吉本 大崎 会長。 大崎洋(吉本興業会長)と明石家さんま・ダウンタウンとのエピソード

[吉本興業会長]大崎洋は結婚して奥さんや子供はいる?年収や経歴も!

吉本 大崎 会長

大崎洋 吉本興業会長 出典: プロフィール 名前:大崎洋(おおさき ひろし) 生年月日:1953年7月28日 出身:大阪府堺市 高校:大阪府立泉北高等学校 大学:関西大学社会学部卒業 職業:吉本興業ホールディングス会長・前社長 経歴 大崎氏は関西大学に2浪して入りました。 吉本に入社した理由は、当時サーファーだったために私服で通勤可能な会社だったから選んだそうです。 同期入社3人のうち、ひとりは、なんば花月と人気者の桂三枝(現・文枝)や売り出し中の明石家さんまさんを担当、もうひとりは、うめだ花月と絶頂期の横山やすし・西川きよし、勢いのあった島田紳助・松本竜介を担当しました。 そして、自身はうめだ花月より格下と見られていた京都花月に配属され、「ミスター吉本」と呼ばれた木村政雄さんの下で猛烈にしごかれることになります。 大崎氏の経歴はWikipediaによれば次のようなものです。 1978年 吉本興業株式会社に入社 1980年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)へ上司の木村政雄と共に異動 1982年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任 2006年 吉本興業取締役副社長に就任 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任 引用: 上記の経歴には未記載ですが、現在の吉本社長は岡本昭彦氏で、大崎氏は会長になっています。 また一時期、「ガキ使」でお馴染みの藤原寛さんが吉本の社長になったという話も聞かれましたが、それは「吉本興業ホールディングス株式会社」ではなく、その子会社の「吉本興業株式会社」になります。 そしてその藤原氏は、おそらく岡本昭彦氏が社長に就任してからでしょうが、いつの間にか「副社長」に降格されているようです。 大崎洋と明石家さんまとのエピソード 明石家さんまはかねてから60歳になったら芸能界を引退する、としていました。 しかしさんまのギャラは吉本全体の8分の1ともいわれ、辞められては困る会社によってご機嫌取りをされて引き止められている状態です。 また「先代の林(裕章)社長には育ててもらった恩があるが、現在の(おそらく発言当時は大崎社長)社長にはお世話になっていないから、好きな時に辞めさせてもらう」と言っていました。 しかし義理堅いさんまはそれでも自分が抜ければ大きな穴ができると分かっているため、なかなか辞めるにやめられず、一説には島田紳助が辞めた時、「自分の力で紳助を復帰させるので、その代わり60歳で引退させてほしい」と言ったといいます。 紳助の引退会見直後、大崎氏に相談されたさんまは「俺に任せろ」と言い、関西ローカルなどで「紳助は復帰してもいい」などと発言して紳助復帰への空気作りをしていました。 しかし結果的にそれには成功せず、引退できなかったさんまは現在でも現役で活躍しています。 またさんまの「いつでも辞める」発言は、もう一つには「俺に代わる若手を育成しろ」という会社へのメッセージだと解釈している業界人も多いようです。 大崎洋とダウンタウンのエピソード 大崎氏はダウンタウンの初代マネージャーとしても有名です。 大崎氏が初めてダウンタウンを見たのは、1982年に『吉本総合芸能学院(NSC)』が開校し、大崎氏が同学院の担当になった時だといいます。 ダウンタウンはNSCの一期生でした。 それを見て、大崎洋はダウンタウンのネタの運びやしゃべり方の間、手振り身振りの表現力、何よりも発想の突拍子さに衝撃を受けたといいます。 大崎氏とダウンタウンとの興味深いエピソードとして次のようなものがあります。 最初はもちろん無名のダウンタウンのスケジュールは真っ白でした。 会社からも相手にされていないダウンタウンでしたが、大崎氏は彼らのマネージャーを引き受けます。 それでも2人は『これは仕事と違いますやん。 大崎さんと打ち合わせしているだけですやん』とは言わずに『ありがとうございます』と受け取って、時間どおりにやってきて、3人で一生懸命黙々とネタ作りに励んだ」 引用: 新人のころから鼻っ柱が強くて生意気だったと専ら言われているダウンタウンですが、意外にも健気な一面があったそうです。 またある日、松本人志と大崎氏は一緒にスポーツジムに行くと、そこで25メートルのプールがあって、2人でそこに入ったとき、ふっと「今は一緒に過ごしているけど、売れるようになったら僕の言うことなんか聞いてくれなくなるなぁ。 でも、松本が間違った方向へ進もうとしていたら、絶対にとめなければいけない」と思ったといいます。 そこで「25メートル1回も息継ぎせずに潜水したら、将来俺の言うことを聞いてくれるか?」と尋ね「ええ、いいですよ」と約束させました。 実は元水泳部で潜水はお手のものだった大崎社長。 泳ぎきった大崎社長は松本にそのことを約束させることに成功。 この日の約束は、後に果たされることとなる。 「ある出来事があって、松本が頑として首を縦に振らなかったときに『あのときのプールの約束、今使うわ』と言って。 松本は『えーっ、こんなときにですか……』と言いながら『わかりました』と苦笑していましたね(笑)」 引用: またまだ松本が映画を撮っていなかった時、楽屋で、「これから本出したり、映画撮ったりいろんなことしような」と話しかけると松本はこう返したといいます。 「大崎さん、何でそんなこと言うんですか。 僕は金持ちの家に生まれたわけでもないし、運動神経がいいわけでも、ギターが弾けるわけでもない。 やっとお笑いっていうものを見つけて、100メートル走を一生懸命、走ろうとしているのに。 走り幅跳びもしなさい、棒高跳びも、て」 引用: しかし結果的に松本人志さんは映画を何本か撮ることになります。 大崎洋が登場するダウンタウンのドッキリ動画 またダウンタウンの番組に出演している吉本社員といえば「藤原」さんが有名ですが、かつては大崎氏もダウンタウンの番組で、浜田と松本が大ゲンカするというドッキリ(下の動画)に仕掛け人として登場しています。

次の

加藤浩次と吉本・大崎会長の会談の直前、「友近」が退陣を求める加藤を支持し、体制維持派の松本人志に違和感表明|LITERA/リテラ

吉本 大崎 会長

1980年「吉本興業東京支社」異動 1982年「吉本総合芸能学院」担当社員 2000年「株式会社ファンダンゴ」取締役 2001年「吉本興業」取締役 2001年「株式会社アール・アンド・シー」取締役 2002年「株式会社有明スタジオ」取締役 2006年「吉本興業」取締役 副社長 2009年「吉本興業」代表取締役 社長 2019年「吉本興業」代表取締役 会長 参考元: 上記の 経歴より、色々な 要職を務め、 約10年間に渡り、 吉本興業の 社長を務めていることが分かります。 そんな 大崎洋会長は、1980年に上司であった 木村政雄さんと共に 東京支社に異動後は、 漫才ブームを築きました。 なお、 木村政雄さんは、 横山やすしさん・ 西川きよしさんのマネージャーを 8年半務め、東京支社の 所長をしていました。 さらに、 大崎洋会長は、吉本興業の企業としての 近代化を進めると共に、 新たな劇場の建設や 若手育成に力を注いできました。 しかし、会社の方針に従わない芸人やタレントを大胆に リストラし、不祥事・モラルに反する行為を起こしたタレントに対し、 厳格な措置を取るという厳しい一面があります。 「岡本昭彦」さんは、吉本興業の社長であり、雨上がり決死隊の「宮迫博之」さんやロンドンブーツ1号2号の「田村亮」… 吉本興業大崎洋会長とダウンタウンの関係は? 大崎洋会長は、多くの吉本所属タレントの中でも、特に ダウンタウンと 強い関わりがあります。 1982年に 吉本総合芸能学院( NSC)の開校時の 担当社員となり、無名時代の ダウンタウンの 兄貴分・マネージャー的存在として業界に関する様々なことを 指導しました。 さらに、1980年代、まだ 松本人志さんが20歳頃、仕事が無く暇を持て余していたため、2人で 映画館や 銭湯などによく行っていました。 その後、 ダウンタウンは下記の 賞を含め、多くの 漫才コンテストで活躍し、 大阪での 確かな地位を確立していきました。 大崎洋会長:「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ。 」 松本人志さん:「いいですけど。 」 参考元: なお、「 この業界で成功しそうにない」とお互い思っていたから上記ように答えましたが、 大崎洋会長は、本当に 潜水してみせました。 そして、その20年後、本当に売れた 松本人志さんは、「 1つだけって、なに言われるんやろ? 断ったろ思ってんねんけど。 」と ネタにしていました。 しかし、 松本人志さんが、なかなか折れないある出来事があった時に「 あのときのプールの約束、今使うわ。 」と 大崎洋会長が言うと、「 こんなときにですか。 」と言いつつ、「 わかりました。 」と苦笑しながら了承したそうです。 上記のように、 ダウンタウンの現在の活躍の 影には、 大崎洋会長の 面倒見の良さや プロデュース力が大きく影響しているのではないかと思います。

次の

大崎洋会長(吉本)の年収や高校大学(学歴経歴)は?若い頃がヤバい!

吉本 大崎 会長

・名前:大﨑洋(おおさきひろし) ・生年月日:1953年7月28日 ・出身地:大阪府堺市 ・出身大学:関西大学 ・出身高校:大坂府立泉北高校 ・職業:プロデューサー ・役職:吉本興業ホールディングス株式会社会長 大崎洋会長は大学卒業後の1978年に吉本興業に就職しました。 なぜ吉本興業に入社したのかというと 「私服OK」の会社だったからだそうです。 しかも、そのときサーファーだったらしく、ゆったりと自由に生きたいというような性格の人だったんですかね。 また、大崎洋会長は現在吉本興業ではカリスマ的な存在感を放っている人物と吉本社員の出版した本で語られています。 そして、入社してからNSC開校時に ダウンタウンの担当社員になりました。 そこからダウンタウンが一気にスターダムを駆け上がっていきます。 ダウンタウンの東京進出も大崎洋会長の協力を得たものでした。 そのため、ダウンタウンとは 昔からの戦友という感じでしょうか。 若いダウンタウンに大崎洋会長は兄貴のように関わり、一緒に成功の道を駆け抜けたんですね。 そのため、先日のワイドナショーでダウンタウン松本さんが大崎会長が 吉本をやめるなら自分もやめると言ったように、切っても切れない関係になっているのでしょう。 ダウンタウン松本さんの芸人人生に大きな影響を与えた人物なのは間違い無いでしょう。 また、大崎洋会長は過去にダウンタウンと一緒にテレビ出演もしていました。 岡本社長や藤原副社長など歴代のマネージャーも同じようにテレビ出演していて、 ダウンタウンのマネージャーから吉本興業の上層部に出世しているのです。 1978年 吉本興業株式会社に入社 1980年 吉本興業東京支社へ上司の木村政雄と共に異動 1982年 吉本興業東京支社から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任 2006年 吉本興業取締役副社長に就任 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任 2019年 吉本興業代表取締役会長に就任 1982年に大阪の吉本総合芸能学院の担当社員になったところが ダウンタウンと出会ったタイミングでしょうか。 そこから18年空いて、吉本興業の子会社である株式会社ファンダンゴの取締役になっていますね。 ダウンタウンを見出して、出世したということがわかると思います。 そのあとはうなぎのぼりに色々な会社の取締役から、社長を経て会長になりました。 大崎洋会長とさんまの関係は? そんな 大崎洋会長と明石家さんまとの関係はどうなのでしょうか。 大崎洋会長と明石家さんまとの間のエピソードには島田紳助の引退に関係したものがありました。 明石家さんまは昔から60歳で芸能界引退すると考えていたそうです。 しかし、吉本の稼ぎ頭のさんまに引退されると吉本興業は困るので、 引退はまだしないでくれと引き留められている状態でした。 そんな中、島田紳助が暴力団と関係を持っているということが明るみにでて、 芸能界引退した際に、さんまは親友の紳助を復帰させたら代わりに俺を引退させてくれと言ったそうです。 島田紳助の引退も吉本にとって大打撃ですので、大崎洋会長はさんまに相談していて、 その時にさんまから提案があったのでしょうか。 そして、さんまは島田紳助が復帰はアリだろうと吹聴して、 世論に島田紳助の復帰は普通にあり得ることだという雰囲気を作ろうとしていたのですが、 結局成功せずに島田紳助が復帰することはありませんでした。 また、さんまは 「先代の林社長には育ててもらった恩があるが、 現在の社長にはお世話になっていないから好きな時に辞めさせてもらう」と言っています。 このことから大崎洋会長とさんまとの関係はダウンタウンのように深いものではないみたいですね。 まとめ 以上、大崎洋会長の経歴、ダウンタウン、明石家さんまとの関係性についてでした。 今後大崎洋会長も会見を行い、姿を見せるのかどうか注目してみましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の