スリング クロス。 会社概要

スリングの作り方は?リングのあり・なし別の作り方や代用品も紹介

スリング クロス

クロスリングテスト関連ページ このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーでは両眼解放屈折検査の話をします。 このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーでは偏光視標の原理の話をします。 このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーでは斜位と基底の方向の話をします。 このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーではカバーアンカバーテストの話をします。 このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーでは十字テストの話をします。 このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーではワース四灯テストの話をします。 このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーではコの字テストの話をします。 このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーでは偏光レッド・グリーンテストの話をします。 このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーでは偏光バランステストの話をします。 このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。 対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。 分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。 このエントリーでは時計十字テストの話をします。 最新記事.

次の

ベルトスリングの選定・通販

スリング クロス

手作りスリング・抱っこ紐の注意点3つ目は、布・糸・リングの相性を考える事です。 布は勿論糸にも種類があります。 布に合った糸を使用しないと、糸が切れてしまうので注意しましょう。 よくわからない場合は、とりあえずナイロンの糸は避けましょう。 ニットにはニット専用の糸があるので、専用の糸を使いましょう。 布とリングにも相性があります。 大きいリングに薄い布だと、リングからすり抜けてしまいます。 逆に小さいリングに厚い布だと、調節がしにくく布の劣化も激しくなってしまいます。 相性が悪い物を使用して作ると、赤ちゃんに危険が及ぶので材料選びにも注意しましょう。 端の始末をしていない1辺を上にして、中心にアイロンで折り目を付けます。 均等に10等分してアイロンでじゃばら折りに折り目を付けます。 1番手前が裏面になる様に折ってください。 まち針かしつけ糸でずれないように止めて、1cm幅ほどで縫います。 縫い終わったら、端から2cmにアイロンで折り目を付けます。 リング2つに布の裏が内側になる様に通し、25cmくらいの所でまち針かしつけ糸で止めます。 肩に当たる部分になるので、長さはお好みで大丈夫です。 止めた所を縫って、負荷がかかる場所なのでもう1本縫っておくと良いでしょう。 布がずれないように、端をまち針やしつけ糸で止めてリングの付け根を縫います。 肩に当たる部分なので、中に綿やタオルを入れて縫うと肩が痛くなりにくいです。 四角く縫って、四角のなかをばってんに縫って完成です。 動画もありますので参考にしてみてください。 出典: 簡単クロススリング・抱っこ紐の作り方1つ目は、材料の準備の仕方です。 リングスリングの作り方でも紹介しましたが、赤ちゃんに使用する物なので素材選びは重要です。 天然素材にこだわった方が良いですが、クロススリングは細長い布を使用するのでズボンやストールをリメイクして作るのもおすすめです。 幅15cm長さ135cmを表裏2枚ずつ使用します。 あまり継ぎはぎはしない方が良いですが、布の余りを出したくない場合や、ズボンやストールを使用する場合は袋縫いになるようにしっかり縫って強度を上げましょう。 赤ちゃんの背中に当たる部分を30cmの正方形で準備します。 直接触れる部分なので、柔らかい素材やガーゼを重ねておくと良いでしょう。 30cmの正方形を表を内側にして斜めに折ります。 ガーゼを重ねる場合は一緒に重ねて折ります。 端を1cm幅で縫っていき、後でひっくり返すので5cmほど隙間を空けておきます。 ひっくり返りたら、隙間の部分を閉じてアイロンをかけておきます。 アイロンをかけて三角形を整えたら、長い辺を1. 5cmで折り目をつけます。 5cmの際の部分を縫って、中にゴムが通せるようにします。 はみ出た部分はカットするので、重なっている部分まで縫うようにしましょう。 20cmのゴムを通して、端を縫って止めておきます。 ズボンをリメイクで使用する場合はファスナー部分が余るので、背中当てに使用すると余りなくおしゃれに仕上がります。 ファスナーが赤ちゃんの背中に当たるのでは?と心配な場合は、内側に綿を入れると安心です。 表地と裏地の表面を内側にして、長い辺を1cm幅で縫い筒状にします。 端を1cm折り返してアイロンで折り目をつけて、全体を裏返します。 裏返したら端が綺麗に半分になるようにアイロンをかけておきます。 端を1cm折り返した方の内側に、反対端を2cmほど差し込みます。 重ねた端と1cm内側の2本縫います。 輪が出来たら、両端を1周縫っておきます。 ズボンをリメイクで使用する場合は、裏表が分かりにくいズボンもあります。 作っている時に分からなくならないように注意しましょう。

次の

会社概要

スリング クロス

リメイク後のクロス抱っこ紐 リメイク後のクロス抱っこ紐は、こんな感じです。 余り布でスリープカバーを作ったのですが(丸まっている部分)、使いませんでした。 背当て部分にはゴムとファスナーが付いています。 元がスリングの生地なので薄手ながらにしっかりしています。 生地のつなぎ目は輪にするところだけなので、ほつれていく心配もほぼありません。 この写真の 出来上がりサイズは、肩幅13cm、1周134cmです。 1周のサイズは体型に合わせて変えてください。 このサイズは163cm細身用です。 スリングからクロス抱っこ紐の作り方 実際の作り方です。 見辛くてすみません。 端の三角部分は背当てに使います。 3、表に返します。 4、片方の端を2cm折り込んで、仮縫いしておきます。 5、ひねりを入れながら(脇腹に沿うように)、輪にします。 折り込んでいない方を、もう片方の中に入れ込みます。 6、2つの布を肩にかけてみて、長さを調整します。 お腹のおヘソ下の前あたりでクロスするようにして、仮縫いします。 (赤ちゃんのお尻が乗るクロス部分が、おへその下あたりに来るぐらい。 7、試着を改めて行い、長さを決定します。 できれば実際に赤ちゃんを落とさないように気をつけて抱っこしてみてください。 ぬいぐるみだと重さが足りずに、重さで下がる分がわからないためです。 8、長さが決まったら、ミシンで縫います。 ほつれてこないように、かなり頑丈に。 9、2つの布(輪)を合わせて縫います。 <背当ての作り方> PDFファイルはこちら>> 1、背当てにゴムをつける場合は、ゴムを少し引っ張りながら両端を縫い付けます。 2、ゴムを布で包むように上から布を3つ折りにして、ミシンで縫います。 ゴムをつけない時も、布はし処理のために3つ折りしてミシン縫いします。 3、三角の片方部分を本体の2枚をクロスして縫い付けたあたりにミシンで縫い付けます。 4、ファスナーをつけるか、そのままもう片方も本体に縫い付けるかします。 5、もし余力があれば、余っている布でボタンをつける部分をつけて、スナップボタンやプラスナップなどのお好きなボタンをつけて、本体とボタンで着脱もできるようにします。 (ファスナーだけだと勝手に開いてきたら恐いので。 ) こんな感じです。 表 外したところ。 ファスナーは表から見てファスナーが見えないように三角布を重ねて縫ってあります。 ボタンはプラスナップです。 正直、ファスナーを開け閉めしなかったので、両側とも背当てを縫い付けてしまえば良かったです。 結構苦労してファスナーやプラスナップをつけたのに、なー。 ファスナーをつける場合は、 金属製などのしっかりしたものがオススメです。 やわなファスナーだとたまに壊れてしまうことがあるそうです。 クロス抱っこ紐の裏側です。 ボタンは、安全面を考えて、内側からとめるようにしました。 スリングをクロス抱っこ紐にリメイク、利用してみて 私は接着芯なしで作りましたが、かなり布がヨレヨレしてしまい、背中部分がいつもどこかにいってしまうのがかなりの難点でした。 かといって、背中部分も縫い付けてしまうと調整がきかなくなってしまう。 悩んだ挙句、こうしました。 背中部分に、余り布をつけて、布が可動しつつも動きを制限するようにしました。 これで問題解決です。 ズボンリメイクの時はこんな問題はなかったので、おそらく接着芯をつけてしっかりさせておけば良かったのかなとも思います。 このクロス抱っこ紐、本体が軽いのとかさばらないので、つけっぱなしにしておいても問題なくて楽でした。 (カーディガン1枚羽織っている感覚) 抱っこした時も、背中のクロス部分と幅広の肩布で赤ちゃんの体重を分散してくれるのでかなり楽! 布を買ってクロス抱っこ紐を作ろうと思っても、142cmもの布を買うのかと尻込みし、というか強度のある布って何?と思い悩み、売り物を買ったほうが早いんじゃないかと思ったことがあります。 スリングなら布の強度が元からあるので、問題なし。 お下がりのスリングなのでお金もそこまでかからず手作りできて、しかも使ってみたらかなり使い心地が良くてヘビーユーズしておりました。 お蔵入りしているスリングをお持ちであれば、クロス抱っこ紐にリメイクしてみてはいかがでしょうか。

次の