Zoom 仮想 背景 ダウンロード。 【2020年保存版】Zoomバーチャル背景に使える!おしゃれな無料素材サイト10選

パソコンのZoomアプリ設定《バーチャル背景》

Zoom 仮想 背景 ダウンロード

バーチャル背景、仮想背景の設定方法について こちらは バーチャル背景の設定に必要なパソコンのスペックといわれている仕様のことです。 Zoomはどんどん改良されていて、改良のときに新しいスペックに合わせていきます。 バーチャル背景を設定するときはグリーンスクリーンというのを用意したほうが、実はキレイに反映されます。 Zoomの改良と伴いグリーンスクリーンなしでも、綺麗に反映されるようになりました。 windows だったら、Windows10 64bit、プロセッサはCore i7以上のスペックが必要です。 MacでしたらOSが10. 13以降で、クアッドコア以上、Core i7以上のスペックが必要です。 大事なのは、要はプロセッサなんです。 処理能力が高いプロセッサだと、グリーンスクリーンなしでできます。 それより低い場合は、グリーンスクリーンがあったほうが綺麗に反映されます。 後ろが真っ白い壁ですと問題ないんですけど、何か物が置いてあったりすると、グリーンスクリーンなど何か張ったほうがキレイになるということです。 バーチャル背景、 仮想背景は、自由に設定して変更して、好きな背景から選べます。 自宅から、ホテルからといっても、背景は自宅ではなく仮想背景です。 ホテルからだとか、アリバイにも使えたり。 悪いことに使わないでくださいね。 (笑い) 綺麗な背景を設定するには、クロマキーといわれてる布を使用します。 布はどこにでも持ち運べて使えるので便利ですが、ちょっと風が吹いたりするとシワが入ると揺れたりします。 ホームセンターなどで売っているプラスチックの段ボール(プラダン)がオススメです。 バーチャル背景の設定・好きな画像を追加しよう!• 好きな部屋の写真や、ホテルの写真、観光した時の写真などあったら、パソコンに保存してください。 Zoomの起動画面度に「バーチャル背景」があるので、そこを開いて「画像を追加」をしてください。 「画像を追加」をを押すと「どこから画像を追加しますか?」と選択画面にいきます。 そこから選択して、あとはお気に入りの画像をどんどん追加することができます。 仮想背景を設定するときの注意点 そうなんです。 顔が違う色になったりするなど、ちゃんと設定が出来てないことがあります。 仮想背景の設定を「オン」にする バーチャル背景は、WEBサイトでの設定を「オン」にしておかないと、ダメなんですね。 WEBサイトの場合、マイアカウントに入って「バーチャル背景をオン」にしてください。 そうすると、仮装背景が反映されます。 Zoomアプリをサインインする 次に多いのがパソコンで、サインインしてない場合です。 ゲストの状態の場合は、仮想背景はできません。 ZoomのWEBサイトは「このアカウントと私は同一人物ですよ」という認証をおこなっているからです。 マイアカウントに入って「バーチャル背景をオン」に設定したパソコンで、「サインイン」をする必要があります。 windows だったら、スタートから「Start zoom でサインインできます。 Macの場合はDockに追加されていればDockiから。 Dockに無ければランチャーアプリから入り、zoomアプリからサインインできます。 サインインをして、WEBサイトもオンならば、すぐに仮装背景が使えるようになります。 バーチャル背景の背景色を設定する 次に多い問い合わせは、「バーチャル背景が変な風に反映されます」ということです。 「自分の顔が宇宙になってしまう!?」ことがあります。 どういうことかというと、背景色が「肌色」になっている場合は、「肌色」のところに背景が設置されてしまいます。 「肌色」の顔の部分が「宇宙!?」のようになってしますのです。 「グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れて、「肌色」のところをパチッとクリックします。 +マークが出てくるので、背景色を緑にしたかったら、緑のところにクリックすると緑になります。 黒にしたかったら髪の毛など「黒」の箇所を押すと、黒に反映されます。 「グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れて、「肌色」のところをパチッとクリックします。 +マークが出てくるので、+マークを画面上の選択したい色のところにもっていき、背景色を変更します。 緑になった状態でグリーンボートとか、緑のボードを置いておくと、仮装背景がキレイに反映されます。 仮想背景、バーチャル背景の設定方法は簡単なので、Zoomセミナーを開催したり、 在宅ワークの際に、自宅内の部屋でなく、仮装背景をぜひ使用してくださいね。

次の

パソコンのZoomアプリ設定《バーチャル背景》

Zoom 仮想 背景 ダウンロード

「仮想グリーンスクリーン」で解決 定番のWeb会議(ビデオ会議)ツール「 Zoom」には、「 バーチャル背景」( 仮想背景)と呼ばれる機能があります。 バーチャル背景を使えば、オフィスや風景などの画像で現実の背景を隠し、自宅からでも気兼ねなく参加できるようになります。 ただ、Windows版やMac版のZoomでバーチャル背景を使うには、1つ困ったことがあります。 要求されるCPUの性能が高く、それを満たせない場合、背景にグリーンスクリーンが必要になることです。 Zoomをすでに使ったことがある人は、バーチャル背景を使おうとして、以下の画面のようになった経験はありませんか? Zoomの[設定]画面で[バーチャル背景]を設定したところです。 PCのカメラが捉えた自分の顔まで、バーチャル背景と同化してしまっています。 また、[グリーンスクリーンがあります]のチェックを外すと、バーチャル背景が完全に消えてしまいます。 Zoonのバージョンによっては、[グリーンスクリーンがあります]のチェックを外すと「 コンピュータが要件を満たしていません」とのメッセージが表示されます。 これは会社支給のノートPCや、数年前に購入した自宅のPCでは、なかなか満たすのが難しいスペックです。 とはいえ、Amazonなどでわざわざグリーンスクリーンを購入し、Web会議のたびに自宅に設置するのも面倒ですよね。 この問題を解決するには、以下の関連記事で紹介している「 Snap Camera」というアプリを使う方法があります。 関連記事 テレワークでWeb会議(ビデオ会議)を行うときは、自宅のリビングや部屋などの背景が気になりますよね。 「Snap Camera」というアプリを使えば、PCのカメラが撮影した映像をリアルタイムで加工し、ZoomやGoogle Meetのバーチャル背景として使用できます。 上記の記事では、Snap Camera内でバーチャル背景を設定したうえで、ZoomのカメラとしてSnap Cameraを選択する操作を解説しており、それはそれで解決策となります。 ただ、 Zoomのアプリ内ではバーチャル背景を選択できないという問題が残ります。 また、Snap Cameraの背景やエフェクトなどの設定である「Lens」(レンズ)は、基本的にほかのユーザーがWeb上で公開しているものを使う形になります。 もあるのですが、 自分のPCに保存されている画像をバーチャル背景として使うにはひと手間かかるという欠点もあります。 そこで、少し発想を変えます。 Snap Cameraのバーチャル背景としてグリーンスクリーンを表示し、それをZoomでグリーンスクリーンとして認識させ、バーチャル背景を設定するのです。 まさに裏ワザ的でトリッキーな方法ですが、パソコンのスペック問題を解決しつつ、Zoomのアプリ内でバーチャル背景を手軽に選択できるようになります。 一連の操作の流れを、Windows 10パソコンを例に見ていきましょう。 なお、MacではZoomをバージョン 5. 4にアップデートすることで同様に利用できます。 Snap Cameraでグリーンスクリーンを表示する 1Snap Cameraをインストールする まずはをインストールしましょう。 Snap Cameraの動作環境は下記の通りで、Zoomのバーチャル背景(グリーンスクリーンなし)の要件よりも満たしやすくなっています。 Operating System: Windows 7 SP1 64 bit or newer; MacOS 10. 11 or newer• Hardware: Minimum of Intel Core i3 2. 5Ghz or AMD Phenom II 2. 続いて、検索ボックスに「green screen」と入力して検索すると、該当するレンズが表示されます。 クリックして使ってみましょう。 3「仮想グリーンスクリーン」が表示された まるで背景にグリーンスクリーンがあるようなバーチャル背景が設定されました。 Snap Cameraはそのまま起動しておいてください。 Zoomでバーチャル背景を設定する 4Zoomの[設定]画面を表示する 今度はZoomを起動します。 自分のアカウントでログイン済みなら、[ホーム]画面で歯車のアイコンをクリックして[設定]画面を表示します。 5カメラとしてSnap Cameraを選択する [設定]画面で[ビデオ]をクリックし、[カメラ]で[Snap Camera]を選択します。 これにより、ノートPCに内蔵されているWebカメラなどに代わって、Snap Cameraの映像がZoomで使われます。 仮想グリーンスクリーンもそのまま反映されました。 6バーチャル背景を設定する [設定]画面で[バーチャル背景]をクリックし、使いたい画像をクリックします。 自動的にグリーンスクリーンが検出され、バーチャル背景が設定されました。 Web会議に参加中の画面では、[ビデオの停止]の右側にあるボタンからカメラやバーチャル背景の選択が可能です。 人物の周りに若干グリーンスクリーンが残るなど、多少の違和感はありますが、許容範囲だと思います。 Zoomで好みの画像を読み込めば、すぐにバーチャル背景として使えるので、PCのスペックで悩んでいた人はぜひ試してみてください。 ただ、特に高性能ではないPCで、Snap CameraとZoomを同時起動したままになるため、PCには高い負荷がかかった状態になります。 場合によっては、以下の画面のようにSnap Cameraの動作が止まってしまうことがあるので、本番の前にしっかりテストしておくといいでしょう。 Snap Cameraの反応がなくなると、Zoomの画面がこのようになります。 Snap Cameraを再起動すれば改善します。 close 閉じる.

次の

Zoomの「バーチャル背景の設定方法」について教えてください。

Zoom 仮想 背景 ダウンロード

ZOOMのバーチャル背景をパソコンで設定する方法 1.ZOOMにログインして「設定」をクリックします。 2.下の方にスクロールしていくと「バーチャル背景」という項目があるので、チェックを入れます。 3.最近話題になっていたジブリのバーチャル背景をダウンロードしてみました。 バーチャル背景がダウンロードできるサイトはたくさんあるので、また次の項目でご紹介しますね。 ダウンロードしたらパソコンの中に保存しておきます。 5.このような画面が出てくるので「Zoom Meetingを開く」をクリックします。 6.「コンピューターでオーディオに参加」をクリックします。 7.画面の下の方にある「ビデオの開始」の右側の上向きやじるしをクリックし、「仮想背景を選択してください」をクリックします。 9.「画像を追加」をクリックします。 10.ダウンロードして保存しておいた画像を選んで「開く」をクリックします。 この順番通りにやっていけば、初めての方でも大丈夫です^^ バーチャル背景がダウンロードできるサイトもたくさんあって面白いですね。

次の