三菱 ガス 化学 爆発。 化学工場また爆発 事故防止、設備以上に人材がカギ :日本経済新聞

【社会】茨城の三菱ガス化学の工場で爆発…けが人はいない

三菱 ガス 化学 爆発

19 No. 場所は那須高原。 空も高く風も 爽やかで、早くも秋の訪れを感じさせる気候でした。 年に数回しか会えない姪・甥たちのハイテンションについていくのがやっとの 3日間でしたが、自然の中を笑顔でかけまわる子供たちの姿に元気をもらった 気がします。 そんな中、連れ立って朝の4時にカブトムシやクワガタを捕りに行く長兄・次 兄(ともに40歳を超える)の姿を呆れながらも微笑ましく見てきました。 大人も子供もそれぞれに楽しい夏休みの思い出になったのではないかと思いま す。 秋からの第2波、第3波は更に警戒が必要とされています。 今から備えを万全にしておくことをお勧めします。 7月上旬に新型インフルエンザ対応マスク「バクー・ウィルソン801(N9 5規格対応)」を再入荷しましたので、お知らせします。 数量に限りがござい ますので、購入をご希望される方はお早めにご相談ください。 上越署によると、工場外にガスの流出はなく、けが人はなかった。 上越地域消 防本部は同日、ガスが発生した製造ラインの緊急使用停止命令を出した。 同工場によると、ガスが発生したのは化学製品「クロロシラン」を製造するラ イン。 24時間稼働しており、同8時半ごろ巡回していた従業員が、直径15 センチの配管から白い煙が上がっているのを発見した。 配管を流れていた液体の「四塩化ケイ素」が漏れ、空気中の水分と反応してガ スが発生。 同9時半までに50~100リットルが漏れ出たとみられる。 空気 中に水をまいて中和作業をした。 同5時の巡回で異常はなかったという。 上越署によると、配管をつなぐパッキンが腐食し、液体が漏れた可能性が高い。 同署は同9時半過ぎから付近の県道と市道の4カ所で交通規制を行ったが、同 10時20分に解除した。 同工場では、07年3月に作業員17人が重軽傷を負う爆発事故があり、その 後も火災や作業事故が続いている。 同工場の事務部長は「地域の方々に心配をかけて申し訳ない。 原因究明に努め たい」と陳謝した。 今回のトラブル後の対応としては、速やかな通報、漏洩に対して空気中に水を まいての中和など、適切な対応が講じられたと考えられ、結果として周囲に被 害を与えませんでした。 また、事故発生当日には同社のホームページに事故報告とお詫びを掲載するな どリスクコミュニケーションも適切なようです。 同社は2007年の爆発事故の後には「環境・社会報告書」で事故の詳細や再発防 止を4ページにわたり特集しています。 報告書において、ネガティブ情報の開 示を避けたがる企業が多い中で評価できる報告書でした。 とはいえ、事故は許されるものではありません。 今回はパッキンの腐食が原因 と見られていますが、定期的な配管の点検やメンテナンスは化学プラントにと って必須のテーマです。 前回の事故後には3,700件のリスクを抽出し対策したとのことですが、今回の 事故を受けてどのように対応するかが見ものです。 esh. 起訴状などによると、男性社員は07年12月6日、可燃性ガスを含んだ水が タンク内に流入するのを遮断せず、ガス検知器での安全確認を怠ったまま、男 性作業員(当時64歳)に溶接作業を行わせたため、溶接の熱がガスに引火し て爆発。 作業員を外傷性ショックで死亡させたとしている。 同社は「全力を挙 げて安全確保と信頼回復に努めたい」とコメントした。 関東東北産業保安監督部も同社と男性社員を鉱山保安法違反で書類送検してい たが、新潟地検は起訴猶予とした。 多くの監督者に知って欲しい事実です。 ところで、前述の信越化学の環境・社会報告書との対比ですが、この会社のR Cレポート(RC:レスポンシブル・ケア)では、活動計画の実績と評価のペ ージで「2007年12月6日 重大事故が発生しました。 (事故撲滅のため、 特別プロジェクトを発足させました。 詳細は12頁)」とありますが、12ページ には次のような記述があります。 2007年12月6日に新潟工場の天然ガス採掘基地にて発生した爆発事故と それによる死亡災害のような悲惨な事故・災害を二度と繰り返さないために、 また事故・異常の増加傾向という最近の状況を打開するために、当社ではRC 活動の一環として事故撲滅のための特別プロジェクトを発足させました。 レポートを読むステークホルダーの興味を満足させるものではありません。 特 に最大のステークホルダーである従業員に対してトップの決意を示す重要なテ ーマだと思います。 踏み込んだ記述が期待されます。 esh. 約1年前にインターネットから偶然アクセスし、内容を拝見した瞬間に「入会 金に見合う」と思いました。 毎月2回配信される【ESHエキスパート】の「新着情報」では法令の制・改内容 がコメント付きで分かり易く、「環境不祥事の教訓」は環境リスクアセスメン ト、内部環境監査チェックシートのブラッシュアップに利用させていただいて います。 また、「労働災害の真相」は解説内容を自分なりに編集し、社内安全 衛生委員会に展開させていただいています。 これらの情報を毎月発行している「社内環境報告書」に盛り込み、内部コミュ ニケーションのツールとしてISO認証機関の審査員からもお褒めの言葉を頂 いています。 esh. html 無料サンプルがご覧いただけます。 つまらない人がいるだけだ。 esh. html ———————————————————————- 本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。 (2回/月:第一、第三水曜日発行) メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す ることになります。 読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ れるためです。 どうぞご理解ください。 esh. 是非ともお寄せください。 esh. esh. 問い合わせ下さい。 C Copyright -2008 ———————————————————————- SERVICE サービス一覧.

次の

三菱ケミカル、三菱ガス化学。文系からの化学業界への就活(第二新卒含む)、年収、転職、キャリアについて

三菱 ガス 化学 爆発

三菱ガス化学は江蘇省子会社の増資について、中国企業との合弁化を取りやめ、自社のみで増資することを決めた。 写真は子会社がある江蘇省泰興市の街角で撮影。 中国企業との合弁化を取りやめ、自社だけで増資し、完全子会社体制を維持する。 16日付で発表した。 対象は泰興菱蘇機能新材料で所在地は江蘇省泰興市。 過酸化水素や化学研磨液の製造販売をしている。 設立は2018年12月で、19年3月末時点の資本金は約2900万ドル(約31億円)、三菱ガス化学の全額出資。 増資について当初は、20年9月末に資本金を約4000万ドルにし、出資比率は三菱ガス化学が89%、江蘇蘇化集団が11%出資する予定だった。 予定を変更し、三菱ガス化学が増資をすべて引き受けることになった。 増資後の資本金は約4000万ドルと変わらないが、時期は21年初を予定する。 海外調査を目的に2007年に設立されたマツモトキヨシ香港の全株式を取得して子会社化する形を取る。 マツモトキヨシ香港の資本金は1000香港ドル(約1万4000円)で、マツモトキヨシの松本清雄社長が全株式を保有する。 マツモトキヨシによる株式取得は7月末を予定する。 阪急阪神百貨店は、「ウィーチャット」を展開する騰訊控股と共同で、ウィーチャットペイの導入(2017年)、店員を介さずに注文できる「レストランQRコードオーダー」(18年)、人工知能(AI)活用の「店内案内」、海VIV顧客クラブの会員カード「電子会員化」(19年)など、さまざまなサービスの開発・導入を通じて中国人客へのサービス向上に取り組んできた。 2020年7月の稼働予定で、生産能力は従来の倍増の年産8000トン規模となる。 PCDは宇部興産のファインケミカル事業の主力製品の一つで、主に高級ポリウレタンの主原料(ポリオール成分)として使用されており、自動車、家具、建材などのコーティングや人工皮革、接着剤などに採用が広がっている。 近年は、特に中国を中心としたアジア圏での消費者の高級・高機能志向の高まりや、法的環境規制強化による水性塗料への切り替えが増えており、引き続きPCDの需要増が見込まれる中、需要地に近いタイで生産能力を増強する。 popInは、多種多様な文化を持つアジア圏において、その国々のローカルメディアと提携することで、ローカル文化に根付いた質の高い広告配信を可能にしてきた。 インバウンド・アウトバウンド、越境ECマーケティングについて、より効果的な、高品質なプロモーションを提案しているという。 現在の配信地については、日本国内では800以上のメディアと提携し月間60億PV以上を実現している。 台湾では提携メディアが220以上で月間12億PV以上、では提携メディアが180以上で月間10億PV以上、マレーシアでは提携メディアが14以上で月間1億PV以上という。

次の

【社会】茨城の三菱ガス化学の工場で爆発…けが人はいない

三菱 ガス 化学 爆発

三菱ガス化学は江蘇省子会社の増資について、中国企業との合弁化を取りやめ、自社のみで増資することを決めた。 写真は子会社がある江蘇省泰興市の街角で撮影。 中国企業との合弁化を取りやめ、自社だけで増資し、完全子会社体制を維持する。 16日付で発表した。 対象は泰興菱蘇機能新材料で所在地は江蘇省泰興市。 過酸化水素や化学研磨液の製造販売をしている。 設立は2018年12月で、19年3月末時点の資本金は約2900万ドル(約31億円)、三菱ガス化学の全額出資。 増資について当初は、20年9月末に資本金を約4000万ドルにし、出資比率は三菱ガス化学が89%、江蘇蘇化集団が11%出資する予定だった。 予定を変更し、三菱ガス化学が増資をすべて引き受けることになった。 増資後の資本金は約4000万ドルと変わらないが、時期は21年初を予定する。 海外調査を目的に2007年に設立されたマツモトキヨシ香港の全株式を取得して子会社化する形を取る。 マツモトキヨシ香港の資本金は1000香港ドル(約1万4000円)で、マツモトキヨシの松本清雄社長が全株式を保有する。 マツモトキヨシによる株式取得は7月末を予定する。 阪急阪神百貨店は、「ウィーチャット」を展開する騰訊控股と共同で、ウィーチャットペイの導入(2017年)、店員を介さずに注文できる「レストランQRコードオーダー」(18年)、人工知能(AI)活用の「店内案内」、海VIV顧客クラブの会員カード「電子会員化」(19年)など、さまざまなサービスの開発・導入を通じて中国人客へのサービス向上に取り組んできた。 2020年7月の稼働予定で、生産能力は従来の倍増の年産8000トン規模となる。 PCDは宇部興産のファインケミカル事業の主力製品の一つで、主に高級ポリウレタンの主原料(ポリオール成分)として使用されており、自動車、家具、建材などのコーティングや人工皮革、接着剤などに採用が広がっている。 近年は、特に中国を中心としたアジア圏での消費者の高級・高機能志向の高まりや、法的環境規制強化による水性塗料への切り替えが増えており、引き続きPCDの需要増が見込まれる中、需要地に近いタイで生産能力を増強する。 popInは、多種多様な文化を持つアジア圏において、その国々のローカルメディアと提携することで、ローカル文化に根付いた質の高い広告配信を可能にしてきた。 インバウンド・アウトバウンド、越境ECマーケティングについて、より効果的な、高品質なプロモーションを提案しているという。 現在の配信地については、日本国内では800以上のメディアと提携し月間60億PV以上を実現している。 台湾では提携メディアが220以上で月間12億PV以上、では提携メディアが180以上で月間10億PV以上、マレーシアでは提携メディアが14以上で月間1億PV以上という。

次の