エクセル2016 プルダウン。 【エクセル】プルダウンリストで特定の文字のみを入力する方法と応用

データの入力規則でプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成する:エクセル2010基本講座

エクセル2016 プルダウン

エクセルを使っていると、特定の文字を簡単に入力したい。 特定の文字のみを入力させたい時ってありませんか? エクセルをクリックするだけで、入力文字の候補が出てきたらすごく便利ですよね。 またIf関数やVlookup関数などで、特定の文字列以外の文字には反応しない関数を使っている場合、 それ以外の文字を入力されてしまうと不便ですよね。 これらの場合には、プルダウンリスト(ドロップダウンリストとも言います)が有効です。 プルダウンリストはすごく簡単に設定できます。 すでにリストがある場合は1分も掛かりません。 本ページではプルダウン化について、かなり詳しく書いてあります。 一度に全部理解しようとすると疲れるので、今すぐに必要なこと、 i-1 もしくは i-2だけ理解して、あとはそんな事もできるんだーぐらいで構いません。 頭の片隅で覚えておいて、必要な時にまた参考にして下さい。 プルダウンリストの作成方法は大きく分けて2種類ありますが、 あとで編集しやすくするためには、リストにしたい項目をセルに 入力し、それを参照する方法がお勧めです。 セルに入力した項目を参照してプルダウンリストを作成する方法 まずは、オススメの方法から説明します。 こちらが完成図です。 まず、リストがないとプルダウンリストは作れないので、リストを作ります。 できれば一番上に空白セルを残しておいて下さい。 リストができたら、このリストを使ってプルダウンリストを作っていきます。 そうすると下記の様なポップアップが出てくるので、リストを選択します。 リストを選択したら参照ボタンをクリックします。 範囲を選択し、エンターキーを押します。 するとポップアップに戻るので、OKを押したら、 プルダウンリストの完成です。 リストに直接文字を入力してプルダウンリストを作成する方法 次にプルダウンリストを、上記の様に「参照」をせずに、文字の入力だけで済ましてしまう方法を解説します。 リストができたら、このリストを使ってプルダウンリストを作っていきます。 そうすると下記の様なポップアップが出てくるので、リストを選択します。 リストに直接、選択肢としたい文字を書き込みます。 異なる選択肢としたい場合は「 , 」コンマで分けます。 この様な形で完成です。 選択肢が少ない場合は、直接入力タイプがお勧めです。 応用編 プルダウンリストと自由入力どちらも必要な場合 これまで説明した方法でプルダウンリストを作成すると、 プルダウンリストの文字以外の文字を入れるとエラーが出て、入力できません。 例えばエクセルでアンケートを作る場合、お客さんが入力しやすいように、 選択肢としてのプルダウンリストと自由入力欄も設けたいという場合もあると思います。 この場合、エラーに関するチェックを1ヶ所外すだけで、自由入力も出来るようになります。 具体的なやり方を説明します。 まずはポップアップから「エラーメッセージ」を選択します。 「無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する」をクリックを外します。 すると、エラーメッセージが「停止」になります。 これで自由に文字が入力できます。 プルダウンリスト以外の文字入力を防ぐ方法 こちらも「プルダウンリストと自由入力どちらも必要な場合」と同じ手順で進めます。 「無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する」にチェックを行います。 「停止」状態になったことを確認してください。 これで自由入力ができなくなりました。 複数セルを一度にプルダウンリスト化する方法 複数のセルを一度にプルダウン化するのは、1つのセルをプルダウンするのとやり方はほとんど変わりません。 プルダウン化する前にまずは、複数のセルを選択し、 これまでと同じように、ポップアップを出し、 下記のどちらかを行うだけです。 簡単ですね! 裏ワザ 自由入力不可な状態で、事前に「選択して下さい」と表示させたい場合 もし人に自分が作ったエクセルを他の人に使ってもらいたい時は、 できるだけ入力が簡単で、手間が掛からないようにした方が良いです。 そのため、「セル単位で指示を書く」とその指示に従ってもらいやすくなります。 下記をご覧ください。 「選択して下さい」が指示で、「興味あり」「見積提示済み」「購入済み」が選択肢ですね。 ただ、エラーメッセージにチェックが入っているので、文字を自由には選択できません。 「興味あり」「見積提示済み」「購入済み」以外の文字を自由に入力できないのに、なぜ「選択して下さい」とセルに入っていたのか。 それは簡単で、 プルダウンリストの作成前に文字を入れていただけです。 プルダウンリスト作成前に入れていた文字に対しては、プルダウンリストのルール(特定の文字以外入力不可)が適用されません。 そのため、上記の様に「して欲しいこと」を伝える事ができます。 空白セルの状態よりも「指示の入った状態」の方が、人は行動してくれます。 地味ですが、「指示書き」は人を動かすのに大事なファクターですので、 ぜひ実践してみてください。 なお、偉そうに「裏ワザ」なんて書きましたが、「指示書き」は 自由記述ありの状態でやった方が、編集しやすいのであとあと楽です。 技術の紹介ということで。。 ご了承下さい。 ちなみにアンケートには、エクセルよりも サーベイモンキーというサービス(基本サービスは無料)が便利です。 【エクセル】プルダウンリストを外す(解除する)方法 設定後には解除も必要ですよね。 少し毛色が違うので、別記事にまとめました。 まとめ 今回はエクセルのプルダウンリストについてまとめました。 これらの技術について重要なことは、使いこなせることではなく、 存在を知っていることです。 そしてこのプルダウンリストやその応用が必要な時にだけ、 こちらのページを見ながら、あなたのエクセルをカスタマイズしてください。 必要なことは勝手に覚えます。 覚えないことはそんなに必要じゃない or 頻度が少ないんです。 もしエクセルのカスタマイズについて知りたいことがあれば、 問合せからぼく宛にメッセージを頂ければ、解説ページを 作りますので、ぜひお気軽にメッセージを下さいね。 いま日本では、残業するのがアタリマエ。 仕事はしんどくて当然。 みたいな風潮がありませんか? ぼくには娘がいるのですが、将来、社会に対して暗い気持ちになってしまったらイヤだな、と。 定時で帰るのを当然のこととするために、「本質的な技術」や「小手先のテクニック」を紹介しております。 仕事って人生で一番時間を使うことなので、その仕事のうちの「作業」だけでも自動化できれば、仕事のクオリティは段違いになります。 あなたの仕事のステップを一段階上げるために。 また、毎日にゆとりをもたらすための一助になりたいと思っています。 新卒で入った会社に超ガッカリ でも転職希望先には簿記と英語と営業成績が必要 仕事の効率化を図り14時に終わらせられるように でも営業やりたくなくなり、技術サポートに異動 異動先でまたガッカリ でもエクセルVBAを覚えて今度は12時には仕事が終わるように 上司は自分の仕事で精一杯。 ひま過ぎて辛くなる。 副業開始 異動先が外資に買収されるが、その外資を意外と気にいる 営業販促のため、ウェブページ、リーフレット作成開始 エクセルVBAで社内業務を大幅改善。 社内みんなの残業もなくなる 年収が100万円UP マーケティング専任に 新しく上司となった営業部長と意見が合わず、無視される 指示待ち人間と言われ静かに怒る 上司にマーケティングとは何かと議論する 中国から輸入してメルカリで販売するという副業がちょっと順調に。

次の

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する|Office Hack

エクセル2016 プルダウン

こういう場合、 多くのホームページで、 「名前定義とindirect関数」を組み合わせた方法が紹介されていますが、 今回は、それとは違う方法を紹介したいと思います。 エクセルで複数のプルダウンリストを連動させる なお、今回は、 話を簡単にするために、 小項目のプルダウンリストは、項目数を「固定」する (=余計な空白が出てくる可能性がある) という前提で話をしていきます。 今回は、 E列~M列までの合計9列分を、 小項目のプルダウンリストとして 表示させるようにしたいと思います。 大項目のプルダウンリストは適当に作る 大項目のプルダウンリストは、 D2セル~D5セルを使って表示させます。 これは、 がそのまま使えますので、 作り方は省略します。 結局、 match関数で大項目で選択された内容に応じて、 「どの行を表示するか」を取得することで、 小項目のプルダウンを動的に変化させているのです。 名前定義を使う方法との比較 小項目のプルダウンリストを表示する方法として、 「名前定義」を使う方法が一般的です。 その方法と比較すると、 今回の方法は、 関数の使い方が、やや複雑なのが欠点ですが、 次のようなメリットがあります。 名前定義をしないで済む 名前定義をすると、名前の管理が面倒なので、 使わないでいい場面なら使わないほうがいいです。 プルダウンリストへの大項目の追加が簡単 名前定義をする方法だと、 プルダウンリストに、大項目を追加した場合に、 名前定義のメンテナンスをしないといけません。 今回の方法であれば、そのような特別なメンテナンスは不要です。 私個人としては、 メリットがかなり大きいので、 名前定義を使うよりは、今回紹介した方法を使うことをおすすめします。

次の

データの入力規則でプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成する:エクセル2010基本講座

エクセル2016 プルダウン

この記事の目次• プルダウンリストを解除するやり方 それでは始めていきましょう! プルダウンリストを解除したいセル範囲をドラッグして選択する まずはプルダウンリストを 解除したいセル範囲を ドラッグして 選択しましょう。 「データ」タブをクリックして選択する 解除したいセル範囲を選択したら 次に 「データ」タブをクリックして 選択してください。 「データツール」グループにある「データの入力規則」をクリックして選択する 「データ」タブをクリックしたら 「データツール」グループにある 「データの入力規則」をクリックして 選択しましょう。 「データの入力規則」ウィンドウの「すべてクリア」ボタンをクリックして選択する 「データの入力規則」をクリックしたら 「データの入力規則」ウィンドウ下部にある 「すべてクリア」ボタンをクリックして 選択してください。 「データの入力規則」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックして選択する 「すべてクリア」ボタンをクリックしたら 「データの入力規則」ウィンドウ内の 「OK」ボタンをクリックして選択します。 そうすると、プルダウンリストを 解除することができます。 まとめ• プルダウンリストを解除したいセル範囲をドラッグして選択する• 「データ」タブをクリックして選択する• 「データツール」グループにある「データの入力規則」をクリックして選択する• 「データの入力規則」ウィンドウの「すべてクリア」ボタンをクリックして選択する• 「データの入力規則」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックして選択する お疲れ様でした。 プルダウンリストを解除することは できましたでしょうか? プルダウンリストを解除するには 「データ」タブの入力規則機能で できます。 あなたのお仕事が、ストップすることなく 進められることを心より応援しております。

次の