手作り 立体 マスク 手縫い。 【手作りマスク】型紙見本あり!ミシン使わずに手縫いで簡単に作る方法

立体マスクの作り方と無料型紙|作り方と型紙 OHARICO

手作り 立体 マスク 手縫い

ダブル、ですので、ガーゼを2枚重ねにしたものが1枚の布。 上の画像にあるように、今回は2種類のダブルガーゼを購入し、柄のおとなしいほうを中布にしようと思ったのですが、作り初めてから、表布も中布も同じ柄の布を使うことにしました。 こちらは、私が参考にさせていただいた型紙です。 右下にある「5㎝」を基準にして、寸法の確認をお願いします。 ただ、こちらの製図は、縫い代分が既に含まれているので、実際の仕上がり寸法は1㎝内側になります。 1つのマスクを作るのに必要なものは、以下の通りです。 上の画像の左右のカーブしたところが「鼻からあご」にかけてのカーブの部分で、布を切り抜いて、中表に合わせてから、先に左右のカーブ部分を縫います。 左右のカーブ部分を縫い終わったら、縫い代部分を1. 5㎝間隔くらいに少しハサミを入れ、表に返したときにカーブがきれいに出るようにします。 ハサミを入れ終わったら、縫い代部分にアイロンをかけるか、指や爪を使って広げ、鼻から口にあたるカーブがきれいに出るように開き、どちらかを外側に決めて(今回のように両面とも同じ模様などの場合)形をととのえます。 今度は、マスクの上下を縫っていきますが、中表にして縫うのであとで表に返す部分は縫わずに開けておきます。 (4㎝ほど) もう一か所縫わなくていいところは、ゴムひもを通すところ。 この部分の1. 5㎝(4か所)も開けておきます。 4㎝の開き口とゴムを通すところ以外を縫ったら、開き口から表に返します。 ここは時間をかけてもゆっくりと返しましょう。 縫い代部分が重なるので、かなり分厚くなります。 (ダブルガーゼ8枚分?!)布の重なりが分厚くてやりづらかったら、棒のようなものでたたいて、布を落ち着かせてもいいかもしれません。 カタチが整ったら、返し口を縫っておきます。 少し落ち着いたら、布の重なりを安定させるためと補強のため、ゴムを入れるところ以外を一周ぐるりとステッチをかけていきます。 上記の画像のようにステッチをかけます。 ステッチは手縫いする場合、一針一針8枚のガーゼがずれないように垂直に刺すようにします。 最後は、それぞれ25㎝に切ったゴムひもをヒモ通しを使って通していきます。 今回、マスク用のゴムひもが近くの手芸店や100円ショップで完売だったため、子供用の帽子のゴムを代用しました。 マスクを作るには、ガーゼを何枚も重ねて縫うことになります。 ミシンのほうがしっかりと抑えが効いて丈夫かもしれませんが、手縫いの柔軟性も侮れません。 そうなるとマスクを手作りする人が増えてきます。 でも面白いのは、普段縫物をしない人のアイディアが工作みたいでとても刺激的なこと。 ゴムひもの代わりになるアイディアも参考にしてください。 「沙羅仕様」管理人の沙羅です。 ブログを読んでいただきありがとうございます。 当ブログは、沙羅の好きな編み物を中心に、着物リメイクやぬいぐるみまで、作ったものやその過程を画像とともにお届けしています。 最近の投稿• 人気記事一覧• 最近のコメント• に sara より• に なな より• に sara より• に i より• に sara より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

【無料型紙】立体マスクメンズサイズ追加:全4サイズ【ウイルス花粉対策】

手作り 立体 マスク 手縫い

マスク作りはミシンより手縫いがオススメ!その理由 ミシンがあるのに手縫いをしてしまう理由は、 ミシンを用意するのがめんどくさいというのもあるのですが、それ以外にもあります。 ミシンは糸が切れるとすぐほどけてしまうこと です。 それに比べて、手縫いは丈夫です。 それに、家事の空いた時間に 少しずつ縫い進められるのも手縫いの良いところです。 私はこの縫う時間、テレビを見ながら進めたり、YouTubeで曲を聞きながら1日の色々なことを振り返っていたり、 あとは、このブログで書きたいことを考えたりします。 型紙はインターネットで入手! インターネットって、本当に便利ですよね。 私は作りたいものがあったら、いつも無料で型紙を仕入れます! 今回はで型紙をダウンロードしました。 それと、ユザワヤさんのマスクを作りました。 どちらのマスクもしっかり作り方が載っていて、ユザワヤさんに関してはYouTubeで作り方動画が見れますので、便利ですよ! 手作りコットンダブルガーゼマスクの作り方 まず最初にすることは• 型紙を印刷して油性マジックでクリアファイルに書き写します! クリアファイルは何度も使用してボロボロになったもので大丈夫です。 私はこの時に縫いしろの内側線(出来上がりライン)もクリアファイルに書いています。 左側は仕上がりラインで、右側が縫いしろのラインです。 マスクの左右を布に移し替えるにはこの【クリアファイルを使う方法】使えますよ。 コットン生地の上にクリアファイルを置いて、型が収まることを確認したら、クリアファイルを切り抜きます。 ちなみに今回用意した生地は、ネットでポチリしたこのガーゼマスクのキット• を購入しました。 ただし、 普通の四角いマスクを作るキットなので、立体マスクにするとそんなに枚数はとれません。 今回ダブルガーゼ3枚入り1セット(3枚分)の中身は こんな感じです。 私はこのセットを3セット購入しました。 9枚分の材料で立体マスクにすると、だいたい4枚位になります。 理由は分厚くするために重ねているからです。 もし薄手ので大丈夫だという方はもう少し枚数稼げるかもしれません。 マスクの型抜き 切り抜いたクリアファイルをダブルガーゼにチャコペンで写します。 もちろん出来上がり線も! 外側を2セット、内側を1セット用意します。 布マスクの縫い方 まずは、• マチ針で生地を重ねて止めます。 中表にして、外側の布を2セット重ねてカーブラインをチクチク この時、カーブの部分に切り込みを! そして縫い方は本返し縫いがオススメです。 外側の布と内側の布、どちらも同じ要領で縫っていきます。 中央部(とんがり部)が縫えたら、縫い代を押さえる為に開いた部分を縫っていきます。 この時内布に関しては、ユザワヤさんマスクは、とんがり部分を縫ったあと、片耳部分を三つ折りにして縫いますが、私は両耳を三つ折りにして縫いました。 理由は、フィルターを入れれるようにするためです。 表布と外布の上下を中表に合わせ、マチ針をとめます。 下側がおわったら、上側もずれないように、ゆっくり縫っていきましょう。 上と下の部分が縫い終わりました。 それではこの布をひっくり返します! すると、 このようになりました! 両端を三つ折りにして縫い ゴムを通したら完成です。 このマスクでは、うまくゴム紐が通りました。 OHARICOさんのサイトで紹介している布マスクの作り方は、表布と裏布の間にフィルターが入れられないのに対し、 ユザワヤさんのマスクの作り方の方法は、フィルターが入れられます。

次の

立体マスクの作り方(無料型紙付き)

手作り 立体 マスク 手縫い

まだまだ気の抜けない状況が続いてますね。 使い捨てマスクもどんどん入荷されて少し安心しますが、 洗って使える布マスクや手作りマスクが流行り、いろいろなYouTubeで調べて作っている人も多いのではないでしょうか? そこで最近、人気が出ている エアリズムの生地を使った手作りマスクについて調べてみました。 エアリズムマスクは、ユニクロで売られているエアリズムのシャツをリメイクして作るマスクで、 快適で着け心地がいいとネット等で高評価を集めています。 特に男性用下着が「一番涼しい感じがする!!」と言われていて、 色も白や灰色などが多く、不織布っぽく仕上がるみたい。 ただ男性用は一番薄い素材なので、縫いにくい部分もあるようです。 うまく作りたい方は冷感は落ちるけど、女性用がおすすめ!! 色も多彩のため、オシャレに作るのもいいかもしれないですね。 そこで今回は、 【エアリズムマスクの作り方】手作り(手縫い)方法と型紙をご紹介! と題しまして、書いていこうと思います!! エアリズムの手縫い方法 手縫いはほとんど ミシン縫いと一緒!! いろいろ探してみましたが、わかりやすい動画がなかったので見つけ次第追記します。 見た中でも、上で紹介した作り方を手縫いで行っている感じのものが多く、ミシンを使ってないだけという印象! しかしエアリズムの素材は伸び縮みがある為、要所要所で返し縫いをする必要があるようです。 これは糸がゆるくならないようにするためでそれだけで縫いやすくなるみたい。 素材自体もすごく縫いやすく手縫いでもそんなに時間をかけずできるそうです! 裁縫が得意な人は量産しているのだとか・・・ 苦手な私は時間がかかりそうな気もしますが 苦手な人でも「結構簡単にできた!」という声が多いです。 ローソンでは、コピー機で無料で立体マスクの型紙を入手できるようです! スゴイですね。 ありがたい。 まとめ 今回は【エアリズムマスクの作り方】手作り(手縫い)方法と型紙をご紹介! という事で調べてみましたが、裁縫等が苦手な私でも作れそう!!と思うくらい簡単でした。 文字で読むよりは見ながら作って、できるようになったら少し凝った物を作る。 オシャレにする。 といろいろ試してみると楽しいかもしれません。 型紙も色々なサイズや入手方法があったりなど、お気に入りを探すのだけでも面白そう! 今年の夏にはエアリズムマスクが発売されますが、買ってよし!作ってよし!の涼しく、快適なマスクであることに期待したいですよね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の