原油 ブル 見通し。 原油の株2038について教えてください。償還条件がよく理解できないの...

原油の株2038について教えてください。償還条件がよく理解できないの...

原油 ブル 見通し

2020年3月に原油価格が急落しました。 原油価格は経済や株価にも影響を与える、とても重要な指標になっています。 今回はこのような原油価格の急落が起こった理由を調べてみました。 【この記事の目次】• それでは早速内容に入っていきましょう。 原油価格の動向 原油価格の推移についてですが、2020年3月に入ってから急落し、WTI原油先物は「1バレル20ドル」付近の推移となっています。 WTI原油先物とは 世界の3大原油指標の1つで、他に「北海ブレント原油先物」「ドバイ原油スポット価格」があります。 そのなかでもWTI原油先物は、取引量と市場参加者が圧倒的に多く、市場の流動性や透明性が高いため、最も注目される指標です。 これがどれだけすごいことなのかを把握するために、ここ数年間のチャートを確認しましょう。 高い時では1バレル100ドル以上しており、 それ以外でも2016年を除けば大体1バレル50ドル前後で推移していた原油価格が、半値以下に急落したのです。 それも1ヶ月かからずに下落していますから、インパクトは非常に大きなものとなっています。 このような急落が何故起きたのか、理由を見ていきましょう。 原油価格急落の理由 原油価格が急落した理由は大きく以下の2つだと思われます。 『2月25日』 新型コロナウイルスの拡大により、世界規模で原油需要が縮小することが懸念される。 原油価格は節目の50ドルを割る(WTI終値49. 9ドル/バレル) 『3月5日』 石油輸出国機構(OPEC)総会で、減産はロシア次第という条件の下、4~6月(第2四半期)に日量100万バレル減産を合意(WTI終値45. 90ドル/バレル) 『3月6日』 OPEC加盟国とそれ以外の主要産油国で構成するOPECプラスは、ロシアが減産に合意しなかったことから協議が決裂(WTI終値41. 28ドル/バレル) 『3月9日』 サウジアラビアの増産方針が伝わり、原油価格は大幅に下落(WTI終値30. 24ドル/バレル) このような経緯で原油価格が下落したわけですが、「新型コロナウイルス」と「原油減産交渉決裂」が大きく影響していると言えます。 ここからはこれら2つについて解説していきます。 新型コロナウイルスの感染拡大により、人の往来減少・向上の操業停止などが起きていることから、原油を使う量が減っています。 諸説あり、正確には算出されていないと見るのが正しいと思いますが、世界全体で最大2,000万〜3,000万バレル/日(2割〜3割)の需要が減少するという情報もあります。 これが原油価格下落の1つ目の理由です。 3月上旬に行なわれた、OPECプラスにおいてロシアが減産に合意せず交渉が決裂、更にはサウジアラビアが原油の増産方針を発表したことから、原油価格が急落しました。 問題はなぜ減産に合意しなかったかということです。 これには 産油国同士のシェア争いが深く関係しています。 ロシアが減産に合意しなかった理由は、「ロシアとサウジが協調減産している間に、今やシェールオイルの採掘により世界屈指の産油国となっているアメリカがシェアを拡大することが受け入れられなかった」とも言われています。 また、国の財政を石油の輸出に頼るサウジアラビアにとっても、シェアの拡大を図りたい思いがあります。 つまり、例え価格が下がり利益が少なくなろうともシェアの拡大を優先する、互いに潰し合いの様相になっているということです。 4月9日〜10日にかけて、OPECプラスではサウジアラビアやロシアが「1000万バレル/日」の減産を打ち出し、G20でアメリカに協調減産を呼びかけましたが、具体的な削減目標は声明に盛り込まれませんでした。 今後は継続協議していくとしていますが、 「需要減>減産」となるであろうという見方もあるようですね。 原油価格急落の影響 原油価格の急落は様々影響を与えており、企業業績にも影響が出始めています。 以下の表は、すでに業績の下方修正を発表している主な企業です。 黒字から一気に赤字に転落している企業もあるので大変です。 また、株価全体にも悪影響が出ており、原油価格が急落した翌日には日経平均もNYダウも暴落し、世界同時株安の発端にもなりました。 今後の見通し 2020年3月に原油価格が急落した理由を解説してきましたが、まだまだ先が見えない状況が続いています。 とはいえ、現在の状況が続けば産油国は共倒れになる危険性があります。 なぜなら、 ほとんどの主要産油国が現在の原油価格では財政を支え切れないからです。 国際通貨基金(IMF)によると 国の財政収支が均衡する原油価格はサウジアラビアが1バレル83ドル台。 ロシアが予算で設定した水準は42ドル台です。 特に、原油関連の歳入が全体の7割を占めるサウジアラビアは原油価格が下がったままでは厳しいでしょう。 また、アメリカのシェールオイルも損益分岐点が1バレル50ドル前後と言われており、 現在の価格を歓迎する産油国は無いと言えます。 そのため、個人的にはいずれ原油価格が上昇に転ずると考えています。 そうした考えから、先日原油に投資を始めました。

次の

原油が20ドル切った!どこまで下がる?原油ダブルブル(2038)とWTI原油(1671)物色中

原油 ブル 見通し

「株で300万以下の戦う」FBページもよろしくお願いします。 最近、自分のの主力でもある2038NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETNが、指標に連動してないのではないか?という疑惑を等で見る機会が増えたので調べてみました。 に実際に電話で問い合わせてみたり、信託委託者であるに電話で問い合わせてみたりして疑問点を色々ぶつけてみました。 ETN って何? ETNとはで取引ができる指数連動型の債券で、簡単に言うと証券口座を持っていたら現物口座でも買える株みたいな債権です。 2038原油ブルは「日経・東商取原油指数」に連動するETNです。 ダブル・ブルですので、本来は指標の2倍の動きを反映するはずです。 2038原油ブルの分かりやすい説明はこちら 簡単に言うと、2038はドバイ原油の価格の影響をうける事がわかります。 ETN自体はあくまで債権であり、金融機関が発行した債権を買い取るという形になっています。 お金の流れだけを見ると、指数と連動しているとはいえ金融機関との取引だけになります。 であると違い株などを買ってある等の資産的な裏付けが無いため、発行できる金融機関は厳格な基準で審査されています。 発行した金融機関が指数に連動した価格での常時買取・常時償還を保証して安全性を担保するというになります。 2038原油ブルが指標に連動していない? さて、ようやく本題ですがでは2038原油ブルに関してこのような意見が散見されます。 2038 原油ブルは原油が上がってるのに比べて、なんで上げが弱いのですか? 誰か教えて偉い人— なおにぃ naony0717 原油が20ドル後半の時から仕込んでたのに、ここまで原油ブルが上がらないとはな。 こちらのデータを基に3月の 日経・東商取原油指数を基にダブル・ブルの変化率を計算するとこのようになります。 マイナスの値をつけたのが、3、9、11、14、15日だけになります。 こちらが、2038原油ブルの日足になります。 とにしてみた ということで、しました。 個人でもは普通に対応してくれました。 一応、質問内容等も載せておきます。 ETNの購入者向け等はあるか? A. 金融業者等向けに「」がある。 ETNの価格連動の責任はどこにあるのか? A. 基本的にということであれば信託委託者が責任をおう。 もし指標連動がされてない通報が事実ならどのような対応になるか? A. 匿名でもできるがから対象の金融機関等へ注意の通告ができるが、事実かどうかの精査は必要。 もし通報がされた場合にどのように対応するのか?途中経緯等は教えてもらえるのか? A. 残念ながら捜査をしているか含めて回答できない。 あくまで通報の事実は真摯に受け止める。 2038原油ブルについてからの説明 ということで、こちらのリンクにもあるように信託委託者がであるので、に直接電話で「2038原油ブルが指標と連動してないんじゃないか?」という形で聞いてみました。 まず、が連動を保証している基準価格はNAV価格というものであって、厳密に言うと取引価格ではない。 NAV価格についてはJPXのHPから確認ができる。 ちなみに22日の本日のNAV価格は883. 93円。 取引価格のが955円ということで、これでも割高な状態であるということになる。 883円の部分がで保証している部分で、残りの72円分が買いたい売りたいの需給によって付加価値がついた状態という事がわかりました。 の担当者の話では、NAV価格との乖離幅が縮まってきており、今後の原油相場が回復する事で上振れる形で乖離することもあり得るという話でした。 なので結論としては、原油価格が上昇してきて注目を浴びればもちろん上昇するし、乖離も少なくなってきたということで、これから原油価格が回復していくのならばに近い感じなのかなと思いました。 直接聞いてみるというのもやっぱり大切ですね。 早とちりはよくないです。 【現在このくらいの人気があります】 【ツイキャスアカウントはこちら】 k300.

次の

【2020年3月〜4月】原油価格急落の理由と今後の見通しについて

原油 ブル 見通し

NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブル ETNのみんかぶ目標株価は「425円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 425円 と判断されています。 NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブル ETNは、【原油高メリット、石油、】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の