感情 ことば 選び 辞典。 小説・創作に使えるオススメ辞典10冊!創作がはかどる【まとめ】

気持ちの言語化にぴったり「感情ことば選び辞典」、脱・熟語版が新発売!

感情 ことば 選び 辞典

買って良かったオススメの辞典レビューを書きます。 本の感想はよく書いているけれど、辞典のレビューは初めて書くので、拙い部分があったらごめんなさい。 一週間前に買ったのはコチラ。 【買おうと思ったキッカケ】 私は文章を書くお仕事をしていながら、語彙力や表現力が非常に乏しいのです。 特に、「嬉しい」、「悲しい」、「腹立つ」、「楽しい」などの 感情を細かく表現するのが苦手。 だから、この辞典に助けてもらおうと思い購入しました。 630円(税抜き)と、手頃な値段なのも嬉しいです。 【新書サイズで、かさばらない】 帯に書かれている文言通り、「薄い、軽い、小さい、でも有能」です!本のサイズは新書と同じ。 ページ数は索引を含めて180ページ。 カフェや図書館で作業する時に持って行くのですが、 カバンに入れてもかさばりません。 そして重くないのが嬉しい。 家では、てにをは辞典と併用して使っています(これもレビューしないとな…)。 てにをは辞典は、分厚くて重たいので、持ち運びは困難。 (辞典特有の匂いが好きです。 よく嗅いでウットリしています。 外でもうっかり、やってしまいそうだから危ない、危ない。 ) 【この辞典の使い方】 この辞典は感情キーワード(目次)、キーワード別単語、索引があります。 自分の中で、しっくり来る言葉が見つからないため、感情キーワードから「嬉しい」などの他の言い方を探すことが多いです。 「嬉しい」でも、例えば「有頂天」などのピンポイントの単語があるけど、 その単語の意味を知りたい時には、私はキーワード別単語から検索。 小説を読んでいて、分からない単語が出てきたら索引で調べています。 【この辞典を使って気がついたこと】 ・細かな感情の違いを学ぶ 私は、細かな感情の違いを知らなかったです。 例えば、「嬉しい」だけでも、この辞典には29もの表現があります。 自分の「嬉しい」は、どれに当てはまるのかを探して、知らない表現を知っていくのが楽しいです。 あと、私は何かしら「切ない」を使いがちだったんです。 だけど、この辞典には「切ない」という表現がありません。 よく考えると「切ない」というのは、「寂しい」、「悲しい」、「胸が痛む」などにも割り振られます。 この辞典を使って、 そういう細かな自分の感情を「切ない」のひとまとめにせず、他の言い換えを考えるキッカケになっています。 ・単語をヒントにして自然な文章を作る 辞典に載っている単語をそのまま使うと、自分の書いた文章のバランスが不自然になることがあります。 文字通り、借り物の言葉になって、その単語だけ浮いちゃいます。 だから、自分の文章とのバランスを考えながら、単語そのものを使うのではなく、 その単語の意味などを「ヒント」にして、自分の言葉で表現できないかなと考えます。 【この辞典の好きなところ】 オノマトペ、やわらかい表現(普段使う親しみのある言葉)、カタカナ(英語)、関連ワードも載っているところが好き。 それを参考やヒントにして、文章を書いています。 【惜しいなと思うところ】 ・惜しいところに入るのかは微妙ですが、索引の文字が小さくて探しにくいです… ・辞典が薄いため、もっと細かくたくさんの表現方法を知りたい人には物足りないかも。 (私は満足しています!) 【一週間使ってみて…】 語彙力があがったのかは分かりません。 でも、 この辞典を読むだけ、そのまま使うだけでは、語彙力はあがらないと思いました。 自分の感情が、どんな言葉に当てはまるのかを落とし込まないといけない気がします。 「辞書なんて、大人になったら、無縁やろな!」と思っていた、学生時代の自分を殴り飛ばしたい。 ちゃんと勉強してこなかったツケが、今やってきて、語彙力が乏しいのです。 なので、この辞典は私の助けになっています。 特に、小説を書く人には使える表現がいっぱい載っているので、良い相棒となってくれそうです。 他にも色んなシリーズが出ているので、自分の悩みに合った辞典をチェックしてみて下さいね。

次の

和の感情ことば選び辞典

感情 ことば 選び 辞典

しっくりくる表現が出てこないときに頼れる「ことば選び実用辞典」に、ついに仲間ができました! 気持ちや人物の特性を表現するための「感情ことば選び辞典」が登場。 創作者はもちろん、ことばを使う人なら誰もが一度は経験する「この思いが伝わらない」もどかしさを解消するための辞典です。 こちらも薄い、軽い、小さいの三拍子でいつでもどこでも使えます。 【本書の特長】 ・キーワードとして「愛」から五十音順に約200語を選出。 五十音だから、調べるときにコツいらず。 ・冒頭にキーワード一覧を掲載。 なんとなく眺めて気になったキーワードからも探せる。 ・収録語にはすべて語義と例文を掲載。 実際の使い方がわかりやすい! ・「このことばの言い換え語がほしい! 」とピンポイントで探したいときのための索引つき。 まして端的に表現するのは至難の業。 登場人物の心情を、ことばを尽くして書いていたら、あっという間に原稿は字数オーバー。 しかも明日が入稿〆切、「新刊を落としました」と呟く未来が見える。 素敵な作品を読んで、作者さまに感想を送りたいけど「やばい」「すごい」「尊い」しか出てこない。 、このことばでは作品への愛が表しきれなくて悔しい。 自分の作品に、創作のモチベーションが上がる感想をもらってお礼を書きたい。 この感謝は、どんなことばで伝わるのだろう。 物書きの悩みは、尽きることがない。 スマホサイズで持ち歩きに便利です。 〆切直前の一分一秒を惜しむときに、電車の中でアイディアを練るのにも使えます。 思考をめぐらすときのパートナーとして、また、新たな表現を捻出する際のおともとして、文章を創作する方々の一助となることを願っています。

次の

大和ことばや和語を収録「和の感情ことば選び辞典」

感情 ことば 選び 辞典

私は物書きでもなければ文章を書く仕事をしているわけでもない、ただのアイドルが好きなをたくです。 もっと言うと、コンサートやドラマの感想を述べたいをたくです。 をたくなら誰しも経験がある、かわいい、美しい姿を見ても 「尊い」「無理」「しんどい」 しか言葉が出てこない現象。 本当はもっと優れた最適な言葉があるのでは!?でも出てこないんです。 この感情に最適な言葉の知識が少ないから。 SNSに感想を述べようにも、語彙力のレパートリーがまぁ少ないこと!って、そんな自分に時に哀しみを覚えてしまいます。 そんな時巡り会えたのがこの辞典。 例えば『かわいい』この言葉を引くだけでも数多の言葉が世の中には存在している。 感想を述べたい時はもちろんですが、何気なく開いてみて「こんな表現もあるのか」と学ぶこともできるので一つ賢くなった 気がします ! 【辞典】と名の付くものですが、片手サイズと大変コンパクトです。 例えばコンサートや舞台、イベントの帰りですぐに感想をSNSに投稿したい!でもこの感想や気持ちを述べるにぴったりな言葉が出て来ない! 安定の『尊い』、『無理』『しんどい』のオンパレード なんて時は、この辞典があれば帰りのバスや電車の中でも、片手にケータイ、片手にこの辞典でそのもどかしい感情を表すのにぴったりの言葉が見つかるかと思います。 この辞典を買った時期はライブや舞台の予定がなかったのですが、近々コンサートの予定があるので、遠征のお供にしたいなと思ってます。 文章を書くヒントになるかと思い、手に取ってみた。 パラパラとめくると、「使ってみたーい!」と思うカッコいい言葉が満載。 なんと言っても、キーワード索引がいい! 「優れる」を引けば27個もの表現があるし、自分の気持ちにピッタリのものが見つかる。 この本、「異彩を放ってる!」 笑ったのが、「鼻毛を読まれる」だ。 「鼻の下を伸ばす」は知っていたけど、その先をいく表現があるとは、、、。 説明も、明快で例文もあってとても分かりやすーい!! このように非常にユーモアのある表現もあるため、暇な時に思わずパラパラとめくりたくなる。 可愛い桃色の表紙に、鳩が1羽。 頼りになる可愛い相棒ができた。 と思ったら、中学生の娘が、「国語で使える!!」と嬉しそうに持っていった。 私の相棒として、もう1冊買おうと思う。 発売日に入手して、その日に読んでしまいました。 今までうまくいかなかったことの原因が 全部書いてあるから、読むのが止まりませんでした。 読み進めていくうちに、未処理の感情が問題を起こす メカニズムが分かってきます。 とても論理的で明解です。 ところで私の悩みは、 「やりたいことが分からない 何をしたらよいのかわからない 意味を見いだせない どう生きればよいのか分からない」 というものでした。 いい歳をした大人が抱える悩みではない、 とも感じていました。 (正直ここに書くのも恥ずかしい) そのことがまた苦しかった。 言い表せないほど。 事例を読んでいくと、 私の未処理の感情の中にも「負けることがとても怖い」という ものがありそうだ、と感じました。 本に沿って、「恐怖」という感情をヒントに悩みの原因を探ります。 すると、なんとなくこんな仮説が立ってきました。 (仮説とはいえ、多分「確からしい」というのは 感情が手掛かりになっているので、ピンとくるものがあります。 ) もしかして・・、 私にとって 「負けない」ことが最優先ならば、 「勝負をしなければ負けることはない」と思っている? (それほどまでに恐怖を感じている) つまり 「勝負を避けるため」に、 意欲が湧かない状態を起こしている? それは無意識で行われているので、 知覚できるレベルでは、 「やりたいことが分からない 何をしたらよいのかわからない 意味を見いだせない どう生きればよいのか分からない」 としか認識できていないのではないか? 自分にはその深い思考回路が分からない。 分からないから、とても苦しい。 ・・ああ、これかも。 「負けるの怖い」 たったこれだけを封じ込めるために、 なんと膨大な力を浪費しているんだろうと 感じずにはいられません。 思考のクセが分かれば、物事へのアプローチを 意識的に変えることができます。 自分には「勝負を避ける傾向がある」 「物事を勝ち負けで考える傾向がある」 ことが認識できたのですから、 これまでとは違うやり方を試すことが できるはずで、起こる結果も当然変わってくると 思います。 さらに興味深いのは、 恐怖と向き合ったご褒美なのか 気持ちが楽になり、無いと思っていた意欲が少しずつ生まれてきたこと。 そして、 そもそもなぜそんなに、「負けることが怖い」んだろう。 そう考える余裕が生まれていたこと。 本には、「大きな気づきに至るには小さな気づきを一つずつ 得ていかなければならない。 」 とあるので、次の気づきに至るための ステップを一つクリアしたのかもしれません。 また、「気づき、ゆるすとき、受け取るものが必ずある」 とも書いてあり、次の気づきが自分に何をもたらしてくれるのか と考えるとワクワクしてきます。 同じ悩みや問題を堂々巡りし、 途方にくれている方に本当におすすめの本です。 「大きい〜」の方を購入しました。 最近は、手書きで文章を書くことがめっきり減りました。 代わりに台頭しているパソコンやスマホでは、キーボードにひらがなを打ち込むだけで、 日本語変換システムが正しい漢字へと変換してくれます。 しかし「自分はどういった理由でその言葉を選んでいて、どの漢字を使うべきなのか」は、 今でも人間がパソコンなどに指示してやる必要がありますよね。 「謝る」と「誤る」ぐらいならすぐに分かりますが、「これってどっちだっけ?」と 首をひねってしまう表現があるのも事実。 ネットで検索しようにも、複数の言葉の意味を突き合わせるのは、案外面倒なものです。 そこで、当書です。 それぞれの言葉の意味が列挙する形で記載されており、楽に内容の比較が行なえます。 日本語変換システムの予測変換リストとにらめっこして「どっちだろう……」と悩むことが多い方に、 おすすめしたい書籍です。 これは、 岩波国語辞典 第六版 に、それを補完する 岩波新漢語辞典 第二版 類語情報 冊子版は未刊行 が付属したもの。 岩国は、相変わらずシンプルな語釈で、一から十まで、さらにその周辺まで書いてあるというような親切な辞書ではない。 誤解を恐れずに書けば、8割書いてあれば何とかなる、という大人むけの辞書だ。 対極にあるのが、しつこいほど自己主張する新明国だろう 第六版になり、新語・カタカナ語も多く取り入れており、確かに有意義な改訂である。 類語情報は、類語辞典とかシソーラスと名乗っていないことから、本格的なものでないと予想できると思うが、ある語に関連する岩国の見出し語がリストアップされるというもの。 もちろん、岩国の見出し語以外の多くの語で検索できるが、その類語として提示される語は岩国の見出し語に限られる。 本当の類語辞典のようにそれらの語彙の使い分けが書いてあるわけではないので、必要なら、各々の語釈を読み込む必要はあるだろう。 もちろん、語彙の規模も類語辞典に敵わないが、「小さな岩国も意外に語彙が豊富だな」と感心させてくれるし、一般的には充分実用的な規模だと思う。 ただ、類語辞典の類は自分の語彙や興味のある分野とマッチしなければならないので個人差はある。 漢語辞典は漢和辞典ではないので、漢文を読むような用途には合わない。 主に日本で使われる漢字が親字で、それについての情報と、その文字を使った日本語の漢語がシンプルに解説されているもの。 日本語のための漢語辞典というわけだ。 PCで作文するとき、広辞苑や大辞林のような大きな辞書が簡単に使えるようになったため、つい、それらを使ってしまうが、自分の語彙を超えた、使い慣れない語を使ってしまいかねない。 岩国に載っていないような語彙を闇雲に使うことは避け、それより、岩国と漢語辞典で自分の用法が間違っていないか確認するようにすれば、誰も勘違いすることのない、自然で実用的な文章が書けるのかもしれない。 このCD-ROMを制作した岩波側の意図もそこにあるのだと思う。 もちろん、文学作品は別だが したがって、最初に購入するPC用の辞書として、また、PDAなどで使用する辞書として大人が使うのであれば、最適な一枚である。 しかし、PC用の辞書をいくつも揃えているような方であれば、趣味と用途で判断して欲しい。 この辞典のシリーズは大きな字の方の感情ことば選び辞典と、ことばの結びつき辞典を持っているのですが、エヴァとのコラボが出ると知り、前述の2種は既に持っているしなあと思って、難読漢字選び辞典は持ってないから、個人的にカヲル君は一番好きなキャラなので、試しでコレだけ購入しましたが、私的に想像以上でした。 サイズも大きな字の方と同じだし(元々、通常の方の感情ことば選び辞典を買ったものの、字が小さすぎて不満で、大きな字の方を買い直しました)、ケースが付いてるのも保存的に助かるし、カバーもエヴァ機で、最初のカラーページもエヴァ好きにはたまらないし、目次が第壱部、第弐部と記述されていて、エヴァ好きならニヤリとさせられます。 本文の内容は通常版と変わらないのかな?と思いますが、エヴァ知ってる方には保存のし易さからみても、大きな字の通常版と大して価格も変わらないのでおすすめです!興味無い方も、ケース収納したい方はコチラが良いかもです。

次の