駐車場 保険。 駐車場シェア、SOMPOが描く成長戦略 :日本経済新聞

当て逃げ事故で自動車保険は役に立つ? [損害保険] All About

駐車場 保険

駐車場予約アプリ「akippa」が、業界内で初めて『駐車場シェア専用保険』に加入、2020年6月1日(月)の駐車場利用分から適用 駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社 代表取締役社長 CEO:金谷 元気 は、利用者がこれまで以上に安心して駐車場を貸し借りできるよう、利用された駐車場内での事故においてユーザーが加入する自動車保険が適用されなかった場合に備え、業界内で初めて『駐車場シェア専用保険』に加入、2020年6月1日(月)の駐車場利用分から適用される。 <以下、リリース> akippa、駐車場シェア業界初!保険が適用されなかった場合の駐車場内事故も補償します シェアリングは、安心の時代へ。 駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社 代表取締役社長 CEO:金谷元気 は、利用された駐車場内での事故においてユーザーの自動車保険が適用されなかった場合に備え、業界内で初めて『駐車場シェア専用保険』に加入することをお知らせいたします。 これにより利用者は、これまで以上に安心して駐車場を貸し借りしていただくことが可能になります。 2020年6月1日(月)の駐車場利用分から適用となります。 保険加入の背景 akippaは、2019年10月にSOMPOホールディングス株式会社 グループCEO執行役社長:櫻田 謙悟、以下「SOMPOホールディングス」 およびその中核会社である損害保険ジャパン株式会社(取締役社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン」)と提携し、『シェアリングは、安心の時代へ。 』をテーマに共同で駐車場シェアリングの推進をしています。 」をテーマにSOMPOホールディングスと資本業務提携。 累計調達額は約35億円に。 シェアリングエコノミーを安心して活用していただくためにも、akippaと損保ジャパンは昨年の提携時より、事故やトラブル時の不安を取り除く方法の一つとして保険商品の開発を検討してきました。 そして今回、 そのような不安を解消するため損保ジャパンが『駐車場シェア専用保険』を開発、akippaが初めて加入いたしました。 『駐車場シェア専用保険』内容 駐車場内で発生した物損事故の場合、従来通りユーザーの加入する自動車保険にて当事者間で対応をしてもらいます。 しかし、万が一自動車保険が適用されない状況が発生した場合には、必要要件を満たせば『駐車場シェア専用保険』が適用されることになります。 保険の加入に際してはユーザー、オーナーの保険料の負担はなく、2020年6月1日以降akippaで利用される駐車場全てが補償の対象となります。 主な補償範囲は以下3点です。 『駐車場シェア専用保険』によるメリット ・駐車場オーナー: ユーザーの保険が適用できない場合に、オーナーが所有する建物や自身のケガに対する補償だけではなく、ユーザーの車を誤って傷付けてしまった場合など、オーナーの過失による賠償責任にも本保険が適用できることで、ユーザーに対して安心して駐車場を貸し出しすることができます。 ・ユーザー: 何らかの理由によって自身が加入する保険が適用できない場合の負担に対して、安心してakippaを利用することができます。 また、本保険によってオーナーや駐車場の数が増えれば、今まで以上に利便性が向上します。 ・駐車場の開拓を行うパートナー: 現在約400事業者いるakippaのパートナーは、駐車場をお持ちのオーナーに駐車場シェアリングを提案する際、今まで以上に安心して利用できるサービスとして、自信を持ってご提案することができます。 これまで需要の多かったイベント会場周辺に加え、今後はオフィス街、住宅地などでも需要増加が見込まれており、akippaではより多くの駐車場が必要な状況です。 さらに最近では、新型コロナウイルスの影響で「通勤・通学」「お買い物」など日常生活で車移動される方も増加しています。 akippaが同保険に加入することにより、ユーザー、オーナー共に日常生活での利用においても不安なくシェアしていただくことができ、多くの遊休地の活用に繋がるのではないかと考えております。 誰でも簡単に駐車場をシェアできます。 現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。 2020年5月現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる駐車場拠点数累計35000拠点を確保しており、会員数は180万人を突破しました。 【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】 akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村) 東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階 大阪オフィス:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー14F Tel:03-6450-6090 Email: pr akippa. jp URL: 広報・PRご担当者様へ.

次の

【必見】駐車場や私有地での自動車事故は任意保険で補償される?詳細

駐車場 保険

駐車場経営はリスクが少ないとされていますが、リスクも当然存在します。 そこで、この記事では駐車場経営のリスクと回避方法を紹介しています。 後から知って、大きな賠償金を支払うなんてことにならないためにも、是非一読することをオススメします。 駐車場経営のリスクTOP5 駐車場の経営には様々なリスクが存在します。 そして大きくは以下の5つとなっており、それぞれを詳しく紹介していきたいと思います。 1.事故やトラブル• 2.災害リスク• 3.賃料の滞納• 4.相続時の資金不足• 5.立地が悪く収益が出ない 駐車場の経営を考えている方は、是非事前にリスクを把握しておくことをオススメします! 1.事故やトラブル 駐車場は人が利用するものなので、 人的トラブルが一番起こりやすいです。 「駐車場内での事故には責任を負いません」などの文言を看板で設置したり契約書に記載したりするケースが多いですが、 これは駐車場側に過失がないことを前提としており、適切な管理を怠って過失があると、責任を免除することはできません。 そのため、 駐車場管理者にも責任が問われる可能性もゼロではありません。 例えば、• 駐車マスや車路が通常必要とされるよりも狭く、接触事故が起こっても何ら不思議ではない。 出入口の見通しが悪いのを知っていて改善しない。 コインパーキングの車止めやゲートなど設備が壊れていた。 などの場合は、責任を免除されない事が多いです。 また、破損や車上荒らし、不正利用(無断駐車)、盗難といったリスクは、全面的に管理責任が発生するものではないとしても、 定期的な巡回を怠っていれば、責任を問われることもあります。 2.災害リスク 当然ではありますが、 駐車場近辺で災害が起きた場合は、急に駐車場での収益がゼロになるリスクもあります。 駐車場で災害を受けるとしたら、大地震による液状化現象や地割れ、津波・高潮・集中豪雨・洪水による水没、土砂崩れによる埋没など考えられます。 いずれの場合であっても、ローリスク・ローリターンの駐車場経営なら、保険で備えるほどではないかもしれませんが、 運営できなくなるリスクはあります。 ただし、駐車場が運営できなくなるほどの大災害では、大よそ周辺も日常生活できない状況だと予想できますので、仮に駐車場が無事だからといって運営できるというわけでもないでしょう。 幾度となく大災害を経験してきた日本では、災害対策の難しさがよく知られています。 根本的な対策はないとしても、ハザードマップを確認するなどすれば、自分の土地がどのくらいの災害リスクを負っているか知ることは可能です。 基本的には低い土地ほどリスクが高い(特に水害)ので、周辺よりも低いようなら、盛土をして高さを増しておくと、いざという時に役立つかもしれません。 3.賃料の滞納 賃料の滞納は、駐車場経営に限らずアパマン経営でも発生するリスクですが、いくら審査をしっかりしても人格までは見抜けないので、貸主共通の悩みです。 そして、住む場所を失いかねない家賃の滞納に比べると、 駐車料金の滞納は借主に支払う意思が欠けている傾向もあって厄介です。 対策としては、駐車場の契約時に保証人を立てさせるか、保証会社と契約してもらうだけでも、回収先が変わって随分と違います。 また、家賃の回収業務まで対応してくれる管理会社を選ぶのも1つの方法でしょう。 4.相続時の資金不足 建物がないことで、土地としての相続税評価がどうしても高くなります。 その結果、相続した人が相続税の納付に困る可能性も出てくることは、相続させる側が考えておかなくてはなりません。 相続税には基礎控除もあるので、地価が安い地方ならそれほど問題にならなくても、 他にも財産があるケースや、地価が高い土地を持っているときは要注意で、駐車場経営を仮定した財産全体の評価を把握し、総合的な判断をすることが大切です。 なお、相続税の申告・納付期限は相続開始から10ヶ月となっていますが、更地ですらかんたんには売買できませんし、 駐車場経営を始めていれば駐車場ごと売却でもしない限り、10ヶ月の間に土地を売却して資金を用意するのは難しいです。 5.立地が悪く収益が出ない 実際にYahoo! 知恵袋で駐車場経営のリスクについて調べたところ、一番大きな悩みは 収益が出ないという点です。 そして、それには何よりも駐車場の立地が重要となってきます。 このように、駐車場経営には立地が大変重要です。 そして「どのような場所で駐車場を経営すれば上手くいくのか」は、 実際に経営を開始してみないと分からない部分が多いです。 そこで、次に上記5つのリスクを回避し、 リスク無しで駐車場経営する方法を紹介していきたいと思います。 駐車場経営のリスク回避方法 5つの駐車場経営のリスクを紹介しましたが、駐車場経営のリスクを回避する方法は、大きくは以下の2つです。 しかし、リスクの部分でも紹介した通り、場合によっては管理者に責任が問われることもあります。 そのような何かの問題が起こった場合に備える為に、賠償責任保険に加入することをオススメします。 賠償責任保険は以下のようなものがあります。 例えば台風や強風などで、看板などが吹き飛び止めてあった車にぶつかった場合が該当します。 この場合は無人であっても適用されます。 上記、ご覧の通り、無人のコインパーキング、立体駐車場など、 駐車場の設備内容や規模によって、加入すべき保険は異なります。 そのため、駐車場経営をリスク無く行いたい方は、運用会社に駐車場を委託経営してもらい、最適な保険を選んでもらうことがオススメです。 また、 リスク無しで駐車場経営が可能です。 全ての駐車場経営において関わってくるリスクは、「本当に収益が上がるのか」という問題です。 特に立地が悪ければ、駐車場は当然収益を上げることが出来ませんが、運用会社に運用を委託する場合は、あまり関係がありません。 というのも、運用会社が駐車場が上げる収益を大まかに計算し、 あなたへの収益を固定で毎月支払います。 以下は ・自分で経営した場合 ・運用会社による委託経営の場合 の2つで、利益にどのような違いがあるのか分かりやすくした表です。 このように、自分で経営した場合は、お客さんの利用状況に応じて利益が増減します。 当然赤字の月もあります。 しかし、運用会社による委託経営では、常に一定の金額が利益として入ってきます。 そのため、 運用会社の委託経営は、利益が少し減ってしまいますが、リスク無しで経営できるのです。 また「どのようにお客さんを集客すればいいのか」なども運用会社が独自で行ってくれるので、あなたが駐車場経営に対して、 労力を割く必要も一切ありません。 駐車場運営はオススメしない?土地活用方法を簡単比較! 上記では駐車場経営について紹介しましたが、そもそも駐車場にしようと考えている土地の立地としては、実はマンションや老人ホームの方が最適だったというケースも多々あります。 というのも、このサイトを通し、様々な方とお話させていただきますが、 事前に土地活用の方法を比較している方が凄く少ないと感じています。 土地活用は、一度進んでしまうと、後戻りが出来ないので、事前の比較が重要にも関わらず、 「比較するのが面倒」 「比較しても、どれが良いのか分からない」 という理由で、活用方法の選び方に失敗している方がとても多いです。 そこで、私は 土地活用の方法を簡単に比較できるサービスの利用をオススメしています! その中でも、「土地活用の窓口」という無料見積もりサービスは、2分程度で最適な土地活用方法を知ることが出来ます! 土地活用の窓口とは?|土地活用方法の無料見積もりサービス 土地活用の窓口は、 フォームに記入するだけで、あなたに最適な土地活用の方法を知ることが出来るサービスです! また、必要であれば、 専門家と直接電話で相談することも可能なので、土地活用で失敗する可能性を少なくすることが出来ます! 最終的に、このサービスで教えてもらった活用方法を使わないとしても、無料で情報を得ることが出来るので、 正直使わない方がリスクだと個人的には考えています。 土地活用で失敗したくない人は是非利用してみることをオススメします!•

次の

【駐車場経営の基礎知識】駐車場設備に保険はかけられる?

駐車場 保険

駐車場や私有地内ので自動車事故の件数は正直多く、事故の3割は駐車場内で発生しています。 結論から先に書くと 自賠責保険は補償の対象外となることが多いですが、任意保険と車両保険では補償されて保険金が支払われます。 まず、駐車場や私有地内での事故は道路ではないので「自賠責保険」では補償の対象外です。 しかし大型のショッピングモールの駐車場などの 不特定多数の車や人出入りしている場所であれば例外的に道路交通法が適用されることが多いです。 だからといって任意保険に加入しなくていいわけではありません。 「任意保険」は駐車場や私有地内であっても物損事故、人身事故とも車両保険や任意保険の補償の適用内なので保険金が支払われます。 そのため 車を運転する場合は自動車保険の任意保険や車両保険への加入がとても大事です。 駐車場や私有地内での事故の自動車保険の補償の詳細 まず自動車保険には大きく分けると車検のある車が強制的に加入している「自賠責保険」と自分で保険会社を選んで保険に加入する「任意保険」と「車両保険」があります。 自賠責保険: 駐車場や私有地内の事故は 補償の対象外• 任意保険: 駐車場や私有地内の事故であっても 補償される(補償の適用範囲内)• 車両保険: 駐車場や私有地内の事故であっても 補償される(補償の適用範囲内) ただし自賠責保険は基本的には駐車場や私有地内での事故は道路上の事故ではないので補償の対象外となります。 もちろん自賠責保険の保証対象となっている人身事故(対人補償)も適用外となります。 しかし、ショッピングモールや大型商業施設などの多くの自動車やバイク、人が行き来する場所は私有地内や駐車場内であっても道路交通法が適用されることが多いです。 私有地内や駐車場内での事故は交通事故として扱われない 私有地内や駐車場内の事故は基本的には道路ではないので事故をした場合でも「交通事故」として処理をされません。 警察に届出をした場合も交通事故として処理されないので 「交通事故証明書」は発行されません。 ただし、ショッピングモールや大型商業施設の場合は道路上ではないですが、道路交通法が適用される場合があります。 これはケースバイケースです。 そのため私有地内や駐車場内の事故は人身事故であっても自賠責保険の補償の対象外となります。 そのため 任意保険や車両保険への加入が必須です。 もし任意保険に未加入の場合は、 相手への補償は実費での負担となります。 人身事故の場合は1億円を超える補償となることも多くほとんどの場合は自己破産をします。 任意保険は私有地内や駐車場内での事故も補償の対象 任意保険は自賠責保険と違ってほとんどの場合で私有地内や駐車場内の事故の場合でも補償の対象となり保険金が支払われます。 人身事故や対物事故だけでなく自損事故で自分の車を損傷した場合でも保険が適用され保険金を受取ることができます。 人身事故の場合: 私有地内や駐車場内でも「対人賠償補償」を受けることができる• 対物事故の場合: 私有地内や駐車場内でも「対物賠償補償」を受けることができる• 自分の車が損傷した場合: 私有地内や駐車場内でも「車両保険」を使うことができる 私有地や駐車場内での「人身事故」の任意保険の補償の詳細 私有地内や駐車場内での人身事故は自賠責保険は補償の対象外となりますが 任意保険は私有地内や駐車場内の事故であっても補償されるため保険金が支払われます。 ただし、警察へ届出をしても保険金の請求に必要な 「交通事故証明書」が発行されないため代わりに保険会社が用意する「人身事故入手不能理由書」を保険会社に提出する必要があります。 「人身事故入手不能理由書」は警察に人身事故の届出を受理してくれなかった場合に保険会社に提出する書類です。 私有地や駐車場内での「物損事故」の任意保険の補償の詳細 私有地内や駐車場内での物損事故も人身事故と同じで自賠責保険は補償の対象外となりますが任意保険は私有地内や駐車場内の事故であっても補償されるため保険金が支払われます。 物や相手の車を壊した場合は「対物賠償保険」の補償を受けることができます。 私有地や駐車場内での「自損事故」の車両の補償の詳細 私有地内や駐車場内での自損事故で自分の車が損傷を受けた場合は自動車保険の車両保険から修理費用を保険会社から支払ってもらえます。 車両保険から保険金を受け取る場合は当然ながら車両保険に加入しておく必要があります。 新車や購入金額が100万円を超える自動車の場合は車両保険をつけておくほうが安心できます。 車両保険をつけても保険料を安くする方法・裏技 このように駐車場や私有地内での事故は道路ではないので 「自賠責保険」では補償の対象外ですが自動車保険の任意保険や車両保険に加入していた場合は補償されます。 自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって 同じ保険の条件や補償内容であっても保険料は大きく異なりますし、条件によっても保険料は大幅に変わります。 車両保険をつけていない保険会社の保険料と、車両保険をつけた自動車保険会社の保険料が同じだったり保険料が安くなることも多いのです。 そのため車上荒らしへの対策として、車両保険をつけておくべきです。 無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく車両保険付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。 自動車保険をかけたい 自動車の車検証と免許証があれば 5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。 絶対に利用したほうがいいです。 無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。 900万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。 ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。 車両保険付きの同じ条件で見積もっているので保険料が安い車両保険付きの保険会社の保険がお得になります。 現在加入している自動車保険と全く同じ条件で一度一括見積もりをしてみて、さらに車両保険をつけた場合の見積もりもしてみるといいです。 何回使っても無料なので上手く使ってもしもの事故の時も補償されるようにしておくことが大事です。 はじめまして!武中です。 自動車保険のこと詳しく解説していきます。 はじめまして、武中育美といいいます。 自動車保険業界歴26年目になりました。 自動車保険の保険料はほとんどの方が無駄に払っていて保険会社の言われるがままに契約している人は高い保険料を払っています。 しかし、ほぼ確実に保険料を安くできますが気がついていませんし1つの保険会社だけで契約していると本来安く出来る保険料を節約できていません。 任意保険も車両保険も知識をつけることで同じ条件、補償内容で保険料を大幅に安くすることができます。 当サイトでは「自動車保険会社選びを失敗してほしくない」「無駄な保険料を削減して楽しく自動車やバイクに乗ってほしい」と思う熱い思いで作成したサイトです。 サイトでの情報配信は初めてで何かと至らない部分もあるかと思いますが、皆様のお役に立てるよう全力で有益な情報を提供していきますのでどうぞ、よろしくお願いいたします。

次の