アルキメデスの大戦 考察。 アルキメデスの大戦216話最新ネタバレと考察感想まとめ『休憩』

アルキメデスの大戦209話ネタバレ考察感想あらすじ!再び小者・牟田口、ここにあり!

アルキメデスの大戦 考察

原作はとにかくリアル。 設定が濃いよ。 映画のあらすじ 1930年代、対米開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、戦艦大和を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。 その計画に反対する海軍少将・山本五十六(舘)は、帝国大学100年に1人の逸材、アルキメデスの再来と称される天才数学者・櫂直(菅田)を引き入れる。 櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる建造費の見積額に矛盾を発見。 軍部の陰謀を暴こうと動き出す。 舞台は1933年。 この頃、日本の海軍では 巨大戦艦を建造する計画を立てていました。 しかし、海軍少将・山本五十六はこの計画に反対。 そこで山本五十六は、巨大戦艦の見積額が安すぎるという点に注目します。 軍部の陰謀を暴くため、山本五十六は 天才数学者・櫂直(かいただし)を引き入れ、正しい見積額を計算するよう命じます。 スポンサードリンク 峰鶴(みねづる)の転覆事件には元ネタがある 原作マンガを確認したところ、史実が元ネタになったであろうシーンが何か所かありました。 例えば、原作24話で描かれた水雷艇・峰鶴(みねづる) の転覆事故。 これは恐らく1934年に起こった 水雷艇3番艦・友鶴(ともづる)の転覆事件が元ネタでしょう。 友鶴事件 友鶴事件(ともづるじけん)は、1934年(昭和9年)3月12日に行われた水雷戦隊の夜間演習中に佐世保港外で起きた大日本帝国海軍(日本海軍)の千鳥型水雷艇3番艦「友鶴」の転覆事故、及びその後の事故原因究明作業を通じて明らかになった艦艇の設計理念上の重大な不備のことである。 翌年に発生した第四艦隊事件とともに日本海軍を震撼させ、その後の艦艇設計に大きな影響を及ぼした。 しかし事件当日、友鶴は40度程度の傾斜で転覆してしまいます。 その結果、助かったのは総員113名中13人のみ。 100名もの死者行方不明者を出す事件となったのです。 この海洋波うんぬんの部分も、実際の転覆事故が元ネタになっていそうだね。 巨大戦艦大和の建造計画に立ち向かう2人の男は、果たして数学で戦争を止めることができるのか!? 映画公開は7月26日 金 どうぞご期待ください。 天才数学者であり語学も堪能。 おまけに人心掌握能力も持つすごい人物です。 元東京帝国大学数学科の生徒。 22歳。 英語やドイツ語を含む複数の語学にも堪能な上、数学的な発想に優れた天才として周囲の期待を集めていた若者。 尾崎財閥の令嬢の家庭教師をしていたが、令嬢とのスキャンダルを疑われて退学に追い込まれた結果、日本に嫌気が差し、アメリカに留学しようとした矢先に、平山中将の巨大戦艦建造計画を阻止するために、山本五十六から海軍に誘われる。 この時に設計案を出したのが、藤本喜久雄(ふじもときくお)と平賀譲(ひらがゆずる)という2人の軍人。 藤本喜久雄と平賀譲は、『アルキメデスの大戦』に登場する藤岡喜男と平山忠道のモデルだと思われます。 造船会社の社長は鶴瓶さんがモデル ちなみに、造船会社の社長・大里清は 笑福亭鶴瓶さんがモデルです。 造船会社「大里造船」の社長・大里清役に、笑福亭鶴瓶の出演が決定! 原作者の は鶴瓶をモデルにして原作漫画のキャラクターを生み出し、その役を本人が演じるという究極の実写化が実現しました。

次の

【ネタバレ考察】『アルキメデスの大戦』菅田将暉演じる天才数学者・櫂直こそが山崎貴だ!チェ・ブンブンのティーマ

アルキメデスの大戦 考察

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。 上海爆撃作戦の戦訓 1937年8月30日。 上海の軍事物資集積場を爆撃した櫂の作戦(154話:上海爆撃)は、遠く離れた ヒトラーの別荘で行われた軍事会議でも話題になっていました。 櫂の写真を見たヒトラーは、1935年に一度会ったこと()を思い出します。 櫂の上海爆撃作戦で、ドイツ軍が参考にしたのは2つのことでした。 一つは、従来の水平攻撃は命中精度が非常に悪かったのに対し、 櫂はほぼ100%の命中率を叩き出したこと。 精密に計算して 命中率を上げる戦術は、ドイツにとっても貴重な戦訓となったのです。 もう一つは、 物資集積所を攻撃目標にしたことです。 このころは 前線を攻撃するのが当たり前だった時代。 後方支援能力を無力化する作戦は、画期的だったのです。 ドイツの軍人たちは「 戦略爆撃」と呼び、称賛しました。 ただし、櫂は ユダヤ人科学者の亡命を手引きしたことも知られており、ドイツにおいて「 危険人物」と認識されています。 ドイツの侵攻計画 櫂の上海爆撃は、結果として 第二次世界大戦の引き金になったとも言えます。 なぜなら、「 戦略爆撃」で敵の維戦(部隊のつながり)能力を断ち、航空機による「 電撃戦」で正確にダメージを与える攻撃は、ドイツ軍の道標となったからです。 ドイツの軍人たちは、 ヨーロッパはおろかソ連制圧も可能だと鼻息を荒くします。 日本とドイツ ドイツの軍人には、 ソ連への侵攻は不可能だと唱える者もいました。 しかし、他の軍人が 日本を利用することを提案します。 満州を支配する日本の勢力が増せば、ソ連は 満州国境付近に増派を余儀なくされます。 そうなれば、ヨーロッパ戦線の部隊を満州に充てることになります。 ヨーロッパ戦線が手薄になったところで、ドイツ軍は ポーランドを経由してソ連に攻め込めばよいのです。 このため、これまでドイツは 中国を アジア圏のパートナーとしてきましたが、今後は日本と手を組むべきとの案が出ます。 会議をじっと黙って聞いていたヒトラーは、最後に「 考慮しよう」と重々しく語るのでした。 ポーランド侵攻 ヒトラーの別荘での会議から丸2年が経った 1939年9月1日。 横須賀の研究所に居た櫂に田中が「 中佐、大変です!」と駆け寄ります。 ドイツがポーランドに侵攻したことを告げる田中。 櫂のほか、居合わせた ユダヤ人科学者たちは、言葉を失います。 ヤンマガは電子書籍を配信する U-NEXTで今すぐ読むことができます。

次の

映画『アルキメデスの大戦』あらすじネタバレと評価。菅田将暉が演じた天才数学者の苦悩

アルキメデスの大戦 考察

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方はご注意ください。 上海爆撃作戦の戦訓 1937年8月30日。 上海の軍事物資集積場を爆撃した櫂の作戦(154話:上海爆撃)は、遠く離れた ヒトラーの別荘で行われた軍事会議でも話題になっていました。 櫂の写真を見たヒトラーは、1935年に一度会ったこと()を思い出します。 櫂の上海爆撃作戦で、ドイツ軍が参考にしたのは2つのことでした。 一つは、従来の水平攻撃は命中精度が非常に悪かったのに対し、 櫂はほぼ100%の命中率を叩き出したこと。 精密に計算して 命中率を上げる戦術は、ドイツにとっても貴重な戦訓となったのです。 もう一つは、 物資集積所を攻撃目標にしたことです。 このころは 前線を攻撃するのが当たり前だった時代。 後方支援能力を無力化する作戦は、画期的だったのです。 ドイツの軍人たちは「 戦略爆撃」と呼び、称賛しました。 ただし、櫂は ユダヤ人科学者の亡命を手引きしたことも知られており、ドイツにおいて「 危険人物」と認識されています。 ドイツの侵攻計画 櫂の上海爆撃は、結果として 第二次世界大戦の引き金になったとも言えます。 なぜなら、「 戦略爆撃」で敵の維戦(部隊のつながり)能力を断ち、航空機による「 電撃戦」で正確にダメージを与える攻撃は、ドイツ軍の道標となったからです。 ドイツの軍人たちは、 ヨーロッパはおろかソ連制圧も可能だと鼻息を荒くします。 日本とドイツ ドイツの軍人には、 ソ連への侵攻は不可能だと唱える者もいました。 しかし、他の軍人が 日本を利用することを提案します。 満州を支配する日本の勢力が増せば、ソ連は 満州国境付近に増派を余儀なくされます。 そうなれば、ヨーロッパ戦線の部隊を満州に充てることになります。 ヨーロッパ戦線が手薄になったところで、ドイツ軍は ポーランドを経由してソ連に攻め込めばよいのです。 このため、これまでドイツは 中国を アジア圏のパートナーとしてきましたが、今後は日本と手を組むべきとの案が出ます。 会議をじっと黙って聞いていたヒトラーは、最後に「 考慮しよう」と重々しく語るのでした。 ポーランド侵攻 ヒトラーの別荘での会議から丸2年が経った 1939年9月1日。 横須賀の研究所に居た櫂に田中が「 中佐、大変です!」と駆け寄ります。 ドイツがポーランドに侵攻したことを告げる田中。 櫂のほか、居合わせた ユダヤ人科学者たちは、言葉を失います。 ヤンマガは電子書籍を配信する U-NEXTで今すぐ読むことができます。

次の