平素 は 意味。 「平素」の読み方、意味、ビジネスメールなどの使い方、類語、英語を紹介!

「平素は」の意味と使い方・例文・「平素より・日頃は」の違い

平素 は 意味

[スポンサードリンク] 基礎 意味 「普段から」、「日ごろから」を丁寧に表現した言葉。 上手に使うには 敬語に含まれる表現の一つで、ビジネスメールやホームページで告知を掲載する時に使用される言葉です。 要件を相手に伝える前の冒頭の挨拶として使われる表現方法で、「平素より大変お世話になっております。 (要件)。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 」という流れが基本パターンとなっています。 さらに丁寧に表現する場合は、「拝啓」を文の初めに、「敬具」を文の終わりに添えるようにしてください。 ただし「平素は」の場合は、「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」という流れが基本のため、「平素より」と表現の仕方が違っているので注意が必要です。 また面識がまだない相手に「平素より(平素は)」を使用すると違和感のある文章となってしまうため、別の表現で挨拶するようにしてください。 本日は要件があり、突然ながらメールをお送りさせて頂きました。 使い方/例文 「平素より~~ありがとうございます。 」の様々なパターン 平素よりお世話になっております。 平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。 平素よりなにかとお心にかけていただき、誠にありがたく存じます。 平素より弊社商品をご愛用頂き、誠にありがとうございます。 メールでのやり取り(社員同士、客対応)の時に 平素より大変お世話になっております。 よろしくお願い致します。 前略、森下様。 平素よりお世話になっております、飯渕です。 この度、1週間ほどの休暇をいただくことになりましたので、この期間の仕事依頼についてはお控え頂けますと幸いです。 関係者各位 拝啓 平素より格別のご愛顧を賜わり厚く御礼申し上げます。 本日より休業とさせて頂きます。 暫くの間ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 敬具 拝啓、佐原様。 平素よりお世話になっているお客様との合同BBQを土曜日に行いました。 天気にも恵まれ、素敵な具材に囲まれ、最高の休日を過ごさせていただきました。 平素より弊社製品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 ご注文頂いた商品が本日、発送されました。 2日ほどの到着予定です。 よろしくお願いします。 平素よりIrumiをご愛顧頂きありがとうございます。 この度は店頭STAFFの応対でお客様に不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございません。 時間や日程などの変更を告知する時に 平素より、AWYAレストランをご利用くださいまして誠にありがとうございます。 この度、通常営業の時間を変更させていただくことになりました。 ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 平素より格別のお引き立てを賜りまして、有難う御座います。 この度、スマートフォンからもご覧いただきやすいようホームページをリニューアルしました。 一度ご確認のほどをよろしくお願いします。 平素より当スタジオをご利用頂き有り難う御座います。 7月30日(土)は隅田川花火大会開催の為、交通規制等を鑑み18:00までの営業とさせて頂きます。 ご不便をお掛けしますが何卒ご了承くださいませ。 平素よりSNOWINをご利用いただき、ありがとうございます。 誠に勝手ながら、本日5月31日(火)はスタッフ研修のため18:30までの営業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。 法定点検及び館内メンテナンス作業の為 全館休業とさせていただきます。 お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご協力とご理解の程よろしくお願い申し上げます。 「平素は」を使う場合 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 平素は三越クライミンググッズ店を、ご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 平素はお引立てを賜りありがとうございます。 先日は、お客様には大変不快な思いをお掛け致しまして、大変申し訳ございませんでした。 心より厚くお詫び申し上げます。 平素は何かとお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。 弊店は皆様のおかげを持ちまして本日二周年を迎える事になりました。 これもひとえにお得意様のごひいきの賜物と深く感謝申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 このたびは、告知内容の件でご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。 何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申しあげます。 誠に勝手ながら下記の2日間を臨時休業とさせていただきます。 ご不便をお掛けいたしますが何卒ご了承くださいませ。

次の

「平素」の読み方、意味、ビジネスメールなどの使い方、類語、英語を紹介!

平素 は 意味

「平素」は、丁寧な表現で、ビジネスシーンで良く用いられます。 その例をいくつか見ていきましょう。 「お世話になっております」「よろしくお願いいたします」などと同じように、本文に添えて印象を良くする効果のある言葉ですので、使い方をしっかり押さえておきましょう。 ビジネスメールの挨拶文 本題に入る前に、「いつもお世話になっております」という意味の挨拶を置く場合に、「いつも」の丁寧な表現として「平素」が用いられます。 ビジネスメールは何か目的があって送りますが、いきなり業務内容に入ってしまっては「事務的」「形式的」と受け取られてしまいますので、必ず挨拶文を置きましょう。 「平素」を使った挨拶は最もよく見かける表現の1つです。 ホームページ上の告知の挨拶文 企業のホームページなどで、サービス内容の変更や新商品の告知を行う際に、メールと同じように本題の前に「平素」を用いた挨拶文が置かれることがあります。 ホームページを訪れる人は、サービス利用者や商品の購入者など、何らかの形で運営側と関わっている人たちです。 そのため、「普段から」お世話になっている、という感謝を込めた挨拶が行われます。 口語表現で使われることは少ない 「平素」は話し言葉ではあまり使われません。 口語では「普段よりお世話になっております」「いつもありがとうございます」のように表現します。 ビジネスシーンでは取引先との会話で使う人もいるので、口語で使うのは間違いとは言い切れませんが、比較的文語調の堅い表現であると認識しておきましょう。 「平素」を使った例文 それでは、実際にどのように「平素」が使われるのか、以下の例文を参考に見ていきましょう。 どの例文も、普段から面識のある相手に使うということは共通しています。 また、「普段から良い関係を続けていただき、ありがとうございます」という感謝の気持ちを表し、「相手にしていただいたご厚意」を表す言葉とともに使われることが多いです。 例文1「平素より格別のご高配を賜り」 「日ごろから特別なご配慮をいただき、ありがとうございます」という意味の挨拶文です。 ビジネスメールの冒頭で頻繁に使われる表現です。 「格別」は「特別な」、「ご高配」は「配慮」に対する敬語表現です。 「ご贔屓にしていただきありがとうございます」と似た意味を表し、感謝の気持ちが強く含まれています。 例文2「平素よりお世話になっております」 「いつもお世話になっております」「普段からお世話になっております」の文語調の表現です。 この表現は、ビジネス以外にも学校での先生と保護者のやり取りなどで良く使われます。 「お世話になっております」という言葉自体に「面倒を見ていただいて、ありがとうございます」という感謝の気持ちが含まれています。 例文3「平素より弊社商品をご愛用頂き」 「普段から私どもの会社の商品を好んで使用していただき」という意味です。 メーカー企業から消費者に向けてのメッセージの挨拶文として用いられます。 「愛用」という言葉は「好んでいつも使う」という意味であり、「普段から」というニュアンスがあります。 この例文での「平素」は「特別でない日常」という意味を添えて強調していると考えて良いでしょう。 例文4「平素よりお世話になっているお客様」 「普段からサービスをご利用いただいているお客様」=「お得意様」という意味です。 会員など、一般の顧客よりもサービスの利用頻度が高い消費者に向けて使います。 「平素よりお世話になっているお客様には特別にクーポンを差し上げます」のように、何か特典の申し出をする際に多く使われます。 「平素」という言葉を使いつつ、「特別」という意味を暗示しています。 例文5「平素はお引き立てを賜り」 「普段からごひいきにしていただき」という意味です。 「お引き立て」は「ひいき」、「賜り」は「もらう」の敬語表現です。 よく耳にする「お引き立てをいただき」も同じ意味を表します。 「平素は」という表現は「いつもは~だった(今はそうではない)」という意味ではなく、「平素より」と同じように「普段から(今も)」という意味になります。 例文6「平素は格別のご愛顧を賜り」 「平素」は敬語のなかで「丁寧語」という部類に入り、相手への敬意を表すためには他の尊敬語や謙譲語を併せて用いる必要があります。 「です」「ます」と同じ部類です。 また、例文にも出ていた「平素は~」の表現はそのあとに続く言葉によっては誤用になることもあるので、例文どおりに使うのが良いでしょう。 「平素より」は比較的自由に用いることができます。 面識がない相手には使用しない 「平素」には、「日頃=いつも」という意味があるため、初対面や面識が無い相手には使いません。 むやみに使うと「図々しい」という印象を与えてしまうこともあります。 「平素」は丁寧な挨拶言葉ではありますが、初対面の人や面識が無い人には使用しない方が良いと言えます。 あくまでも「普段から」お世話になっている人への感謝を表すときに使う言葉です。 ひとえに「敬語表現」と言っても、「平素」のような「丁寧語」や「賜る」のような「尊敬語」、「差し上げる」のような「謙譲語」と種類はさまざまです。 誤った使い方をすると、相手への敬意を表すつもりで逆に相手を卑下するような言い方になってしまうこともあります。 大切なビジネスシーンで相手との関係を悪化させてしまう事態に陥らないために、一度自分の敬語の使い方、マナーを見直してみませんか? 「普段」「どんなときでも」という意味で、さまざまな場面で広く使われる言葉です。 日常生活で使うことも多いでしょう。 漢字で「何時も」と書き、文字どおり「いかなる時も」という意味です。 「平素」よりカジュアルで、友達同士の会話などでもよく使われる表現です。 ただし、かなり簡単な表現ですので、ビジネスシーンでは少々稚拙な印象を与える可能性もあります。 「常日頃から」 「普段から」「日常的に」という意味です。 「平素」と同じようにビジネスシーンでも良く用いられる表現です。 「常に」と「日頃から」という、「いつも」という意味を示す2つの言葉が併せて使われることで、「どんな時でも」という意味を強調しています。 「普段から」 「いつも」「日常生活で」という意味です。 「絶え間なく常に」というニュアンスがあります。 もともとは「絶え間なくいつまでも続く」という意味で「不断」と書いていたものに「日常」という意味が加わり、当て字で「普段」と書くようになりました。 このことから、「普段」は「不断」の意味も受け継がれています。 「常々」 「いつも」「普段」という意味です。 また、場合によっては「しきりに」「繰り返し」という意味を表すこともあります。 「普通の状態」という意味の「常」が重ねられることで「いつも」という意味を強調しています。 また、「~について常々話していた」という風に使う場合は、「頻度が多いこと」「日常的に何度も」という意味を含みます。 「恒常的に」 「変わらず」「一定の状態で」という意味です。 「いつも変わらず」という意味から、「普段から」「日常的に」という意味として使うことができます。 「恒常」は「変わらずに一定であること」という意味です。 また、一定である期間が無限に続くというイメージがあります。 「平素」の意味を理解して、正しく使おう ビジネスシーンで多用される「平素」は「普段」「いつも」の丁寧な表現で、比較的親しい間柄で使われます。 使うべき相手ではない人に使ってしまうと悪い印象を与えることもあるので、意味を理解し、正しく使いましょう。 「平素」はビジネスでは口語でも使われますが、基本的には文語の挨拶表現です。 誤った文章が後々まで残らないよう、用法を確認しましょう。 ビジネス文書を正しく書こう ビジネス文書の良し悪しは、本文の内容が理路整然として伝わりやすいことはもちろん、相手との関係を円滑にする挨拶表現をうまく使えるかどうかにかかっています。 メールは相手の顔が見えない分、誤解を招きやすい媒体でもあります。 思わぬところで評価を下げてしまわないよう、書き方をきちんと押さえておきましょう。

次の

「平素より/平素は」とは?意味と使い方を知る

平素 は 意味

「平素」は、丁寧な表現で、ビジネスシーンで良く用いられます。 その例をいくつか見ていきましょう。 「お世話になっております」「よろしくお願いいたします」などと同じように、本文に添えて印象を良くする効果のある言葉ですので、使い方をしっかり押さえておきましょう。 ビジネスメールの挨拶文 本題に入る前に、「いつもお世話になっております」という意味の挨拶を置く場合に、「いつも」の丁寧な表現として「平素」が用いられます。 ビジネスメールは何か目的があって送りますが、いきなり業務内容に入ってしまっては「事務的」「形式的」と受け取られてしまいますので、必ず挨拶文を置きましょう。 「平素」を使った挨拶は最もよく見かける表現の1つです。 ホームページ上の告知の挨拶文 企業のホームページなどで、サービス内容の変更や新商品の告知を行う際に、メールと同じように本題の前に「平素」を用いた挨拶文が置かれることがあります。 ホームページを訪れる人は、サービス利用者や商品の購入者など、何らかの形で運営側と関わっている人たちです。 そのため、「普段から」お世話になっている、という感謝を込めた挨拶が行われます。 口語表現で使われることは少ない 「平素」は話し言葉ではあまり使われません。 口語では「普段よりお世話になっております」「いつもありがとうございます」のように表現します。 ビジネスシーンでは取引先との会話で使う人もいるので、口語で使うのは間違いとは言い切れませんが、比較的文語調の堅い表現であると認識しておきましょう。 「平素」を使った例文 それでは、実際にどのように「平素」が使われるのか、以下の例文を参考に見ていきましょう。 どの例文も、普段から面識のある相手に使うということは共通しています。 また、「普段から良い関係を続けていただき、ありがとうございます」という感謝の気持ちを表し、「相手にしていただいたご厚意」を表す言葉とともに使われることが多いです。 例文1「平素より格別のご高配を賜り」 「日ごろから特別なご配慮をいただき、ありがとうございます」という意味の挨拶文です。 ビジネスメールの冒頭で頻繁に使われる表現です。 「格別」は「特別な」、「ご高配」は「配慮」に対する敬語表現です。 「ご贔屓にしていただきありがとうございます」と似た意味を表し、感謝の気持ちが強く含まれています。 例文2「平素よりお世話になっております」 「いつもお世話になっております」「普段からお世話になっております」の文語調の表現です。 この表現は、ビジネス以外にも学校での先生と保護者のやり取りなどで良く使われます。 「お世話になっております」という言葉自体に「面倒を見ていただいて、ありがとうございます」という感謝の気持ちが含まれています。 例文3「平素より弊社商品をご愛用頂き」 「普段から私どもの会社の商品を好んで使用していただき」という意味です。 メーカー企業から消費者に向けてのメッセージの挨拶文として用いられます。 「愛用」という言葉は「好んでいつも使う」という意味であり、「普段から」というニュアンスがあります。 この例文での「平素」は「特別でない日常」という意味を添えて強調していると考えて良いでしょう。 例文4「平素よりお世話になっているお客様」 「普段からサービスをご利用いただいているお客様」=「お得意様」という意味です。 会員など、一般の顧客よりもサービスの利用頻度が高い消費者に向けて使います。 「平素よりお世話になっているお客様には特別にクーポンを差し上げます」のように、何か特典の申し出をする際に多く使われます。 「平素」という言葉を使いつつ、「特別」という意味を暗示しています。 例文5「平素はお引き立てを賜り」 「普段からごひいきにしていただき」という意味です。 「お引き立て」は「ひいき」、「賜り」は「もらう」の敬語表現です。 よく耳にする「お引き立てをいただき」も同じ意味を表します。 「平素は」という表現は「いつもは~だった(今はそうではない)」という意味ではなく、「平素より」と同じように「普段から(今も)」という意味になります。 例文6「平素は格別のご愛顧を賜り」 「平素」は敬語のなかで「丁寧語」という部類に入り、相手への敬意を表すためには他の尊敬語や謙譲語を併せて用いる必要があります。 「です」「ます」と同じ部類です。 また、例文にも出ていた「平素は~」の表現はそのあとに続く言葉によっては誤用になることもあるので、例文どおりに使うのが良いでしょう。 「平素より」は比較的自由に用いることができます。 面識がない相手には使用しない 「平素」には、「日頃=いつも」という意味があるため、初対面や面識が無い相手には使いません。 むやみに使うと「図々しい」という印象を与えてしまうこともあります。 「平素」は丁寧な挨拶言葉ではありますが、初対面の人や面識が無い人には使用しない方が良いと言えます。 あくまでも「普段から」お世話になっている人への感謝を表すときに使う言葉です。 ひとえに「敬語表現」と言っても、「平素」のような「丁寧語」や「賜る」のような「尊敬語」、「差し上げる」のような「謙譲語」と種類はさまざまです。 誤った使い方をすると、相手への敬意を表すつもりで逆に相手を卑下するような言い方になってしまうこともあります。 大切なビジネスシーンで相手との関係を悪化させてしまう事態に陥らないために、一度自分の敬語の使い方、マナーを見直してみませんか? 「普段」「どんなときでも」という意味で、さまざまな場面で広く使われる言葉です。 日常生活で使うことも多いでしょう。 漢字で「何時も」と書き、文字どおり「いかなる時も」という意味です。 「平素」よりカジュアルで、友達同士の会話などでもよく使われる表現です。 ただし、かなり簡単な表現ですので、ビジネスシーンでは少々稚拙な印象を与える可能性もあります。 「常日頃から」 「普段から」「日常的に」という意味です。 「平素」と同じようにビジネスシーンでも良く用いられる表現です。 「常に」と「日頃から」という、「いつも」という意味を示す2つの言葉が併せて使われることで、「どんな時でも」という意味を強調しています。 「普段から」 「いつも」「日常生活で」という意味です。 「絶え間なく常に」というニュアンスがあります。 もともとは「絶え間なくいつまでも続く」という意味で「不断」と書いていたものに「日常」という意味が加わり、当て字で「普段」と書くようになりました。 このことから、「普段」は「不断」の意味も受け継がれています。 「常々」 「いつも」「普段」という意味です。 また、場合によっては「しきりに」「繰り返し」という意味を表すこともあります。 「普通の状態」という意味の「常」が重ねられることで「いつも」という意味を強調しています。 また、「~について常々話していた」という風に使う場合は、「頻度が多いこと」「日常的に何度も」という意味を含みます。 「恒常的に」 「変わらず」「一定の状態で」という意味です。 「いつも変わらず」という意味から、「普段から」「日常的に」という意味として使うことができます。 「恒常」は「変わらずに一定であること」という意味です。 また、一定である期間が無限に続くというイメージがあります。 「平素」の意味を理解して、正しく使おう ビジネスシーンで多用される「平素」は「普段」「いつも」の丁寧な表現で、比較的親しい間柄で使われます。 使うべき相手ではない人に使ってしまうと悪い印象を与えることもあるので、意味を理解し、正しく使いましょう。 「平素」はビジネスでは口語でも使われますが、基本的には文語の挨拶表現です。 誤った文章が後々まで残らないよう、用法を確認しましょう。 ビジネス文書を正しく書こう ビジネス文書の良し悪しは、本文の内容が理路整然として伝わりやすいことはもちろん、相手との関係を円滑にする挨拶表現をうまく使えるかどうかにかかっています。 メールは相手の顔が見えない分、誤解を招きやすい媒体でもあります。 思わぬところで評価を下げてしまわないよう、書き方をきちんと押さえておきましょう。

次の