トヨタ グラン エース カスタム。 【トヨタ グランエース】“上級送迎車”としてVクラスを超えたのか?まとめ…サイズや内装、カスタム、試乗記

【トヨタライトエースはグローバルなバン】カスタム例や実燃費からタウンエースとの違いまで

トヨタ グラン エース カスタム

~よくよく考えてみたら「Tjクルーザー」のカスタムレンダリングって見たことなかったような気がする~ 2020年春頃に市販化される?と噂の新世代SUV&ミニバンモデル「Tjクルーザー Toyota Tool & Joy Cruiser 」をゴリゴリのオフロードにしたら?というレンダリング画像が公開されています。 ~デザインテイストはジープっぽくも見えるが?~ こちらはライトの色をブルーからオレンジに変化させたレンダリング。 フロントフェイスには、ジープ「グランドチェロキー」などに見られるヴァーティカルスリットが入ったグリルで、フロントフォグ周りのバンパーも全て移植しているように見えますね。 こちらはパープルのライトに変化した「Tjクルーザー」のオフロード仕様。 このアルミホイールとオフロードタイヤってどうなっているんでしょうか?この4本セットだけで数百万円クラスになりそうな気もしますが… このほかにも、ウィンチや外付けリベット留めのオーバーフェンダー、大きくリフトアップされたサスペンションなどもインストール。 今のところ本当に「Tjクルーザー」が市販化されるのかは不明ですが、もし登場すれば東京オートサロンもしくは大阪オートメッセにて登場しそうな一台です。 ~新型「グランエース」もかなり過激なデザインでオラオラ顔に~ こちらはトヨタの大型バンモデル「ハイエース Hiace 」の上級グレードとなる「グランエース Gran Ace 」。 フラッグシップミニバン「アルファード Alphard /ヴェルファイア Vellfire 」よりもよりダイナミックなボディを持つ一台で、芸能事務所などの送迎に活用されることが予想される一台となっています。 そんな「グランエース」を早くもアレンジしたレンダリングが公開されていますね。 ちょっと「ヴェルファイア」っぽくも見える過激カスタムレンダリングですが、とくにフロントインテーク周りやロアバンパーはメッキを活用することでオラオラ顔を強調させていますね。 足元のアルミホイールも、おそらく20~22インチのY字スポークタイプを採用していると思いますが、タイヤは低扁平なので乗り心地はちょっと悪くなっている可能性も。 こういったモデルも、来年の東京オートサロンあたりで登場するかもしれませんね。

次の

【トヨタ グランエース】全長5m超えのおもてなし用高級ワゴン[詳細画像]

トヨタ グラン エース カスタム

2019年10月8日に発表され、同年12月16日に発売されたトヨタ新型「グランエース」。 インバウンドなどの送迎に対するニーズが高まっていることから国内市場に導入されましたが、早くもグランエースをベースとしたカスタマイズが流行りつつあるといいます。 新型グランエースは、国内では大きすぎるといえる存在感のあるクルマです。 外観デザインは、前方に張り出したセミボンネットや約2mというワイドなサイズを活かした迫力のあるフルサイズワゴンとなります。 堂々としたフロントデザインは、存在感と高級感をあわせ持ち金属調加飾の大型ラジエーターグリルとヘッドランプを融合させたほか、上下左右に張り出させることにより、迫力のあるフロントフェイスを実現。 また、グリル枠と連動してヘッドランプに突き刺さるような特徴的なLEDデイタイムランニングライトと、クロム装飾フレームで囲んだ2眼ライトで、高級車に相応しいイメージを表現しています。 内装は、前席の黒を基調としたインパネに金属調加飾や木目調加飾を配して華やかな演出がされているほか、ディスプレイオーディオをはじめ、スマホアプリが使用できる機能などによって、地図アプリや音楽アプリをディスプレイに表示可能です。 日本では、ユーザーの多様なニーズに応じて、3列シート(6人乗り)の「プレミアム」と4列シート(8人乗り)の「G」というふたつのグレードを設定しています。 一般ユーザー向けというよりは、観光業や旅客運送業向けなグランエースですが、カスタム市場ではさまざまなアフターパーツが製品化されつつあります。 カスタム業界の動向について、グランエースのカスタマイズを手掛けるパーツメーカーは、次のように話します。 「グランエースはワゴンカスタム業界に久々に登場する新型車です。 この業界はトヨタ『ハイエース』を筆頭に、日産『キャラバン』などのワゴンのカスタマイズが主流でした。 また、カスタムのスタイルは純正のメッキ類を活かしつつ車高を下げているVIP系や、メッキ部分をさらに増やしたオラオラ系、空力性能を考慮したエアロ形状かつホイールで仕上げたスポーティ系など、グランエースをベースにしつつもすでに異なるスタイルが展開されています。 「日本導入の背景は、近年のインバウンドによる訪日外国人の増加や、2020年の東京オリンピックに向けて送迎需要の増加が見込まれるためです。 ベースは海外向けの新型ハイエースで、全長5m超えとかなり大柄なサイズですが、タイヤかなり切れるので一回り小さい『アルファード/ヴェルファイア』より小回りが利くなど、日本でも問題なく使えます。 また、日本で新型ハイエース自体を導入するわけではないので、既存のハイエース(200系)はそのまま商用バンとして併売し、新型グランエースは、新たな送迎に関わるジャンルを開拓していくモデルです」 実際に送迎といってもいくつかの種類に分けることができるといいます。 トヨタとしては、VIP/企業要人、大使館関係者、芸能事務所などでの「ショーファーニーズ」、ハイヤー/タクシー、インバウンド企業、高級リゾートなどの「送迎ニーズ」、ビックサイズミニバンやキャンパーなどの「小口法人や個人向けニーズ」というユーザーをターゲットにしているようです。 そんな、期待が込められたグランエースは、ワゴンカスタム市場に新たなる旋風を巻き起こしつつあるともいえる存在です。 しかし、今後の動向については冷静な意見も出ており、前出とは別のパーツメーカーは、次のように話します。 「新型車として、グランエースが登場したので、賑やかしにはなるかと思います。 ただ、これまでのハイエースやキャラバンは、土建業者の方々などカスタムを好む層がお客さまでしたので、カスタム市場も盛り上がっています。 しかし、グランエースを購入されるお客さまは、ホテルや旅館、VIP向けの送迎など個性あるカスタムはイメージの問題もあり、避けられるのではないかと思います。 そのため、グランエースのカスタムは初期の盛り上がりはあるものの、その後の販売は厳しいかもしれません。 しかし、新型コロナウィルスの影響で訪日観光客が激減していることもあり、購入に踏み切れていない状態です。 しかし、高級感のあるグランエースはお客さまをお出迎えするうえで、魅力的なものだと考えております」と話しています。 さまざまな業界で期待が高まるグランエース。 今後、どのような盛り上がりを見せるのか、気になる1台です。

次の

グランエース 新車コンプリートカー販売|カスタムガレージ スパーク

トヨタ グラン エース カスタム

ボディサイズは大きいが実は運転しやすいかも!? 冒頭から話がそれてしまうが「グランエース」が展示されていたブースはトヨタ車体。 年内の正式発売を予定しており、今回の車両はあくまでも参考出展車という位置付けだが、ほぼ市販モデルといってよさそうとのこと。 まず気になるサイズ感はやはりデカイ!! アルファード & ヴェルファイアよりもひとまわり大きな印象。 正直、街中での運転にてこずりそうだが、実際のところはそうでもなさそう。 前後のオーバーハング数値はアルヴェルよりも短く、エンジンをFR化することでタイヤの切れ角も大きくしている。 結果小回りがきくため、実はアルヴェルよりも運転しやすいのでは? という話もある。 また全高を1990㎜に抑えて、全高2m未満が多い街中の地下駐車場に入れるサイズ感に設定されるなど、実は日常の使い勝手がかなり考えられている感じだ。 そして気になるルックスは、メッキを多用し少々ヤンチャ感のあるアルヴェルよりもグッと大人になった印象。 アルファード顔負けの大型アッパーグリルを採用するが、メッキを最小限に抑え堂々たる風格に。 一方でL字形状のライトバーでボディのワイド感を演出したリアビューなどは迫力満点。 インチアップしてローダウンするだけで、他を寄せつけないオーラを強烈に放ちそう。 続いて室内もかなり豪華な仕様。 特に2列目/3列目が圧巻で、後席2列仕様の6人乗りは、セカンド/サードシートとともに本革のキャプテンシートを採用。 しかも車内の圧迫感を和らげるためにシート両サイドの空間にゆとりを持たせている。 まさにVIPの送迎車という感覚だ。 アフターメーカーの動向に期待してます!! しかも後席4シートすべてが同形状で、オットマンはもちろん読書灯やルーフのバニティミラーなども全席備えられている。 VIP御用達のおもてなし空間となっている。 木目調と金属調の質感をバランスよく組み合わせることで、優雅な雰囲気を表現。 室内のベース色は2パターン用意される予定。 グリルからヘッドライトへつながるような造型でデザインされたメッキガーニッシュ。 リア全体のワイド感を演出するL字形状のLEDテールランプ。 ウインカーランプはバルブタイプで流行りのシーケンシャルは未搭載だ。 リアの足まわりは左右のホイール同士を繫ぐ新開発の車軸式。 アルヴェルのようにローダウンでキャンバーは付かないが、乗り心地は上質に。 純正ホイールはハイエースと同じ6穴。 タイヤもライトトラック用のLTタイヤが標準。 【基本スペックをアルファードと比べてみた!! 】 グランエース アルファード(3. タイヤハウスを小さくして、その分車内に余裕を持たせるなど、とにかくゆったりくつろげる空間を作るためのこだわりがギッシリ。 またグランエースのエンジンはクリーンディーゼルのみ。 デザインは検討中だが車両が入荷次第即スタートするとのこと。 また6穴対応の2ピースホイールやマフラーの開発も合わせて行いたいとのこと。 スタイルワゴン2019年12月号より [スタイルワゴン・ドレスアップナビ] 【注意】• 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の