少年 隊 錦織 一 清。 「たまむすび/おもしろい大人」2012年5月3日放送分: NCK ADDICTION

「たまむすび/おもしろい大人」2012年5月3日放送分: NCK ADDICTION

少年 隊 錦織 一 清

「影響を受けたのはジャニー喜多川とつかこうへいだと思っている」。 こう語るのは少年隊の錦織一清(50)。 歌手や俳優として活動することの多いジャニーズタレントの中では珍しく、近年は主に舞台の演出家として活躍している。 それに影響を与えたのが前述の2人というわけだ。 ジャニー喜多川氏(83)といえば、錦織も所属するジャニーズ事務所の社長。 数多くのタレントを輩出し、演出家として今もなお第一線で活躍している。 錦織も「10、20代の多感な時期に、1番一緒にいたのがジャニーさん。 だから体のどこを切ってもジャニーさん」と語るほど影響を受けた。 そしてもうひとり、薫陶を受けたのが、日本を代表する演出家のひとりである故つかこうへいさん(享年62)。 錦織は1999年につかさんの名作舞台「蒲田行進曲」で主演して以来、これまで数度、つか作品に出演。 信頼は厚く、晩年のつかさんが「演出家の二代目を継がせるなら錦織」と語ったほどだという。 錦織いわく、ジャニー氏とつかさんの共通点は「役者の一番いいところを引き出すのがうまいところ」。 現在、錦織は演出を担当する舞台「あゝ同期の桜」(7月10~13日、東京・有楽町のニッポン放送イマジン・スタジオ)の稽古の真っ最中。 記者は少し、その様子を見学させてもらったのだが、とても明るい雰囲気で、活気のある稽古場だった。 初めて舞台の稽古というものを見させていただいたのだが、イメージでしていたピリピリムードとは真逆。 錦織は俳優の立ち位置までいって身ぶり手ぶりで教え、冗談を交えながら笑いの絶えない現場だった。 頭がリラックスしていた方が集中力が高まると思う」と錦織。 なるほど、これが、錦織の「一番いいところを引き出す方法」か、と思った。 2人の異才のイズムを受け継ぐ錦織が、どんな芝居を演出していくのか、注目していきたい。 (GJ).

次の

2017明治座「おんなの家」で好演した少年隊の錦織一清さんが渡鬼の菊村康史だった時代

少年 隊 錦織 一 清

「影響を受けたのはジャニー喜多川とつかこうへいだと思っている」。 こう語るのは少年隊の錦織一清(50)。 歌手や俳優として活動することの多いジャニーズタレントの中では珍しく、近年は主に舞台の演出家として活躍している。 それに影響を与えたのが前述の2人というわけだ。 ジャニー喜多川氏(83)といえば、錦織も所属するジャニーズ事務所の社長。 数多くのタレントを輩出し、演出家として今もなお第一線で活躍している。 錦織も「10、20代の多感な時期に、1番一緒にいたのがジャニーさん。 だから体のどこを切ってもジャニーさん」と語るほど影響を受けた。 そしてもうひとり、薫陶を受けたのが、日本を代表する演出家のひとりである故つかこうへいさん(享年62)。 錦織は1999年につかさんの名作舞台「蒲田行進曲」で主演して以来、これまで数度、つか作品に出演。 信頼は厚く、晩年のつかさんが「演出家の二代目を継がせるなら錦織」と語ったほどだという。 錦織いわく、ジャニー氏とつかさんの共通点は「役者の一番いいところを引き出すのがうまいところ」。 現在、錦織は演出を担当する舞台「あゝ同期の桜」(7月10~13日、東京・有楽町のニッポン放送イマジン・スタジオ)の稽古の真っ最中。 記者は少し、その様子を見学させてもらったのだが、とても明るい雰囲気で、活気のある稽古場だった。 初めて舞台の稽古というものを見させていただいたのだが、イメージでしていたピリピリムードとは真逆。 錦織は俳優の立ち位置までいって身ぶり手ぶりで教え、冗談を交えながら笑いの絶えない現場だった。 頭がリラックスしていた方が集中力が高まると思う」と錦織。 なるほど、これが、錦織の「一番いいところを引き出す方法」か、と思った。 2人の異才のイズムを受け継ぐ錦織が、どんな芝居を演出していくのか、注目していきたい。 (GJ).

次の

「つかこうへい よみがえる伝説の舞台」: NCK ADDICTION

少年 隊 錦織 一 清

「影響を受けたのはジャニー喜多川とつかこうへいだと思っている」。 こう語るのは少年隊の錦織一清(50)。 歌手や俳優として活動することの多いジャニーズタレントの中では珍しく、近年は主に舞台の演出家として活躍している。 それに影響を与えたのが前述の2人というわけだ。 ジャニー喜多川氏(83)といえば、錦織も所属するジャニーズ事務所の社長。 数多くのタレントを輩出し、演出家として今もなお第一線で活躍している。 錦織も「10、20代の多感な時期に、1番一緒にいたのがジャニーさん。 だから体のどこを切ってもジャニーさん」と語るほど影響を受けた。 そしてもうひとり、薫陶を受けたのが、日本を代表する演出家のひとりである故つかこうへいさん(享年62)。 錦織は1999年につかさんの名作舞台「蒲田行進曲」で主演して以来、これまで数度、つか作品に出演。 信頼は厚く、晩年のつかさんが「演出家の二代目を継がせるなら錦織」と語ったほどだという。 錦織いわく、ジャニー氏とつかさんの共通点は「役者の一番いいところを引き出すのがうまいところ」。 現在、錦織は演出を担当する舞台「あゝ同期の桜」(7月10~13日、東京・有楽町のニッポン放送イマジン・スタジオ)の稽古の真っ最中。 記者は少し、その様子を見学させてもらったのだが、とても明るい雰囲気で、活気のある稽古場だった。 初めて舞台の稽古というものを見させていただいたのだが、イメージでしていたピリピリムードとは真逆。 錦織は俳優の立ち位置までいって身ぶり手ぶりで教え、冗談を交えながら笑いの絶えない現場だった。 頭がリラックスしていた方が集中力が高まると思う」と錦織。 なるほど、これが、錦織の「一番いいところを引き出す方法」か、と思った。 2人の異才のイズムを受け継ぐ錦織が、どんな芝居を演出していくのか、注目していきたい。 (GJ).

次の