英検 仕事。 英検1級の単語が覚えられない!レベル半端ないけどおすすめ勉強法は?

【2020年度版】英検の試験監督バイトの求人・評判・仕事内容を紹介(バイトあれこれ)|t

英検 仕事

英検の試験監督のアルバイトは給料は現金で手渡しです。 即日給料をもらえるので、すぐにお給料がほしい人にもぴったりですよ 英検の二次試験の試験監督の仕事内容 英検の1次試験と2次試験では試験監督の仕事内容が異なります。 今回は2次試験の試験監督の仕事内容について取り上げます。 2次試験は筆記試験ではなく、 面接試験を指します。 出勤確認とレクチャー 受験会場に到着したら、アルバイトが全員揃っているか出勤確認をします。 その後一人ひとりの担当を決め、今日自分がすべき仕事のレクチャーを受けます。 控え室担当 面接の前に控え室で受験生の対応する仕事 受付担当 受験会場の入り口で受験生の受験票を見て日付や会場に間違いがないか検査する仕事 誘導担当 受験生を控え室から面接室まで案内する仕事 面接室担当 面接室に入る前に受験生の受験番号や会場等を検査する仕事 本部担当 アシスタントをする仕事 会場設営 1番最初にするのが会場設営です。 それぞれ担当によって、どこの設営をするのも変わってきます。 具体的に言うと、 控え室の黒板に注意書きを書いたり、面接室の机を面接できるような体型に整えたりする仕事になります。 受験者の受付 受験者が受験会場に到着する時間になったら、 受付担当の仕事が始まります。 受付担当は日時や会場、受験番号があっているかを確認して、受験生を控え室に流します。 たまに会場間違いや、証明写真の貼り忘れなどがありますが、マニュアルに対応の仕方が分かりやすく書かれてあるので安心して大丈夫でしょう。 また、何か起こっても英検の本部に連絡すれば問題はありません。 ゆっくり確実に検査することが求められると言えるでしょう。 控え室での案内 受付を通過した受験生は控室にやってきます。 控え室担当は会場に到着した受験者を順番に席に並ばせ、控え室で受験者から聞かれたことを対応します。 基本的に受験者の疑問点を英検の本部に伝えるための繋ぎの役目なので、わからない事は自分で答える必要はありません。 基本的にはトイレの場所を案内するぐらいですよ 面接室までの誘導 面接開始時間の 15分程前になると、 誘導係の仕事が始まります。 誘導係は控え室にいる受験生を会場に着いた順番で何人かずつ面接室の前に案内します。 場所によっては階段を何度も上り下りしなければいけなかったりと、1番体力的にも疲れる仕事が誘導係と言えるでしょう。 面接開始後は面接室の前に待機する受験生がゼロになる前に、受験生を控え室から補充します。 面接室前で 受付 面接室の前に受験生が到着したら、 面接室担当の仕事が始まります。 面接室担当は受験生の受験票を確認して、どの面接室にどの受験生が入室したかを紙に記録する仕事です。 また面接に時間がかかっている場合などは、面接室に入り面接官に面接時間を早めてもらうよう話すなどして、面接がうまく流れるように調整する係でもあります。 英検本部でのアシスタント 英検本部のアシスタントは基本的にフリーな状態です。 何か問題が起こった時に英検のアルバイトを監督する上司から指示を仰ぎ行動したり、昼になるとお弁当の準備をしたりと雑用が多めです。 英検のアルバイトをおすすめしたい人 現金でお給料を早く受け取りたい人 英検のアルバイトはお給料を現金で即日もらうことができます。 即日現金でお給料をもらえるアルバイトはかなり少ないです。 現金でお給料もらいたい人や、早くお給料もらいたい人にとってはかなりオススメなアルバイトでしょう。 学生 英検のアルバイトは学生がとても多いです。 英検をこれまで受けたことがある人も学生の中には多いと思います。 試験会場が自分の母校の人もいると思うので、立地や受験会場を詳しく知っている人にもおすすめでしょう。 たくさんのことを覚えるのが苦手な人 1度にたくさんのことを覚えるのが苦手な人にも英検のアルバイトはおすすめです。 基本的に英検のアルバイトはマニュアルが配布されます。 とても詳しく書かれているマニュアルなのでわからないことがあっても、マニュアルを見れば基本的には解決することができますよ。 また、そもそもが単発の仕事なので、詳しい知識がなくても働くことができる仕事と言えるでしょう。 朝が強い人 英検のアルバイトは、朝が強い人にもおすすめです。 英検の試験監督の集合時間は8時で、早い時間に集合しなければいけません。 できるだけ近い試験会場を選ぶことができますが、それでも朝が苦手な人には8時に集合するのは少し厳しく思うかもしれません。 逆に朝が強い人には特にオススメしたいアルバイトです。 また、 基本的にわからないことがあっても自分だけで解決する事はまずありません。 本部の人に丸投げきることも多いので、それほど責任感も感じづらい仕事だと思います。 英検のアルバイトに応募するか迷っている人は、是非一度挑戦してみてはいかがでしょうか?.

次の

英検とは

英検 仕事

英検1級は就職に活かせるのか より有利に就職を決めるには、資格を持っているに越したことはありませんが、英検1級だとどれくらいの効果があるのか疑問に思う人は多いでしょう。 英検は英語の能力を示す資格として一般的なものであり、就活でアピールする人は多いです。 しかし、資格は持っていると有利になりやすいものの、必ずしも評価されるとは限りません。 英検1級はそもそも就職に活かせるのかを知り、就活を有利に進めるには何が必要なのかを理解しておきましょう。 英検1級は就職で有利なのか 英検1級を就職で活かしたいなら、そもそも資格が有利になるのかを考えなければなりません。 資格は能力やスキルを持っていることを表すもので、いわば公的な証明書とも言えるため、信用力は高いです。 しかし、新卒は実力よりもポテンシャルを重視して採用する傾向にあり、人柄を見て合否が決定することが多いです。 人柄、ポテンシャルを重視されるなら実力を示す英検1級の資格は使えないようにも思えますが、実際にはどのような扱いになるのか知っておきましょう。 選考でアピールできる 大前提として、英検1級は高い能力を示す資格のため、選考でアピールすることは可能です。 新卒はポテンシャル重視といっても、実力がまったく不要はわけではありません。 高い能力があるなら、それも評価の対象になるため、英検1級をアピールの題材に使っても問題ないでしょう。 また、英検は基本的に2級からアピール可能であり、級数が高いほどアピール力は高くなります。 同じ英検でも2級と1級ではアピール力が大きく異なるため、他の級数と比べた場合より有利に働くといえます。 最近では海外展開を目指す企業も増えており、多様性やグローバルな人材を求める企業は多いです。 英語力は評価されやすい能力のため、英検1級を持っていて損になることはないでしょう。 英語力が求められるなら有利 英検1級は高い英語能力が身についていることを証明できるため、英語力が求められる仕事なら有利に働くことが多いです。 大前提として英語力が求められる場合はもちろん、英語ができるならなおいいという企業だと、高評価を獲得しやすいでしょう。 どれくらいの英語力が求められるかは、業界や企業によって異なりますが、英検1級レベルなら、多くの場合問題なく評価されます。 ただし、すぐに活躍できるとは限らず、その業界特有の言葉やビジネス英語は覚え直す必要もあるため、注意が必要です。 英検1級を持っているからといって、就職後に学ぶことがないわけではありません。 選考で評価はされやすいですが、就職後はスキルアップが求められることは理解しておきましょう。 英検とTOIECはどちらが就職に役立つのか 英語力を示す資格は、英検以外にTOEICが挙げられます。 これらはそれぞれ違った指標で能力を示し、英検は1級、2級と級で表しますが、TOEICは獲得したスコアで表します。 それぞれ英語力のレベルを示すことは共通していますが、就職における評価は異なるため、注意が必要です。 仮に同じレベルでも、どちらを持っているかで評価が変わることもあります。 英検とTOEICそれぞれの特徴を知り、何が異なるのかを把握して評価の違いも理解しましょう。 基本的にはTOEICが有利 英検とTOEICを比べた場合、基本的に就職で有利なのはTOEICです。 これはそれぞれのテストの内容に違いがあり、英検は日常会話の出題が多いのに対し、TOEICはビジネス英語の出題が多いからです。 社会人で求められる英語力は、単に英語が話せるだけではなくビジネスで正しく使えなければなりません。 日常会話とビジネス英語は違っており、同じ英語力があるなら、TOEIC取得者が優先される傾向にあります。 もちろん、TOEICを取得しているなら、すべての場合で評価されるわけではなく、求められる水準はクリアしなければなりません。 業界や企業、仕事での英語の使用頻度によって水準は違いますが、一般的な企業なら600〜650点以上、英語が重視される場合は700〜800点以上は必要と考えましょう。 英検1級ならTOEICにも負けない 英検とTOEICなら、基本的にはTOEICのほうが有利ですが、英検1級なら評価で負けることはほとんどありません。 TOEICが有利になりやすいのはあくまで傾向であり、英検の取得級数が低い場合です。 2級や準1級だと、同等レベルか少し下くらいの点数ならTOEICが有利になりやすいですが、1級の場合なら評価はほとんど変わりません。 ただし、英検1級ならTOEICにも負けないというだけで、必ずしも上の評価を獲得できるとは限らないため注意が必要です。 就活ではTOEICが有利というのは変わらないため、余裕があるならTOEICも取得しておくといいでしょう。 英検1級とTOEICの高得点両方を取得していることで、スキルの高さをより強くアピールできます。 どちらかの評価が劣るということもないため、高評価にも繋がりやすいでしょう。 英検1級を就職に活かすには 英検1級は評価されやすい資格ですが、高評価を獲得するにはアピールの方法を工夫しなければなりません。 どれだけ優れた資格を持っていても、それをアピールしなければ評価の対象にはならないため、自身でしっかり売り込むことが大切です。 また、資格は持っていること自体がひとつのアピールになるため、高評価を得るには別の角度から売り込むことを考えましょう。 ただ提示するだけではなく、提示の仕方を工夫するだけも得られる評価は違ってきます。 資格取得の目的を伝える 英検1級を就職に活かすなら、資格を取得した目的を伝えましょう。 資格は持っているだけもアピールになりますが、目的なく取得しただけでは、好印象にならない場合があります。 取得の目的を明らかにすることで、明確な目的を据えて、向上心を持って努力したことが伝わるため、印象がよくなりやすいです。 新卒ではポテンシャル重視で採用される傾向にあるため、向上心や高い成長力を示すことが大切です。 資格取得の目的を明らかにするだけで、目的意識を持って物事に取り組めるという印象を与えられるため、取得した資格以上の評価が得られます。 どれだけ素晴らしい資格でも、目的がなく何となく取得しただけでは評価されない可能性があるため、注意しましょう。 取得までの勉強・努力をアピール 英検1級を取得するまでの勉強や努力もアピールしましょう。 取得までにどれだけ勉強したのか、どのような困難があり、それをいかにして乗り越えたのかを伝えることで、能力だけではなく人柄のアピールもできます。 就活のアピールでは結果よりも過程が重視されるため、どのように取り組んで目的の達成を目指したのかを伝えることが大切です。 資格取得に向けた取り組みは、そのまま仕事に取り組む姿勢として評価されます。 困難にもめげず、しっかり努力して資格を取得したと伝えることで、仕事でも同じように諦めずに最後までやり遂げられるという印象を与えられます。 資格取得までの過程を付け加えて、さらにアピール力を高めましょう。 仕事への活かし方を述べる 就活でのアピールは、最終的に企業での活かし方に繋げることが大切です。 英検の場合もこれは同じで、資格取得によって得た英語力が、仕事でどのように役立つか、どのように活かして企業で活躍できるかを伝えましょう。 能力が高いと高評価を得やすいですが、それは企業が求めるものと持っている能力が合致していた場合です。 どれだけ高い能力でも、活かす場がないと無駄になってしまう可能性が高いため、仕事への再現性を意識して伝えるのは大切なことです。 仕事への活かし方を述べることで、企業で活躍する姿をイメージしてもらうことができ、好印象にも繋がります。 最終的な着地点は企業の仕事での再現方法になるため、あらかじめどのような仕事で活かせそうか、考えておきましょう。 英検1級取得者の就職での落とし穴 英検1級は英語力を示す資格の中でもランクが高く、アピールによって高評価を得やすいです。 そのため、資格を持っているなら就活も簡単に進められると思ってしまう人が多いですが、必ずしもそうとは限りません。 実は英検1級取得者がかかりやすい落とし穴もあり、慢心していると失敗する可能性が高いです。 英検1級を持っているからといって、必ずしも安心ではないため、どのような落とし穴が待ち受けているのかを知り、失敗しないよう注意しましょう。 資格が絶対評価されるとは限らない 英検1級はアピール力が高い資格ですが、資格を持っている=高評価とは限りません。 さらに言えば、そもそも評価の対象にすらならない場合もあるため、注意が必要です。 資格が評価されるのは、企業で活かせる場合に限られます。 英語をまったく使用しない仕事だと、どれだけ英検1級をアピールしても評価されず、場合によってはマイナス評価になる可能性もあります。 就活の基本は、企業に求められる能力をアピールすることであり、好き勝手に何でもアピールしていいわけではありません。 資格にも同じことが言え、持っている資格をアピールしても評価は志望先によって異なることを理解しておきましょう。 英検1級を就職で活かしたいなら、志望先の選定から工夫が必要です。 英語力だけでは採用されない 英語力は武器のひとつですが、それだけでは採用されないため注意が必要です。 英語力が求められる仕事は多くあり、高いレベルで求められるものなら外資系が挙げられます。 外資系の場合、勤務地は国内でも社内言語や業務で使用する言葉が常に外国語ということも多く、高い言語力が求められます。 ネイティブレベルの英語力が求められることも多いですが、これはあくまで前提条件であり、英語が話せる=仕事ができるとは認められません。 外資系では英語が話せて初めてスタート地点に立つことができ、そこから活躍できるかはその人の能力次第です。 これは他の業界、企業でも言えることであり、英語力はあくまでコミュニケーションを取るための手段です。 仕事で活躍するには他の能力も必要なことは理解しておきましょう。 英検はあくまでアピールのサブ 英検は選考時のアピールにも使えますが、あくまでアピールのサブに使うものです。 英検をメインに据えてアピールすると「英語ができるだけの人」になってしまう可能性があります。 英語は能力のひとつと評価されますが、これだけではアピール力は弱く、印象にも残りません。 基本的には人柄+能力で伝えるのがおすすめで、自身の個性に上乗せして英検をアピールしましょう。 英検1級がメインになってしまうと、人柄が伝わらなくなってしまうため、武器のひとつという認識を忘れずにサブ的なポジションで用いましょう。 英検1級がメインの題材になると、アピール力は弱くなり、選考でも不利になります。 資格は武器のひとつであり、全てではありません。 就活では他にもアピールすべきことが数多くあるため、まずは自分がどのような人物なのか知ってもらうことを意識しましょう。 英検1級取得は、その人が持つ能力を表す情報であり、その人自身ではありません。 自分という個性を伝えることを最優先し、個性を補完することで、アピール力を高めましょう。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

TOEIC900,英検1級があれば、どんな仕事につけますか?

英検 仕事

英語力を生かせる仕事は、「英語を使う専門的な仕事」と「英語を生かして企業で働く仕事」の2つがある• 日系トップ企業が求めるTOEICスコアの下限は600〜800点程度 将来、英語力を生かして仕事をしたい——そんなとき、選択肢は2つある。 1つ目の選択肢は 「英語を生かした専門的な仕事に就くこと」。 2つ目の選択肢は 「英語を生かして企業で働くこと」。 まずは1つ目の選択肢「英語を生かした専門的な仕事に就くこと」を選んだ場合、どんな仕事があるのかを仕事内容とともに見ていきたい。 通訳する際は、ただ単に言語を変換すればいいというわけでなく、話の内容に含まれた微妙なニュアンスを含めて別の言語に変換して伝える。 そのために日英通訳者は、 英語を使用する国の文化を学び、話のニュアンスを理解するための努力をしなければならない。 話のニュアンスを理解した上で表現したり、国家資格を取得したり、英語圏の文化を学んだりと、「単語を知っていて英会話ができる」だけではこなすことができないのが日英通訳者の仕事なのだ。 東京オリンピックの開催で注目を集めている通訳案内士は、以下のような仕事を行なっている。 外国人観光客の観光案内• 旅程の管理• ホテル・旅館などの確認・予約• 旅行者の荷物管理• 買い物のアドバイス 基本的な英語スキルはもちろんだが、 さまざま な国から訪れる観光客が話す英語を聞き取るリスニング力と、観光客に旅行を楽しんでもらうためのコミュニケーション能力などが必要になる。 その他にも、案内する土地の歴史や建物の位置を勉強しておかなければならない。 英語だけでなく、観光知識も使いこなさなければいけないのが通訳案内士の仕事なのだ。 そういった仕事の大小に関わらず、実務経験がある人が求められるのが翻訳家の世界。 実務をこなしながら英語スキルを高めていく必要があるエキスパート職なのだ。 英会話教室では、子ども向けの英会話からビジネスパーソン向けの英会話まで、指導対象や英語コミュニケーションのレベルが異なるため、 ターゲットの 年齢層に合わせた対応を行なう「対人能力」が要されるのだ。 英会話の講師になりたい場合は、 ネイティブレベルで コミュニケーション英語に慣れている必要があることを覚えておこう。 同じ英語を教える立場でも、教職免許を有する 「中学校や高校の英語教師」は英会話講師とは違う能力が求められる。 学校で英語を教える英語教師は、コミュニケーションとしての英語ではなく、 受験 で役立つ文法知識や受験問題を解くコツをマスターしている必要がある。 会議やインタビューなど、流れるように進む英会話を文章で正確に記録するのは、PCのタイピングがどれだけ早くても難しい。 そのため、 英文速記者は専用の速記記号を用いて素早く記録し、その後に通常の英文に直していく専門的なスキルが要される。 速記技能検定に合格する他、会議内容を即座に理解するための幅広い知識や教養も重要視される英文速記者。 実務経験を積んだ後はフリーランスで活躍する人も多い。 日英通訳者• 通訳案内士• 日英翻訳家• 英語の先生• 1つ目の選択肢である「英語を生かした専門的な仕事」は、TOEICスコアでは推し量ることのできないスキルを求められるが、 2つ目の選択肢の場合はTOEICのスコアが物を言うことが多い。 もちろん例外もあるが、TOEICは英語を生かした専門的な仕事において一般的な判断基準になっているということを覚えておこう。 下記では、英語を生かした企業での働き方をTOEICのスコア別に紹介する。 TOEIC700点以上:【英語を生かした仕事】貿易事務、バイヤー、商社マン 海外に支社をもつ商社や海外営業に行く機会の多い大手メーカー、海外に赴いて仕事をする企業では、英語を話す機会が必然的に多くなる。 仕事上で英語を話す機会が多い職種として挙げられるのは、 海外とやり取りをする「貿易事務」や、外国に赴いて商品を買い付ける「バイヤー」、世界中と取引のある「商社マン」などがある。 貿易事務:輸出入に関わる人たちへの伝達や調整をする仕事• バイヤー:生産者から売れる商品を見極めて買い付け、陳列する仕事• 商社マン:メーカーの代わりに生産者と交渉・取引をする仕事 TOEIC500点以上:【英語を生かした仕事】空港の受付、ツアーコンダクター 「 ツアーコンダクター」は海外旅行のガイドとして現地に赴き、英語を使ってコミュニケーションを行う。 渡航先はさまざまだが、国際共通語である英語能力がなければ務まらない仕事だ。 英語を話す場面ではネイティブスピーカーとの交流も多い。 確かなリスニング力と、どんな会話の内容にもついていける語彙力が必要になってくるのがツアーコンダクターの仕事なのだ。 ツアーコンダクターと同じレベルの英語力が要される 「ホテルや空港などの受付業務」では、定型的な英語フレーズを使うことが多い。 ネイティブと接する機会が多いので、ツアーコンダクターや旅行関係の職業を目指している人はリスニング力を高めておこう。 相手の言ったことを聞き取り、きちんと返答することができる能力を備えておけばばっちりだ。 TOEIC400点以上:【英語を生かした仕事】テーマパークスタッフ 「 テーマパーク」や 「 観光地」などの外国人がたくさん訪れる場所での仕事は、英語での対応を求められることが少なくない。 観光客の対応で求められる道案内などの英会話は、英語の正しいフレーズや発音を知らなくても、単語やジェスチャーだけでも相手に伝われば十分という場合もある。 テーマパークなどで働くことを希望している場合、 旅行者向け英語の本を1冊購入して、観光シーンでよく使われる表現を勉強しておこう。 また、相手が言ったことを聞き取ることができなければ会話にならないので、 最低限のリスニング力も身につけておこう。 海外営業• 貿易事務• 海外買い付けバイヤー• 商社マン• ツアーコンダクターなど旅行・観光関係の職業• ホテルスタッフ• 空港勤務(通関士、入国審査官、客室乗務員、グランドスタッフ)• テーマパークスタッフ 流暢な英会話? 豊富な英語の知識? 仕事に合わせた「英語スキル」が重要 あなたが目指す英語のエキスパート職は、流暢に話せることが大切なのか、知識としての英語をたくさん知っているべきなのか。 目指している仕事の内容に必要な能力を見極めて、仕事に合ったアプローチで英語力を高めていこう。 現実は甘くない! 英語を生かせる仕事の現実 「英語を使った仕事をしたい」と思っても、仕事で英語を生かすのは簡単なことではない。 現実には、英語で仕事をする人ならではの悩みや苦労が多数あるのだ。 英語を話すこと「だけ」が仕事ではない! 英語が好きだから、英語を生かせる仕事を探したいと考える人はたくさんいる。 しかし、通訳や翻訳などの英語に関する専門職を除き、 多くの仕事は、英語で仕事をするのであって、英語を仕事にするわけではない。 大好きな英語で仕事ができるという理由で、多国籍企業や外資系企業に所属して働くと、 「英語で仕事をする」という現実と理想とギャップに苦しめられる人もいるのだ。 つまりビジネスの現場では、 英語はあくまでコミュニケーションツールに過ぎず、英語だけできても意味がないということだ。 英語を使った仕事で何か成果を出して、初めて評価されるのである。 英語を生かせる仕事を選んだ人の多くが、一般的な企業の仕事を英語でこなす働き方をしていている。 「英語が好き」という気持ちだけでは続かない……という厳しい現実があることを覚えておこう。 英語で仕事ができる人は「日系企業」からの需要が高い 英語で仕事をする能力がある人の需要は年々高まっており、TOEICの点数で募集に制限を設けている日系企業も存在する。 「TOEICスコアは参考程度」としながら、スコア基準に満たない人は書類で落とされるという話もあるほどだ。 600〜800点程度 トップ企業になればなるほど、採用時に客観的な数字で示される英語力がものをいう時代。 英語力は他の資格と比較しても高評価に直結しやすく、TOEICが700点以上とれている就活生は人気企業を受けても有利に選考を進めるという言説もある。 TOEICスコアと日系企業の選考における関連性について確かなことはいえないが、英語力があるに越したことはないのが現実なのだ。 仕事で英語力を生かしたい人必見! 履歴書に書きたい英語関連資格 英語力を客観的に知ることができ、履歴書を書く際にも評価される一般的な資格をまとめてみた。 歴史ある英検も資格としてはまだ根強いが、英検の効力は国内に留まるため汎用性には疑問がある。 英検の他、TOEFL、IELTSなどの海外でも通用する資格に加え、日商ビジネス英語、BULATSといった全部で6つの英語関連資格の特徴をまとめてみた。 TOEIC• TOEFL• IELTS• 日商ビジネス英語検定• 受験者数が多く、スコアも英語力指標として一般化しているため、多くの企業が採用基準としてTOEICを参考にしている。 ビジネスシーンで最も汎用性の高い英語系資格なので、英語をツールとした仕事に就くならば1度は受験しておきたい。 TOEIC Speaking Test:話す能力に特化したテスト• 990点満点で、リスニング45分、リーディング70分と、長時間、英語の問題を解く集中力が求められる。 料は5,000円程度で、1年間に9回実施されるため、金銭面でもスケジュール面でも気軽に受験しやすい。 詳しいスケジュールや受験地は、ホームページを参照してほしい。 英語を母国語としないすべての人に向けて作られているため、日本人向けに特化した英検などに比べると、英語力を示す指標としてグローバルに説得力をもつ。 TOEFLは、大学の英語クラス分けなどに用いられる、団体向けペーパーテスト 「TOEFL IPT」と、個人でコンピュータ受験する 「TOEFL iBT」の2種類がある。 ビジネスパーソンが受験するなら「TOEFL iBT」だろう。 グローバルに説得力をもつTOEFLだが、受験 料が高額。 TOEFLの試験内容は、ビジネス英語というよりはアカデミック英語に近いといわれる。 読む、聞く、書く、話すの4技能をまとめて測りたい人で、金銭的に余裕があるなら受けてみてもいいだろう。 国際指標の1つではあるが、ビジネス英語に特化する内容ではない。 イギリスやカナダ、オーストラリアなどの教育機関の多くが、留学受け入れ条件として、IELTSスコアを規定として定めている。 IELTSもTOEFLと同じように受験料が高額で、1回の受験料は25,380円。 そのうえ、 身分証明資料としてパスポートが必須だ。 英語を仕事にするために、イギリスやカナダの大学などで英語を学びなおしたいという意欲のある人は、きっかけとしてIELSを受けてみてもいいかもしれない。 ビジネス英語について、とくに「書く力」を重視した検定である。 1級、2級、3級と3段階のレベルがあり、受験料はそれぞれ7,200円、5,140円、4,120円。 ビジネスシーンでよくあるような、英語による文書の作成や、英文ビジネスメールの作成など、実務を想定した試験内容になっている。 受験時間は級によって異なるが、30~90分と、それほど長くない。 英語で実務をこなす能力にフォーカスしている検定は珍しい。 実際の業務を想像しやすい内容ならば、対策をするときにモチベーションが上がるだろう。 資格としての認知度や汎用性は高くないが、受けてみても損はないだろう。 日本英語検定協会がケンブリッジ大学英語機構と連携して、日本版にアレンジしたBULATSは主に団体向けの試験で個人受験するには代理店を通す必要がある。 受験会場が東京と大阪に限定されており、地方で活躍するビジネスパーソンが受験するのは難しい。 ただ、受験料は最大でも6,900円とそれほど高額ではないため、機会があれば受験してみるのもいいだろう。 BULATSの試験内容は、報告書の作成やプレゼンテーション、ディスカッションなど、ビジネスシーンを想定したもの。 TOEICなどと同じく国際指標でありながら、ビジネス英語に特化した試験内容なのはBULATSのみ。 ビジネス英語に特化した能力を国際的なレベルで測るならば、BULATSを受験してみるのもおすすめだ。 本記事で紹介した職種以外にも、英語を使う仕事にはさまざまな種類がある。 英語を専門とした仕事にするのか、企業で英語を使って仕事をするのか、英語との向き合い方も多種多様だ。 仕事で英語を使いたいと考える人は、自分が英語でやりたいことは何か、どう英語と付き合っていきたいのかを改めてよく考えよう。 目指す方向が決まったら、目標に適した検定を受けて英語能力を確かめた後に、磨くべきスキルを磨こう。 英語が好きな人も、英語を話せるようになりたい人も、本記事を参考にして理想的な仕事に出会ってほしい。 英語力を生かして憧れの企業にチャレンジ!グローバル企業に転職するなら「ロバート・ウォルターズ」 英語が使えるビジネスマンは、グローバル化に伴い需要が急速に上がっている。 「英語を生かした職場につきたい」「海外で活躍したい」という人は、英語を使う場面が多い外資系・日系グローバル企業への転職がおすすめだ。 転職エージェント「ロバート・ウォルターズ」では、 外資系・日系グローバル企業を専門に扱い、英語面接対策やグローバル企業向けの書類作成などしっかりサポート。 グローバル企業専門だからこそ、英語力以外にも必要な面接の立ち振る舞いなど実践的なスキルを伝授してくれる。 「英語を生かして憧れの企業にチャレンジしたい」という人は、ぜひ一度チェックしてみることをおすすめする。

次の