油性 ニス 塗り 方。 失敗したくない!塗装について【ニス仕上げ編】

ニスの油性と水性の違いと特徴!ステインやオイルフィニッシュとの違いは?

油性 ニス 塗り 方

【在庫について】 商品については、日々在庫管理を行っておりますが、突発的な欠品や廃盤などが発生した場合、その情報がページに反映されていない場合がございます。 その場合には、大変申しわけございませんが、ご注文後に、納期のご相談や注文の変更・キャンセルをお願いする場合がございますことを何卒ご了承下さい。 RESTAでは、どなたでも簡単にお部屋の内装を自分で施工していただける様にさまざまなDIYコンテンツや貼り方・施工方法などをご紹介させて頂いております。 また、初めての方でもクロスの張替えを楽しみながらチャレンジして頂けるよう、施工道具やマニュアル、生のり付壁紙などがセットになった、 RESTAオリジナル「かんたん壁紙張替えチャレンジセット」などをはじめ種類豊富な生のり付壁紙や高級壁紙、タイルカーペットやクッションフロア、 ビニールレザーや椅子張り生地やダイノックシート、フロアタイルなど10,000点を超える各種リフォーム商品を取り揃えております。 そして、大量入荷・大量販売で価格も業界最安値を目指し、専門スタッフや職人によるアフターフォローも万全にてお客様をサポート致します。 スタッフ一同、お客様にご満足頂けるよう対応を心がけ、ご利用を心からお待ち申し上げております。 RESTAでは、どなたでも簡単にお部屋の内装を自分で施工していただける様にさまざまなコンテンツや貼り方・施工方法などをご紹介させて頂いております。 また、初めての方でもクロスの張替えを楽しみながらチャレンジして頂けるよう、施工道具やマニュアル、生のり付壁紙などがセットになった、 RESTAオリジナル「かんたん壁紙張替えチャレンジセット」などをはじめ種類豊富な生のり付壁紙や高級壁紙、タイルカーペットやクッションフロア、 ビニールレザーや椅子張り生地やダイノックシート、フロアタイルなど10,000点を超える各種リフォーム商品を取り揃えております。 そして、大量入荷・大量販売で価格も業界最安値を目指し、専門スタッフや職人によるアフターフォローも万全にてお客様をサポート致します。 スタッフ一同、お客様にご満足頂けるよう対応を心がけ、ご利用を心からお待ち申し上げております。

次の

グッと綺麗な仕上りをめざす!【ニス】塗り方と選び方の豆知識

油性 ニス 塗り 方

ニスの用途と目的 ニスの選び方について考える前に、ニスを塗る目的について知っておく触れておきます(すでに分かっているよ…という方は、飛ばし読みしてくださいね)。 ニスを塗布する目的は 木材の材質を保護することにあります。 その他、防虫、防腐、防カビ、撥水効果、木目を引き立てる効果などを材質に持たせるためにニスを使います。 木材などの材料の表面を保護するために用いられる塗料の一種で、透明で硬い上塗り剤である。 材質の下地を顔料で完全に覆ってしまうペンキとは違い、ニスは樹脂と溶剤を主成分として下地(木目)を活かしつつ材質を保護する役割をもたせます。 木材を使うDIYでは欠かせない存在、それがニスというわけです。 photo credit: via ニスの種類 さて、ここからが本題です。 ニスは大きく分けると以下のように分類できます。 水性ニス 屋内専用。 耐久性を問わない工芸品や工作品の艶出しや汚れ防止に使用する。 床やダイニングテーブル、実用的な家具などには不向きです。 手軽に塗れて初心者向き。 臭いも少ないのが良いところ。 塗布後も 塗膜が軟弱なので傷になりやすく耐久性に劣るという欠点もあります。 ムラが出にくい。 塗布した後も、エマルション塗料の性質上、多少ベタつきます。 水性ニスを塗った木材に物を置いておくとペタッとくっつくことがあるので要注意です。 使用後のハケは水洗いが可能です。 屋塗膜が硬く、床や実用家具に適している。 屋外用の木材に使える(商品によっては雨ざらしだと保護能力の長持ちはあまり期待できないものもあります)。 特に紫外線吸収剤を配合している油性ウレタンニスは屋外雨ざらし部分でも使用が可能。 ただし、DIY初心者には取り扱いが難しい面も。 耐久性に優れ、湿気に強いけれど、安全性や臭いにこだわらなくて良い箇所に使うのがよい。 値段は安め。 ペイントうすめ液で割って使用する方が良い。 ニスが乾きにくいのが難点。 ニスを塗るその前に、やっぱり道具の準備が欠かせません。 photo credit: via 道具を揃える ニスを塗る際に揃えておきたい道具は以下のとおりです。 ニス刷毛(ローラーは気泡ができるため不向き)• うすめ液• サンドペーパー(あれば電動サンダー)• マスキングテープ• 新聞紙• サンドペーパー用の当て木• ニスを入れる容器(100円ショップで調達) この他、雑巾なども用意しておくと良いかもしれません。 天窓の窓枠や高所でニスを塗る際は、ニスが床にこぼれ落ちないよう、新聞紙を敷き詰めマスキングテープなどで壁紙にニスが付かないようにします。 特に油性ニスを使用するときは注意が必要ですね。 素地木材を研磨する とにかく美しくニス塗るために大切な工程はこれ。 木材をサンドペーパーで研磨すること。 使用するサンドペーパーは( 200〜400)ぐらいでOK。 ニスを塗布する素地が滑らかになればなるほど、キレイに仕上がりやすくなります。 ちなみに電動サンダーで研磨する場合は、細かい目のサンドペーパーを使用したほうがキレイに仕上がります。 電動サンダーだと力が強すぎるのか、木材が傷になりやすいんですよね。 私は 240を使用するとキレイになる感じがします。 木目に垂直に。 これがキレイに研磨する秘訣です。 この作業を繰り返していきます。 最低でも2回重ね塗りするのが基本です。 作業時間が足りないと焦って大量のニスを使ってしまうことがありますが、そうすると仕上がりに納得がいかないケースが多いです。 また、ニスを塗布するのは塗りにくいところからやるとキレイに仕上がりますよ。 異なる種類のニスを使用しない たとえば水性ニスと油性ニスを混ぜて使うのはダメ。 油性ニスの場合は、水性ニスを混ぜて使用すると弾いてしまいます。 また、塗膜の乾燥スピードも違ってきます。 水性ニスの塗膜が乾かない間に油性ニスが塗られると水性ニスを塗った部分が乾きにくくなってしまいますよ。 いずれにせよ 水性ニスには水性ニスを、油性ニスには油性ニスを使用するのが基本です。 ニスのうすめ液の使い方について 水性ニスの場合は水で薄めればOK。 うすめ液を使用する必要はありません。 うすめ液を使用するのは、油性ニス。 油性ニスを使用する際は、ペイントうすめ液を使用するのがポイントです。 これを使用することによって、油性ニスが塗りやすく、そしてきれいな仕上がりにすることが多いようです。 ちなみにラッカー系はラッカーうすめ液を使用するようにします。 ニス(ワニス):セパールなどの天然樹脂やフェノール、アルキド樹脂などの合成樹脂を乾性油に溶解して溶剤(アルコール系が多い)に溶かした塗料。 ラッカー:セルロース誘導体(ニトロセルロース、アセチルセルロースなど)を溶剤(ペンキと同じトルエンなど)に溶かして可塑剤などを混ぜた塗料。 ニスの方が粘度があり膜が厚くなり電気絶縁性に優れる。 また、耐水、耐酸、耐アルカリで光沢があり淡黄~暗褐色、透明のものがある。 一方、ラッカーは、ニスよりも速乾性で不粘着。 耐油、耐水、耐侯、耐摩耗性に優れ、透明又は顔料をまぜた着色塗料があります。 出典元: ペイントうすめ液は、ニスのメーカーと同じものを揃えるように言われていますが、私が使った限り、(もちろん用途によっては変わってくるかもしれませんが)メーカーを揃えなくても何ら問題なく使用できます。 純正品を使え!と勧めてくるのは家電もニスも一緒なんですね。

次の

失敗したくない!塗装について【ニス仕上げ編】

油性 ニス 塗り 方

オイルステインとは、油性顔料の着色剤の一種です。 木の板や木製の家具に塗ることで、木目を引き立てる効果があります。 また、オイルステインは塗るだけで簡単に、油性ならではのツヤが出る上に塗りむらも味が出るので、初心者にも使いやすい塗料です。 ペンキのような表面だけを加工する塗料とは違い、オイルステインは塗ったあとに、塗料が木材に染み込んでいきます。 染み込んだオイルステインが、木目を美しく浮かび上がらせるため、新品の木材を古材のような雰囲気にすることができるのも、オイルステインならではの効果です。 オイルステインの重ね塗りは必須なの? オイルステインは、重ね塗りしましょう。 色味の調節をする効果があります。 また、ペンキのような塗料とは違い、木材にしみ込んでいくオイルステインは、完全に乾く前に二度塗りしても問題ありません。 ペンキより乾きも早いです。 オイルステインを重ね塗りする際に、塗りむらがあり、色が濃すぎる箇所がある場合は、オイルステインが木材に染み込んでしまう前に、タオルなどでふき取りましょう。 オイルステインをふき取ったタオルは再利用ができなくなるため、使い捨てができる不要なタオルや、雑巾を使うことをおすすめします。 ニスはいつ塗るの? オイルステインを重ね塗りしたあと、最後の仕上げにニスを塗ります。 ニスを塗ることで、オイルステインが、服や家具など、他の物に色移りすることを防ぐことが可能です。 ニスの色は、オイルステインの色に干渉しないよう、クリア系の色を選びます。 ニスは、油性のものを選ぶようにしましょう。 また、ニスを塗る前後に、サンドペーパーで磨くこともきれいに仕上げるポイントです。 オイルステインやニスでできた、表面の荒れを整えることができます。 このひと手間で、仕上がりに差がでますので、初心者の方ほど丁寧に作業をするようにしましょう。 ニス入り・ニス無しオイルステインの違いって? オイルステインは、色の種類も豊富です。 また、最後にニスで仕上げる必要のある、ニスが入っていないタイプのオイルステインと、最後にニスを塗る作業が不要な、ニスが元々入っているタイプのオイルステインもあります。 ニスが入っているオイルステインだと、オイルステインとニスを、何度も塗り重ねる必要がないため、早く仕上げることが可能です。 しかしニス入りのオイルステインは、重ね塗りに向かないため、色の調節がしにくい難点もあります。 また、ステイン塗装のうち、油性顔料のものをオイルステインと呼びます。 水性顔料のステイン塗料もあり、そちらは水性ステインと呼びます。 オイルステインは濃淡の調整がしやすいだけでなく、木材の保護効果もあります。 ステイン初心者の方は、オイルステインがおすすめです。 油性ステインって何? 油性顔料を使った油性ステインを、オイルステインと呼びます。 オイルステインの特徴は、木材への浸透力が高いこと、塗ったあとの乾きが早いこと、そして、色持ちが良いことです。 しかし、使い終わったあとのお手入れは、水性ステインより大変です。 塗り終わった後に、使った刷毛やローラーを、「ペイントうすめ液」を使って洗います。 専用の「ペイントうすめ液」を使わなかった場合は、刷毛やローラーがカピカピになり、再利用ができませんので注意してください。 水性ステインって何? 水性顔料を使った水性ステインは、主に屋内作業しかできないときにおすすめします。 水性ステインは、オイルステインよりも臭いが少ないためです。 また、使い終わったあとのお手入れも簡単で、水性ステインは、刷毛やローラーなどの道具を通常の水で洗うことができます。 水性ステインを薄める場合は水を加えるだけで、手軽に塗ることができます。 オイルステインにニスでの仕上げは必要なの? オイルステインとは、油性顔料の着色剤の一種です。 木材の中に浸透することで、木目を引き立てる効果があります。 オイルステインは、乾いたあとに色移りしないよう、仕上げにニスを使いましょう。 その際ニス以外にも、ワックスを使って仕上げる方法もあります。 ニスとは? ニスは、塗った表面に塗膜を作ります。 ニスが乾くと、光沢のある仕上がりが特徴です。 また、ニスを塗り重ねることで塗膜が厚くなり、色が少しずつ濃く変化します。 ニスにも水性、油性のニスがあります。 水性ニスの特徴は、乾きが早く扱いやすいことです。 また、オイルステインの仕上げに使う油性ニスの特徴は、水や熱や摩擦に強く、耐久性があることです。 ワックスとは? ワックスは、木材に塗ることで、ワックスの成分が中に浸透します。 また、表面もツヤのあるコーティングをし、木材全体を保護する塗料です。 ワックスは半固形なので、刷毛ではなく、布やスポンジに付けて塗ります。 ワックスが乾いた後は乾いた布で磨くことで、木材の表面にツヤがでます。 用途別木材におすすめのオイルステインとニスは? オイルステインとニスは、種類が豊富なので、用途によって使い分けることができます。 特に塗る面積の大きさによって、ニス入りのオイルステインと、ニスが入っていないオイルステインを使い分けることがおすすめです。 テーブルに塗るおすすめは? テーブルに塗るおすすめのオイルステインは、刷毛で塗るタイプのオイルステインです。 テーブルは目線が行き届くため、丁寧に仕上げる必要があります。 塗りむらを調節しやすい、刷毛で塗るタイプの、オイルステインを使いましょう。 仕上げのニスは、スプレータイプを使います。 色はクリアで、油性のニスを選びます。 全体に満遍なく行き渡るようにスプレーし、乾いたらサンドペーパーで表面を整えてください。

次の