厚生 労働省 次 亜 塩素 酸 ナトリウム。 「次亜塩素酸水」の効果・使用法をめぐるバトル、問題点は何?(LIMO)

次亜塩素酸水で手指の消毒はできる?【専門家の見解/新型コロナウイルス】

厚生 労働省 次 亜 塩素 酸 ナトリウム

中央官庁による発表 2020年06月26日に、「 」が公開された。 経済産業省からは「」が公開された。 消費者庁からは「」が公開された。 販売者向けの「 」と、消費者向けのチラシ「」もある。 次亜塩素酸水の扱い で、新型コロナウイルス対策としての次亜塩素酸水の使用方法が発表された。 となっている。 消毒対象は物品のみ• 拭き掃除には 有効塩素濃度80ppm 0. 拭き掃除では、 汚れをあらかじめ落とし、十分な量の次亜塩素酸水で表面と ヒタヒタに濡らして拭き取る。 流水で 掛け流す時は有効塩素濃度35ppm 0. 一部の業者が、「NITEが次亜塩素酸水の新型コロナウイルスへの効果を認めた」などと、使用条件を無視して宣伝するかもしれないから要注意。 使い方が細かく指定されていて、これ以外の使い方では効果は保証できない。 重要なのは「手指等への影響、空間噴霧の有効性・安全性は評価していません。 」とあることである。 つまり、• ということになる。 これも、「危険だという証拠がないから」という理由で消費者に売りつけに来る事業者に注意する必要がある。 消費者には安全性が確認されたものを売るべきであって、危険かどうかを消費者で実験したがるような業者に付き合う義理はない。 安全性が確認されていないものは使わない、というのがフェイルセーフの考え方である。 使用上の注意をもう少し詳しく では、「まわりに人がいる中で、消毒や除菌効果をうたう商品を空間噴霧することは、おすすめしていません」と表現が弱いが、厚生労働省の注意は徹底している。 また、手指など人体に用いる場合は、品質・有効性・人体への安全性が確認された「医薬品・医薬部外品」(「医薬品」「医薬部外品」との表示のあるもの)を使用してください。 とあるので、医薬品でも医薬部外品でもない次亜塩素酸水(クラスII医療機器の強酸性電解水製造装置で作ったもの以外)は、手指の消毒には全く使えないことになる。 スプレーボトルに入れて吹き付けるのは不可ということである。 次亜塩素酸水については(強調部分は筆者による)、 テーブル、ドアノブなどには、一部の「次亜塩素酸水」も有効です。 「次亜塩素酸水」は、「次亜塩素酸」を主成分とする、酸性の溶液です。 酸化作用により、新型コロナウイルスを破壊し、無毒化するものです。 いくつかの製法がありますが、一定濃度の「次亜塩素酸水」が新型コロナウイルスの感染力を一定程度減弱させることが確認されています(NITEの検証)。 <使用方法>消毒したいモノの汚れをあらかじめ落としておきます。 元の汚れがひどい場合などは、有効塩素濃度200ppm以上のものを使うことが望ましいです。 20秒以上掛け流した後、きれいな布やペーパーで拭き取ってください。 「次亜塩素酸ナトリウム」を水で薄めただけでは、「次亜塩素酸水」にはなりません。 概ね経産省のポスターの内容と同じだが、濡らした時の待ち時間と掛け流しの時間について、20秒以上、という値が示された。 また、「目に入ったり皮膚についたりしないよう」 「飲み込んだり、吸い込んだりしないよう」注意、と明記された。 これまで、次亜塩素酸水の業者が、「食品添加物として認められているから安全」と主張していたのを全否定する注意事項が示されている。 空気中のウイルス対策については、 なお、人がいる環境に、消毒や除菌効果を謳う商品を空間噴霧して使用することは、眼、皮膚への付着や吸入による健康影響のおそれがあることから推奨されていません。 また、消毒や除菌効果を謳う商品をマスクに噴霧し、薬剤を吸引してしまうような状態でマスクを使用することは、健康被害のおそれがあることから推奨されていません。 と、空間噴霧の非推奨と同時に、マスクの消毒に次亜塩素酸ナトリウムを使って十分洗浄せずに用いたことによる皮膚のトラブルを踏まえた注意が示された。 空間噴霧は非推奨 まず、世界の保健機関の一致した見解を示している。 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスに対する消毒に関する見解の中で、「室内空間で日常的に物品等の表面に対する消毒剤の(空間)噴霧や燻蒸をすることは推奨されない」としており、また、「路上や市場と言った屋外においてもCOVID19やその他の病原体を殺菌するために空間噴霧や燻蒸することは推奨せず」「屋外であっても、人の健康に有害となり得る」としています。 また、「消毒剤を(トンネル内、小部屋、個室などで)人体に対して空間噴霧することはいかなる状況であっても推奨されない」としています。 (5月15日発表) また、米国疾病予防管理センター(CDC)は、医療施設における消毒・滅菌に関するガイドラインの中で、「消毒剤の(空間)噴霧は、空気や環境表面の除染方法としては不十分であり、日常的な患者ケア区域における一般的な感染管理として推奨しない」としています。 次に、厚生労働省の見解を述べている。 これらの国際的な知見に基づき、厚生労働省では、消毒剤や、その他ウイルスの量を減少させる物質について、人の眼や皮膚に付着したり、吸い込むおそれのある場所での空間噴霧をおすすめしていません。 薬機法上の「消毒剤」としての承認が無く、「除菌」のみをうたっているものであっても、実際にウイルスの無毒化などができる場合は、ここに含まれます。 消毒マニュアルの消毒剤のリストに次亜塩素酸がないから消毒剤ではない、と言い訳して噴霧しようとする穴をきっちり塞いでいる。 「雑品」であっても、「除菌」かうたっていなくても、ウイルス不活化効果をうたったとたんに噴霧非推奨のカテゴリーに入る、ということである。 次にまた厚生労働省は一般論を述べている。 これまで、消毒剤の有効かつ安全な空間噴霧方法について、科学的に確認が行われた例はありません。 また、現時点では、薬機法に基づいて品質・有効性・安全性が確認され、「空間噴霧用の消毒剤」として承認が得られた医薬品・医薬部外品も、ありません。 しかし、これでもまだ、次亜塩素酸水は医薬品・医薬部外品ではない、と言い訳する業者が出てくるであろうことを想定し、ダメ押しで次のように述べている。 【参考情報3 「次亜塩素酸水」の空間噴霧について】 「次亜塩素酸水」の空間噴霧で、付着ウイルスや空気中の浮遊ウイルスを除去できるかは、メーカー等が工夫を凝らして試験をしていますが、国際的に評価方法は確立されていません。 安全面については、メーカーにおいて一定の動物実験などが行われているようです。 ただ、消毒効果を有する濃度の次亜塩素酸水を吸いこむことは、推奨できません。 空間噴霧は無人の時間帯に行うなど、人が吸入しないような注意が必要です。 なお、ウイルスを無毒化することを効能・効果として明示とする場合、医薬品・医薬部外品の承認が必要です。 現時点で、「空間噴霧用の消毒薬」として承認が得られた次亜塩素酸水はありません。 この記述で、景表法7条2項の不実証広告規制に向けて道がつくられた。 そもそも評価方法が無いのだから、空間噴霧によるウイルス除去 not不活化)を謳ったものは、全てが宣伝の合理的な根拠を欠いているということになる。 消費者庁と厚生労働省がうまく組んだ様子が窺える。 禁止については、記者会見の会場で噴霧しまくっても参加者は今のところぴんぴんしているようだから、「推奨しない」程度の表現にとどまったのだろう。 最後の一文は、特定の病原体への効果効能をうたった途端に薬機法違反になる、という指摘である。 なお、次亜塩素酸ナトリウム液については、人体に触れた時の危険性が次亜塩素酸水よりもずっと大きいため、噴霧については「絶対に行わないでください」という強い禁止となっている。 で、文部科学省…… 当初は次亜塩素酸水の空間噴霧について、人がいるところで噴霧するな、という事務連絡を出した文部科学省だったが、業者の圧力に負けて、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~ 2020. 16 Ver. 2 」の中で(21ページ)、 「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと言われています。 メーカーが提供する情報、厚生労働省などの関係省庁が提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味し、使用について判断するようお願いします。 なお、児童生徒等の中には健康面において様々な配慮が必要な者がいることから、使用に当たっては、学校医、学校薬剤師等から専門的な助言を得つつ、必要性や児童生徒等に与える健康面への影響について十分検討して下さい。 などと、本来考慮する必要のない「メーカーが提供する情報」を判断の参考にしろというどうしようもない内容になってしまった。 しかし、今回、厚生労働省に「人が吸入しないような注意が必要」とはっきり言われてしまったわけで、業者にとやかく言われても10日ほど最初の判断を維持していれば、厚労省の見解と矛盾しない内容になっていたはずである。 ということで、日和った文部科学省がみっともない真似をしたという結果に終わり、ついでに今回の省庁合同発表からもハブられた感があってさらに情けない。

次の

安定次亜塩素酸ナトリウム単一製剤

厚生 労働省 次 亜 塩素 酸 ナトリウム

とても優れた除菌力を持つ『次亜塩素酸』。 近年では店頭やネットなどで『次亜塩素酸』と書かれた製品をよく見かけるようになってきました。 しかしこの『次亜塩素酸』製品を詳しく見てみると、『次亜塩素酸水』と説明されている製品や『次亜塩素酸ナトリウム』と説明されている製品があることに気が付きます。 名前も用途も似ているこれらの製品ですが、どこが違うのでしょうか? また、このふたつを間違って使用すると危険な場合もあるようです。 そのため、それぞれの特性を知ることは安心・安全な除菌作業をおこなう上でとても重要なことになります。 今回は、この『次亜塩素酸水』と『次亜塩素酸ナトリウム』の特性やその違いについてご紹介いたします。 次亜塩素酸水とは 次亜塩素酸水についてWikipediaには、「塩酸または演歌ナトリウム水溶液を電気分解することにより得られる、次亜塩素酸(HClO)を主成分とする水溶液である。 」と記載されています。 原材料や製造方法などの厳しい基準を満たしたものは、厚生労働省により食品添加物(殺菌料)として認可されています。 また、次亜塩素酸水は水溶液のpH(水溶液の性質をあらわすもの)が2. 2~7. 0前後(酸性~弱酸性・中性)となっています。 ちなみに中性に近いものほど人体に安全、離れれば離れるほど人体に危険とされています。 ここでは以下に、次亜塩素酸水のメリット・デメリットや利用方法について説明します。 次亜塩素酸水のメリット 次亜塩素酸水は殺菌消毒効果にとても優れており、あらゆる微生物を不活性化します。 さらに、消臭効果にもとても優れており、臭いの原因となる物質を匂わない物質に変化させることができます。 臭いは基本的に無臭です。 反応時に少し塩素臭がしますが、すぐに消えます。 希釈せずに原液のまま使用することもできるので、薄めるための水が必要なく手軽に使うことができます。 さらに次亜塩素酸水は、急性毒性・反復投与毒性・遺伝毒性・皮膚累積刺激性試験・眼刺激性試験などの結果、異常がないことが確認されており、皮膚についたり口に入ったりしても問題ないとされています。 次亜塩素酸水のデメリット 次亜塩素酸水は反応速度がとても速いため、汚れたままの状態で使用するとその汚れと反応して水になってしまい除菌効果が薄くなってしまいます。 そのため、あらかじめ汚れを取り除いて綺麗に掃除してから仕上げの除菌として次亜塩素酸水を使用することがのぞましいでしょう。 加えて次亜塩素酸水は保存期間が短く、数か月で効果が薄くなったり効果がなくなったりするため、長期保存することができません。 次亜塩素酸水の利用方法 噴霧などによる空間除菌・消臭をすることができます。 また、布製品の除菌・消臭やうがい・手洗いなど、直接肌が触れてもいいような使い方ができます。 次亜塩素酸ナトリウムとは 次亜塩素酸ナトリウムについて、Wikipediaには「次亜塩素酸のナトリウム塩である。 化学式はNaClO。 水溶液はアルカリ性を示す。 」と記載されています。 また、次亜塩素酸ナトリウムは水溶液のpHが12. 5~13. 5(強アルカリ性)となっています。 ここでは以下に、次亜塩素酸ナトリウムのメリット・デメリットや利用方法について説明します。 次亜塩素酸ナトリウムのメリット 次亜塩素酸ナトリウムは比較的低価格な製品が多く、通販だけでなくドラッグストアなどでも販売されているため入手しやすくなっています。 高濃度のものならば次亜塩素酸水と比べると安定していて長期保存することができます。 さらに漂白効果にとても優れており、 殺菌消毒効果もあります。 次亜塩素酸ナトリウムのデメリット 次亜塩素酸ナトリウムの大きな特徴として、強烈な塩素臭が発生することがあげられます。 さらに、次亜塩素酸ナトリウムは使用用途により決められた割合で希釈しなければならないため、薄めるための水が必要になります。 加えて、強アルカリ性であるため、直接肌に触れると肌表面のタンパク質を溶かしてしまい手荒れなどの問題が起こってしまいます。 また、酸性物質と混ぜると有毒な塩素ガスが発生してしまいます。 そのため、取り扱いには細心の注意が必要となります。 次亜塩素酸ナトリウムの利用方法 衣類のしみ抜き・漂白やカビ取りなど、直接肌に触れないような使い方をします。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いとは? ここまでは、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムについて説明してきました。 これまでの説明から、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの主な違いは水溶液のpHが異なることによる特性の違いだと言えるのではないでしょうか。 そのため、安全性や取り扱い時における注意点なども違うものになってきます。 ここでは以下に、その違いを理解していないがために起きてしまう可能性のある危険について説明します。 スプレーによる噴射 次亜塩素酸水は人・ペットや環境にも安全なものなので、スプレーなどで噴射して空間除菌や消臭をおこなうことができます。 しかし、次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性のため、加湿器などで噴霧したりスプレーなどで噴射したりすると、人体に悪影響を与えてしまいとても危険です。 人やペットへの利用 次亜塩素酸ナトリウムは皮膚や粘膜に対して非常に強い刺激を与えてしまうため、直接触れることのないよう注意しなければいけません。 そのため、次亜塩素酸水と勘違いして次亜塩素酸ナトリウムを人やペットに直接使用してしまうと非常に危険なのです。 洗剤を混ぜることによる事故 強アルカリ性である次亜塩素酸ナトリウムを酸性洗剤と混ぜると有毒な塩素ガスが発生してしまいます。 次亜塩素酸水と比べて、次亜塩素酸ナトリウムの取り扱いには細心の注意が必要になります。 違いを理解して安心・安全な除菌生活を! 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いについてご理解いただけましたでしょうか? これらの違いを理解することは、安心・安全な除菌作業をするのにとても役に立つことでしょう。 使用時の問題点に注意しながら次亜塩素酸を賢く活用し、どうぞ快適な除菌生活をお送りください。 Wikipedia Wikipedia 備える.

次の

【次亜塩素酸ナトリウムの作り方】コロナウイルスに有効な消毒液を作る方法

厚生 労働省 次 亜 塩素 酸 ナトリウム

スポンサーリンク 次亜塩素酸ナトリウムの希釈計算方法 次亜塩素酸ナトリウムの希釈計算方法ですが、そもそも次亜塩素酸ナトリウムは通常、水道やプールの殺菌や家庭用塩素系漂白剤のほか、適切な濃度で使用すると医療器具の殺菌やノロウイルスにも有効です。 次亜塩素酸ナトリウムは名前だけ聞くと特別な消毒薬のようですが、実際に色々なところに使用されています。 ただし、市販されている 塩素系漂白剤はアルカリ性が強く酸化力があるので、そのまま直接触れると皮膚に炎症や肌荒れが起きてしまいます。 そのため、 厚労省では塩素系漂白剤を消毒に使用するには、「0. 05%」に希釈して使用するように指導しています。 ハイターなどの漂白剤を希釈するときには、次亜塩素酸ナトリウム濃度が約5~6%なので注意してくださいね。 例として・・・ 作りたい次亜塩素酸ナトリウムの希釈計算する場合、消毒液を1,000ml作りたい場合、その塩素系漂白剤の原液濃度が5%のだとすると、希釈後の濃度を0. ただし、家庭用の消毒液を作る場合は、ここまで厳密に考える必要はなく、 水1,000mlに原液を10ml入れるとOKとしたほうがわかりやすいですね。 次亜塩素酸ナトリウム希釈早見表(メーカー別) 次亜塩素酸ナトリウムの希釈早見表メーカー別消毒濃度の一覧表としては次の通りです。 厚労省のに、0. 05%以上の次亜塩素酸ナトリウム液の作り方(メーカー別)早見表があるので参考にしましょう。 掲載したメーカーや厚生省が例に出しているメーカーやブランドも、よく知られているので、購入しやすいく作って使いやすいと思いますよ。 スポンサーリンク 消毒液を次亜塩素酸ナトリウムを希釈して使う場所 消毒液として次亜塩素酸ナトリウムの希釈液を使う場合、注意しなければならないのは、希釈した次亜塩素酸ナトリウムを スプレーボトルに入れて使用してはいけないということです。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液のスプレー噴射により、目に入ったり、皮膚に付着したり、吸い込んでせき込んで具合が悪くなることもあります。 また、次亜塩素酸ナトリウムが、ほかの物質と混ざって、塩素ガスが発生することもあるからです。 どうしても消毒液としてトリガータイプのスプレーや、通常のスプレーボトルに入れて使いたいときは、スプレーノズルの吐口にティッシュや布を当てて湿らせて物を拭く、という次亜塩素酸ナトリウムが飛散しない使い方をしてくださいね。 次亜塩素酸ナトリウムを希釈した消毒薬を使う場所は以下の通りです。 食器、調理器具、手すり、ドアノブ、電源スイッチ、トイレの蓋、便座、トイレットペーパーホルダー、蛇口、窓の縁、靴、テーブル、スリッパ、椅子など家庭で手を触れる場所を中心に使用します。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液で消毒するときは、ゴム手袋などで直接肌に触れないようにしましょう。 次亜塩素酸ナトリウムの希釈早見表から市販のものから簡単に作れるので消毒用アルコールが無い場合は積極的に使用しましょう。 マスクもそうですが消毒用アルコールが行き渡るまでは、次亜塩素酸ナトリウムを希釈してしっかり自己防衛してくださいね。

次の