妊娠中 うつぶせ。 妊娠初期ならうつぶせで寝ても大丈夫?赤ちゃんへの影響は?|NEWSポストセブン

【助産師監修】妊娠中にエステはいいの?赤ちゃんへの影響は?

妊娠中 うつぶせ

女性はどんな時でもキレイでありたいもの。 妊娠中もエステでお肌やボディのケアを続けたいママや、授かり婚で挙式前にブライダルエステを受けたいと思っているママもいるかもしれませんね。 妊婦がエステを受けても、母体やお腹の赤ちゃんには影響はでないのでしょうか。 今回は、妊婦がエステに行ってもいいのか、エステを受けてもお腹の赤ちゃんに影響はないのかなどについてご紹介します。 妊婦は妊娠中にエステを受けられるの? 一口にエステと言っても、「痩身エステ」や「フェイシャルエステ」「脱毛エステ」「アロママッサージ」など、さまざまな種類があります。 これらの中には、妊娠中に受けても大丈夫なものもありますが、反対に受けてはいけないものもあります。 妊娠中にエステを受ける際には気を付けたい注意点もいくつかありますので、以下に詳しく見ていきましょう。 妊婦がエステを受ける際の注意点 かかりつけの産婦人科医に相談しましょう まず、エステを受ける前にかかりつけの産婦人科医にエステで受ける施術内容を説明して、受けてもいいかの許可をもらうようにしましょう。 初めてサロンに相談する時は、必ず妊娠していることと妊娠週数を伝えましょう。 エステに行く際には、念のため母子手帳も持参しましょう。 エステを受ける時期 エステを受けるタイミングは、などの症状が治まって体も心も落ち着いてくる安定期をおすすめします。 施術の対象期間は「妊娠16週頃〜妊娠35週頃」としている専門店が多いようです。 特に妊娠初期は、赤ちゃんや胎盤の発達が未熟なため、刺激を受けると母体や赤ちゃんに影響が出る可能性がありますので避けた方が良いでしょう。 施術中も我慢しない 安定期に入っていても、体調が優れない時は無理をせずに控えてください。 エステ中に気分が悪くなった場合は、遠慮せずにエステティシャンに伝えましょう。 サロンの方で、空調を調節したり、エステを中断して休憩をはさんだり、中止して別の日に振り替えるなどの対応をしてくれますよ。 お腹の赤ちゃんのためにも、少しでも違和感を覚えたら我慢はしないようにしましょうね。 お腹の赤ちゃんへの影響は? 妊娠中は妊娠前のようにどんな施術でも受けられるわけではありません。 中には、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすものもあります。 どのような施術はNGで、どのような施術ならOKなのでしょうか。 受けてはいけないエステ マシーンを使ったエステ 超音波を使ったマシーンは、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があります。 多くの痩身マシーンは、脂肪細胞を破壊させるためにラジオ波やキャビテーション、エンダモロジーなどの超音波を使っています。 また、機械の強い力で脂肪をもみほぐすスリミングマシーンを使ったエステも体に負担がかかってしまいNGです。 超音波を使って顔の脂肪をリフトアップしたり、イオン導入で肌をキレイにするフェイシャルエステもマシーンを使っているため、お腹の赤ちゃんへの影響が心配されます。 アロマを使ったエステ アロマの中には、ホルモンのような働きをして子宮の収縮を促す作用のあるものもあります。 代表的なものは「」、「」「」などです。 絶対に流産や早産につながるというわけではありませんが、妊娠中は避けたほうが良いでしょう。 レーザー脱毛 レーザー自体は赤ちゃんに直接影響はないといわれていますが、妊娠中は施術を断られることが多いです。 レーザーによる光脱毛は、毛の生え変わる周期に合わせて定期的に施術を受ける必要がありますが、妊娠中はホルモンバランスの影響で毛の生え変わる周期が不安定になり、十分な効果が得られないためです。 受けてもいいエステ オールハンドのフェイシャルエステ 機械を使わないオールハンドのエステなら安心して受けられます。 優しいハンドマッサージやリンパマッサージで顔のむくみをとって、フェイスラインを引き上げます。 血行を促進することでリラックス効果も得られますよ。 パックで毛穴をキレイにするのもいいですね。 シェービング カミソリを使った本格的なシェービングも受けられます。 顔やうなじ、背中などの気になる部分の産毛を剃ってもらえます。 オールハンドのボディマッサージ 優しいハンドマッサージは受ける事ができます。 リンパのつまりをほぐし、むくみやコリをとったりリラックス効果が期待できます。 温かい手のぬくもりによる癒しの効果もありますよ。 うつぶせでの施術はできませんので、仰向けや横向きなど、自身が楽な体勢でマッサージしてもらいましょう。 どんなエステサロンを選べばいい? マタニティ専用コースが設けられているサロン ほとんどのエステサロンは、妊娠中と伝えると断られることが多いようです。 妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響などが気になりますが、妊婦専用のマタニティエステやマタニティ専用コースが設けられているサロンなら、安心して施術を受けられますよ。 最近では、授かり婚が増えてきているため、ブライダルエステに妊婦用メニューが用意されていることも多いようです。 こういったサロンでは、長時間同じ姿勢でいることや仰向けが辛い妊婦のために、座ったまま施術をしてくれたり、抱き枕を用意してくれたりと妊娠中の体を気遣ったサービスが受けられますよ。 妊婦さんでもOKなアロマオイルを使用 また、妊娠中は匂いに敏感になったり、お肌の調子が変化したりしますが、そんな妊婦さんのために無香料や低刺激の化粧品を使ってくれます。 マッサージで使うオイルも妊婦さんOKのものを使用するので安心ですね。 妊娠中は体のむくみやコリの辛さだけではなく、精神的にも不安定になりがちでストレスを感じやすくなりますね。 そういった時にエステでリラクゼーション効果を感じながら施術を受ければ、心も体も癒されてリフレッシュできそうですね。 体調に合わせて、体に無理の無い程度にエステを楽しんでみてくださいね。 関連する記事.

次の

うつぶせが妊娠しやすい?子宮後屈の人は妊活中の体位が大事!

妊娠中 うつぶせ

妻の希望で購入 針灸をやっているサロンで使っているとのことで、妻の要望により購入しました。 以下、妻より聞いた評価です。 腰を反らせている姿勢が多いので、うつ伏せになるとラクになりました。 また腰痛が多いのですが、マッサージも受けやすくなりました。 据え置き用としてはこれで良いと思いますが、持ち歩き用があればなお良いかと。 カバーをかけると穴が塞がるので、おなかが大きくなると、 カバーがタオル地ですが、それでかゆくなることがあります。 肌触りの違うカバーもあると良いと思います。 (シーツのようなもの) これがないと妊娠中はうつ伏せになれないので、今後知人が妊娠することがあれば勧めると思います。 このレビューは参考になりましたか? 1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. gif? レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。 みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。 予めご了承ください。 商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。 みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。 ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。 お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。 楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。

次の

【妊娠出産のウソ&ホント】妊娠中のうつぶせ寝は、胎児が押しつぶされるってホント?|「マイナビウーマン」

妊娠中 うつぶせ

妊娠したことが分かると、喜びとともに不安な気持ちを抱くママは多いですよね。 そのような不安の一つが、妊娠中のうつぶせ寝です。 赤ちゃんに悪い影響を与えるのではないか心配するママの声をよく耳にします。 しかし、ママがうつぶせで寝ることで赤ちゃんに悪い影響を与えることはありませんので、安心してください。 ママの子宮の中には羊水が入っていて、赤ちゃんを守っています。 うつぶせで寝ても羊水が水風船のように横に広がるだけで、赤ちゃんが苦しくなるようなことはありません。 さらに、子宮はママの皮下脂肪で守られています。 ママがうつぶせで寝ても、子宮の中の羊水と皮下脂肪がクッションの役割を果たして、お腹の赤ちゃんを守ってくれますよ。 妊娠中にママがうつぶせで寝る方が楽だと感じるときには、お腹の赤ちゃんのことを心配せずにうつぶせで寝て過ごしましょう。 ママが一番寝やすい姿勢で寝ることで、リラックスできます。 私たち人間は寝ている間に苦しい姿勢になると、無意識に体勢を変えるのが普通です。 あまり神経質にならずに自分が楽な姿勢で寝ることが、ママにとってもお腹の赤ちゃんにとってもよいようです。 特に、妊娠初期のうちはお腹の膨らみもそれほど大きくなってはいません。 妊娠中期でお腹の膨らみが少し目立つころでも、ママが苦しくなければ問題ないでしょう。 ただし、妊娠初期にお腹の張りが続いて気になるようであれば、念のためにかかりつけの病院の先生に相談してくださいね。 ママの中には短い時間のうつぶせ寝なら大丈夫でも、長時間うつぶせで寝るのは赤ちゃんに悪い影響を与えるのではないかと心配する方がいます。 しかし、長時間のうつぶせであっても体調に問題がなければお腹の赤ちゃんに悪影響を与えることはありませんので、安心してください。 また、長時間のうつぶせ寝は、破水を早めるのではないかと心配するママもいるようです。 ママの体重が子宮を押しつけるので、破水を早めてしまうと不安になるのでしょう。 妊娠の初期や中期であれば、うつぶせ寝で破水することはありません。 2人目を妊娠中のママの中には「上の子どもがママのお腹に乗っても無事に出産した」という経験をした方は多いのではないでしょうか。 うつぶせで寝ることがお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えないからといって、息苦しさや気持ち悪さがあるときは、うつぶせで寝ることを控えた方がよいでしょう。 ママの中には、妊娠初期から息苦しさを感じる方がいます。 妊娠によりホルモンバランスが変化し、息苦しさやめまいを起こすママは多いようです。 うつぶせで寝ることでお腹が圧迫されて血液の循環が悪くなり、息苦しさやめまいを起こすことがあるので注意しましょう。 妊娠中にお腹が圧迫されると気持ちが悪くなるママもいます。 特に、つわりなどが原因で気持ち悪さを感じやすくなるママは多いようです。 このようなときにうつぶせで寝ると、症状が悪化することがあるので気をつけてくださいね。 妊娠20週を過ぎたころになると、ママの身体は安定期に入ってきます。 お腹のふくらみも少しずつ大きくなってくるころです。 お腹が大きくなってくると、それまでうつぶせで寝ていたママでもお腹に圧迫を感じて寝苦しくなってくるかもしれません。 寝苦しさを感じるようであれば、うつぶせは避けた方がよいでしょう。 お腹が大きくなってくると、うつぶせよりも身体を横向きにして寝た方がぐっすり眠れるというママは多いようです。 お腹が大きくなれば、いずれはうつぶせで寝ることは難しくなってきます。 妊娠20週前後になったらその後の身体の負担を考えて、うつぶせは避けるようにしましょう。 寝方を変えると最初は違和感があるかもしれませんが、すぐに慣れますよ。 妊娠前からエステやマッサージを受けていたママの中には、妊娠してからも続けたいと考えている方もいるでしょう。 エステやマッサージはリフレッシュになってよいのですが、妊娠中に施術を受けるときには注意が必要です。 エステやマッサージでは、うつぶせでツボを押したり、リンパを強く刺激したりすることがあります。 これらの施術で子宮を収縮させるケースがあるので、流産などの原因となる恐れもあり危険です。 どうしてもエステやマッサージを受けたいときにはお店に妊娠していることを伝え、可能な施術があるかを確認してから施術を受けるようにしましょう。 一般的には妊娠中は施術を断るお店が多いようです。 中には、子宮に影響するツボを避けて施術をしてくれるお店もあります。

次の