後ろの正面は誰?」と解釈する。 ただし「鶴と亀がすべった」の部分については「語呂やリズムを合わせる為」と曖昧にしているものが多い。 遊女説(提唱者不明) 一日中(夜明けの晩に)男性の相手をさせられ(鶴と亀が滑った)、いつここから抜け出せるのだろう(いついつ出やる)と嘆いているうちにもう次の相手の顔(後ろの正面だあれ)が見え隠れしている、という自由のない遊女(籠の中の鳥)の悲哀を表している。 説(提唱者不明。 埋蔵金と結びつけてテレビ番組等で紹介されている) 日光東照宮の三神庫と呼ばれる建築物群や奥院には鶴と亀が対になって飾られている所があり、歌詞中の「鶴と亀が統べった」はこの彫刻を指しているとしている。 豊國廟説(など) 正面とは京都の周辺(現在の正面通り)を指し、を神格化する際に邪魔となった豊臣秀吉を神の座から引き摺り降ろす為に行われた、豊国神社の打ち壊しと、秀吉の棺を掘り返して庶民と同じ屈葬にして埋め直した事件を表したものである。 埋蔵金説(提唱者不明) 「鶴と亀」はそれぞれ芦名家の城の別名であり、埋蔵金の隠し場所を示している。 陰謀説(提唱者不明) 「かごめ」は 籠女と書いてお腹に籠を抱いているような女=妊婦を示し、「かごの中の鳥」とはお腹の中にいる子供を示す。 その妊婦の家は相続争いで争っている最中で、1人でも相続人の候補が増えることに快く思わないものもいた。 出産予定日もそろそろというある夜明けの晩、階段を降りようとした妊婦は誰かに背中を押されて落ちてしてしまった。 自分を落とし子供を殺したのは誰だという母親の恨みの歌という説である。 囚人説(提唱者不明) かごめは、籠つまり牢屋を指していて「籠め籠め」と牢屋に聞いている様。 籠の中の鳥=オニは囚人である。 鶴と亀が滑った=縁起の良くないこと、つまり脱走や死刑を表す。 後ろの正面だあれ=死刑囚を呼びにきた監視、又は脱獄の手助けをするもの。 いったい誰が来るのか? どんな運命になるのか? という説である。 明智光秀・南光坊天海同一人物説() の正体が、に敗れた後も生き延びたであることを示唆しているとする説。 鶴と亀には、日光東照宮の彫刻の他にとの意味もあるとする。 ただし前述のように、「鶴と亀」の部分が明治期以前に存在していたことを示す文献は確認されていない。 神示説(提唱者不明) 「かごの中の鳥」は「肉体に自己同化し、肉体に閉じ込められた人」、「いついつ出やる」は「いつになったら肉体が自分でないことに気づくのか」、「鶴と亀がすべった」は「陰と陽が統べった」即ち「目覚めた」ときに、「うしろの正面だあれ?」=「自分」とは誰なのでしょう?という意味の、人の精神的目覚め・開悟を歌っているとする説。 歌詞解釈以外の俗説 [ ] 降霊術説 「カゴの中の鳥は」と歌っているところで円の中に人がいなければ霊を呼び出すという、と同様のに使われる歌であるという説もある。 呪術説 真ん中の子供に神様を宿らせるまじないであったとする説。 遊戯説 影の支配者を当てる遊戯。 関連項目 [ ]• 「」 - 著の児童文学作品• 「」 - の楽曲(作詞:将/作曲:アリス九號)。 「うしろの正面だあれ」 - の楽曲。 アルバム『』収録。 「」 - の楽曲(作詞:/作曲:)。 曲中に引用。 「カゴノトリ」 - ("橙色特別室"名義)による『』『』の楽曲。 曲中に引用。 - ヤングカジュアル婦人服を中心とした企画・製造・販売会社。 CMに「かごめかごめ」の替え歌が使用されている。 出典・脚注 [ ] []• 『-第五版』、。 『民間伝承論』共立社、1934年、181頁。 『放送禁止歌』知恵の森文庫、2003年 30、231頁。 原書は活字に起こされ『続日本歌謡集成』((36年) - (昭和39年))にて出版。 この説をとるものとして、例えば、柳田國男「こども風土記」がある(定本柳田國男全集21巻8頁)。 日光の慈眼堂には天海の廟所がある。 もと貝塚市鳥羽にあった海雲寺が、岸和田藩主の命で現地に移され、寺号も本徳寺と改められた。 『陰謀と暗号の歴史ミステリー』2008年4月15日発行 SAKURA MOOK33 編集発行人 西塚裕一 発行所 株式会社• 国土交通省北陸地方整備局. 2015年11月12日閲覧。 2006年10月7日時点の [ ]をアーカイブ。 参考文献 [ ].

次の

ことわざ「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」の意味と使い方:例文付き

あれ 意味

今日もまた、テドロス事務局長の苦悩に満ちた顔が、テレビに映る。 そのたびに、背後にはWHO(世界保健機関)のロゴマーク。 そこには、国連のシンボルマークの上にヘビが描かれている。 ときにはオレンジ色で強調されている物も。 あのヘビは一体何なのだろうか。 治療の神様 、あの杖と巻き付いたヘビは、ずっと昔から医学と医療職の象徴だったのだという。 この杖をもっていたのは、ギリシャ神話に登場するアスクレピオス。 「治療の神」として、古代ギリシャ人に崇拝されていた。 だから、ヘビが巻き付いた杖も、同じように信仰の対象となった。 アスクレピオスの彫像。 蛇ともども雄々しい印象の像だ。 Wikipediaより。 以下同 冥界(死者の世界)の神ハデスは、アスクレピオスが人間の命をあまりにも救うので、人間を不滅にしてしまうのではないかと恐れた。 神々の主神ゼウスに訴えた結果、アスクレピオスはゼウスの雷で殺されてしまったーーとWHOは説明している。 一般には「アスクレピオスは死者をも蘇らせた。 だから冥界の神ハデスが怒った」という内容となっている。 とはいうものの、じゃあなぜアスクレピオスが持っていた杖にはヘビが巻かれているのか、WHOの公式サイト(英語版)は説明していない。 薬にも毒にもなるヘビ 色々見た中で、ウィキペディア(英語版)の説明がとても面白かったので、これを中心に他も混じえて紹介したい。 ヘビの意味は、たくさんの解釈があるという。 ヘビは脱皮する(平均で、2、3カ月に1回とのこと)。 これは再生と若返りを意味する。 また、医学は「生と死」「病気と健康」という、正反対の矛盾したものを扱う二面性があるために、ヘビはこれを表現するシンボルとなった。 なぜなら、古代ギリシャ時代には既に、ヘビから取られたものは、命を救う薬にも、死に至らしめる毒にもなることが知られていたからだ。 古来よりヘビの体からは、薬が取られてきた。 アジアでも「蛇酒」は数千年前から医薬品だった(毒蛇を漬けることが好まれる)。 さらに古代ギリシャの時代には、ヘビの毒は血流に入ると致死性があるが、吸収されてしまう場合があることが、一部で認識されていた。 まるで、治療の一形態として「処方された」ように見えることがあったという。 どういう意味かというと、「毒をもって毒を制す」ということが起きていたのだろう。 現代では、ヘビなどから取れる毒性物質を基に、幅広い用途に向けた医薬品開発が盛んに行われている。 毒の成分は、血栓の分解や癌(がん)細胞の増殖抑制など、。 そもそも「毒をもって毒を制す」ということわざがあるのは、昔の人は経験からこの事実を知っていたのだ。 死ばかりでもなく、生ばかりでもなく・・・こういったヘビのもつ曖昧さは、薬(ドラッグ)がもつ曖昧さともいえる。 このために「生と死」「病気と健康」という両極をつかさどる医学のシンボルになったのだろう。 奥が深い。 哲学的ですらあると感じる。 ところで、ヘビといえば、 旧約聖書にある「青銅のヘビ」という話が有名だ。 エジプトを脱出したイスラエル人は、飢えと乾きに苦しんでいた。 嘆きと不平を神とモーゼに訴えると、神は怒って炎のヘビ(毒蛇)を送った。 毒蛇にかまれて死者が出たので、人々は「神に逆らう罪を犯してすみませんでした。 どうかヘビを取り除いてくださるよう、神に祈ってください」とモーゼに頼んだ。 すると神は「燃えるヘビを作り、旗さおの上に付けよ。 噛まれた者はそれを仰ぎ見れば、生きる」と告げた。 ここでもヘビは、死と生の両方を与えている。 アスクレピオスと蛇が仲良く共にある雰囲気の像。 あちこちで使われるヘビの模様 この「アスクレピオスの杖」は、様々な医療機関でロゴマークに使われている。 ウィキペデイアには、世界中の80ものそうそうたる医療機関の名前が列挙されている。 特に有名なのは、「Star of the Life(生命の星)」と呼ばれるデザインである。 緊急救命機関のロゴマークになっていることが多く、アメリカや欧州で(日本でも)、救急車にこのマークが描かれているのを見かける。 イタリアの救急車 ちなみに、このマークは、元々はアメリカ医師会が1963年にデザインしたものだ。 1970年には同会の救急医療サービス委員会が、「全国救急医療技術者登録(NREMT)」を組織したとき、このデザインをロゴとして採用した。 このデザインはアメリカ赤十字によって奨励されたことから、緊急医療のシンボルとして、世界中で急速に採用された。 当時アメリカの救急車は、オレンジ色の十字のマークを使っており、アメリカ赤十字は似ていることに不満だったことが背景にあった。 日本でも、このマークを使っている機関が複数ある。 例えばは、1992年の設立当時から、シンボルマークとして使用している。 「Star of the Life(生命の星)」以外にも、様々なデザインがある。 アメリカ医師会のロゴ。 「アスクレピオスの杖」のバリエーション。 日本医師会 Japan Medical Association のロゴ。 杖はなく蛇のみのようだ。 太陽と夜の二面性 終わりに。 ギリシャ神話では、ゼウス神はアスクレピオスを雷で殺してしまったが、彼の才能を惜しんで、星座のへびつかい座にしたのだった(12星座ではなくて13星座を用いると、さそり座といて座の間に入ってくる)。 アスクレピオスの父親は太陽神アポロンで、息子を殺されて、ゼウスに猛烈に抗議したからでもある。 息子はもう太陽のもとでは生きていないが、夜空で輝くことになった。 夏の星座なので、夜空を見上げるとアスクレピオスに出会えるに違いない。

次の