白ワイン ランキング。 赤?白?コンビニで買える飲みやすいワインランキングTOP10

箱ワインの初心者向けオススメ人気ランキング!【コスパ重視】

白ワイン ランキング

イタリアワイン選びでもうひとつ目安になるのが、イタリアのワイン法(DOC法)で定められた格付けです。 1963年に最初の法律が成立したあと改訂が加えられ、1996年から現在の形で運用されています。 良質なワインがしっかりとした管理の下で作られているのもイタリアワインの魅力のひとつです。 格付けは上位からDOCG(統制保証原産地呼称ワイン)、DOC(統制原産地呼称ワイン)、IGT(地域特性表示ワイン)、VdT(テーブルワイン)の4つに分類され、ワインの品質を守るために、生産地域や栽培方法、醸造方法が厳しく規制されています。 特に最上位のDOCGに認定されたワインには、ボトルネックにDOCGを保証するラベルが貼られています。 上質なワインを選ぶなら、このラベルを目印にしてみるのもいいですね。 世界販売数量No. 1のイタリアワインブランドの赤ワインです。 イタリア語で「小さな居酒屋」の意味があるタヴェルネッロは、名前のとおり日常的に楽しめるので、毎日の家飲みに、みんなでパーティーで飲むのにもピッタリ。 ボトルタイプのほかに、3L入りの大容量パックがあるのもうれしいですね! 豊かなぶどうの香りとやわらかい口当たり、すっきりとしたバランスの良い味わいなので、毎日飲んでも飽きない、という口コミが多くあります。 肉料理はもちろん、こってり系のお料理や揚げ物、トマトソースのパスタともおいしく組み合わせることができますよ。 産地 - 格付け - 内容量 750ml アルコール度数 12% おすすめ料理 肉料理・揚げ物など イタリア最大の農業協同組合「カヴィロ社」の白ワインです。 清涼感あふれる白い花や柑橘系のようなフレッシュで豊かな香りと、軽やかですっきりとした味わいなので、飲み疲れしません。 さっぱりとした後味なので、魚介料理にはもちろんチーズの味にもぴったりマッチ。 ピザやパスタにも合わせやすい味わいですよ。 そのまま毎日の晩酌に飲んでもいいですし、フルーツやソーダを加えてカクテルにするのもおすすめ。 お料理に使っても本格的な味に仕上げることができます。 750mlボトルのほかに、バッグインボックスタイプの3L入りもあり、コスパ最高!白ワインを常備していたい人に人気の高いアイテムです。 産地 - 格付け - 内容量 750ml アルコール度数 11% おすすめ料理 魚介のサラダ・ピザなど.

次の

【ソムリエが教える】白ワインのおすすめ人気ランキング36選【3000円以下で美味なものを厳選】

白ワイン ランキング

ワイン初心者でも飲みやすい「白ワイン」。 爽やかな甘口から、ドライな辛口まで、さまざまな料理に相性抜群です。 しかし、シャルドネやソーヴィニヨン・ブランなどぶどうの品種によって味わいは変わり、プレゼントに最適なものから手軽なテーブルワインまで、いろいろな種類がありすぎて、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、 通販でも気軽に購入できる3000円以下の商品に絞って、人気商品を価格別のランキング形式でご紹介します。 有名なブルゴーニュのシャブリも、3000円以下の値段で買えてしまいますよ!また、 記事前半ではソムリエの竹内香奈子さんに伺った「自分にぴったりな白ワインの選び方」も解説。 米大統領のランチミーティングにも使用された注目のカリフォルニアワイン。 パーティーなどで振る舞えば、そのエピソードでも場が盛り上がること間違いなしの1本です。 トロピカルな果実にバターが加わった味わいに、クリームブリュレのような香りが特徴的。 やわらかな酸味と ミネラル感が全体を引き締めているので、さっぱり飲めそうです。 相性の良い料理は、バターソースを使用した魚介料理やクリーム系のパスタなど。 寒い季節にはカボチャなどの冬野菜を使ったクリームシチューなんかと合わせてもおいしそうですね。 甘辛度 辛口 ブドウの種類 シャルドネ ニュージーランドのマールボロ地方にあるワイナリー、クラウディー・ベイ。 良質かつ個性的なブドウを使ったワインの生産者として知られていますが、そんな クラウディー・ベイの名を世界に知らしめたのが、こちらのソーヴィニヨン・ブランです。 一度口に含めば、 パッションフルーツの香りと、マンダリンオレンジのような果実味、ハーブや青りんごを感じさせる爽やかさのハーモニーがいっぱいに広がります ! ECサイトの口コミでは、「シャルドネのシャブリよりサッパリしていて飲みやすい」という声も。 食事のお供としてはもちろん、食前酒やデザートと、幅広いシチュエーションでその味わいを楽しめそうですね! 甘辛度 辛口 ブドウの種類 ソーヴィニヨン・ブラン ウィリアム・フェーブルでは、所有している畑を細かく管理し、よく熟したブドウのみを収穫。 健全な状態のブドウから作ったワインを探している方には、ぜひおすすめしたい一本です! キレのある酸味と、クリーンでミネラル感のある風味が特徴。 その爽快さはまさにシャブリの代表とも言えるようなスタンダードな味わいなので、ビギナーの方からワインに詳しい方まで、万人を満足させてくれるでしょう! 魚介のマリネやハーブでソテーしたチキンとは特に好相性。 テーブルワインとしてだけではなく、パーティのウェルカムドリンクとして振舞ってもよいですね! 甘辛度 辛口 ブドウの種類 シャルドネ ルイ・ラトゥール社 商品名 シャブリ ソーヴィニヨン・ブラン ブレッド&バター シャルドネ カリフォルニア アルザス リースリング グラン・クリュ ランゲン 1997 メリベア オーガニック バッグインボックス 3000ml おたる特撰ナイヤガラ グラン・アルデッシュ・シャルドネ 2016 グレイス甲州 2018 ブルゴーニュ・シャドルネ シングルヴィンヤード・レイダ・ヴァレー・シャルドネ 2016 アルファ・シャルドネ ブルゴーニュ・シャルドネ 2017 特徴 シャブリらしさをしっかり楽しむことができる1本! メーカーの名を知らしめたソーヴィニヨン・ブラン! 米大統領のランチミーティングにも選ばれたカリフォルニア... 親しみやすいバッグインボックスとは思えないほどの、 本格的な味わいが魅力です。 特にボンゴレやポテトサラダにはよく合いますよ! バッグインボックスなので、限りなく真空を保つことでフレッシュさをキープできます。 通常であれば、ワインボトル4本分のところ、これ なら スペースを取らずに置けるのも嬉しいですね。 3000mlで2000円以下と安いのに大容量。 デイリーワインとしてだけでなく、お友達とのパーティーにもおすすめです。 持ち運びもしやすいので、キャンプやバーベキューの際にもぴったりですね。 甘辛度 辛口 ブドウの種類 シャルドネ ルイ・ラトゥール社 商品名 シャルドネ シャブリ 2015 シャブリ シャブリ 2017 ビバズ 白 シャブリ2018 タヴェルネッロ ビアンコ イタリア ホワイト バッグインボックス プライベート・ビン ソーヴィニヨン・ブラン 2019 ダークホース・シャルドネ ブラン アルデッシュ・シャルドネ 特徴 バッグインボックスの本格白ワイン! 豊かな果実味と深いミネラル感! 極上のシャルドネを味わえる1本! シャブリらしい酸味を和食と堪能! オイル料理のおともにぴったり! 完熟ぶどうの凝縮感を楽しめる! パーティーで大活躍!大容量でコスパの良さが魅力 どんな料理とも合わせられる! ニュージーランドのプレミアムワイン! ワインの常識やルールを超えるダークホース! 人気ワイン漫画に登場した1本 ステンレスタンクで醸造されたフルーティな味わい! 最安値 1993年に設立されたコスノルは、最先端のテクノロジーで管理された醸造設備を保有しています。 また、 ブドウ畑は科学物質を使用しない有機農法を採用。 オーガニックにこだわりたい方におすすめしたい1本です。 バラやライチを思わせる、華やかで複雑な香りがなんとも魅力的。 特に、カレー風味の料理やココナッツミルクを使った料理、クリーミーなチーズなどと相性がGOODです。 選び方で紹介したように、ゲヴュルツトラミネールは華やかな香りから女性に人気の品種。 ワインビギナーの女性はこちらのワインから始めてみてはいかがでしょうか。 エチケットもかわいらしいので、ちょっとした手土産としても喜ばれますよ。 甘辛度 辛口 ブドウの種類 ゲヴュルツトラミネール デ・ボルトリ 商品名 ビシクレタ・レゼルバ ゲヴュルツトラミネール クロワ・サン・タデール 2018 王様の涙 デル・スール シャルドネ 2019 アルパカ・シャルドネ・セミヨン ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー 5セレクトレゼルブ 酸化防止剤無添加のおいしいワイン 1. 8L デリカメゾン フルーティな白 1. 8L ミュスカデ 赤玉スイートワイン ディービーセミヨン シャルドネ 特徴 有機農法で育てられたブドウを、最先端テクノロジーでワイ...

次の

白ワイン ランキングTOP20

白ワイン ランキング

・ブドウの違い ・畑の違い ・造り手の違い ・生産コストの違い 1つずつ見ていきましょう。 ぶどうの違い ワインは一部の添加剤を除いてほぼぶどうのみで造られます。 原料の良し悪しがワインの味にダイレクトに響きます。 品質の良いぶどうは高いと言うのが前提となります。 ぶどうというのは栽培される土壌で味わいが大きく異なります。 良い土壌の畑で育てられたぶどうや手間をかけて育てられたぶどうは品質が良いと考えられています。 収穫される畑の違い 収穫される地域や畑が限定されるほどワインのお値段は上がります。 安いワインはボトルに記載されている生産地が国名となっているのがほとんどだと思います。 逆に高いワインは畑名が記載されます。 収穫される場所が狭くなればなるほど高いワインということになります。 例えばあの有名な「ロマネ・コンティ」の畑は野球場ほどの広さしかなく、生産本数は多くありません。 その希少性や歴史のある畑から収穫されるというのは一つのメリットとなります。 造り手の違い 高いワインの造り手の多くは先祖代々から続く良い土壌の畑を所有しています。 また、栽培、収穫、醸造、熟成、瓶詰めなどの工程に生産者のこだわりや手間が反映されています。 名門と呼ばれる生産者や会社で造られるワインは製法にも独自のこだわりや技を持っていますので、同じ品質のぶどうを使ってもより美味しいワインを作ることが出来ます。 コストの違い 経済的理由 生産される国によって人件費や税金などコスト面でも違いが出ます。 国によっても人件費に差があります。 例えば、最低賃金を比べてもヨーロッパ圏では他の国に比べて高いです。 反対にニューワールドと呼ばれるチリや南アフリカなどでは低くなっています。 これだけを比べてもかなりの差がでます。 機械か手摘みか それに収穫を機械でするか、人の手でするかによっても違います。 急な斜面の収穫やぶどうの剪定などは機械では出来ませんので人が手で作業します。 原料となるぶどうの収穫量を比べても機械と人とでは違いが出ます。 手摘みで、良い粒や房だけを残し、悪いものを剪定する過程では収穫できるぶどうの量も質も変わってきます。 白ワインのもつ酸味は特に温度によって味がぐっと変わってきます。 低い温度であれば酸が引き締まった印象になり、やや高い温度では柔らかな酸味を味わうことが出来ます。 安いワインは少し冷たい温度で 安い白ワインは少し冷やしたほうが美味しくいただけます。 安いワインはフレッシュなものが多く、熟成させたタイプや味の濃い目のタイプは少ないので低めの温度が適しています。 グラスを選ぶ ワインはグラスで味が変わることをご存知でしょうか。 安い白ワインはグラスのボウル形状が小さめのモノをおすすめします。 小さいグラスを使うことによって、冷たい温度を保ちやすくするためです。 冷たいうちに飲みきることができる大きさとなっているようです。 普通のコップと違い、ワイングラスに足が付いているのも手の温度をワインに伝えないためと言われています。 そして、グラスの厚みが薄いものを選ぶといいと思います。 グラスに厚みがあると、グラス自体の熱がワインにすぐ伝わってしまいます。 せっかく冷やしておいた白ワインも、分厚いグラスに注ぐとすぐに温くなってしまうんです。 薄く繊細なグラスを使うと、ワインを注がれるとすぐにグラスが同じ温度になじむため、適温でおいしく飲むことができます。 安くて美味しい白ワインの選び方 合わせる料理で選ぶ 今日の食事に合わせてワインを選ぶのも楽しいやり方です。 ざっくりと分類するなら料理の味わいと似たようなワインを選ぶということです。 一般的にお肉なら赤ワイン、お魚なら白ワインと言われています。 素材や色で合わせてワインを選ぶのもコツの一つです。 また、食材だけではなく味付けも大きなポイントとなります。 塩コショウ、レモンなどさっぱりとした味付けには酸味がきいていてフレッシュな若い白ワインをおすすめします。 ホワイトソースのようなクリーミーな味には、ふっくらした味わいのある樽熟成の白ワインがぴったりです。 予算で選ぶ 500円以下の赤ワインはだめ!? ディスカウントストアやスーパーなどで売られている低価格ワインの中には、コストパフォーマンスが高くて美味しいと評判のワインがたくさん販売されています。 その低価格ワインの中でも底値に近い500円以下がありますが、「ワイン自体の味を楽しむ」という観点ではおすすめしません。 料理に使ったり、カクテルや を作る場合は問題ないです・ もし、こういった価格帯のワインを飲むのであれば、しっかりと冷やして飲むのをおすすめします。 2000円以下とはいえ、コスパの良いニューワールドワインから名門のワインまで様々なタイプを選ぶことができます。 飲むシチュエーションやお料理によって楽しんで選んでみてくださいね。

次の