ウーバー 銀行登録できない。 ウーバーイーツの銀行口座の登録・変更方法とおすすめ銀行

【副業】Uber Eats (ウーバーイーツ)銀行口座の登録方法|ゲーム会社員の副業雑記

ウーバー 銀行登録できない

銀行口座情報の更新をお願いします。 銀行口座情報に 「カタカナ表記の氏名」及び 「口座の種類」に関する情報登録が必須となります。 上記の情報が追加されていない場合、 今後の送金が適切に行われなくなる場合があります。 とありました。 僕のエラーはこのメッセージが届く前に出ていましたが、内容はここに書かれているものと同じでした。 てか、 怖すぎるだろ!! 今後の支払いがされないって!なんのために働いているの?って感じ。 このエラーは配達パートナー全員に出ているのかはわかりませんが、もしまだ確認をしていないという人は、すぐにチェックしておくことをオススメします。 というわけで、以下に詳しいエラーの確認・解除の仕方を書いていきますので、参考にしてください。 エラーが出ているか確認する方法 そもそも、エラーが出ているかどうか確認する方法から見ていきます。 エラ ーの有無の確認はアプリからでも可能です。 まず、ドライバーアプリを立ち上げ、右上の自分の写真をタップします。 すると、自分が登録している銀行口座の情報が出てくると思います。 この画面で赤いエラーマークが出ていたら、以下の方法で銀行口座情報を更新する必要があります。 (ここにエラーマークがなくても、念のために、ブラウザからパートナーサイトに行って確認したほうが確実ではあります。 お金のことなので。 ) 銀行口座情報のエラーを解除する方法 エラーがあった場合は、以下の手順でエラーを解除してください。 まず、ブラウザからへアクセスし、ログインします。 トップ画面で、「銀行口座情報」をクリックします。 僕の場合は、 氏名の「カタカナ」部分が空欄になっていたのでカタカナで入力しました。 ちなみに、姓と名の間は、全角スペースだとエラーがでるので英語入力モードとかにして半角スペースを入力するといいですよ。 次に、僕がエラー修正が必要だったのは、 「口座の種類」の項目。 ここは選択式(普通、当座、貯蓄)になっているので、自分の登録口座のものを選びましょう。 これらが入力できたら、最後に忘れずに「送信」を押して終了です! まとめ:振込み関係は致命的!しっかり確認しておこう! というわけで、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの銀行口座情報エラーの修正方法について書いてきました。 Uber側からの連絡にもあったように、この情報修正をしっかりとしないと「お金が振り込まれない」可能性があるので、必ずやっておきましょう! 内容は、僕の場合、 「カタカナで氏名のふりがなの記載」「口座の種類の選択」のみだったので、作業としてはかなり簡単でした。 人によってはエラー内容が違うかもしれませんので、そこは各自でしっかり確認してもらえればと思います! \自由な働き方をいち早く体験しよう/.

次の

【簡単】Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録できない原因と解決方法

ウーバー 銀行登録できない

Web登録の仕方と必要なもの Web登録に必要なもの 配達で使う車両(自転車or原付バイク)によって必要な書類が異なります。 ご自分が使う配達車両の必要書類をチェックしましょう! 自転車• 身分証明書の写真• 顔写真• 外国籍の方はパスポートまたは在留カードの写真 原付バイク• 身分証明書の写真• 顔写真• 外国籍の方はパスポートまたは在留カードの写真• 運転免許証の写真• 自賠責保険証の写真• 車両ナンバーの写真 登録可能な身分証明書• 運転免許証• パスポート• マイナンバーカード• 住民基本台帳カード• 学生証と健康保険証(学生限定)• 登録できない場合は 「このメールアドレスはUberに登録済みです」というエラーが表示され、登録が出来ないという事があります。 下記のケースに当てはまる方は対処法を確認してください。 Uber Eatsのユーザー(注文者)の方• Uber(タクシー配車サービス)のユーザーの方• Uber(タクシー配車サービス)のドライバーの方• Uber Eats配達パートナーWeb登録を途中でやめてしまった方 いずれのケースも過去に 同じ電話番号やメールアドレスでUberおよびUber Eatsに登録したことがあるか、サービスを利用したことがある方になります。 登録できない時の対処法 一番手っ取り早い方法は、「 登録センターに行きセンターのスタッフに相談」するのが一番確実ですが、登録センターに行く時間が無い方は下記の方法をお試しください。 紹介者氏名• 紹介者電話番号• 招待コード Uber Eatsに登録できない場合の対処方法の詳細は下記の記事を参考にしてください。 Webを済ませればすぐに登録会に参加可能です。 事前の予約は不要ですのでいきなり行っても大丈夫です。 企業の面接のような堅苦しいものではありませんので、服装はカジュアルで大丈夫です。 登録会に必要な持ち物 必ず必要な持ち物• スマートフォン• 身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード のいずれか)• 振込先銀行口座がわかるキャッシュカード• 外国籍の場合は、 在留カードが必要になります 念のため持っていくべきもの• また、配達バッグの在庫が足りなく後日郵送ということもあるようなので、その日のうちに配達をしたい方は行ってみて確認するしかなさそうです。 報酬は海外からの振込となるため入金の遅れや入金の電話確認などが、その他の銀行(三井住友銀行、みずほ銀行)では必要になる場合があります。 また、ゆうちょ、ネット銀行、信金などの口座は登録できない場合があります。 この時に不明な点があれば質問も受け付けてくれます。 依頼が来やすくなりますので、ピークタイムの時間に合わせて本登録を終えると効率良く依頼が受けられると思います。 わかる範囲でご回答させていただきます。 電動自転車でも可能ですか? A,はい、電動自転車でも登録・配達が可能です。 電動キックボードでも可能ですか? A,配達パートナーWeb登録時にキックボードの選択項目はありません。 キックボードの配達が認められているかはわかりませんので、Uberサポートへお問い合わせいただくかご自身でご判断ください。 事故が起きた時はどうしますか? 保険はできますか? A,けが人がいる場合は安全な場所へ避難し、必要であれば救急車を呼んでください。 その後すぐに警察へ連絡し指示に従ってください。 配達中であればUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー向けの保険が適用されますのでUberに連絡してください。

次の

【副業】Uber Eats (ウーバーイーツ)銀行口座の登録方法|ゲーム会社員の副業雑記

ウーバー 銀行登録できない

銀行口座登録について Uber Eatsの配達パートナーとして働くには、• ネットで仮登録• 登録会に行き本登録 の二つの手順が必要です。 ネットで仮登録をする際、銀行口座の登録が必要となっています。 口座登録に推奨される銀行 配達パートナーの登録口座は、• 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行 を登録するのが推奨されています。 この2行なら、翌週火曜か水曜には振り込まれます。 その他の銀行だと入金が遅れたり、そもそも登録すらできなかったりするのでご注意ください。 2行が推奨される理由は、配達パートナーの報酬が、海外の口座から振り込まれるため。 海外送金という扱いになるので、海外送金に対応していない銀行だと受け取れません。 「三菱UFJ」「三井住友」の口座なら確実に受け取れるので、ウーバーとしても推奨しているのです。 こんな感じで、ドイツ銀行から振り込まれたりします。 手っ取り早く登録するためにも、2つのどちらかの銀行口座を登録しましょう。 利用できない銀行 確実に「利用できない」と公表されている銀行もあります。 それは• ゆうちょ銀行• 信用金庫• 各種ネット銀行 です。 公式の説明にも記載がある通り、これらの口座は利用したくても口座登録できないので気をつけましょう。 その他の銀行 ここまでに記載のなかった銀行は、• 登録できない• 登録できるけど入金が遅れたり、追加の手続きが必要 という銀行です。 自分の銀行が登録できるかは、登録会の時にスタッフの方に聞けます。 気になる方はキャッシュカードなどを持って登録会へ行きましょう。 具体的な登録手順 ではここから登録の手順を解説していきます。 このページをPCやタブレットで見つつ、スマートフォンで操作していくと分かりやすと思います。 ややこしい点もあるので、分からないことは登録会で聞けばOKです。 自分のウーバーアカウントにログインする スマートフォン、またはPCなどから、パートナーページへアクセスします。 メールアドレス• パスワード を入力して「次へ」を押します。 ログインができたら、• 「銀行口座情報」を押す• 「銀行口座の詳細な情報」と表示されるので、「追加」を押す すると銀行口座の情報を入力するフォームが出てくるので、入力していきます。 登録フォームへの入力 まず全体的な注意点として、口座情報は「英語で」入力する必要があります。 「鈴木 太郎」なら「Taro Suzuki」といった感じ。 住所の表記も英語式で入力が必要なので注意してください。 氏名の入力 それでは具体的に見ていきます。 名と姓の間には、スペースを空ける• 住所の入力 次に「住所」の記載に移ります。 「住所」欄に、英語式で住所を記載する• 「番地・部屋番号」から書いて、「恵比寿」「渋谷」と、住所の後ろから入力していくイメージ。 「マンション名」などは入力しなくてOKです。 「日本式住所を英語式住所に変えてくれる」サイトがあるので、使うのもありです。 住所の入力が終わったら、• 「名義人都道府県」欄に、都道府県名をアルファベットで入力する• 「名義人郵便番号」欄に、郵便番号を入力する となっています。 先ほどの住所の続きといった感じで、銀行口座に登録している住所の「都道府県」と「郵便番号」を入力します。 なおこちらも英語表記のため、「東京」なら「Tokyo」と入力しましょう。 金融機関の入力 最後に銀行名などの情報を入れていきます。 「金融機関名」欄に、日本語で銀行名を入力する• ドロップダウンメニューが現れ、銀行名が表示されるので、選択する ゆうちょ銀行など、そもそも登録ができない銀行は、ドロップダウンが現れません。 「支店コード」欄に銀行の支店コードを入力する 「三菱UFJ銀行 丸の内支店」なら「002」といった感じで、支店ごと決められた番号があります。 支店コードについては、以下のようなサイトも参考になります。 コードの入力が終わったら次の手順へ。 「銀行口座番号」欄に、口座番号を半角英数で入力する• 「口座の種類」蘭に、「普通」「当座」「貯蓄」から一つ選択する• 「金融機関コード」欄に、登録した銀行の「金融機関コード」を入力する 口座の種類は「普通」が一般的ですが、分からなければ通帳などを見てみましょう。 また「金融機関コード」とは、銀行ごとに与えられたコードのことで、三菱UFJ銀行なら「0005」、三井住友銀行なら「0009」などと決まっています。 分からなければ以下のようなサイトも参考になります。 最後に ここまでで入力が完了したら、下の方にある「送信」を押して終了です。 お疲れ様でした。 入力で分からない箇所がある場合は、登録会でスタッフの方が教えてくれるのでご安心ください。 自分が登録会へ参加した時は 「口座登録で分からないことがあった人は、この後残って質問してください」 などの案内があり、とても分かりやすかったです。 (新宿パートナーセンター) 注目されている記事.

次の