ご 査収 いただけ ます と 幸い です。 「ご高覧」の読み方と意味、使い方、例文、「ご査収」との使い分け

今さら聞けない「ご査収」の意味と使い方

ご 査収 いただけ ます と 幸い です

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の

「ご査収」の意味と使い方、返事の仕方!類語「ご確認」との違い、英語も解説!

ご 査収 いただけ ます と 幸い です

「ご査収ください」の読み方・意味 査収(さしゅう) 金品・書類などを調べて受け取ること。 「御-ください」 ご査収の程(ごさしゅうのほど) 調べた上で受け取ること、またはその次第。 「ご査収の程、よろしくお願い致します」などの形で用いられる。 weblio. jp 「査収」「ご査収の程」の意味を見てみるとどちらも、 調べたうえで受け取ることとなっています。 話し言葉にいいかえると、「よく確認してお受け取りください」といった表現になるかと思います。 見積書や企画書、履歴書など大事な書類を送る際には、まさにぴったりの言葉ですね。 書類を添付したメールの文章や、郵送する際につける添え状や送付通知状などに多用されます。 ちなみに、「ご査収」は相手がその書類をまだ見ていない時に使うものなので、いちど見てもらって何らかの箇所を修正し再度見てもらう時には、「ご確認ください」などとするほうが自然です。 「ご査収ください」の使い方 では、次に実際の使用例を見ていきましょう。 『見積書を送付致します。 ご査収の程、宜しくお願い致します。 』 『企画書を添付致しましたので送付致します。 宜しくご査収の程、お願い致します。 』 といった感じで、使われます。 他にもいろんなバリエーションがあって、さまざまな「ご査収」がビジネス文書・メールには溢れています。 例えば、、、• ご査収ください• ご査収お願いします• ご査収よろしくお願い致します• よろしくご査収いただけますようお願い申し上げます• ご査収の程よろしくお願い致します• 資料を添付致しましたので、ご査収くださいませ などなど、このような言いまわしで使われているのを見たことがありますが、何だか違和感を覚えるものはありませんか??実は、1つだけ間違った用法のものがあるのです。 それは、4です! なんだか違和感を覚えた方も多いのではないでしょうか?具体的にどこがおかしいかと言うと、、、 「ご査収」自体に相手への尊敬の意味があるので、「申し上げます」という謙譲語を足してしまうと二重敬語になってしまうから。 国語の授業でも二重敬語はだめと教わりますので、やはりこの表現は間違いだと言えるでしょう。 それと、2・3については文法的に誤りと言えるかはわかりませんが、何だか発音した時のリズムがぎこちなくて、片言みたいに聞こえてしまいますよね。 ご査収の後ろに「の程」を入れた方がより自然になります。 類義語の「ご検収ください」の意味と使い方とは? ご査収くださいと似ている表現として、「ご検収ください」があります。 使う頻度はそんなに高くないですが、セットでおさえておくと頭の中がスッキリし、より覚えられると思います。 この際、こちらもあわせて確認しておきましょう。 品物の種類や数量、破損の有無、機器の動作確認などを行って品物を引き取ること。 また、コンピューターのシステム開発を外注したときに、納品されたシステムを検証すること。 デジタル大辞泉 「 納入品をよく検査して受け取ること」という意味になります。 よく確認したうえで受け取るという点では、査収と同じです。 違いは受け取る物が何かによるのですね。 整理すると、、 「査収」・・・金品、書類など 「検収」・・・納入品、システム となります。 物によって使い分けされるので、「査収」は幅広い業界で使われ、「検収」は業界によって使用頻度が大きくちがってきます。 使い方については、「ご査収」と同じ要領で、「ご検収ください」「ご検収の程、よろしくお願い致します」などとなります。 「ご査収ください」の言い換え表現いろいろ 今まで、「ご査収ください」の意味や使い方について見てきましたので、もうこれで問題なく使えること間違いないしですが、「 やっぱり使うの何か抵抗ある・・・」と感じたりしていませんか? 「正しく使えてるか自信がない」 「ご査収って使うの、いつまでも違和感がある」 「ご査収ってご査収って、いったい何なのよ!」 上記のことに当てはまるなら、無理して使うこともありません。 何事もよく考えこみやすい人に多いと思うのですが、「ご査収」という表現が馴染みなさすぎて使うの抵抗がある、という場合は、言い換え表現を使いましょう。 「ご査収ください」• ご確認の上、お受け取りください。 ご検討の程、よろしくお願い致します。 内容について間違いないか、ご確認頂けますと幸いです。 「ご検収ください」• 商品の数量など誤りがないか、ご確認お願い致します。 商品の動作確認など不備がないか、ご確認いただけますと幸いです。 などと、言い換えて使っても問題ありません。 ただ、書類やメールなどの書き言葉で「間違いがないか」などのマイナスフレーズを出すのはちょっと印象が悪く、そういったことをごまかせるという点では、「ご査収」「ご検収」は便利かなと思います。 間違えられやすい「ご査証」の意味とは?使用例文も 「ご査収」と字面がとても似ている言葉に、「ご査証」があります。 全然意味が異なるのに、誤用されるケースも見かけます。 しっかりと意味を把握していさえすれば、間違いは防げます。 ここで、辞書的な意味を確認しておきましょう。 Sponsored Link まとめ 「ご査収ください」と「ご検収ください」の意味と使い方について、見てきましたがいかがでしたでしょうか?ここで、今回の内容を簡単にまとめておきたいと思います。 「ご査収」の意味• 「ご査収ください」・・・書類・金品などをよく調べたうえで受け取る• 「ご検収ください」・・・納品された商品の個数や動作確認など調べた上で受け取る 「ご査収」の使い方 例文• 『ご査収の程、よろしくお願い致します。 『ご査収ください』 「ご検収」の意味• 納入品をよく検査して受け取ること 間違われやすい「ご査証」の意味とは?• 調べて証明すること 人によって、微妙に言いまわしがちがったりするので、ビジネスパーソンでも意外と変な使い方をしているケースも見かける言葉です。

次の

間違う人も多い「ご査収」の正しい意味・使い方・例文

ご 査収 いただけ ます と 幸い です

「ご高覧」の使い方と例文 目上の人に自分の商品や文章などを見てもらうことをお願いする 「ご高覧」は目上の人に、文章や商品を見てもらうことをお願いするときに使用します。 ビジネスシーンにおいての「ご高覧」は、目上の人に資料や書類を見てほしい場合、商品を紹介する場合などに使います。 「ご高覧」は「何卒ご高覧ください」といったように使うことで、「ご覧ください」とお願いするよりも丁寧な印象を与えることができます。 ・今回の講習会の感想及び意見をまとめたものをメールにてお送りさせていただきました。 何卒ご高覧いただけると幸いです。 ・弊社のパンフレットを同封いたしました。 よろしければご高覧ください。 ・会議の詳細につきましては、資料をご高覧いただきたく存じます。 ・見積書を同封いたしましたのでご高覧の上、ご検討くださいますようお願い申し上げます。 ・当社の新製品をぜひご高覧の上、ご確認いただけると幸いです。 ・先日、弊社で開催しました講演会の動画を公式サイトにアップロードいたしました。 ご高覧の程よろしくお願い申し上げます。 ・資料を送付いたしますのでご高覧賜りますようお願いいたします。 目上の人にお礼・感謝を述べる ビジネスシーンにおいては、資料や書類などを送るときに「ご高覧」を使います。 他にも「ご高覧」は、自分の写真を送ったり、自分が出演する発表会や演奏会、展覧会のパンフレットを送ったり、著書を送ったりするときに使うことができます。 ・本日はご来場いただきありがとうございました。 おっしゃる通り、今回の絵画は海外の景色をモチーフして見ました。 ご高覧いただき大変光栄です。 ・ご高覧いただきありがとうございました。 また展示会を開催する機会がありましたら、ぜひお越しください。 ・ご高覧いただきました皆様には、新作メニューの試食もお楽しみいただきます。 ・この展示会は3日間だけの開催ではありましたが、多くの方にご高覧いただきました。 足を運んでくださった皆様に厚くお礼申し上げます。 ご高覧下さった皆様に心より感謝申し上げます。 「ご高覧」を使用時の注意点 堅いフォーマルな言葉なので文章で使用するのが自然 「ご高覧」は目上の人に対して、「見てください」と促す表現です。 「ご高覧」は堅い表現なので、主に文章内で使われることが多く、口頭ではあまり使われません。 口頭では「ご覧ください」という表現を使います。 また「ご高覧ください」は目上の人に使う言葉のため、同僚や部下には使ってしまうと、違和感を与えたり、回りくどくなってしまいます。 同等や目下の人には「ご覧ください」や「ご確認ください」を使うのが良いでしょう。 見た上で確認や意見を求める場合は違う言葉に置き換える 「ご高覧」はあくまでも「見る」という意味しか含まれていないので、「見た上で確認をしてほしい」「見た上で意見がほしい」といった場合には、違う言葉を使うことになります。 こういったときには、「ご査収」「確認の上受け取ってください」などを使うのが良いでしょう。 もしくは、 ・ご高覧くださるようお願い申し上げます。 お忙しい中大変恐縮ですが、差支えなければご意見やご感想などをいただけますと幸いです。 ・ご高覧の上、ご高評賜れば幸いです。 といったように「ご高覧」に言葉を付け足すのが良いでしょう。 「ご高覧」の類語 ご査収 「ご査収」は <ごさしゅう>と読みます。 「査収」は「よく調べた上で受け取ること」を意味しています。 「ご査収ください」は相手に何か渡す際に使いますが、ただ受け取るのではなく、中身や内容の確認をした上で受け取ってくださいということを伝えたい場合に使います。 ビジネスシーンにおいて「ご査収ください」は、見積書や納品書、請求書などに記載している内容に間違いがないか、確認してもらう際に用います。 一般的に「ご査収」は口語よりもメールなど書き言葉として使います。 例文 ・見積書を送付いたしましたので、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・訂正いたしました書類を送付いたしました。 何卒ご査収ください。 ・明日の会議についての資料を添付いたしますので、ご査収ください。 ご一読 「ご一読」は<ごいちどく>と読みます。 「一読」は 「一度読むこと。 ひととおり読むこと」を意味しています。 「ご一読ください」といった場合は、配布した書類などに対して目を通しておいてくださいということになります。 ビジネスシーンにおいて「ご一読」は、会議が行われる際に資料を配布し、上司など目上の人に対して読んでおいてほしいときに使うことができます。 「目を通してください」と言っても問題ありませんが、相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性があるので、「ご一読ください」を使うのが良いでしょう。 例文 ・明日の会議までに、お渡しした資料をご一読いただければと思います。 ・弊社の新しいパンフレットで完成しました。 大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いです。 ご賢覧 「ご賢覧」は<ごけんらん>と読みます。 「賢覧」は 「相手の見ることの尊敬語」を意味しています。 「ご賢覧」は「ご高覧」とほぼ同じ使い方で、目上の人に対して、自分が持っているものを見てもらいたい場合に使います。 「ご賢覧」は「ご覧いただく」よりも丁寧な表現になります。 例文 ・展示会についてのお客様からの感想をメールにてお送りさせていただきました。 ご賢覧ください。 ・私も少しだけ出演させていただきました。 ご賢覧よろしくお願いします。 ご回覧 「ご回覧」は<ごかいらん>と読みます。 「回覧」は「方々をめぐって見物すること」「順々にまわして伝えて見ること」を意味します。 「ご回覧」は、 「資料や書物を読み終わったら次の人に回してください」というニュアンスが含まれます。 自分だけが確認するのではなく、社内の人やチーム内の人にも情報提供をする場合に「ご回覧」を使います。 例文 ・先ほどの打ち合わせの変更部分についての資料をお渡しします。 ご回覧ください。 ・忘年会の案内を回しますので、皆様ぜひご回覧ください。 ご観覧 「ご観覧」は<ごかんらん>と読みます。 「観覧」は 「絵や芝居を風景などを見物し、あるいは眺めること」を意味します。 「観覧」は例えば、動物園や水族館、博物館、景色や絵などジャンルを問わず、とにかく何かを見物することを表します。 例文 ・この度は弊社のホームページをご観覧いただき、誠にありがとうございます。 ・公演をご観覧いただき、非常に嬉しく思っております。 ご清覧 「ご清覧」は<ごせいらん>と読みます。 「清覧」は 「手紙文などで、相手が見ることを敬っていう語」です。 「ご清覧ください」といった場合は「自分が書いたものを見てください」といったニュアンスになります。 例文 ・手紙をお送りしましたので、ご清覧のほどよろしくお願いいたします。 ・講演の感想をまとめたメールをお送りしました。 ご清覧のほど、よろしくお願いします。 ご笑覧 「ご笑覧」は<ごしょうらん>と読みます。 「笑覧」は 「笑いながら見ること」を意味し、自分のものを他人に見てもらう時の謙譲語です。 「ご笑覧」は「粗末なものでお恥ずかしいですが、どうぞ見てください」というニュアンスになります。 例文 ・自画像を描いたのですが、ご笑覧いただければ幸いです。 ・フランスに行った際の写真をブログで紹介していますので、ぜひご笑覧ください。 ご照覧 「ご照覧」は<ごしょうらん>と読みます。 「照覧」は 「明らかに見ること」「神仏がご覧になること」を意味しています。 「照覧」は、神々や王、貴人がご覧になることを意味します。 よく「神々も照覧あれ」と言いますが、これは堂々とお見せするや誇らしく見てもらうという意味合いになります。 「ご照覧」はあまり使われる表現ではありません。 例文 ・新しいホームページを開設しましたので、ご照覧いただければ幸いです。 ・天はご照覧になっておりますよ。 ご高閲 「ご高閲」は<ごこうえつ>と読みます。 「高閲」は 「他人が文書・原稿などの目を通して正誤・適否を確かめることを敬っていう語」です。 「ご高閲ください」といった場合は「自分が書いたものに誤りや不備な点がないか確かめて、訂正してください」というニュアンスになります。 「ご高閲」は「ご高覧」とほぼ同じ意味です。 しかし、「閲」という字が「書きものの内容をなどを調べること」を意味しているので、「ご高覧ください」と言うよりも 「ご高閲ください」と言った方が「しっかり確認してください」という意味合いが強くなります。 例文 ・昨日書き上げた原稿をご校閲ください。 ・本を書きましたので、ご高閲よろしくお願いいたします。

次の