マンソン 事件。 Helter Skelter (ヘルタースケルター)が生んだ悪夢と意味:ビートルズからチャールズ・マンソンへ

チャールズ・マンソン

マンソン 事件

先日公開したクエンティン・タランティーノの最新作、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。 ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオが初共演を果たし、チャールズ・マンソン率いる歴史的カルト集団「マンソン・ファミリー」の起こした事件をテーマに物語が繰り広げられる。 本事件の真実を、ローリングストーン誌が映画のシーンに合わせて解説。 クエンティン・タランティーノ監督による最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、皆さんご存知の通り、マンソン・ファミリーの起こした殺人事件を事実に基づき正確に描いている訳ではない。 『イングロリアス・バスターズ』や『ジャンゴ 繋がざれる者』に代表されるように、タランティーノ作品では特に驚くべきことではない。 歴史上の残虐な出来事を取り上げて善人が必ず勝つというストーリーの中で、暴力をより残忍かつコミカルに描くのが彼の典型的なやり方だ。 今回の『ワンス・アポン・ア・タイム』も同様で、歴史上の大事件に勝手な解釈を加えてストーリーの中心に据えている。 1969年8月9日、チャールズ・マンソンを信奉するマンソン・ファミリーのメンバー3人がビバリーヒルズにあるシエロ・ドライブ10050番地の邸宅に押し入って住人らを捕え、全員を残虐に殺害した。 犠牲者の中には、女優のシャロン・テートも含まれた。 タランティーノは、ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオが演じる2人の隣人をでっち上げただけでなく、歴史をおとぎ話のようなエンディングにガラリと塗り替えてしまった。 一方で、本作がマンソン・ファミリーをより正しく描いていると指摘する声は聞かれない。 タランティーノは間違いなく、マンソン・ファミリーを詳細かつ幅広くリサーチしている。 カルト教団と指導者について我々の知る事実を前提に本作を観ると、タランティーノは事実の裏側まで見通す力を備えていることがわかる。 そこでローリングストーン誌に少数存在する自称マンソン専門家たちは、マンソンによる殺人事件に関する膨大な資料を検証し、タランティーノの作品に描かれた内容と細部に至るまで比較することにした。 検証結果の多くは、一度作品を観ただけでは見逃すような内容だった。 スパーン農場のセット 冒頭は、ディカプリオ演じる落ち目の俳優リック・ダルトンへの1950年代のインタビューシーンで始まる。 西部劇『バウンティ・ロー』でキャリアをスタートさせたと語るダルトンの白黒映像の背景には、ある西部の風景が合成されているが、後にスパーン映画撮影所であることが判明する。 ロサンゼルス郡に実在するスパーン映画撮影所は、かつてジョージ・スパーンが所有・経営していた広さ55エーカー(約22万2600㎡)の農場で、1950年代には敷地内に作った西部劇のセットをB級映画の撮影用に貸し出していた。 しかしジョージ・スパーンが所有する以前は、ジェーン・ラッセル出演の『ならず者(1943年、ハワード・ヒューズ監督)』をはじめ、人気の映画撮影用セットとして利用された。 しかし『ワンス・アポン・ア・タイム』で描かれているように、1960年代後半までに撮影所は荒廃していた。 目がほとんど見えず体も弱っていたスパーンは、ファミリーの女性たちによる無賃労働や性的サービスと引き換えに、マンソン・ファミリーが居住することを許可した。 マンソン・ファミリーの一員だったポール・ワトキンスが著書『My Life With Charles Manson』の中で明かしたところによると、スパーンのお気に入りはリネット・フロムで、彼が彼女の体に触れようとした時に金切り声を上げたため「スクウィーキー(キーキー声)」と呼ばれたという。 施設は野火によって全焼したが、その4年後の1974年、スパーンは死去している。 現在のスパーン農場は、サンタスザーナ峠州立歴史公園の一部になっている。 マンソン・ファミリーの女性たちは、チャールズ・マンソンの歌を口ずさみながら食べ物を求めてゴミ箱をあさった 作品の前半に、マンソン・ファミリーの女性たちが食べ物を探してゴミ箱をあさりながら、マンソン作の『Always Is Always Forever』を歌うシーンがある。 究極の服従を誓う不気味な歌だ。 映画のシーンは比較的明るく描かれているが、実際のマンソン・ファミリーは、日々の食事をほぼゴミ箱あさりに頼っていた。 マンソンによる女性蔑視の考え方に従い、食糧の調達はほとんど若い女性の役割だった。 カリナ・ロングワースによるポッドキャスト番組『You Must Remember This』によると、彼女らが持ち帰った食糧はまず男性メンバーが食べ、皿に残ったものを女性が食べたという。 同番組では、1シーズンかけてマンソンによる殺人事件を取り上げた。 ロマン・ポランスキーはシエロ・ドライブ10050番地にそう長く滞在しなかった シャロン・テート(マーゴット・ロビー)とロマン・ポランスキー(ラファル・ザビエルチャ)が登場するシーンで、ディカプリオ演じるダルトンは、夫婦が先月近所に引っ越してきたと言っている。 さらにポランスキーとは初対面だと証言していることから、ポランスキーが家にあまりいなかったことを示唆している。 タランティーノによる時系列はややずれているものの、作品中で描かれる1969年2月は、実際にポランスキーとテートが邸宅を借りた月だった。 また、テートの妊娠中に彼がほとんど家にいなかったのも事実だ。 同年3月、ポランスキーは映画『イルカの日』の撮影のためロンドンへ飛んだ。 テートも彼に会うため短期間ロンドンを訪れたが、7月中旬にはロサンゼルスの自宅へ戻っている。 ポランスキーは8月15日に帰国予定だった。 8月9日の事件発生時にセブリング、フライコウスキー、フォルジャーが邸宅にいたのは、妊娠後期にあるテートを気遣ったポランスキーが3人に彼女を見守って欲しいと依頼したからだった。

次の

米で起きた「マンソン事件」を題材に メンバーの女性目線で描く

マンソン 事件

チャールズ・マンソンの信者がロサンゼルスで9人を殺害した残忍な事件から50年が経ち、事件は今や伝説となっている。 しかしトム・オニール著『Chaos』によると、未だに明らかになっていない事実もあるという。 50年間に渡り、マンソン・ファミリーによる殺人事件は米国内でも語り継がれてきた。 しかし事件の詳細についてよく知る者は少ない。 1969年8月9日〜10日にロサンゼルスで9人が殺害された事件で、チャールズ・マンソンは直接手を下していないと知ると驚く人もいる。 このカルト指導者と信者らが逮捕されたのは殺人事件から2ヶ月後のことで、しかも逮捕の容疑は殺人でなく車両窃盗だったという事実も、あまり知られていない。 信者のひとりだったスーザン・アトキンスが同房者に、シャロン・テート殺害についてペラペラと自慢話を始めたことから、ようやく事件の詳細が明らかになりだした。 その後事件は伝説として語り継がれることとなる。 事件について現在知られている話のほとんどは、実際の犯罪をテーマとしたジャンルの中でベストセラーとなっている著書『Helter Skelter』に基づいている。 マンソン・ファミリーの事件裁判で首席検事を務めたヴィンセント・ブリオシによる同著が1974年に出版されたことで、ひとつのストーリーが一般に定着したのだ。 少年拘置所で人生のほとんどを過ごしたある熱狂的なカリスマ性を持つ男がサマー・オブ・ラヴ(=1967年)直前に出所し、ドラッグにまみれたヒッピー集団を形成。 彼はロサンゼルスのポップシーンへ参入しようと試みたがあっけなく拒絶されると、今度は自分のフォロワーたちに、残忍な殺人事件を続けて暴力的な人種間戦争の時代を切り開くべきだと説く、といったストーリーだ。 このストーリーがマンソンを残忍な計画へと駆り立てた、とブリオシは言う。 マンソンはザ・ビートルズの『ホワイト・アルバム』の収録曲にあやかり、自らの計画を『ヘルター・スケルター』と名付けた。 マンソンにとってビートルズは、楽曲を通じて自分にメッセージを送る黙示録の4騎士だったのだ。 それから45年が経ち、著書『Helter Skelter』の内容に陰りが見えてきた。 著者が自らを美化した表現はさておき、事件に対する彼の認識にも疑わしい点がある。 何があろうと被疑者に有罪判決を受けさせることが仕事である検事の言うことを、文字通り真に受けることはできない。 2019年、ある男が20年かけた調査研究の成果として、ブリオシの作り上げた神話のほとんどを崩そうとしている。 事件から30年が経った1999年、トム・オニールはプレミア誌に投稿した特集記事をきっかけにマンソン・ファミリーの研究を始め、著書『Chaos: Charles Manson, the CIA, and the Secret History of the Sixties』に自身の理論をまとめた。 著書の中やローリングストーン誌との2度に渡るインタヴューでも繰り返し述べている通り、まだ解明すべき多くの謎があるとオニールは言う。 マンソンのストーリーを知ったつもりでいた我々の持つ知識は、どうやら誤っていたようだ。 誤解のないように言うと、オニールは有罪判決を受けたマンソン・ファミリーのメンバーが無実だと主張しようとしている訳ではない。 彼が解き明かそうとしているのは、まずマンソンが殺人の犠牲者を選んだ理由だ。 それから、捜査当局が犯人を特定するまでになぜ長い時間がかかったのか? なぜ検事側が不備があると知りながら主張を押し通したのか? そして米国の歴史上には多くの残虐な事件があったにもかかわらず、なぜマンソンの事件が我々の記憶に残っているのか、といった疑問をオニールは提起しているのだ。 オニールとジャーナリストのダン・ピーペンブリングとの共著『Chaos』は多くの章に分かれているが、主張内容は大きく2つにまとめられる。 同著ではまず、ブリオシが裁判に勝つために証拠を隠蔽し、証人に対して裁判で偽証するよう促したことを証明しようとしている。 また、ブリオシは一連の工作を正当化するためにベストセラーとなった自著で嘘を広めた、と主張している。 さらにオニールの説明によると、マンソン・ファミリーによる残虐な事件の動機は、「人種間の闘争を煽って最終的に黙示録のような終わりを迎えること。 そうやって全ての白人を地球上から消滅させる。 そして砂漠に開いた底なしの淵に隠れて難を逃れたマンソン・ファミリーは、その後復活して黒人を支配下に置き、純粋にマンソンの血を引く子孫たちによって世界を埋め尽くすこと」だという。 メイソンよりもブリオシよりも大きな、当局が表沙汰にしたくない何かが隠されている、とオニールは主張する。 「我々は、公式記録の誤りを指摘できる全ての証拠を明らかにしようと決断した」とオニールは言う。 オニールらは独自の取材と徹底的な調査により、『Helter Skelter』に書かれたストーリーは陪審員を納得させるためと、そしてもちろん本を売るために作り上げられたものである、という膨大な量の証拠を示している。 『Chaos』が主張するふたつ目のポイントは、オニール自身も認める通り、完全な推測に基づいている。 「事実だと私が信じる内容を客観的に説明するにあたり、私は陰謀論を掲げた。 短絡的で言い訳のように聞こえるかもしれないが、読者には全てを知った上で自ら判断して欲しいと考えた」とオニールは言う。 著書によると、隠蔽の裏にある大きな秘密とは、マンソンが意識していたか否かは不明だが、彼が政府の監視下に置かれていたというものだ。 オニールは、テリー・メルチャー(当時27)が語ったチャールズ・マンソンとの関係に疑問を投げかけている。

次の

チャールズ・マンソンの素顔。囚人仲間がみた「本当の性格」とは。

マンソン 事件

生い立ち [ ] 、のに生まれる。 父親はであり、母親はの教会員であった。 『マリリン・マンソン自伝 — 地獄からの帰還 — 』によると、父方はドイツ人とポーランド人を先祖に持つという。 母親の信仰でカントンの教区学校に通い 、のちに転校するが、に高校を卒業した。 両親によってカトリックの私立中学校に入学させられ、やについて嫌というほど教え込まれた。 使用していたノートに、「こんな生活やだ」との一文を何度も繰り返し書き続けたらしく、そのノートを見た親や教師に幾度も殴られたという。 その反発からや煙草に手を出し、さらにを入れるなどして素行不良になった結果、処分を受けた。 それが現在の反キリスト的な歌詞などを書くようになった原因の一つと言われている。 周囲には「変態を見せつけてくる年上の親戚」や、「服を脱がせて囚人ゲームに興じる隣人」、「中に秘密部隊に属し、罪のない一般市民を多数殺害した父親」、「地下に自身のな専用の部屋を設けていた祖父」など、常軌を逸した人間が多かった。 これがファッションを嫌いになった原因である。 それによって受けた的な、迫害から孤独になるも、そこからの現実逃避としてロックに出会ったという。 頃に二年制大学でジャーナリズムと劇文学を専攻していた。 その大学でバンドを結成することになる仲間らと出会い、バンド活動を始動。 の地位を目指して努力し、南フロリダの『ライフスタイル』や『25thパラレル』などの雑誌で音楽記事を書いて経験を積んだ。 この頃にのなどと出会った。 にこのバンド名を短縮し、「」とした。 このバンドがの夏にからの注目を受け、〜マリリン・マンソンのデビューアルバムとしてより「ポートレイト・オブ・アン・アメリカン・ファミリー」を発売。 に「スメルズ・ライク・チルドレン」を発売したことで、バンドはカルト的な人気を獲得し始めた。 ののヒット曲「スウィート・ドリームズ」をでカバーした。 トレント・レズナーと共同製作し、に「」を発売したことでより大きな成功を得た。 アメリカ単独でプラチナレコード()に認定され、3枚のアルバムのうちの2枚がトップテンに入っている。 マンソンは初め、の設立者として働いた。 バンド名を付けた彼はバンドの初期の記録作成を手伝い、『マイ・キャット』をギターで演奏した。 南フロリダの大部分でショーを開いている。 DMXというラッパーのアルバム「フレッシュ・オブ・マイ・フレッシュ,ブラッド・オブ・マイ・ブラッド」 と、マンソンが立ち上げたレーベル「」で唯一活動していたのアルバム「2000イヤーズ・オブ・ヒューマン・エラー」のゲストパフォーマーとして出演している。 1993年に公開され、2007年に3D化された『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の音楽に使われているの『ディス・イズ・ハロウィーン』をカバーしており、それは発売のカバーアルバム『ナイトメア・リヴィズィテッド』に収録されている。 映画とテレビ出演 [ ] マンソンはの映画『』にて俳優としてデビュー。 以来『』、当時の婚約者であった主演の『』、の『』、『』などといった作品にて、様々な脇役での出演および特別出演でその姿を見せた。 の政治ドキュメンタリー『』にて扱われているについて、マンソンの曲が原因ではないかという申し立てがなされたことについて、ムーアのインタビューに答えた。 『クローン・ハイ』というアニメに出演し、MTVの『セレブリティ・デスマッチ』にて、ショーの非公式の優勝者とマスコットに扮して参加している。 による操り人形を用いて声を演じ、サウンドトラックアルバムに「アストニッシング・パノラマ・オブ・ジ・エンドタイムズ」を寄贈している。 、マンソンはに「僕は音楽から映画製作に焦点を移してきた。 現在、世界が音楽に価値があるとみなしているとは思わない。 もはやほかの人間による芸術;特にレコード会社を反映したものは作りたくない。 自分の芸術を作りたい」と述べた。 俳優のは、映画『』にてウィリー・ウォンカ役として出演した際に、マンソンのパフォーマンスにひらめきを得て演技に利用した。 マンソンは映画のウィリーウォンカ役のデップの演技に興味を示した。 「」の作者の映画『』の監督を務めた。 この映画では監督/主演/音楽を自ら手掛け、アリス役にはのを起用した。 芸術活動 [ ] 、マンソンは『i-D』という雑誌のインタビューにて、から活動を始めたことを語った。 から14日にかけて、の現代画展センターにて、マンソン初の水彩画の展示会「ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク」が開かれた。 「アート・イン・アメリカ」のマックス・ヘンリーは、マンソンの作品を「精神病患者がとして物質援助を受けた」作品にたとえて、著名人として描いたその絵の価値を「彼の作品は美術作品として真剣に受け止められることはないだろう」と述べた。 から翌15日にかけて、のおよびのにて、2回目の展示会が開かれた。 展示品の中心の題名でもある『Trismegistus』と名付けられた展示会では、大きな3つの頭のキリストが、持ち運び可能な死体防腐処理テーブルのアンティーク木材の羽目板に描かれている。 マンソンは自身の芸術運動を「セレブリタリアン・コーポレーション」と称した。 この運動のために「俺たちはそこにいる奴らに(俺たちの)恐れを売る」というを作った。 、マンソンは「セレブリタリアン・コーポレーション」が正確には1998年に何らかの形で始まっており、7年間培養させていたことを示している、と述べた。 「セレブリタリアン・コーポレーション」は、3度目の展示会が開催されたにあるマンソンのと同名であり、「セレブリタリアン・コーポレーション・ギャラリー・オブ・ファイン・アート」と呼んだ。 から17日にかけて、彼の最近の作品がフロリダ州のある美術館に展示されている。 この展示会での40作品はドイツのブリギッテ・シェンクという美術館へと移されたうえで、2007年からにかけて公的に展示された。 マンソンは展示会の初日の夜に出席するために同地にいたが、への入場を拒絶された。 化粧が原因だったが、別の情報源では複数の理由が挙げられた。 ビデオゲーム [ ] マンソンは、『』というにて、「エドガー」という名の役として出演している。 『クルシ・フィクション・イン・スペース』という楽曲は『』というゲームのコマーシャルにて使用された。 テレビゲーム『セレブリティ・デスマッチ』にはマンソンの似顔絵が使われており 、に彼がサウンドトラックにレコーディングした歌が使われている。 『ユーズ・ユア・フィスト・アンド・ノット・ユア・マウス』という楽曲は、ゲーム『』ならびに『』にクレジット名で入っている。 『』という楽曲はゲーム『』に使用された。 アブサン [ ] で作られているのを、マンソンの自社ブランド『Mansinthe』として作ることにも着手している。 匂いを汚水と比較したり、味を「小便なみに酷い」と酷評した批評家など賛否両論を受け 、アブサンの「Versinthe」が、上位5つのうち2位となり 、2008年のサンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティションで金メダルを勝ち取った。 私生活 [ ] マンソンは長いあいだ、ダンサーでモデルのならびに彼女のウェブサイトのファンであった。 2人が初めて出会ったのは、マンソンが自身のミュージックビデオの1つに彼女に出演して踊るよう頼んだときである。 それは叶わなかったが、これを契機に2人は連絡を取り合った。 マンソンの32歳の誕生日に、ディタはアブサンのボトルを1本届け、両者はカップルとなった。 、マンソンはディタにプロポーズし、1930年代のヨーロッパのダイヤモンドで7カラットのダイヤモンドカットの指輪を贈った。 、マンソンとディタは、自分たちの自宅で無宗派による式を挙げ、非公式に結婚した。 同年、に住む彼らの友人の自宅でより大きな式典が開かれた。 結婚式では、映画監督で漫画原作者のが司会を務めた。 伝えられるところでは、2人はおおよそ60人の人間の前で結婚の誓いを交わしたという。 花嫁は、スティーブン・ジョーンズとパール・コルセットによるデザインのと、が作った青みがかった紫の絹のガウンを着ていた。 はディタのためだけに、週末の残りのあいだにずっとワードローブをデザインしていた。 披露宴での音楽は、なドイツのバンドが提供した。 客たちは、その日の結婚式のあとに、、そしてへの招待を受けた。 結婚式の写真は、3月号のファッション雑誌の見出し「ザ・ブライド。 ウォア・パープル」に掲載された。 離婚 [ ] 2006年、ディタ・フォン・ティースは「和解しがたい不和」のためにを申請した。 comと雑誌は、マンソンが、映画『ファンタズマゴリア:ザ・ビジョンズ・オブ・ルイス・キャロル』で共演し、2007年のマンソンのシングル「ハート・シェイプド・グラスィズ」に登場している女優のと「不倫した」と報じている。 ディタ・フォン・ティースはのインタビューで、「彼は私が協力的ではないという印象を受けたようだけれど、真実は、私が彼の生き方の支えにはならなかった。 誰かほかの人と一緒だった」 と述べた。 マンソンのとよそよそしい振る舞いが、破局の原因として挙げられもした。 伝えられるところでは、マンソンは双方の3匹の猫の養育権を巡って争っているという。 離婚の審判は、にのに託された。 2009年には、ポルノ女優との恋愛沙汰が報じられた。 訴訟 [ ] に元ギタリストのデイジー・バーコウィッツが、「アンチクライスト・スーパースター」を含む期間までの自身のバンドへの貢献に対して未払いである著作権使用料を求めて、マンソンを告訴した。 この案件はに決着したが、どうなったのかは明らかにされていない。 、でのコンサートで警備員を務めていた人物が、マンソンに暴行されたとして、ミネアポリスにて75000ドルの損害賠償を要求する民事訴訟を起こした。 連邦裁判所のは、マンソンを「勝訴」とした。 、マンソンはのでのコンサートにて、ヨシュア・キースラーという名の警備員に性的不品行を働いたとして告発された。 オークランド郡は、当初はと性的不品行の罪でマンソンを告訴した が、裁判官は後者を軽犯罪である「風紊乱行為」に引き下げた。 マンソンは引き下げられた告訴に対してを嘆願して4000ドルの罰金を払い 、後日、明らかにされていない条件のもとで訴訟を解決した。 、マリア・セント・ジョンという名の人物が、マンソンが娘にを摂取させ、娘がその状態で車を運転して死んだとして、マンソンをロサンゼルスの上級裁判所に告訴した。 には元メンバーのスティーブン・グレゴリー・ビール・ジュニアが、未払いの給料2000万ドルを求めてマンソンに訴訟を起こしている。 訴訟の一部の詳細は、報道機関に漏洩した。 同年11月、ある新聞社が「マンソンが子供の骨格と人間の皮膚でできたマスクを購入した」と伝えたことで、マンソンに訴訟を起こされた。 伝えられたところによれば、ハイイログマ、2体のといった動物のぬいぐるみ、そしての遺物を購入したという。 同年12月、マンソンは、曲の演奏やバンドの宣伝といった、バンドのメンバーとしての責任を果たすことを怠ったとして、ビールを控訴していた。 、スティーブン・グレゴリー・ビール・ジュニア側の主張が認められず却下されたことが発表された。 音楽性 [ ] 愛用のギター:フェンダー・テレキャスター John その音楽は専らや、に分類されるが、ポップな要素を多く含んでいる。 また、アルバムごとに全くといっていいほど音楽性を変える。 歌詞には、その独自の世界観とを反映させている。 その音楽性や哲学、カリスマ性はジャンルを問わず、国内外のアーティストに影響を与えている。 ライブツアーには非常に精力的で、大規模な仕掛けや趣向を凝らした演出を欠かさない。 紋章入りの真っ赤なたれ幕と黒焦げの星条旗の前で、さながらに壇上で歌い叫ぶなどといったことを行う。 を破り捨てるなどの演出から、ライブ会場の前にてキリスト教の団体による抗議デモが見られることが珍しくない。 でのツアーでは豚の血を会場に撒くなどの過激な演出でからのバッシングも受けた。 影響 [ ] 、、、、、、、、、、、、、、、、、などといった様々なジャンルの音楽から影響を受けている。 その中でもボウイは別格の存在であり、『Ashes to Ashes』のを「何度見ても色あせることはない」と絶賛している。 「 ポートレート・オブ・アン・アメリカン・ファミリー」に、収録されている"ドープ・ハット"のは、から影響を受けたものとされている。 マンソンは自身のアマチュア時代から、の大ファンだったという。 カバー・楽曲提供 [ ] の"スウィート・ドリームズ(アー・メイド・オブ・ディス)"に代表されるように、マンソンはほかのアーティストの曲のカヴァーも精力的に取り上げている。 Rock N' Roll Nigger()• Personal Jesus()• Tainted Love()• This is Halloween()• I Put a Spell on You(スクリーミン・ジェイ・ホーキンス)• Five to One()• Highway to Hell, Shoot to Thrill()• Working Class Hero()• KKK Took My Baby Away()• マリリン・マンソンとキリスト教 [ ] マンソンには常に教のイメージが付きまとう。 反キリスト教イメージを持つアーティストは少なからず存在するが、ここまでそのイメージが定着しているアーティストは少ない。 それを決定付けたのが、セカンドアルバム『アンチクライスト・スーパースター』の発表である。 これ以後マンソンは「 アンチクライスト・スーパースター」という別名で呼ばれるようになった。 しかしマンソン自身は、単なるキリスト教批判ではないと主張している。 「ディスポーザブル・ティーンズ」という楽曲の中で「俺は本当の神を憎んだことは一度もないが、人々が信じる神は大嫌いだ」と歌っているのはその一例である。 『Holy Wood : In the Shadow of the Valley of Death』の発表や、その後の「Guns, God, Government Tour」では政府、銃問題に加え、アメリカに蔓延する狂信的なに対する反抗をテーマとした。 マンソン自身、高校生の頃にや、を読んでいたことも影響している。 とりわけニーチェの著作「反キリスト者」()から受けた影響は大きい。 その主張と行動は常に賛否両論を巻き起こすが、問題を提起し、議論を促していることは確かである。 コロンバイン高校銃乱射事件を巡って [ ] 事件発生前からアメリカのキリスト教保守派は、自ら「アンチ・クライスト・スーパースター」と名乗り、セックスと暴力を歌うマンソンに怒っており、糾弾するきっかけを待っていた。 そんな最中、、アメリカのコロンバイン高校に、同校の学生2人が銃を持って乱入し、生徒12人と教師1人を射殺して自殺した事件()が発生。 メディアでは2人はマンソンの影響を受けていたという報道がなされた 暴力的なTVゲームの影響を疑う報道もあった。 後ほど「2人はマンソンのファンではない」と判明したが、その事実は殆ど報道されず、今でも乱射事件はマンソンの影響と信じている人も多い。 キリスト教保守派は、彼の社会的影響を追及した。 抗議集会が開かれ、その集会の出席者から「マリリン・マンソンは、「恐怖」や「憎悪」、「自殺」や「死」を広めに来る」といった不条理な讒謗を受けた。 とりわけからの誹謗は強かった。 この事件を扱ったドキュメンタリー映画『』にマンソンは出演しており、監督を務めたによるインタビューを受けている。 そのインタビューの中で彼は、• 「事件のことで俺が糾弾される理由は分かる。 俺を犯人に仕立て上げれば(に)都合が良いからだ」• 「俺が表現しているものはだ。 そのことで誰にも遠慮はしていない」• 「あの悲惨な事件は2つの副産物を生み出した。 娯楽における暴力的な描写と銃規制だ。 この2つは次の大統領選挙の争点と重なる。 だが、人々は、大統領()がとでしたことや、他の国を爆撃したことも忘れている」• (コロンバイン高校銃乱射事件が起こったその日に、アメリカがを空爆したことについて)「皮肉な話だよな。 大統領のせいであんな悲惨な事件が起きた、とは誰も言わない。 メディアが望む形で恐怖を生み出せないからだ」• 「毎日視聴するテレビのニュースで、人は恐怖を詰め込まれる。 アメリカ政府とマスコミが恐怖と消費を煽っている。 アメリカの経済はそういう仕組みになっている」• (「コロンバインを襲撃した犯人の高校生に言いたいことは? 」と訊かれて)「何もない。 ただ黙って彼らの言いたいことを聞く。 誰一人としてそれをやらなかった」 と語った。 加害者と関係があり、一時期警察から加害者の1人にでっち上げられた男性ものIAmAで、「テレビや音楽で影響を受けるなら、僕は毎日タンポンと車を買うだろう」と、マンソンだけが原因ではないことを語っている。 嗜好 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年5月) 、、が入ったものを好んで食べる。 酒は、特に酒を愛飲している。 は飲まない。 コーヒー豆の缶の中に堕胎児が捨てられているのを見て以来飲めなくなった。 若い頃は頻繁にしていたが、その影響で兄がを患って他界したため、以来吸わなくなった。 を常用しているとされる。 PVにもそうした描写がある。 "I don't like the drugs but the drugs like me"という楽曲でも露骨にドラッグの存在を表現している。 アルバム [ ]• Portrait of an American Family 1994• Smells Like Children 1995• Antichrist Superstar 1996• Mechanical Animals 1998• The Last Tour on Earth 1999• Holy Wood In the Shadow of the Valley of Death 2000• The Golden Age of Grotesque 2003• Eat Me, Drink Me 2007• The High End of Low 2009• Born Villain 2012• The Pale Emperor 2015• Heaven Upside Down 2017 書籍 [ ]• …1998年にマンソンと婚約したが、2001年に婚約を破棄。 …のフロントマン。 初期作品のプロデューサー。 …映画監督。 ドキュメンタリー映画『』にて、マンソンにインタビューを行った。 …マンソンの前妻。 12月、離婚が発表された。 …が出演したにスペシャルゲストとして登場し、友人であるYOSHIKIとのスペシャルパフォーマンスが行われ、代表曲であるのカバー『Sweet Dreams』をYOSHIKIのピアノ演奏と共に披露した。 脚注 [ ]• 2012年7月27日閲覧。 [ ]• Essi Berelian, The Rough Guide to Heavy Metal, 2005, p. 215• 2009年6月4日, at the. 2011年5月12日, at the. [ ]• 2009年6月4日時点のよりアーカイブ。 2010年1月2日閲覧。 [ ]• Paine, Andre 2010年11月8日. ABCNews. 2010年11月8日閲覧。 Blabbermouth. net 2010年11月7日. 2010年11月8日閲覧。 [ ]• PopularIssues. org. 2008年2月14日閲覧。 Guitar World. December, 1996. 2007年6月4日時点のよりアーカイブ。 2007年6月21日閲覧。 MTV News. 1999年3月22日. 2007年6月18日閲覧。 Retrieved June 18, 2007. MTV News. 1999年5月5日. 2007年6月18日閲覧。 [ ]• FilmEdge. Net. 2008年2月14日閲覧。 BLABBERMOUTH. NET 2007年7月13日. 2008年2月14日閲覧。 [ ]• Smith, Dakota 2000年1月24日. VH1 News. 2008年2月15日閲覧。 [ ]• Harris, Chris 2005年10月28日. MTV News. 2007年9月27日閲覧。 SIDE-LINE. com 2007年7月. 2008年2月14日閲覧。 [ ]• Side-Line. com 2008年9月4日. 2008年9月4日閲覧。 [ ]• 2009年1月7日閲覧。 [ ]• Hamish Bowles, "The Bride Wore Purple", , March 2006• BBC News 2007年1月6日. 2008年2月16日閲覧。 [ ] ETonline. com January 10, 2006. Retrieved June 21, 2007. Ken Lee 2007年1月9日. People Magazine. 2008年2月14日閲覧。 Sunday Telegraph. 2007年4月22日. 2008年2月15日閲覧。 [ ]• SPIN. 2007年1月5日. 2008年2月15日閲覧。 [ ]• NY Post. 2007年1月9日. 2008年2月15日閲覧。 [ ]• United Press International 2007年12月28日. 2008年2月14日閲覧。 [ ]• :『』 (英語)• Gustafson, Paul 2003年9月6日. : p. O'Hara, Sean 2001年12月7日. : p. Smyntek, John 2003年9月10日. : p. Potts, Laura 2001年8月17日. : p. : p. 2002年1月2日• : p. AL6. 2002年6月20日• Derakhshani, Tirdad 2004年2月19日. : p. Vineyard, Jennifer 2002年4月9日. MTV news. 2008年2月14日閲覧。 SIDE-LINE. com. 2007年8月6日. 2008年2月14日閲覧。 [ ]• BLABBERMOUTH. NET 2007年8月2日. 2008年2月14日閲覧。 [ ]• FOX News 2007年11月23日. 2008年2月14日閲覧。 SIDE-LINE. com 2007年12月25日. 2008年2月14日閲覧。 [ ]• Yahoo! News 2009年12月28日. 2009年12月31日時点のよりアーカイブ。 2010年1月13日閲覧。 2019年10月15日閲覧。 、藤谷千明『すべての道はV系へ通ず。 』、2018年8月26日、76頁。 BARKS. 2018年4月23日. 2018年5月6日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 マリリン・マンソンに関連する および があります。 英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の