安全日 妊娠。 月経周期と妊娠しやすい日…排卵日・危険日の考え方 [女性の健康] All About

生理前は安全日なの?妊娠する確率は?危険日はいつ?

安全日 妊娠

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 妊娠のしやすさについて、「危険日」「安全日」という言葉が使われることがありますが、具体的にいつのことを指すのか、実はきちんと把握できていないという人も多いかもしれません。 そこで今回は、生理周期から危険日・安全日を計算する方法や、より正確に予測する方法などをご説明します。 「危険日」「安全日」とは? 一般的に、性交すると妊娠しやすい日は「危険日」、性交しても妊娠にくい日は「安全日」と呼ばれています。 妊娠を望んでいない場合は「安全日」に性交し、逆に妊娠を望んでいる場合は「危険日」を選んで性交することが望ましい、と考えられています。 大まかに言えば 「排卵日の2~3日前から、排卵翌日くらいまで」の時期は危険日、それ以外は安全日ということになります。 ただし、生理周期がある程度安定している人であれば、「次の生理が始まる約14日前が排卵日」なので、後述のとおり生理周期からある程度危険日を予測することはできます。 関連記事 危険日・安全日は生理周期から計算できる? 生理周期とは、「生理開始日から次回生理開始予定日の前日まで」の日数を指します。 生理周期が27日の場合、「次回生理開始予定日の約14日前」が排卵日で、「排卵日の2~3日前から、排卵翌日くらいまで」を危険日とすると、次のような計算になります。 生理周期の計算だけで「危険日」「安全日」を決めることは難しいということを理解しておきましょう。 関連記事 生理周期の危険日・安全日をより正確に知る方法は? 生理や排卵のタイミングは周期によってずれることもあり、特に生理不順がある人は計算だけで「危険日」「安全日」を出すのが難しくなります。 より正確に把握したいのであれば、基礎体温を記録したり、排卵検査薬を使ったりして排卵日を予測するのも一つの方法です。 基礎体温のデータをグラフに記録すると、上図のように「低温期」と「高温期」の二相に分かれます。 また、排卵検査薬は、排卵直前に分泌量が増える「LH(黄体形成ホルモン)」を感知すると陽性反応を示すもので、陽性が出たら「危険日」と考えることもできます。 ただし、どんな方法で排卵日を予測するとしても、「100%確実」ということはいえません。 確実な避妊を求めるのであれば、コンドームなどを使うことを徹底してくださいね。

次の

「危険日」や「安全日」っていつ?生理周期から計算する方法

安全日 妊娠

安全日とは? 安全日とは、最も簡単に言えば妊娠しにくい日のことをいいます。 では、何をもって妊娠しにくいとされるのでしょうか?これは、排卵日後の数日間を指します。 しかし、「妊娠しない」などということは、決してありません。 ただ、妊娠確率が低くなるというだけですので、妊娠しないという概念は持たないようにしてください。 なので、個々での避妊はするようにしましょう。 安全日とは逆に危険日という日も、もちろん存在します。 これは、妊娠しやすい日であると思ってください。 排卵が終わった後の数日間が安全日、ズバリ排卵期こそが危険日であるといえます。 まぁ、言葉というのは面白いもので、安全や危険という言葉でちょこっと安心できてしまうのも人というもので、ついついそれを鵜呑みにしてしまいがちです。 しかし、安全日も危険日も、個々に差があるということを知っておいてください。 危険日とは? 危険日とは、排卵日の初日から3日前と、排卵中であるとされる約5日、そして排卵が終わった後の1日。 大体9日~10日間が特に妊娠しやすいとされ、俗に「危険日」と呼ばれます。 危険日って、どうも私個人としては意味が解せません。 性行為に及ぶということは、子孫を残すためだという意図があって行われるものであるはずなのに、「安全だ、危険だ~」ってねぇ、それはさておき、危険日ってつまりはどういう日なのでしょうか。 簡単に言ってしまえば、いつでも安全ではない日なので、常に危険日ですなんて言ったら怒られそうですので、きちんと説明いたします。 危険日とは排卵期のことを指します。 排卵期になると、基礎体温に変化が現れ、低温期から高温期へと移ります。 このとき、子宮で排卵が行われており、粘着性のあるおりものが分泌されます。 この状態の時には、非常に受精しやすく妊娠確率が高くなっています。

次の

知らないと後悔する!「排卵日・危険日・安全日」体のしくみ6つ!

安全日 妊娠

「安全日だから大丈夫」なんて思う方も多いようですが、性交渉をするタイミングとして、安全日や危険日について正しく理解をしていますか? 「安全日」とは「絶対に妊娠しない日」という意味ではありません。 安全日だからといって、避妊をしなければ、望まない妊娠をしてしまう可能性も……。 妊娠を望む人も望まない人も、まずは安全日や危険日について正しく学び、今後のライフプランに役立てましょう。 安全日とは?危険日とは? 安全日や危険日は、妊娠しにくい時期・しやすい時期を意味した、一般的な呼び方です。 妊娠は、卵子と精子が巡り会って成立するもの。 卵子が卵巣から飛び出してくる「排卵」の時期によって、妊娠の可能性は左右されるため、排卵日を基準として安全日や危険日という考え方が定着したようです。 一般的に、排卵期が過ぎて数日後から次の生理がはじまるまで。 一般的に排卵が始まる 3日前から排卵が起こった翌日まで。 危険日は、排卵期と重なり、 排卵が起こるその日だけではなく妊娠の可能性が高まる期間です。 一方で、安全日といわれる期間は比較的長く、タイミングによっては妊娠する可能性は異なるでしょう。 排卵後すぐであれば、安全日と思っていても妊娠の可能性が高く、 決して確実に妊娠が避けられる時期ではありませんので、注意が必要です。 生理直後は安全?一般的な安全日と危険日 生理直後は安全日、という意見もありますが、実は危険日に近い時期だと言われています。 最も妊娠しやすい排卵日は、生理が始まってから 12日から 16日頃。 つまり、生理の期間が長く 10日程度続く人の場合は、生理が終わってからわずか 2日ほどで排卵期に突入してしまうのです。 しかも、精子の寿命は卵子よりも長いため、 1週間以上、子宮内に残る可能性があります。 精子の寿命が長かったり、排卵が早かったりする場合は、受精するチャンスが生まれて妊娠の可能性が高まるというわけです。 つまり、生理直後は安全日でなく、危険日目前の時期と考えた方がよいでしょう。 生理中は性交渉を避けるべきタイミングであり、スキンシップが取れない日々が続けば、生理が明けた直後は開放的な気分になりやすい時期でしょう。 しかし、 妊娠の可能性から考えると、理性的な行動をとり、しっかりと避妊をする必要があります。 安全日と危険日の計算方法 では、できるだけリスクを軽減させるためにも、自分自身の安全日と危険日について、きちんと計算してみましょう。 例えば、生理開始から 14日目に排卵が起こる人の場合、 14日目の朝に排卵が起こり、排卵後 12〜 36時間とされる卵子の寿命を考えると、最長で 16日目までは妊娠の可能性が高いと考えられます。 そのため、 17日目頃から次の生理までが一般的には安全日といわれる期間になるでしょう。 次に、危険日の計算をしてみましょう。 排卵期が生理開始から 12日から 16日と考えられるため、その排卵開始 3日前にあたる 9日目から 15日目までとなります。 ただし、生理周期やそのときの体調によって、排卵日がずれる可能性は十分にあります。 排卵がずれると計算結果もすべてずれ込むため、あくまでも目安としてとらえることが大切です。 予測は確実でない!ちゃんと避妊を 妊娠を望まない人にとっては、安全に性交渉出来る時期が安全日であり、妊娠しやすいタイミングが危険日となります。 しかし、もともとこうした計算方法は妊娠を望む人がチャレンジするための方法で、オギノ式と呼ばれます。 妊娠を望む場合でも、決して確実なものではなく、 あくまでも、生理周期が一定である人が、参考にできる程度のものです。 そのことを理解せずに、「安全日だから避妊はいらない」と判断してしまうと、想定外の妊娠に至ってしまう可能性があります。 生理周期が乱れやすい人は、特に注意が必要です。 排卵が少しずれると安全日と思っていた日が危険日となる可能性があります。 生理周期が安定な人でも、 ストレスの影響を受けて周期が乱れることも。 妊娠を望まない場合は、安全日と思っていても必ず避妊しましょう。 パートナーに理解を求めることも重要 性交は 2人で行うものなので、パートナーにも避妊について正しく理解してほしいところです。 男性のなかには、避妊に対して非協力的な場合もあり 、「安全日はコンドームを付ける必要がない」と主張する人もあるかもしれません。 しかし、望まないタイミングで妊娠してしまえば、2人にとっても大きな問題となるでしょう。 パートナーが避妊なしの性交を求める場合は、きちんと話し合って理解を促したいですね。 安全日も危険日と同じように避妊しよう 安全日、危険日といった表現は、避妊の目安として利用できるものです。 しかし、 生理現象はコントロールできるものではなく、予測は予測、「絶対」ではありません。 計算結果はあくまでも参考程度にして、必要に応じて避妊を行いましょう。 普段から、安易に安全日であることを伝えるのではなく、パートナーにもきちんと説明し、避妊への正しい理解を促すことも大切です。 自分のカラダをしっかりと守るためにも、安全日も危険日と同じように避妊の徹底に努めましょう。

次の