納豆 人気。 【徹底比較】納豆のおすすめ人気ランキング30選

納豆と玉ねぎの人気レシピ!おつまみやダイエットにおすすめのメニューも

納豆 人気

納豆は発酵食品で、ナットウキナーゼまでは事実 納豆は、大豆を納豆菌で細菌発酵させた発酵食品です。 平安時代からあったと言われる伝統的な食品であり、発酵させたことによる臭気とネバネバ感が嫌いという人もいます。 各種メーカーも作り、国産大豆や輸入された大豆を使用したもの、粒の大きさの違いなど様々ですが、薬味を加えるなど、食べ方のバリエーションも広がっているので、日本人で知らない人がいない、おかずの1品です。 「発掘!あるある大辞典」というテレビ番組のことを思い出しました。 視聴率も取れる人気番組で、毎週取り上げるネタが、社会に影響を与えるほどのインパクトがありました。 2007年1月7日の放送。 『食べてヤセる!!!食材Xの新事実』と題した、納豆によるダイエット効果を特集したことで、捏造騒動を生み、番組打ち切りとなりました。 その後、医療・健康情報を扱う媒体に関しては厳しいチェックが入るようになり、インターネットのキュレーションサイトが閉鎖に追い込まれるなどの問題も続いています。 過剰な効果をアピールすることで、消費者に購買意欲を促したいという気持ちはわかりますが、行き過ぎた演出と事実ではない要素を盛り込むことはあってはならないことです。 納豆そのものは、適度に、美味しく食べればいいだけ、それで十分なのですから。 小さい頃、あのネバネバが嫌いだったけど、毎日食べさせられた 私は、東京育ちですが、納豆のネバネバした感じが嫌いで、食べない子どもでした。 ところが、祖父母の家に行くと、毎朝、必ず納豆が食卓に上がり、1パックは義務のように食べさせられるという鬼特訓の日々を過ごしました。 当初は、嫌で嫌で仕方なかったのですが、毎日のルーティーンとなってしまうと、食べられるようになりました。 関西の方、一部の方が、納豆は嫌いという気持ちはわかります。 ただ、バリエーションとして薬味も色々使って食べることができるので、楽しめる食材という感覚でチャレンジすれば、好きな食べ方が見つかるはずです。 私の場合、卵納豆、キムチ納豆などが好きですよ。 長年、日本人が食べている納豆は身体に悪くないはず 実際、長年、日本人が食べてきた納豆は、日本食としてマッチしています。 (なるべく添加物が少ないものが良いでしょう) 低価格で、毎日食べられるし、よほどの食べ過ぎでない限り、健康被害につながることはありません。 少なくとも、私たち日本人のDNAには適合した食品です。 おかずが一品足りないと感じなくても、コンスタントに納豆を味わいましょう。 安斎 輝夫 【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。 長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。 Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。 月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。 また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。 Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。

次の

納豆と玉ねぎの人気レシピ!おつまみやダイエットにおすすめのメニューも

納豆 人気

健康食品を開発・販売する福岡市のベンチャー企業「そのもの」が扱う納豆加工品が、堅調に販売を伸ばしている。 主力のインターに加え、海外の百貨店などに販路を拡大。 原料のダイズの産地である佐賀県江北町と連携し、商品を活用した健康促進事業にも乗り出している。 同社は2017年創業。 無農薬栽培のダイズで作った納豆を製法で乾燥後、粉末にした「こな納豆」や粉末をカプセルに詰めた商品を販売する。 納豆菌の使い方を工夫して香りや粘りを抑え、摂取しやすくしている。 創業者の日高絵美代表(44)は以前、サプリメントの販売会社に勤めていた。 製造過程が分かり安心できる健康商品を売りたいという思いや、有機農法に取り組む農家との出会いから、起業して納豆を使った商品開発を進めた。 「材料へのこだわりや、フリーズドライにする過程で腸内環境の改善に効果的な納豆菌が増えているのが特徴」と説明する。 こな納豆は離乳食に活用した親たちが会員制(SNS)でシェアして人気に。 カプセル型商品は男性客を中心にリピーターが増加中。 19年10月期の売上高は、前期比3倍の約2億円に伸びた。 昨年11月にはの百貨店の物産市に出店して注目され、常設販売を開始。 今月からは、米国での販売も決まった。 江北町では約100人の町民に商品を提供し、佐賀大などが健康への効果を分析。 町は町内産ダイズの消費拡大や町民の医療費削減を狙う。 日高さんは「日本の素晴らしい食が持続できるビジネスモデルを作りたい」と語る。 (石田剛).

次の

納豆のレシピ人気1位は?つくれぽ1000や殿堂入りも

納豆 人気

健康食品を開発・販売する福岡市のベンチャー企業「そのもの」が扱う納豆加工品が、堅調に販売を伸ばしている。 主力のインターに加え、海外の百貨店などに販路を拡大。 原料のダイズの産地である佐賀県江北町と連携し、商品を活用した健康促進事業にも乗り出している。 同社は2017年創業。 無農薬栽培のダイズで作った納豆を製法で乾燥後、粉末にした「こな納豆」や粉末をカプセルに詰めた商品を販売する。 納豆菌の使い方を工夫して香りや粘りを抑え、摂取しやすくしている。 創業者の日高絵美代表(44)は以前、サプリメントの販売会社に勤めていた。 製造過程が分かり安心できる健康商品を売りたいという思いや、有機農法に取り組む農家との出会いから、起業して納豆を使った商品開発を進めた。 「材料へのこだわりや、フリーズドライにする過程で腸内環境の改善に効果的な納豆菌が増えているのが特徴」と説明する。 こな納豆は離乳食に活用した親たちが会員制(SNS)でシェアして人気に。 カプセル型商品は男性客を中心にリピーターが増加中。 19年10月期の売上高は、前期比3倍の約2億円に伸びた。 昨年11月にはの百貨店の物産市に出店して注目され、常設販売を開始。 今月からは、米国での販売も決まった。 江北町では約100人の町民に商品を提供し、佐賀大などが健康への効果を分析。 町は町内産ダイズの消費拡大や町民の医療費削減を狙う。 日高さんは「日本の素晴らしい食が持続できるビジネスモデルを作りたい」と語る。 (石田剛).

次の