釘 を さす 意味。 釘を刺すとはどういう意味?語源由来や使い方も簡単に解説!

「釘を刺す」の意味・由来

釘 を さす 意味

雑学クイズ問題 「釘を刺す」とはどういう意味の慣用句? A. 檄を飛ばす B. あらかじめ念を押しておく C. 激しく言い立てる D. 悪口を言う 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! 釘を刺すとはどういう意味?語源由来や使い方も簡単に解説! 釘を刺すって少し過激な言い方? 日本語には様々な言葉や慣用句があって、 同じ状況を表現するのにも多種多様な言い回しがありますよね。 そのため日本語は特に英語圏に住む外国人にとってはとても習得の難易度が高いものになっているんです。 実は 日本人ですら慣用句やことわざといったものの意味を正しく理解できている人が少なく、テストなどでも満点を取ることはできないですよね。 そんな様々な慣用句の中に「 釘を刺す」というものがあります。 もちろん物理的な意味で実際に釘を刺すわけではありませんが、どういう意味や使い方をするのが正しいのでしょうか? 「釘を刺す」という言葉の意味 それではさっそく「釘を刺す」という言葉の意味について解説していきます。 「釘を刺す」を辞書でひいてみたり、インターネットなどで調べたりすると、以下のような意味であることがわかります。 ・あとで間違いが起きないように警告する ・言い逃れなどが出来ないように先に注意をしておく ・あらかじめ念を押しておく このように「釘を刺す」とは物騒な意味合いの言葉ではなく、 あらかじめ注意喚起を行っておくような意味であることがわかります。 そのため 使い方としては「勉強をサボらないように釘を刺しておいた」などという使い方が正しいですね。 上記の場合は「勉強をサボらないようにあらかじめ念を押した」と同じ意味合いになります。 しかし、同じことを言うときにも本当に 多種多様な言い回しが出来るのが日本語の面白いところです。 「釘を刺す」という言葉の語源由来 続いては「釘を刺す」という言葉の語源由来について解説していきます。 そもそもなぜ「釘を刺す」のような慣用句が誕生したのかというと、 時代は鎌倉時代まで遡ることになります。 日本人は古くから木造建築で建物を建てていて、現在でも歴史ある木造建築物がたくさん残っていますよね。 鎌倉時代の頃までは木造建築を行う際には、 木材同士を上手く組み合わせたりはめ込んだりする建築方法を用いていました。 しかし、鎌倉時代の途中から 建築物の強度を上げる意味合いから念のために釘を打ち込むようになったそうです。 以上のことが由来となって「釘を刺す」という事が転じて「 あらかじめ念を押す」といった意味で使われるようになったのでした。 具体的にいつから使われている慣用句かははっきりしていませんが、 江戸時代の頃には既に「念を押す」という意味合いで使われていたそうです。 以上が「釘を刺す」の意味や語源由来・使い方についてでした、いかがでしたか? 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「B. あらかじめ念を押しておく」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ 釘を刺すとは「あらかじめ念を押しておく」「あとで間違いが起きないように警告する」「言い逃れなどが出来ないように先に注意をしておく」という意味の慣用句である。 使い方としては「勉強をサボらないように釘を刺す」といった使い方が正しい使い方である。 釘を刺すの由来は、鎌倉時代の木造建築から念のために釘を刺すようになったことが由来となっている。 江戸時代には既に念を押しておくといった意味合いの慣用句として使われていたとされている。

次の

【慣用句】「釘を刺す」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しく解説!

釘 を さす 意味

釘をさすの読み方と意味とは? 「釘を刺す」は 「くぎをさす」と読みます。 意味は、 「あとで問題が起きないように、あらかじめ確かめておくこと」です。 詳しくみていきましょう。 辞書によると、「言い逃れを避けるために念を押すこと」「逃げないように確認しておくこと」「間違いのないように注意を促すこと」。 表現は様々ですが、 とにかくあとで問題が起きないように確かめておく、という意味ですね。 では、なぜ「釘を刺す」というのでしょうか。 釘を刺すなんて、何だか怖いですよね。 しかしこれには、実はちゃんとした語源があるんです! この語源を知ることで、言葉への関心が深まるかもしれませんよ。 さっそくみていきましょう。 スポンサーリンク 釘をさすの語源は? 「釘をさす」の語源には、古くからの日本建築が関係していて、日本建築の工法、職人さんが使う技術に由来しています。 お寺とか神社など、日本は木造建築が多いですよね。 木造建築ですが、昔は釘を使わずに造っていたんです。 木材に穴を開けて、木材同士をそれぞれをパズルみたいに組み合わせていました。 鎌倉時代まではこの工法が一般的で、ほとんどが釘を使いません。 しかし鎌倉時代からは念のために釘を打って固定するようになったのです。 そして江戸時代から、 間違いのないように確認することの例えとして「釘をさす」という言葉が使われるようになりました。 ちなみに、ここでいう「釘」とは、和釘のことです。 和釘は日本の伝統的なもので、断面が角ばっていて、先端は剣先状。 イメージしにくいかもしれませんが、これでは打ち込むのに力が必要になってしまいます。 ですから、職人さんは木材に穴を開けてから釘を刺し込むスタイルで建築を進めました。 「釘を打つ」ではなくて「釘を刺す」となったのはこのためです。 普通の釘ではすぐに抜け落ちてしまいますからね。 意外なところにルーツがあるものですね。 そんな「釘をさす」ですが、実際に使うのはどんな場面で誰に対しても使えるものでしょうか? 例文を挙げながらみていきたいと思います。 釘をさすの使い方・例文! まずは、最初の例文「あいつは忘れっぽいから、ちゃんと来るように釘を刺しておいてくれ。 」を見てみましょう。 「釘をさす」とは誰かに対して注意を促すことなので、 その前に自分自身がやることをしっかりできなければいけません。 他にも例を挙げましょう。 「上司からミスのないように、と釘を刺されたのでより一層気を付けなければ。 」という文は、ミスをすることに対して、上司から気を付けろと言われたものです。 次の文は、友人に向けて言う場合です。 「君は口先だけだから、そういうところには釘を刺しておくよ。 」これは、相手が約束を守らないとか、言っただけで実行に移さないことを注意を与えているものです。 この台詞を言うなら、あなたも口先だけではいけませんね。

次の

指す・差す・挿すの意味の違いとは?

釘 を さす 意味

慣用句「釘をさす」の意味と由来・語源 意味は「あらかじめ念を押す・注意や警告をする」 「釘をさす」という言葉は、後からなにか間違いや問題が起こることがないようにするため、あらかじめ相手に念押しや注意・警告をしておくことを意味します。 間違いや問題が起こったときに、相手が「聞いていなかった」「忘れていた」「知らなかった」など言い逃れをしないようにするためです。 日本の木造建築技術に由来する 「釘をさす」という言葉の由来は、日本の伝統的な木造建築の技術「木組み」(きぐみ)にあります。 「木組み」とは釘などの金具を使わない工法のこと。 木材に切り込みを入れることや「ほぞ」と呼ばれる穴をつくることにより、木材同士をつなぎ合わせます。 かつては日本の木造建築においては「木組み」の工法が用いられていましたが、建物の強度を上げるために鎌倉時代から釘が用いられるようになり、江戸時代から「釘をさす」という言葉が使われはじめました。 「釘をさす」の使い方と例文 「釘をさす」の使い方 「釘をさす」という言葉は、間違いや問題を起こしそうな相手や第三者に対して使う言葉です。 したがって相手から自分自身に対して「釘をさされる」場合もあります。 「釘をさす」の例文 <念押しをする場合の例文>• 明日のプレゼンは失敗が許されないから、必ず1時間早く出社するようみんなに釘をさしておいてくれ。 書類を提出するときにはまず私に見せるようにとあれほど釘をさしたのに、なぜ見せなかった? <問題を起こらないように相手の行動を抑制する場合の例文>• 彼は目を離すとすぐさぼりたがるから、一言釘をさしておいたほうがいいね。 あなたは何もしなくていいと釘をさされてしまった。 うわさになると面倒だからご馳走してもらったことは秘密にするよう釘をさされた。 叔母さんは悪気はないけどいらない一言が多いからなあ。 黙っておくように釘をさしておいたほうがいいよ。 この銘柄には手を出してはいけないとあれほど釘をさしたのに、聞く耳を持たなかったため、彼は一文なしになってしまった。 主人は浮気をしていることに気づかれていないと思っているみたいだけど、さりげなく釘をさしてやったわ。 <良くない行動や言動を注意する場合の例文>• 彼女は最近私用外出が多すぎる。 私から釘をさしておこう。 「釘をさす」の類語 類語は「釘を打つ」 「釘を打つ」という言葉も、「釘をさす」と同じ「念押し・警告・注意」の意味を持ちます。 しかし「念押し・警告・注意」を表す場合には、「釘を打つ」ではなく「釘をさす」を使うことが一般的でしょう。 「肝に銘じる」「警鐘を鳴らす」「苦言を呈する」も類語 「肝に銘じる」「警鐘を鳴らす」「苦言を呈する」の3つは「釘をさす」と近い意味を持つ言葉です。 「肝に銘じる」という言葉は「忘れてしまわないよう、大切であると強く意識する」との意味。 「釘をさす」の「念押し」に近い言葉として使うことができます。 「警鐘を鳴らす」は「釘をさす」と同じ「注意・警告」の意味として使います。 「苦言を呈する」は「釘をさす」同様に「注意をする」の身を持ちます。 しかし「釘をさす」に比べると、厳しく注意する「非難」や「批判」の意味を含んだ言葉です。 「warning」は「警告」の意味を持ち、「to give a warning」というフレーズは「釘をさす」と同じように、「警告する・注意する」の意味で使用します。 中国語では「叮嘱」 「釘をさす」を中国語で使う場合には「叮嘱」を使用するのが適しています。 「叮嘱」は「何度もくりかえして言い聞かす」という意味を持つ動詞で、「念を押す」の意味として使うことができます。 「釘」を使った慣用句・ことわざ 「釘が利く」(くぎがきく)は、「意見をしたことの効果があったことを表しています。 「釘をさす」が行動する前に使う言葉であるのに対して、「釘が利く」は行動した結果に対して使う言葉となります。 一方、「釘になる」の言葉は「手や足が釘のように冷たくなり凍える」状態を表す「釘」そのものの状態を例える表現となります。 「さす」を使った慣用句・ことわざ 「水をさす」という言葉は「横からわりこんで邪魔をする」、「油をさす」は「おだてる」「煽る」という意味をそれぞれ持っています。 また「とどめをさす」という言葉は「二度と立ち上がれないよう確実に倒すこと殺すこと」を意味します。 まとめ 「釘をさす」とは、後になって間違いや問題が起こらないように、事前に念押しや警告をすることで、ビジネスにおいては頻繁に使う言葉です。 しかし慎重になるがゆえに、むやみやたらと「釘をさす」と、相手は信頼されていないと感じてしまうこともあるでしょう。 「釘をさす」ときには、適切なタイミングや言い方についても心がけるようにしてください。

次の