セックス。 セックス体位、女性が感じる1位は!エッチが最高に気持ちいい体位とは【ラブコスメ】

渡部建、セックス依存症で入院か 診断されれば復帰の可能性が見えるとも

セックス

芸能界一の美貌を誇る女優・佐々木希(32)を妻に持ちながら、複数の女性たちとセックスざんまいを繰り返してきたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の(47)が入院するのではとの仰天情報をキャッチした。 受診し、そう診断されたなら、治療が必要となる。 また、依存症と診断されることでマイナスになるどころか、復帰の可能性も見えてくるという。 渡部がセックスしていたのは週刊文春が報じた複数の女性だけではないかもしれない。 芸能関係者は「番組の共演者との噂や、局アナやグラドル…。 推定でも芸能界に10人以上の女性と関係を持っていた可能性があるんです」と語る。 ある芸能プロ幹部は「渡部の不倫事情を知った事務所関係者や知人から、一度、病院の診察を受けた方がいいとアドバイスされているんです。 地下駐車場に隣接する多目的トイレで5分足らずで事に及んだ後に交通費と称し、1万円を渡す…。 当初は女性蔑視だと渡部を知る関係者は激怒していたが、よくよく渡部の行動を分析してみるとセックス依存症の疑いがあるんですよ」と明かす。 「ギャンブル依存症やアルコール依存症と同じく、治療を必要とする病気のため、もし渡部がセックス依存症だとしたら入院するかもしれない」(医療関係者) 知人や事務所関係者らが渡部に受診を勧める理由は他にもあるという。 「連日、テレビスタッフに対し、スマホからおわびのメールを何度も送っては謝罪を繰り返している。 だが現状や世間の反応を見る限り復帰は厳しい。 渡部のやらかしたことは性獣にも等しい行為。 女性権利団体もカンカンです。 「バッシングは一気にトーンダウンせざるを得ません。 憎むべきは渡部ではなく、この厄介な病気という話になるからです。 治療が進み、ドクターのOKが出れば芸能界復帰のめどは立つ。 当然、番組キャンセルやCMの違約金、飲食店のコンサルタント契約に基づく損害賠償額も、診断が下れば減額交渉が始まります。 もちろん、すべては診断が出てからの話ですが…」(渡部と親しい民放キー局関係者) 性依存症治療の専門家である東京・豊島区のライフサポートクリニック・山下悠毅院長はこう語る。 「現時点で、彼を性依存症と診断するのは性急です。 精神医学的には『衝動制御障害』という診断に該当します。 『カッとなるとすぐに手が出る』などといった方と同様の診断です。 依存症の有無にかかわらず治療は必要です。 仮に彼が今後同じ過ちを犯さないとしても、依存症治療の専門医によるカウンセリングは欠かせません。 性依存症であれ、性の衝動制御障害であれ、行動の動機は『性欲を満たすため』ではなく、『自己重要感』などを満たすためだからです。 昨年、マスターズ優勝で完全復活を果たしたプロゴルファーのタイガー・ウッズが、かつてこの病気にかかっていることを告白した。 2009年の不倫発覚報道時には10人ほどだった。 他にも米俳優のエディ・マーフィやマイケル・ダグラス、ロブ・ロウ、チャーリー・シーン、デビッド・ドゥカブニーらがセックス依存症だったと告白、もしくはみなされている。 多くは適切な治療を受け、復帰している。 性依存症の本質は『セルフコントロールの障害』です。 『こんなことをしていたらいつかバレると思っていた』『事を終えた後に後悔の念を抱いていた』の両方にYESなら性依存症です」と解説した。 バレる恐怖を抱え、後で後悔するのにやっていたかは渡部のみぞ知ることだが、山下院長は性依存症になりやすいタイプについて、次のように指摘した。 現状の生活に充実感や成長感を得られなければ、人は自己治療として薬物やギャンブル、性的問題行動にはまるリスクがあるのです」 外部サイト.

次の

セックス中の男女をMRIでスキャンした、クリスマスの特別な論文

セックス

芸能界一の美貌を誇る女優・佐々木希(32)を妻に持ちながら、複数の女性たちとセックスざんまいを繰り返してきたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の(47)が入院するのではとの仰天情報をキャッチした。 受診し、そう診断されたなら、治療が必要となる。 また、依存症と診断されることでマイナスになるどころか、復帰の可能性も見えてくるという。 渡部がセックスしていたのは週刊文春が報じた複数の女性だけではないかもしれない。 芸能関係者は「番組の共演者との噂や、局アナやグラドル…。 推定でも芸能界に10人以上の女性と関係を持っていた可能性があるんです」と語る。 ある芸能プロ幹部は「渡部の不倫事情を知った事務所関係者や知人から、一度、病院の診察を受けた方がいいとアドバイスされているんです。 地下駐車場に隣接する多目的トイレで5分足らずで事に及んだ後に交通費と称し、1万円を渡す…。 当初は女性蔑視だと渡部を知る関係者は激怒していたが、よくよく渡部の行動を分析してみるとセックス依存症の疑いがあるんですよ」と明かす。 「ギャンブル依存症やアルコール依存症と同じく、治療を必要とする病気のため、もし渡部がセックス依存症だとしたら入院するかもしれない」(医療関係者) 知人や事務所関係者らが渡部に受診を勧める理由は他にもあるという。 「連日、テレビスタッフに対し、スマホからおわびのメールを何度も送っては謝罪を繰り返している。 だが現状や世間の反応を見る限り復帰は厳しい。 渡部のやらかしたことは性獣にも等しい行為。 女性権利団体もカンカンです。 「バッシングは一気にトーンダウンせざるを得ません。 憎むべきは渡部ではなく、この厄介な病気という話になるからです。 治療が進み、ドクターのOKが出れば芸能界復帰のめどは立つ。 当然、番組キャンセルやCMの違約金、飲食店のコンサルタント契約に基づく損害賠償額も、診断が下れば減額交渉が始まります。 もちろん、すべては診断が出てからの話ですが…」(渡部と親しい民放キー局関係者) 性依存症治療の専門家である東京・豊島区のライフサポートクリニック・山下悠毅院長はこう語る。 「現時点で、彼を性依存症と診断するのは性急です。 精神医学的には『衝動制御障害』という診断に該当します。 『カッとなるとすぐに手が出る』などといった方と同様の診断です。 依存症の有無にかかわらず治療は必要です。 仮に彼が今後同じ過ちを犯さないとしても、依存症治療の専門医によるカウンセリングは欠かせません。 性依存症であれ、性の衝動制御障害であれ、行動の動機は『性欲を満たすため』ではなく、『自己重要感』などを満たすためだからです。 昨年、マスターズ優勝で完全復活を果たしたプロゴルファーのタイガー・ウッズが、かつてこの病気にかかっていることを告白した。 2009年の不倫発覚報道時には10人ほどだった。 他にも米俳優のエディ・マーフィやマイケル・ダグラス、ロブ・ロウ、チャーリー・シーン、デビッド・ドゥカブニーらがセックス依存症だったと告白、もしくはみなされている。 多くは適切な治療を受け、復帰している。 性依存症の本質は『セルフコントロールの障害』です。 『こんなことをしていたらいつかバレると思っていた』『事を終えた後に後悔の念を抱いていた』の両方にYESなら性依存症です」と解説した。 バレる恐怖を抱え、後で後悔するのにやっていたかは渡部のみぞ知ることだが、山下院長は性依存症になりやすいタイプについて、次のように指摘した。 現状の生活に充実感や成長感を得られなければ、人は自己治療として薬物やギャンブル、性的問題行動にはまるリスクがあるのです」 外部サイト.

次の

立ちバック(後櫓)の体位でセックスするやり方を画像で解説!挿入方法やコツも紹介

セックス

<権威ある医学誌BMIで記録的ダウンロード数を誇る論文は月着陸ほどの偉業ではなかったかもしれないが、20年前の純粋な探求心にあふれていた> 20年前、オランダのある研究チームがちょっと怪しげなタイトルの論文を発表した。 「性行時、そして女性の性的興奮時における男女の性器の磁気共鳴映像(MRI)」----。 これはMRI装置の中でのセックスに関する初の記録であるとともに、世界トップクラスの歴史と権威をもつ医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルBMIのあまたの論文の中で最もダウンロード数が多い論文の1つとなっている。 それも、記念碑的な論文だけが選ばれて掲載されるクリスマス号を飾ったのだ。 BMIは、今年のクリスマス号で、この画期的な論文の20周年を祝してその業績を振り返ることにした。 研究チームの狙いは、MRI装置の中でセックスしている最中の人の性器を撮影できるかどうか、そして当時のセックスに関する常識が正しいかどうか確かめることにあった。 参加したのは8組の男女(うち1組は、路上でアクロバティックな芸を披露しているアマチュアのパフォーマー)と3人の女性で、実験は13回にわたって行われた。 うち、3組のカップルには2度にわたってセックスをしてもらい、3人の女性には自分でオーガズムに達してもらったという。 論文および地元テレビ局の科学番組によると、研究チームは参加者を個人的に声がけして集めたという。 MRI装置の内部がそう広くないことを考えると、参加者は身長体重ともに小柄か平均的な体格の人でなければならなかっただろう。 参加者は合意の上、オランダのとある大学病院に足を運ぶよう指示された。 たしかにくっきり撮影できた MRI装置が置かれた部屋は研究チームのいる制御室の隣にあり、窓のカーテンは閉じられていた。 研究チームはまず、女性たちに仰向けに寝てもらい、下腹部を撮影した。 次に男性たちに部屋に入ってもらい、正常位でセックスをしてもらって画像を撮影。 そのあと、男性は退室し、女性たちは自分で自分を刺激して達するよう指示される。 いよいよというタイミングで女性から研究チームに合図が送られて撮影が行われ、それから20分後の画像も撮影して実験は終了した。 研究チームによれば女性よりも大変だったのは男性の方で、シルデナフィル(つまりバイアグラ)を飲んで実験に臨んだりした。 薬が必要なかったのは8組中1組だけ、路上パフォーマーのカップルだった。 論文によれば、その理由は2人が「科学的好奇心や体に関する知識、芸術的な関心から最初から研究に関わっていた」ことや「路上パフォーマーだったため、ストレス下でパフォーマンスを行う訓練ができており、慣れてもいた」ことかも知れないという。 画像の分析から、正常位だとペニスがブーメランのような形になることや、女性が興奮すると子宮が持ち上がったようになり、膣壁が長く伸びることが分かったという。

次の