ホッシー ドラァグ クイーン。 MISIA星空のラジオ 本日のゲストはマーガレットさん、ホッシーさん そして、ミッツ・マングローブさん!

ドラァグクイーン

ホッシー ドラァグ クイーン

概要 [ ] ドラァグクイーンの起源は、男性のがの違いを超えるための手段として、やなどの派手なを身にまとい、厚化粧に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。 本来はとしてのの一環として生まれたの一つであるため、ドラァグクイーンには男性のやが圧倒的に多い。 しかし近年では男性のや女性がこれを行うこともある。 また趣味としてこれを行う者からプロのパフォーマーとして活躍する者まで、ドラァグクイーンの層も厚くなっている。 MtF の(肉体は男だが心は女である人)が女物の服を着るのは「女性になる」または「女性として見られる」ことが目的であるのに対し、ドラァグクイーンのそれは「女性のパロディ」あるいは「女性の性を遊ぶ」ことを目的としている点が大きく異なる。 語源 [ ] 英語の drag が「女装した男性」を意味するようになったのには三つの説がある。 演劇界の隠語だとするもの。 1870年に初出の記録がある。 当時舞台上で女性の役を演じる女優が不足した時は、子役や背の低い若作りの俳優が女装してこれを務めたが、無骨な脚が観客に見えないようにロングスカートを履いた。 ところがスカートの履き方に慣れていなかった彼らは裾を床に引きずっても平気な顔をしていた。 それが滑稽だったのでこの名がついたというもの。 英語の名詞 drag の本来の意味はこの「引きずる」である。 これが最も一般に普及している説。 ドイツ語で「着る」を意味する tragen が、イディッシュ語の trogn となり、これが英語化して drag となったとする説。 現代口語英語にはイディッシュ語を経由したドイツ語を源とすることばが多いことを背景とした説だが、変化した際の子音交換が必ずしも音声学の法則に沿っていないところもあり、こじつけだとする見方が一般的。 英語の句「 dressed as a girl」(女性のように装う)の略語だとする説。 英語圏以外で巷間に流布している説だが、これはいわゆる俗説である(正しい英語では「 dressed like a girl」という)。 なお drag queen という成語の初出は1941年である。 表記 [ ] 英語の「 drag」を片仮名表記するとき、標準的な転記法に則って「ドラッグ」とする場合もあるが、のメディアでは通常「ドラァグ」という表記をすることが多い。 これは drag が drug(ドラッグ、薬。 スラングとして違法薬物)に関係あるかのように誤解されないようにするためである。 日本で最初にこの「 drag」を「ドラァグ」と表記することを提唱したのは、元『 』編集長の「」ことであると言われている。 またこれ以前から独自のドラァグ文化が存在した主に関西方面では、今日でも「ドラッグ」と表記することが多い。 日本におけるドラァグクイーン [ ] 歴史 [ ] 背景 [ ] のの伝統がある日本では古くから男性が女装して人前で芸を披露する伝統があった。 また畿内では女舞が主体であるの伝統が根ざしており、そうした中からは・のような舞手も出ている。 この吉村の一人息子が1969年『』で衝撃的なデビューをしたである。 ピーターはデビュー後しばらくは女装でさまざまな芸能活動を行ったが、一歩カメラの前を離れると通常は男装または中性装(ただし派手なものだったが)で、しかも自らのを一切芸の中には持ち込まなかった。 この点で途中から常時女装になり同性愛者を公言していたなどとは一線を画していた。 カルーセル麻紀は、モロッコで性転換手術を受けている。 このような背景を下地に、既成の「芸能人ドラァグ」には飽き足らなくなった一般の人々が、この新しい分野の芸を自ら体現してみせるようになり始めたのは、時代が下って、やでで注目を集めたとは一線を画するがに登場したのは、いわゆるの時代のことだった。 黎明期 [ ] ミス・グロリアスは90年代初頭からで活動し始めた。 同じ頃、ではこと小倉東がアメリカのゲイ文化としてのドラァグを紹介していた。 関東では「 Gold」という伝説的クラブでドラァグを行う者が多く現れ始めた。 その中にはを歌うやJINCOママやKEIKOママがいてマドンナやユーミンを熱唱した。 因みに「」(1998年5月号)「同じゲイなら踊らにゃソンソン」には、「ドラァグ・ショウの誕生はゴールドから」「日本のクラブでのドラァグクイーン文化はミス・ユニバースコンテストから」とあり、ゴールドのフライヤーやミス・ユニバースコンテストの写真が掲載されている。 この頃のドラァグには、関西と関東で違いがあった。 関東ではクラブの盛り上げとしてパーティ的、あるいはミスコン的なお祭り騒ぎであるものが主流であった。 90年代半ばになると、日本を拠点としていたドラァグクイーンが海外のショーにも出演するようになり、ニューヨークにある(605 W 48th St, New York, NY)には、日本人ドラァグクイーンが在籍するようになった。 しかし海外で活動していた日本人ドラァグクイーンの多くが、日本に帰国するとさまざまな理由から表舞台から去っていった。 日本では、折しも映画『』のヒットなどと共に1990年代のゲイブームが到来、ドラァグはゲイカルチャーになくてはならない存在となった。 1990年代半ば以降は等メディアドラァグが活躍し、クラブにおいてはばりにキレイなドラァグクィーンが主流になっていった。 「歌モノハウス」が隆盛を極め、そのためクラブイベントでのドラァグは、洋楽女性 DIVAのや、へのお供えが中心となっていった。 その一方で、UC(アッパーキャンプ)と呼ばれる従来のドラァグとは一線を画すドラァグが東京に現れ始める。 UCの出現によりドラァグは、日本の女優をしたセクシャルなショーに変化。 流行アイドルのリップシンクや、テレビドラマのパクリなど、ネタ色が強く、しかも誰もが知っているようなネタにより、これがファン層を広げることにもなった。 関西のアート性、関東のパーティー美人性の持つ既存権威性に対してのアンチテーゼとしてのアイデンティティーを獲得するが、拡大するなかで、自スタイルが権威性を持つ事となり結果的に自家中毒を起こし、惜しまれる中で解散を迎える。 黎明期は既存文化に対するアンチテーゼとしたレーゾンデートルをエネルギーに拡大してきたが、UCの解散後、不景気に重ね、ドラァグとしての存在意義を明確化できず、時代は迷走期を迎えることとなる。 2000年代以降 [ ] 2000年代後半に入り、や、が容姿のインパクトに加え、鋭い切れ味を持つご意見番的なオネェ系という存在で娯楽メディアでも大きな立場を担い始めた。 女装家という呼称はミッツがメディア向けに言い始めたことがきっかけに広まっていった。 2010年代に入り、マツコ・デラックスやミッツ・マングローブ、にの人気や、かねてからのオネェ系のブームにより、様々なドラァグクイーンが女装家という枠で、主にバラエティ番組を通してメディアへ露出するようになった。 その結果、オネェ系のひとつの形としてドラァグクイーンの存在が社会的に認知され始めた。 著名なドラァグクイーン [ ] 日本• (1945年7月10日生まれ。 文化、アート系ドラァグクイーン)• (1990年代にテレビを中心に活動)• (1980年代後半〜90年代にテレビを中心に活動、近年では新宿2丁目ゲイナイトにも出演。 近年は女装をすることなく、普通の年輩のゲイ男性として2丁目を徘徊)• (1974年4月10日生まれ。 大阪発 日本が誇るDIVA、PV、テレビと大活躍。 大阪時代は「do with cafe」勤務。 現在、太田プロダクション所属)• (ニューレディー。 1996年より女装を始めて以来、ドラァグクイーンとして数々のステージでショウガールとして活躍。 ドラァグクイーンの傍ら会社員生活も経験し、コラムニストとしてWEB MAGAZINEのにて連載開始。 なお、YouTubeで定期ライブ配信中。 卒業)• (1975年12月18日生まれ。 大阪府大阪市生野区出身。 電動衝睫毛オーガナイズ、ドラグクイーン界の申し子。 ダイアナの世界観とショーは、ミッツも絶賛する。 かつて銀座の超高級クラブと言われた「」に勤務。 文学部中退)• (中森明菜や工藤静香のリップシンクが得意)• 1971年11月1日生まれ。 大学在学中の1990年にゲイのためのパソコン通信「UC-GALOP」を立ち上げ、1994年にを立ち上げる。 として雑誌編集、ライター、コラムニストとして活動。 岐阜県出身。 除籍)• (ホラー系ドラァグクイーン、東京都ヘブンアーティスト。 脚本家・ライターとしても活躍中。 歌に限らずTVドラマやアニメ、「徹子の部屋」などの音声を使ったリップシンクや、手品を織り交ぜたものなど、ショーのレパートリー多数。 のメンバーとしてとともに活躍。 (もりむら あきお)名義で『英語で新宿二丁目を紹介する本』を出版。 その他、著書多数。 社会学部卒業)• (コメンテーター・コラムニスト、スリーサイズは140-140-140)• (元祖コギャル女装。 新宿2丁目ポータルサイト「2CHOPO」元編集長)• (歌謡歌手。 舞台芸術における美意識の高さは定評がある)• (ハイレグと下着の女王。 現在は福岡で活動中。 と又従兄弟にあたる。 シュガー・ルゥ (日本国内のドラァグクイーンにおいてフォロワー数24,800人でNo. 1を誇るクイーン。 のファンとしても有名である。 ggrks0408 - アイルランド• ()(ローリー・オニール) アメリカ• () (1960年11月17日生まれ。 15歳でに移り住む。 アトランタではナイトクラブでパフォーマンスを学び、その後ニューヨークで活動。 数々のメディアに露出し、映画やテレビでも活躍する。 1993年にはとのデュエット曲 ""を発表。 多くの日本人ドラァグクイーンに多大な影響を与えた)• 日本ではほどメジャーではないが、リプシンカに憧れる日本人ドラァグクイーンは多い)• () (ニューヨーク州シティーアイランド出身。 1983年にを卒業。 にて芝居を学ぶ。 1992年に最初のワンマンショーである「Miss Coco Peru in My Goddamn Cabaret」を発表すると、さまざまなメディアで活躍する。 1995年にスペイン出身の大学教授であるRafaelと出逢い、2008年にスペインにて同性婚をする。 () (ニューヨーク州レヴィットタウン出身。 1980年代からニューヨーク市を中心に活動。 1993年にドラァグクイーン専用のエージェント会社「Screaming Queens Entertainment」を立ち上げ、東海岸を中心に多くのドラァグクイーンのマネジメントを行う)• (ニュージャージー州エリザベス出身。 LGBT人権活動家。 1960年代からニューヨーク市を中心に活動。 での功績で知られる) イギリス• () オーストラリア• (1955年デビュー、70歳を越えた現在でもテレビ・映画・舞台などで現役活動中。 本国はもとより、イギリス、カナダ、アメリカなどで絶大な人気を誇るメガスター。 ) オーストリア• (優勝者。 ) スウェーデン• ドラァグクイーンが登場する作品 [ ] 映画 [ ] 洋画 [ ]• 『』のヘドウィグ• 『』のローラ• 『』のヴィーダ、ノグジーマ、チチ• 『』のスターリナ(アルバート)• 『』の(本人役)• 『』のベルナデット、ミッチ、フェリシア• 『(英語)』のラスティ• 『』のエンジェル• 『』のアドリアン• 『』の主人公・トーニャ• 『』 邦画 [ ]• 『』のハナちゃん• 『DRUG GARDEN』クリスティーヌ・ダイコ、ホッシー、マーガレット テレビドラマ [ ]• (10月 - 12月、) 楽曲 [ ]• の「」の歌詞。 脚注 [ ]• 佐伯順子 『「女装と男装」の文化史』 講談社、2009年10月10日、99頁。 Badi1998年5月号P52「同じゲイなら踊らにゃソンソン」。 2020年5月25日閲覧。 YouTube. 2020年5月25日閲覧。 AFPBB News 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 : デイム・エドナの公式サイト• : ルポールの公式サイト• : リプシンカの公式サイト• : ミス・ココ・ペルーの公式サイト• : ミス・アンダーストゥッドの雑誌インタビュー• (シドニー五輪公式ページより抜粋).

次の

ほぼ日刊イトイ新聞

ホッシー ドラァグ クイーン

そこからちょうど12年、2019年末の紅白で起きた奇跡が、 紅組のトリMISIAさんのステージですよ。 まるっと同じ期間、アタシの大晦日といえば、新宿2丁目のクラブイベント『女装紅白歌合戦』の紅組司会でした。 マツコさんやミッツさんが育てた2丁目らしいおフザケ企画で、毎年「全員女装のおじさんなのに何が紅で何が白だよ!」とセルフツッコミをするのも、「本家の勝敗はただのお遊びっぽいのに、女装紅白は負けたチームの女装が全員ギャラ半額って、そこだけガチ過ぎるわ!」と訴えるのもお約束になってる年越し。 そんな2丁目女装紅白の楽屋から、こないだは大御所ババアのみなさんがごっそり消えていたんです。 嗚呼、合掌……。 って死んでない死んでない。 まさに奇跡、本家のほうの紅白ステージに召喚されていたんですよ! 実はMISIAさん、20年前からコンサートのダンサーとして、マーガレットさんやホッシーさんら大御所ドラァグクイーン(ド派手な女装パフォーマー)を起用しています。 昨年末も『LIVE PRIDE』と題されたLGBT支援のコンサートを、ユーミンさんや清水ミチコさんらと共に盛り上げてくれている筋金入りのフレンドリー歌姫なんですね。 そんな彼女だからこそ、オネエハウスのアゲアゲ定番曲として長く愛されるアルバム曲『INTO THE LIGHT』をメドレーの中に仕込んで、紅白のトリの舞台にクイーンたちを大集合させてくれました。 衣装も手がけるホッシーさん制作の豪華ヘッドドレスで、MISIAさん本人も女装寄りになったクイーン祭! よく観りゃコーラスのお三方も、ミッツさん率いる女装シンガーユニットの「星屑スキャット」だし! そして、メドレーラストの『Everything』とともにMISIAごしに画面いっぱいのレインボーフラッグ(世界共通の性的少数者のシンボル)が映し出され、会場内のアーティストさんたちも紅白分け隔てなく、みんなが手にしたレインボーの旗を振るという、紅白史上かつてない「虹色化」の瞬間を迎えたのでした。 オネエキャラが桃組だと笑うわけでもなく、性同一性障害の切ない一面を伝えるわけでもなく、紅組トリの歌手が堂々と、絵面と表情でハッピーで多様なアイノカタチを見せつけてくれたわけです。 茶化してた人もきーちゃんの偉業にひれ伏すべし そして忘れちゃいけないのが、自ら「きーちゃん」キャラへの進化を宣言した氷川きよしさん。 昨年はコンサートでも、浜崎(あゆみ)さんか『年忘れにっぽんの歌』のお恵ちゃんかってくらいの裾広がりのドレスを着てみたり、ビジュアルのジェンダーレス化が話題となっていたきーちゃん。 そんな彼がまずは紅と白の片身替(かたみがわり)の着物で登場し、(きーちゃんの変化に、みなさん動揺してるかもしれないけど)「大丈夫!大丈夫!」と念押し。 と思ったら、ギラギラタイトな衣装に早替えして、巨大ドラゴンに乗って場内を飛び回り、固定観念の「限界突破」を叫びあげてくれました。 なんて自信に満ちたトランスフォーム! 一時期は「オセロ中島かと思ったわ〜」なんてニヤけてたいけずなオカマたちも彼の偉業にひれ伏すべし。 きーちゃん最高~! 今回の紅白、視聴率が良くなかったというニュースもありましたが、文春の大規模アンケートからは 「良かった出場歌手」の1位が氷川きよし、2位がMISIAだったという結果も伝えられました。 そう、まさに自由な虹色演出に挑んだおふた方こそ、一般が支持したツートップでもあったんです。 アーティストとしては保守層に眉をひそめられるかもしれない、賭けともいえる開き直り表現が、結局「本人も心から楽しんでいるのが伝わる良いステージ」になったってこと。 時代を読むセンスという意味でもばっちりの芸能サバイバー! 令和初の紅白は、まさに紅か白かに分けられない時代の幕開けを感じる歴史に残る回でございました。 現実の世はまだまだウンザリなニュースも多いけど、着実に進んでることだってあるわ。

次の

女装家ブルボンヌが語る「日本のドラァグ・クイーン誕生物語」

ホッシー ドラァグ クイーン

そこからちょうど12年、2019年末の紅白で起きた奇跡が、 紅組のトリMISIAさんのステージですよ。 まるっと同じ期間、アタシの大晦日といえば、新宿2丁目のクラブイベント『女装紅白歌合戦』の紅組司会でした。 マツコさんやミッツさんが育てた2丁目らしいおフザケ企画で、毎年「全員女装のおじさんなのに何が紅で何が白だよ!」とセルフツッコミをするのも、「本家の勝敗はただのお遊びっぽいのに、女装紅白は負けたチームの女装が全員ギャラ半額って、そこだけガチ過ぎるわ!」と訴えるのもお約束になってる年越し。 そんな2丁目女装紅白の楽屋から、こないだは大御所ババアのみなさんがごっそり消えていたんです。 嗚呼、合掌……。 って死んでない死んでない。 まさに奇跡、本家のほうの紅白ステージに召喚されていたんですよ! 実はMISIAさん、20年前からコンサートのダンサーとして、マーガレットさんやホッシーさんら大御所ドラァグクイーン(ド派手な女装パフォーマー)を起用しています。 昨年末も『LIVE PRIDE』と題されたLGBT支援のコンサートを、ユーミンさんや清水ミチコさんらと共に盛り上げてくれている筋金入りのフレンドリー歌姫なんですね。 そんな彼女だからこそ、オネエハウスのアゲアゲ定番曲として長く愛されるアルバム曲『INTO THE LIGHT』をメドレーの中に仕込んで、紅白のトリの舞台にクイーンたちを大集合させてくれました。 衣装も手がけるホッシーさん制作の豪華ヘッドドレスで、MISIAさん本人も女装寄りになったクイーン祭! よく観りゃコーラスのお三方も、ミッツさん率いる女装シンガーユニットの「星屑スキャット」だし! そして、メドレーラストの『Everything』とともにMISIAごしに画面いっぱいのレインボーフラッグ(世界共通の性的少数者のシンボル)が映し出され、会場内のアーティストさんたちも紅白分け隔てなく、みんなが手にしたレインボーの旗を振るという、紅白史上かつてない「虹色化」の瞬間を迎えたのでした。 オネエキャラが桃組だと笑うわけでもなく、性同一性障害の切ない一面を伝えるわけでもなく、紅組トリの歌手が堂々と、絵面と表情でハッピーで多様なアイノカタチを見せつけてくれたわけです。 茶化してた人もきーちゃんの偉業にひれ伏すべし そして忘れちゃいけないのが、自ら「きーちゃん」キャラへの進化を宣言した氷川きよしさん。 昨年はコンサートでも、浜崎(あゆみ)さんか『年忘れにっぽんの歌』のお恵ちゃんかってくらいの裾広がりのドレスを着てみたり、ビジュアルのジェンダーレス化が話題となっていたきーちゃん。 そんな彼がまずは紅と白の片身替(かたみがわり)の着物で登場し、(きーちゃんの変化に、みなさん動揺してるかもしれないけど)「大丈夫!大丈夫!」と念押し。 と思ったら、ギラギラタイトな衣装に早替えして、巨大ドラゴンに乗って場内を飛び回り、固定観念の「限界突破」を叫びあげてくれました。 なんて自信に満ちたトランスフォーム! 一時期は「オセロ中島かと思ったわ〜」なんてニヤけてたいけずなオカマたちも彼の偉業にひれ伏すべし。 きーちゃん最高~! 今回の紅白、視聴率が良くなかったというニュースもありましたが、文春の大規模アンケートからは 「良かった出場歌手」の1位が氷川きよし、2位がMISIAだったという結果も伝えられました。 そう、まさに自由な虹色演出に挑んだおふた方こそ、一般が支持したツートップでもあったんです。 アーティストとしては保守層に眉をひそめられるかもしれない、賭けともいえる開き直り表現が、結局「本人も心から楽しんでいるのが伝わる良いステージ」になったってこと。 時代を読むセンスという意味でもばっちりの芸能サバイバー! 令和初の紅白は、まさに紅か白かに分けられない時代の幕開けを感じる歴史に残る回でございました。 現実の世はまだまだウンザリなニュースも多いけど、着実に進んでることだってあるわ。

次の