福岡銀行 振込。 福岡銀行への振込み方法

銀行ATM 現金振り込みのやり方【やさしく】時間や土日・手数料は?

福岡銀行 振込

銀行振込3つの方法 銀行振込をする方法は大きく3つあります。 窓口で振込をする方法• ATMで振込をする方法• オンラインバンキング(ネット)で振込をする方法 それぞれで必要なものや方法、手数料が変わってきます。 銀行の窓口での銀行振込 窓口での振込は3通りの方法の中で一番手数料が高く付きます。 受付時間は対応時間である開店(午前9時)から午後3時までとなっています。 また、銀行によっては午後2時を過ぎると翌日扱いとなるケースもありますのでご注意ください。 指定の振込用紙に送金先の口座番号、氏名等を記載して窓口に提出をして手続きをします。 現金で振込をする場合、10万円超の場合は「身分証」が必要になります。 一方、銀行口座内から振込をする場合は「通帳・キャッシュカード」「届け出印鑑」の2つが必要になります。 ただし、金額が高額となる場合は本人確認のために身分証の提示や暗証番号の入力を求められる場合があります。 基本的には手数料も高いのであまり使用する機会はないかと思いますが、ATMでは振込ができないような高額の振込をしなければならないケースでは窓口を使う必要があります。 ATMでの銀行振込 銀行に設置してあるATM(現金自動預け払い機)を使って振込をする方法です。 必要なものは「キャッシュカード」+「暗証番号」で振込が可能です。 ゆうちょ銀行などは通帳でも可能ですが多くの場合はキャッシュカードで振込をする形になります。 なお、ATMでの振り込みは窓口で振込をするよりも手数料が安く設定されているのでこちらを使った方がお得です。 待たなくてもいいですし。 ただし、ATMでの振り込みは「限度額」が定められていることが多いので数100万円単位といった多額の振り込みはATMではできないケースがありますのでご注意ください。 一部の銀行はコンビニATMでの振込にも対応 ちなみに、ATMを使った振込はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどに設置されているコンビニATMでも一部銀行は対応しています。 ただし、コンビニATMを使っての振込は通常の振込手数料に加えて、コンビニATM利用手数料(100円~400円程度)が別途発生します。 緊急時には良いかもしれませんが、コスト的にはあまりお得ではないです。 オンラインバンキング、スマホアプリでの銀行振込 パソコンや携帯電話、スマートフォンなどを使ってネットで銀行振込をする方法です。 最近では、ネットバンク等を中心に各銀行はの口座管理用のスマホアプリを提供しています。 アプリ経由であればスマホ操作だけて手軽に銀行振込が可能となっています。 今回紹介している3つの振込方法の中では一番手数料が安いです。 特に、後述するようにネット銀行(ネットバンク)では、月に一定回数までであれば振込手数料が無料となるようなサービスも行っています。 ネットでの操作は面倒、怖いという方もいらっしゃるかもしれませんが、アプリなどを使った送金であれば、かなり手軽に行えます。 ログインID、パスワード、暗証番号の3つが通常必要です。 銀行振込を利用するなら圧倒的にネットバンキングがお得 前述のとおり、銀行振り込みを使うならネット経由が一番手数料を節約できます。 最近のオンラインバンキングはパソコンはもちろんですが、スマートフォンやタブレットなどにも対応しているので、より手軽になりました。 たとえば、利用者も多いであろう三菱UFJ銀行から、他の銀行に3万円を振り込むという場合の手数料を見てみましょう。 窓口振込:864円• ATM振込:432円(コンビニATM利用なら+108円~432円)• オンラインバンキング振込:216円 このようになっています。 「」でも紹介していますが、ネット銀行(ネットバンク)なら振込手数料を一定回数まで無料としているような銀行もあります。 2016年には日銀によるマイナス金利政策が実行されて、銀行預金の金利は普通預金なら0. 001%という水準が一般的になっています。 この金利100万円預けてもたったの10円しか金利が付かない計算です(税引き後は8円)。 1回分の振込手数料にもなりません。 このような低金利の時代だからこそ「手数料」は気にしたいところです。 銀行 無料回数 備考 月1回~15回 無条件で月1回は無料です。 預金額などに応じて最大で月15回まで無料にできます。 月1回~15回 ランク制になっています。 ランク2(月3回無料)までは比較的簡単に達成できるのでお勧めです。 月0回~3回 預金残高などに応じて振込手数料回数が無料になります。 楽天銀行内に10万円以上の預金があれば、月1回~無料になります。 銀行振込に関するよくある質問 以下では銀行を使った送金・振込に関してよくある質問をまとめたものです。 ・振込するときに必要な相手の情報って何? 銀行名、支店名、口座番号、口座種別(普通預金or当座預金)、振込先の名前です。 振込先の名前は知らなくても振込できますが、確認のため必ず控えておきましょう。 後述する振込間違いの予防になります。 ・間違った相手に振り込んだ場合はどうなる? 組み戻しという作業が行えますが、手数料がかかるほか、間違って送金をした相手の承諾が必要となるなどとても大変です。 相手に拒否される場合もありますので、銀行振込をするときは、必ず送金先を指さし確認するようにしましょう。 参考: ・銀行から郵便局(ゆうちょ銀行)へ振込はできるの? 以前はできませんでしたが、郵便局が「ゆうちょ銀行」となったことから振込ができるようになりました。 ただし、受け入れ先がゆうちょ銀行で銀行振込の登録している必要があります(ゆうちょ銀行の番号とは違う、銀行振込専用の口座番号で振込をします)。 なお、ゆうちょ銀行同士の振込はATMやネットバンキングなら手数料無料でできてお得です。 参考: ・コンビニATMから銀行やゆうちょ銀行に振込はできる? 銀行のキャッシュカードを通じては可能です。 現金振込は対応していません。 なお各コンビニATMと利用中の銀行が提携している必要があります。 振込手数料のほかコンビニATM利用手数料が必要になります。 参考: ・銀行振込は即時反映されるのですか? 銀行の時であれば即時反映されます。 時間9時~15時以外の時間でも24時間リアルタイムで反映されます。 対応していない銀行は従来通り9時~15時までが即時反映でそれ以外は翌営業日扱いとなります。 参考: ・銀行口座からではなく、現金振込はできますか? 10万円以内なら窓口、ATMで利用可能です。 10万円超の場合は窓口経由でなら振込ができます。 ただし、手数料が割高になるのであまりおすすめしません。 また、マネーロンダリングなどの不正防止のため、振込目的などのを確認されます。 ・銀行口座を持っていないけど振込はできるの? 上に書いている通り、銀行内のATMであれば現金振込は可能です。 現金+手数料を持っていき、ATMまたは窓口で手続きをします。 ただし、利用金額の制限があるほか手数料も高いので基本的にはお勧めしません。 中でも送金について、従来は銀行振込が送金の基本となっていましたが、最近では個人間送金アプリというものも登場し、お金のやり取りをアプリを通じて行える仕組みも多数登場しています。

次の

「口座振替」と「口座振込」の違いとは ~送金や手数料について~

福岡銀行 振込

銀行振込3つの方法 銀行振込をする方法は大きく3つあります。 窓口で振込をする方法• ATMで振込をする方法• オンラインバンキング(ネット)で振込をする方法 それぞれで必要なものや方法、手数料が変わってきます。 銀行の窓口での銀行振込 窓口での振込は3通りの方法の中で一番手数料が高く付きます。 受付時間は対応時間である開店(午前9時)から午後3時までとなっています。 また、銀行によっては午後2時を過ぎると翌日扱いとなるケースもありますのでご注意ください。 指定の振込用紙に送金先の口座番号、氏名等を記載して窓口に提出をして手続きをします。 現金で振込をする場合、10万円超の場合は「身分証」が必要になります。 一方、銀行口座内から振込をする場合は「通帳・キャッシュカード」「届け出印鑑」の2つが必要になります。 ただし、金額が高額となる場合は本人確認のために身分証の提示や暗証番号の入力を求められる場合があります。 基本的には手数料も高いのであまり使用する機会はないかと思いますが、ATMでは振込ができないような高額の振込をしなければならないケースでは窓口を使う必要があります。 ATMでの銀行振込 銀行に設置してあるATM(現金自動預け払い機)を使って振込をする方法です。 必要なものは「キャッシュカード」+「暗証番号」で振込が可能です。 ゆうちょ銀行などは通帳でも可能ですが多くの場合はキャッシュカードで振込をする形になります。 なお、ATMでの振り込みは窓口で振込をするよりも手数料が安く設定されているのでこちらを使った方がお得です。 待たなくてもいいですし。 ただし、ATMでの振り込みは「限度額」が定められていることが多いので数100万円単位といった多額の振り込みはATMではできないケースがありますのでご注意ください。 一部の銀行はコンビニATMでの振込にも対応 ちなみに、ATMを使った振込はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどに設置されているコンビニATMでも一部銀行は対応しています。 ただし、コンビニATMを使っての振込は通常の振込手数料に加えて、コンビニATM利用手数料(100円~400円程度)が別途発生します。 緊急時には良いかもしれませんが、コスト的にはあまりお得ではないです。 オンラインバンキング、スマホアプリでの銀行振込 パソコンや携帯電話、スマートフォンなどを使ってネットで銀行振込をする方法です。 最近では、ネットバンク等を中心に各銀行はの口座管理用のスマホアプリを提供しています。 アプリ経由であればスマホ操作だけて手軽に銀行振込が可能となっています。 今回紹介している3つの振込方法の中では一番手数料が安いです。 特に、後述するようにネット銀行(ネットバンク)では、月に一定回数までであれば振込手数料が無料となるようなサービスも行っています。 ネットでの操作は面倒、怖いという方もいらっしゃるかもしれませんが、アプリなどを使った送金であれば、かなり手軽に行えます。 ログインID、パスワード、暗証番号の3つが通常必要です。 銀行振込を利用するなら圧倒的にネットバンキングがお得 前述のとおり、銀行振り込みを使うならネット経由が一番手数料を節約できます。 最近のオンラインバンキングはパソコンはもちろんですが、スマートフォンやタブレットなどにも対応しているので、より手軽になりました。 たとえば、利用者も多いであろう三菱UFJ銀行から、他の銀行に3万円を振り込むという場合の手数料を見てみましょう。 窓口振込:864円• ATM振込:432円(コンビニATM利用なら+108円~432円)• オンラインバンキング振込:216円 このようになっています。 「」でも紹介していますが、ネット銀行(ネットバンク)なら振込手数料を一定回数まで無料としているような銀行もあります。 2016年には日銀によるマイナス金利政策が実行されて、銀行預金の金利は普通預金なら0. 001%という水準が一般的になっています。 この金利100万円預けてもたったの10円しか金利が付かない計算です(税引き後は8円)。 1回分の振込手数料にもなりません。 このような低金利の時代だからこそ「手数料」は気にしたいところです。 銀行 無料回数 備考 月1回~15回 無条件で月1回は無料です。 預金額などに応じて最大で月15回まで無料にできます。 月1回~15回 ランク制になっています。 ランク2(月3回無料)までは比較的簡単に達成できるのでお勧めです。 月0回~3回 預金残高などに応じて振込手数料回数が無料になります。 楽天銀行内に10万円以上の預金があれば、月1回~無料になります。 銀行振込に関するよくある質問 以下では銀行を使った送金・振込に関してよくある質問をまとめたものです。 ・振込するときに必要な相手の情報って何? 銀行名、支店名、口座番号、口座種別(普通預金or当座預金)、振込先の名前です。 振込先の名前は知らなくても振込できますが、確認のため必ず控えておきましょう。 後述する振込間違いの予防になります。 ・間違った相手に振り込んだ場合はどうなる? 組み戻しという作業が行えますが、手数料がかかるほか、間違って送金をした相手の承諾が必要となるなどとても大変です。 相手に拒否される場合もありますので、銀行振込をするときは、必ず送金先を指さし確認するようにしましょう。 参考: ・銀行から郵便局(ゆうちょ銀行)へ振込はできるの? 以前はできませんでしたが、郵便局が「ゆうちょ銀行」となったことから振込ができるようになりました。 ただし、受け入れ先がゆうちょ銀行で銀行振込の登録している必要があります(ゆうちょ銀行の番号とは違う、銀行振込専用の口座番号で振込をします)。 なお、ゆうちょ銀行同士の振込はATMやネットバンキングなら手数料無料でできてお得です。 参考: ・コンビニATMから銀行やゆうちょ銀行に振込はできる? 銀行のキャッシュカードを通じては可能です。 現金振込は対応していません。 なお各コンビニATMと利用中の銀行が提携している必要があります。 振込手数料のほかコンビニATM利用手数料が必要になります。 参考: ・銀行振込は即時反映されるのですか? 銀行の時であれば即時反映されます。 時間9時~15時以外の時間でも24時間リアルタイムで反映されます。 対応していない銀行は従来通り9時~15時までが即時反映でそれ以外は翌営業日扱いとなります。 参考: ・銀行口座からではなく、現金振込はできますか? 10万円以内なら窓口、ATMで利用可能です。 10万円超の場合は窓口経由でなら振込ができます。 ただし、手数料が割高になるのであまりおすすめしません。 また、マネーロンダリングなどの不正防止のため、振込目的などのを確認されます。 ・銀行口座を持っていないけど振込はできるの? 上に書いている通り、銀行内のATMであれば現金振込は可能です。 現金+手数料を持っていき、ATMまたは窓口で手続きをします。 ただし、利用金額の制限があるほか手数料も高いので基本的にはお勧めしません。 中でも送金について、従来は銀行振込が送金の基本となっていましたが、最近では個人間送金アプリというものも登場し、お金のやり取りをアプリを通じて行える仕組みも多数登場しています。

次の

福岡ひびき信用金庫

福岡銀行 振込

「オークションで相手に振り込みをすることになった」 「友だちや知り合いから物やチケットを譲ってもらった。 料金を振り込みたい」 「未成年だから銀行の口座を持っていないんだけど振込はしたい」 などの理由で銀行のATMから、通帳やカードなしで現金だけで振込をしたい方もいると思います。 初めて振込をする方はやり方が分からないと思います。 僕もそうでした。 そのような方に向けて、やさしく現金振込のやり方を解説します。 まずは基本の情報からご説明します。 スポンサーリンク 反対に ・コンビニ設置のATMや店舗外のATM(道路沿いやスーパーなど) からはできません。 セブンイレブンやローソンなどのレジ横にあるATMです。 まずはここを押さえておきましょう。 *ただし、イオン銀行のATMではできるようです。 10万円以上は窓口で 銀行ATMで現金振り込みできる時間 現金振り込みができる時間は銀行によって少しちがいます。 例えば日本で1番大きな銀行 三菱東京UFJは8:45~18:00までです。 東北にある七十七銀行は8:00~18:00までです。 ちょっとちがいますね。 でも銀行の窓口がやってる昼間に行けば問題はないと思います。 反対に、夜間や土日祝日はできません。 平日の決まった時間でのサービスです。 *ただし土日祝日できる銀行を数銀行発見しました。 このページの1番下に記載しました 手数料 相手に振込むお金以外に、銀行への手数料もが取られます。 いくらかかるかといえば銀行によって少しちがいます。 例 ・三菱UFJの場合 三菱UFJの支店 216円 他の銀行宛 432円 (3万円未満の振込) ・トマト銀行の場合 トマト銀行宛て 216円 他の銀行宛て 540円 (3万円未満の振込) 三菱UFJとトマト銀行で他行あては100円ほどちがいますね。 各社だいたいこれくらいです。 何千円も取る銀行はありませんから正確に調べない場合は、手数料分で1000円以内で余計に持っていけば大丈夫そうです。 現金振り込みできる金額 銀行のATMで現金振り込みできる金額には制限があります。 10万円以内となります。 それ以上の金額は窓口での手続きとなります。 法令に基づき、10万円を超える現金での振り込みはATMを利用できませんので、みずほ銀行店頭で手続きください ここまでが基礎知識です。 次に実際にATMでのやり方を解説します。 現金振り込みのやり方 各銀行でATMの画面はちがったり手順は前後したりしますが 大まかなやり方や入力しないといけない項目はほぼ変わりません。 ここでは三菱UFJ銀行で解説します。 準備 相手の振込先の情報をメモ *間違えない 振り込むお金+手数料分のお金を用意 振り込む相手の情報をメモしてください。 ・銀行名 ・支店名 ・口座種別 ・口座番号 ・相手の名前 間違えないように正確にメモしましょう。 間違えると振込がエラーになって宙ぶらりんとなり 後日に銀行から電話がかかってくることがあります。 僕はメモする時間がない時はスマホを持っておき、相手から送られてきた振込情報が 書かれたメールの画面を開いておきます。 スマホ片手に見ながら手続きをしてます。 あとお金がないと何もできませんから用意しましょう。 手数料分もです。 銀行ATMでの現金振り込みのやり方 ・銀行のATMの前に立つ 振込のボタンを押す 銀行のATMの前に立つと、ほとんどの銀行ATMは「今からどんなお取引をしますか?」という ジャンル選択の画面になります。 「お振込み」というボタンを押してください。 この後三菱UFJでは手数料の案内が出ましたが、 次にどうやって振り込ますか?という画面が出ると思います。 「キャッシュカード」もしくは「現金」と出ますから、「現金」を選択します。 次に、自分の電話番号を入力する画面が出ましたので入力します。 スポンサーリンク 次に三菱UFJでは、利用者番号の入力といのが出ました。 これは今回の現金振り込みの管理番号でしょう。 4ケタで入力してメモしておきました。 初めての相手なので登録はしてないので『振込先指定』を押します。 次に自分の名前の入力です。 カタカナで入れます。 金融機関の選択です。 銀行であれば銀行を押します。 次にどの銀行に現金振り込みをするかです。 今回は僕はみずほ銀行に行ないます。 たいていは大きい銀行から順に最初の画面に出てきます。 地方銀行や小さい銀行は『他の銀行』という画面にあります。 試しに福岡銀行を探してみました。 『フ』の箇所を押してみたら出てきました。 もう1度自分の現金振り込みをしたいみずほ銀行に戻って 支店名を入力しました。 こちらも五十音順で出てきます。 支店名の最初の五十音を押すと出てきます。 次に口座の種類を選択します。 通常であれば「普通預金」ですね。 次に現金振り込みしたい相手の口座番号を入力します。 終わったら振込をしたい金額の入力です。 1000円振り込みたいので1000円と 押しました。 この後に相手の名前を入れる画面も出ました。 自分の入力した現金振り込みしたい相手の確認画面が出ました。 間違っていないか確認です。 いくらの金額が必要かが出ました。 次に何でお金を入れますか?と出ました。 お札で入れたいので「紙幣のみ」を押しました。 押した後にお札の投入口が空いたので千円札を2枚入れました。 そうすると投入口がしまり、計算がされ、最後の確認画面が出ました。 問題なければボタンを押して振込が完了です。 これで終わりです。 明細書を受け取ります。 明細書はゴミに捨てないようにしてください。 もし振込みエラーになったり、相手から「振り込まれてないよ~」と 言われ、トラブルになった時に証拠となります。 保管しておいてくださいね。 相手にはお金が入ってないことになります。 もし間違っていると電話がかかってきて手続きのやり直しとなります。 手間がかかるので正確に入力しましょう。 やり方を教えてください」 と話をして聞きましょう。 また平日であれば銀行の営業時間内 午後の3時までならATMの横に案内係の人がいます。 いなければ店舗の中に社員の人がいますから質問してみましょう。 下です。 ・千葉県 京葉銀行 ・神奈川県 神奈川銀行 ・新潟県 北越銀行 第四銀行 ・愛知県 愛知銀行 名古屋銀行 ・徳島県 徳島銀行 ・石川県 北國銀行 ただし土日にできても営業はしていないので、反映は翌営業日となります。 他の普通の銀行だと土日に現金だけではできないので、キャッシュカードが必要となります。

次の