しらさぎ 編成。 特急しらさぎの買い方・乗り方まとめ。予約・料金・停車駅・時刻表からトイレ・車内販売・wifi・電源コンセントまで徹底ガイド!

JR西日本683系電車

しらさぎ 編成

151系のように車両形式を多くせず,当初はモハ481(M),モハ480(M'),クハ481(Tc),サロ481(Ts),サシ481(TD)の5形式に絞られました。 181系と区別するために,クハ481のスカートは赤く塗られました。 この通称赤スカートにはほどなくしてクリーム帯が入れられています。 さらに,当初はありませんでしたが,ボンネットには識別のための眉(ひげ)が付けられるようになりました。 181系に比べて機器が多くなって床面を上げたため,ボンネット側面の赤色帯上側ラインと客室窓部の赤色塗装下側ラインの交点がX状に1点で交差しています。 また,この床面高さ変更に関連し,ボンネット前面の連結器カバーにも181系との違いが見られます。 481系は「雷鳥」「しらさぎ」で活躍を開始しました。 モハ483(M),モハ482(M')形式が新たに作られ,Tc,Ts,TDなどは481系と共用形式としています。 181系,481系と区別するために,クハ,クロのスカートにはクリーム色が塗られ,ボンネットには481系と同様,眉(ひげ)が描かれています。 483系は「ひばり」「やまびこ」から活躍を開始しました。 485系のクハはボンネット形から貫通形(200番台),非貫通形(300番台)へと形態を変え,さらに耐寒耐雪形(1000番台)へと発展していきました。 ボンネット形の上野方クハ489には自動連結器がむき出しとなっており外観上の大きな特徴となっています。 比較的空いており撮影に向いていました。 この距離がバランスいいです。 雷鳥マークは良く似合う。 この高さだと運転席がほとんど見えません。 上品さが漂ってます。 485系は落ち着いたサイドビューで旅情を演出。 1969(昭和44)年にクロ481-5として誕生し,東北本線"ひばり"などで活躍したあと,1983 昭和58 年に鹿カコに転配されてハザ改造され,クハ 481-603になりました。 九州では"にちりん","かもめ","有明"として使用されたのち,1997(平成9)年以降は小倉工場で保存されていました。 マークがしょぼくてもったいないです。 この日から発車番線が13番に変更になっています。 この日は息子がGetした指定券を手に,能登とのお別れを兼ねて乗車し,糸魚川に向かいました。 曇天の夜明け間もなくという事で露出がなく,50mmF1. 2レンズが活躍。 背景の電柱がかかってしまいイマイチです。 臨時マークですが「そんなの関係ねぇ」ってとこです。 横軽対応の自連も時代を感じます。 この列車も環状外回りホームから撮りたかったのですが,右に写っている2番線神戸寄り先端部は立ち入り禁止区域でNGでした。 いったん宮原に入った489系は再び大阪に登場,金沢まで回送されます。 このホームは旧8番線にあたり,旧9〜11番線の廃止,改良工事により,雷鳥,サンダーバードなど優等列車はホーム中央付近より神戸方に停車,快速や新快速は京都方に停車して混雑緩和を図っているそうです。 強い日差しと不安定な足場に2時間半耐えて待ちましたが,渋川発車の20分程前に陰ってしまいショック。 デジカメは曇るとダメですね。 この日のテール側は絵入り「はくたか」マークですが現役時代と印象が異なります。 青が濃すぎるのでしょう。 この撮影ポイントは木が育って長大編成の撮影が苦しくなっています。 406-10 2001年11月25日 489系 ひたち 尾久客車区 架線をレタッチで消したわけじゃありません。 尾久客車区のイベントで展示された「489系ひたち」。 あるべきものがないと妙に頭上が寂しいもんです。 403-31 2001年10月27日 485系 鳥海 勝田電車区 勝田電車区まつりでは訓練車編成K26に文字「ひたち」や絵入り「鳥海」「シュプール蔵王」を順次取り付けて展示されました。 そんなわけで正面からのアングル限定です。 先頭はクハ481-26。 なお,仙台寄りのクハはこの時点で赤スカート塗色がなされていました。 5月とはいえ北国はまだ寒い寒い。 最近はファンのマナーが低下してこのポイントでの撮影は禁止になったそうです。 自分の首を締めるような行動はつつしみたいものです。 384-25〜34 1998年10月4日 485系 勝田電車区 勝田区のイベントに展示されたK7です。 このクハが電幕改造車で,しかも文字の電幕が残っているとは知りませんでした。 この「雷鳥」の他にも大ムコ所属であったことを証明する「日向」や「かもめ」が続々出てきてファンの注目を集めていました。 日向:No. 迂回北斗星もあり賑わいました。 ようやく晴れました。 この週末も迂回北斗星とボンネットで那珂川は賑わいました。 それでも最後の夏ということでしっかりカメラに収めました。 内原〜赤塚には大勢のファンがつめかけ,K7を見送ったのです。 ところでこの写真のポイントは,下の方のNo. 220-10(流し撮り)を撮影したちょうどその地点に新しくできた跨線橋で,私にとっては想い出深い場所です。 線路の右側は現在イオンモールになっています。 下の方のNo. 172-38は,この写真の後方のSカーブです。 想い出深い場所でボンネット「ひたち」の雄姿に再会しました。 こちらは下り線。 後ろに見えるのがループの上り線です。 フィルムはRVP,緑が美しいです。 243-15 1991年10月13日 485系 ひたち 勝田電車区 赤スカート,文字HMで展示されたK7編成。 赤スカートのクリーム線が細く違和感がありました。 実は最後尾です。 7両に減車されちょっと寂しい。 このクハはスカートに開閉式のタイフォンがついています。 9両編成。 緑一杯の偕楽園付近を快走。 勝田区のクハは若番が多く100番台はいなかったようです。 JNRマークとJRマークが共存。 先頭のクハは電幕改造車で,ヘッドマーク向かって右側に手動で回転するためのクランクピンの跡があります。 141-10 1987年1月11日 485系 北越 北陸本線 倶利伽羅 18切符消化で雪の倶利伽羅撮影会。 とにかく雪。 倶利伽羅駅を通過するボンネット北越。 141-19 1987年1月11日 485系 加越 北陸本線 金沢 青森から雪の金沢に到着した白鳥。 134-31 1986年10月6日 489系 白山 東北本線 東十条付近 PFとカブってしまいました。 手前のホチキスも連結器にかかっておりあんまりいい写真ではないですが,クハ489の自連が白山らしいので勘弁してね。 123-10 1986年3月19日 485系 みどり 長崎本線 早岐 クロ481です。 ヒゲがないので一瞬181系かと思いますが,カプラカバーは485系であることを示しています。 腰の低いクハが目立っています。 124-18 1986年3月21日 485系 にちりん 日豊本線 宮崎 これも上のNo. 124-13と同じく181系から改造されたクハ481-501です。 107-35 1985年9月1日 485系 白鳥 湖西線 近江塩津 最初の交直セクションを通過し,北陸本線に進入するボンネット白鳥。 白鳥は200番台や300番台の写真ばかりでこのような100番台先頭の写真は少ないです。 94-16 1985年3月12日 485系 ひたち 東北本線 上野 上野駅地平ホームから発車する常磐線の特急「ひたち」。 転属してきた赤スカ車がそのまま運用についていました。 もちろんヒゲはありません。 この頃の雷鳥は目立った改造を受けていません。 ヘッドライトを点灯させた走行シーンは当時としては珍しい光景です。 この日はここでEF58150のミハ座まで撮ってから,安土に遠征してEF5861のヌマ座を迎え撃ちました。 北陸地方の大雪を伝えてくれています。 103系の姿も見えます。 21-9 1983年8月28日 485系 北越 北陸本線 富山 北越の絵入りマークは,300番台向けにデザインされているからなのか,間が空きすぎてセンスが良いとは言えないです。 現役当時の文字マークの方が断然渋かったと思います。 上の2枚と同じ日の撮影です。 このクハはタイフォンの形状が異なります。 あせってちょっと早く切り過ぎました。 切り位置はこのコマの方がbetterでした。 向日町の485系ボンネットは絵入りマークになっていましたが,489系は文字マークでした。 ヒゲなしクロ,文字ヘッドマークです。 今となってはシンプルなヘッドマークが新鮮に感じられます。 この日は風が強く,三脚が倒れたりして大変でした。 N8307-37 1983年3月17日 485系5042M(にちりん32号)と2533レ 日豊本線 都農 日にちも駅名もはっきりしなかったのですが,この度実家から当時の時刻表と合宿行程表を取り寄せ氷解しました。 鉄研春合宿にて,美々津にリニア見学に行った後,右側の客レで移動中,「にちりん32号」との交換シーン。 にちりんは赤スカート,客レはED76牽引で前3両は荷物車,郵便車が付いている豪華編成です。 SGの蒸気が懐かしい。 N8205-11 1982年3月9日 485系 ひばり 東北本線 郡山 黒磯の交直セクションを前に,両側のパンタを上昇させ郡山を発車するひばり。 隣にはED7127や455系の姿も見える良き時代の一コマです。 N8207-7 1982年3月17日 485系 ひたち 常磐線 平 平を発車するボンネットひたち。 N8104-3 1981年7月22日 489系 白山 信越本線 小諸 上り489系白山です。 フィルムはネオパンSS。 この日は鉄研のN氏と小諸の懐古園を見学してから矢ケ崎の撮影に臨みました。 信州夏合宿の撮影会での1枚です。 かなり退色してましたが,PhotoshopとNX2を駆使してこの通り復活! このあとに撮影した上の「ひばり」「みどり」「かもめ」などが文字ヘッドマークなのにボンネット白山はこの時点で絵入りマークでした。 N7501-5 1975年8月22日 485系 雷鳥 北陸本線 敦賀 当鉄道局でも最も古い写真といえる1枚。 最悪の出来ですね。 撮影日不明でしたが,このあと家族で三方五胡に行き,翌日台風の直撃を受け小浜線不通で帰宅困難になった事案がありますので,これをもとに気象庁の過去の台風記録から日付が特定できました。 ちなみに台風は6号と判明しました。 21 No. 241 1981年5月号 交友社 特集:最後の力持ち EF63 鉄道ファンVol. 36 No. 428 1996年12月号 交友社.

次の

しらさぎ (列車)

しらさぎ 編成

2015年3月14日のダイヤ改正で特急「しらさぎ」が6両 繁忙期9両 になると発表され、車両は681系・683系 サンダーバード編成 を使用されるとの事ですが、この場合現行の683系2000番台 しらさぎ編成 5両12本は全編成運 用から外れるのでしょうか? また、「くろしお」に転属となる場合しらさぎ編成は5両の為、6両への組み替えが必須となります。 この組込む1両はどの編成から捻出するのでしょうか? あと、これはあくまでも僕の予想ですがもし「くろしお」に683系2000番台が導入されると287系とドアの位置が一緒の為、287系と共通運用を組むのでは無いでしょうか?そうなれば287系の新宮乗り入れがあるかも…。 あまり根拠のない予想なので外れる可能性も高いと思いますが、『しらさぎ』の6両化ですが、恐らく、北陸特急の車両共通化が目的だと思います。 新幹線の開業で『はくたか』が廃止になります。 ほくほく線救済の意味を含め?『はくたか』の車両は全てJR西日本に移管します。 これで、6両連結、8~9編成余剰になります。 金沢ー富山間の運行取りやめで、更に、2~3編成は余剰になるでしょう!『サンダーバード』との共通化、683系2000番台の5両連結、12編成分とだいたい同編成数が余剰になり、こう考えると、683系2000番台は、『しらさぎ』から全て撤退するのではないかと考えられます。 『くろしお』の運用ですが、一つは、6両編成から、5両編成への減編が考えられます。 もう一つは、2000番台同士の組み換えです。 5両編成2編成から、6両編成と、4両編成に振り分ける方法です。 現在『くろしお』の381系の基本編成は、6両編成5本です。 12編成ありますので、6両編成6本できる計算になります。 これで『くろしお』の編成は、キープできます。 付属車両については、『しらさぎ』の付属編成は3両編成なのでそのまま転用できると思われます。 では、残りの、4両編成ですが、恐らく、福知山局に転属になると思います。 現381系も4両及び6両で運転されており、こちらの287系は、4両+3両の編成が組まれているので、同じ様に、4両+3両化されるのではないでしょうか? こちらの381系は6両編成6本・4両編成1本です。 ただ、福知山局の381系は、今年1000番台改造されています。 1年以内に置き換える車両を果たして改造するか疑問が残ります。 上記予想が当たれば287系の新宮乗り入れは有りうると思います。

次の

10年位前のしらさぎ編成について(クハ481

しらさぎ 編成

京阪神と北陸を結ぶ「雷鳥」系統には681系「サンダーバード」が先駆けて投入され、数年の時間を置いて683系が大量に登場。 一方、首都圏と北陸をアクセスする「はくたか」系統は、「ホワイトウィング」や「スノーラビット」の連続投入で485系投入の列車は一気に縮小。 名古屋圏から北陸へと走る「しらさぎ」は、メイン特急の中で最後まで485系が活躍し、新車投入が後回しとなっていました。 北陸と中京を結ぶ高速道路の建設が本格化する中、JR西日本では来たるべく高速バスの猛攻撃に先手を打つべく、「しらさぎ」への新型特急投入を決定。 すでに「北陸特急」の顔として君臨していた683系「サンダーバード」型車両を「しらさぎ」仕様として製造、新たに683系2000番台が付与されました。 2002年末に第一編成がロールアウト、翌2003年3月のダイヤ改正で一部の「しらさぎ」で営業デビュー。 同年7月には特急「しらさぎ」「加越」の全列車の新型化が完了という、異例のスピードで485系を置き換えました。 先頭フェイスやサイドのデザインは「サンダーバード」とウリ二つですが、JR東海乗り入れを意識したオレンジのラインがチャームポイントです。 グリーン車は、とほとんど同じ空間造形となっていて、一見しただけでは見分けがつかないほどです。 外観上では、座席の肩部分にはグリップが追加されているのが、すぐに目に付く変化となっています。 (現在、サンダーバード編成でもグリップ付きの座席が出回っています) シートピッチは1,160mm。 2面展開のフットレストや上下可動式のヘッドピローは「サンダーバード」と共通の装備です。 付帯設備を展開させると、「サンダーバード」からさらにバージョンアップした点がいくつか見えてきます。 まず、インアームテーブルが片面展開から、2枚折りのワイドに広がるテーブルに変わりました。 また、センターアームレストが開閉式になっていて、開くと中からは液晶テレビ・・・ではなくドリンクホルダーが出てきます。 デッキ仕切り壁と対面になる席には、壁面に電源が設置されていて、車内でパソコンやモバイルの利用や充電が可能に。 (電源席は、名古屋・富山向きで1番ABC席。 米原向きで10番ABC席。 いずれもC席が1人掛け。 列車は上下とも米原で進行方向が変わります。 ) 全席禁煙となっていますが、今回の「しらさぎ」用の683系では、2号車寄りに「喫煙コーナー」が設置されました。 巨大な窓と木製カウンターテーブルが設置されていて、けっこう凝ったスペースに仕上げられています。 喫煙コーナーとトイレコーナーとの間にドアを設置。 さらに強力な換気装置と空気清浄機を搭載。 デッキとの仕切りドアもタッチセンサー式なので不要なドア開閉もなく、煙が客室へ流れるのを防いでいます。 ただ、それでも喫煙コーナーが混んでいると、9番10番席あたりでは軽くタバコの匂いが流入してくるのが分かります。 ちょっとのタバコの匂いも許せないという人は、1番2番あたりの弱番号の座席を指定してのチケット購入を薦めます。 ちなみに北陸本線内では「サンダーバード」などのグリーン車は大阪方で「1号車」なのに対して、 「しらさぎ」のグリーン車は「1号車」だけど富山方に連結されています。 乗車時にはご注意を。

次の