入学祝い 中学生。 入学祝いに添える中学生へのメッセージ例文!書き方のポイントも紹介

中学校入学祝いプレゼント【女の子編】ランキングと相場!

入学祝い 中学生

スポンサードリンク 姪や甥の中学校の入学祝い金額の相場は? 春は卒業、入学のシーズンです。 ランドセルを背負っていたあの子も、あっという間に中学生。 中学校の入学を迎える甥っ子・姪っ子がいる場合、 入学祝いを考える頃ですね。 一般的に入学祝いは、ごく親しい身内だけに贈るもの。 なので、あなたが社会人で、きょうだいや甥・姪と親しい付き合いがあれば、甥や姪への入学祝いは、お付き合いのマナーとして『用意するべきもの』となります。 「 一体どれくらいの金額を包めばいいのか? 」 というのはちょっと悩ましいところですが、 入学祝いをあまり高額にしてしまうと、その子どもの親に気を使わせてしまうので注意が必要です。 基本的に、 『 収入のない子供へのお祝いは、お返しが必要ないもの』 とされており、 入学祝いもその一つです。 『入学祝いにはお返しはしないもの』 という考え方が一般的なので、 良かれと思って奮発しても、かえって相手が困ってしまうことも。 相手に負担を感じさせない程度の金額を包むようにしたいですね。 入学祝いの金額の相場は? きょうだい間の子どもの入学祝いの相場を一覧表にまとめました。 お祝いの金額の相場は、地域や家庭によっても、かなり変わる場合がありますので、上記はあくまで目安にしてくださいね。 甥っ子・姪っ子に対する入学祝いの金額は、贈る相手との親密度によっても違ってきますし、贈る側の年代によっても違ってきます。 中学校の入学祝いは、贈る側の年齢が比較的若い場合は5000円程度、ある程度の年齢になったら10000円程度、といったあたりが一般的です。 自分の子どもの入学のときに、どれくらいの入学祝いをいただいたかも目安になります。 過去に入学祝いをいただいたことがある場合には、同じ金額を渡すのが無難です。 きょうだい同士、なんでも言い合える間柄であれば、あらかじめ金額を取り決めしているケースもあります。 わたしの周りでは、小学校も含めて、社会人になるまでの入学祝いは一律1万円にしている家庭が多いです。 金額をどうすればいいのか迷うようであれば、両親や他のきょうだいと相談してみるのがおすすめです。 きょうだいが3人以上なら? また、きょうだいの人数や甥っ子・姪っ子の人数によっても金額は違ってきます。 きょうだいの人数が3人以上の場合、入学祝いを贈るまえに注意したいのが、 『きょうだい同士でお祝いの金額がばらつかないようにする』 ということ。 きょうだいが3人以上なら、事前に贈る側のきょうだい同士で話し合って、同程度のお祝いになるよう足並みを揃える方が、贈られる側も負担に感じません。 中学校の入学祝いを贈る時期はいつまで? せっかく入学祝いを贈るのであれば、タイミングよく渡したいですよね。 入学前の家庭は出費も多くなりますし、『おめでとう』の気持ちは、是非、入学前に伝えたいもの。 中学校に限らず、 入学祝いを贈る時期は、入学式の2~3週間前までを目安とします。 中学校の場合は、義務教育で必ず入学することが決まっていますから、早めに準備をして、3月初旬くらいに贈るのをおすすめします。 入学祝いのタイミングがずれる場合は? 入学祝いは、3月中には渡したいところですが、それも ケース・バイ・ケースです。 贈るのが遅れて、入学後になってしまっても大丈夫。 入学後に贈ってはいけないという決まりごとはありませんし、 遅れたからといって、失礼にあたることもありません。 中学校に上がってから初めて会った、という時に入学祝いを贈る場合もあります。 また、3月頃には会えないからということで、 お盆に会ったときに渡したり お正月にお年玉と一緒に渡すケースもあります。 早めに渡しておくのも失礼にあたりません。 「ちょっと早いけど」 「遅くなったけど」 といった一言を添えて贈るといいですね。 入学祝いののし袋の書き方は? のし袋にはいろいろな種類がありますが、 入学祝いに使うのは、 『 紅白の蝶結び(花結び)』 ののし袋です。 紅白の水引はおめでたい場面で使われ、 蝶結びは、 「 何度も結び直せる=何度あっても嬉しい」 ことに使います。 スポンサードリンク 入学祝いのし袋の選び方は? 包む金額によって、のし袋を選びます。 中に包む金額が1万円以内なら水引が印刷されたものを、それ以上なら本物の水引を選ぶのが基本です。 お店に行くと、のし袋の外装に、そののし袋に見合った金額が書かれている事が多いので、チェックするといいですね。 最近は可愛らしいデザインののし袋も人気です。 甥っ子や姪っ子のような身近な間柄なら、「可愛い」と思えるのし袋もカジュアルでいいかもしれませんね。 入学祝いののし袋は何で書くの? 文字はサインペンではなく、 毛筆や 筆ペン 黒墨 で書くようにします。 濃い墨の筆ペンで、「 幸せが太く長く続く」ように、しっかり太く書きましょう。 本来、マジックやボールペンは筆記用具の簡易版です。 マジックやボールペンを使うと、手抜き感が前面に出てしまいます。 字が下手でも、一文字一文字、丁寧に心をこめて書けば、お祝いの気持ちは相手に伝わります。 自分の字が嫌だとか、失敗したくない時は、代筆してくれるお店もあります。 わたしは高価なのし袋を用意したときなど、失敗したらもったいない(笑)ので、代筆をお願いすることがよくあります。 デパートや高級文具店でのし袋を購入すると、無料で筆耕(代筆)してくれるサービスがあるので、利用してみるのも一案です。 入学祝いのし袋で上段の書き方は? 表書きの上段には、右上ののしや中央の水引にかからないよう、やや大きめに「 祝御入学」と書くのが一般的です。 他にも、 「 御入学祝」 「 入学御祝」 も使われます。 四文字(=死文字)は縁起が悪いということで、四文字を気にする場合は、 「 御入学御祝」 と五文字で書きます。 最近は、親しい間柄の場合は、 「 ご入学おめでとう」 と口語で柔らかく書くケースも増えてきています。 入学祝いののし袋で下段の書き方は? 下段には、上段よりやや小さめの文字であなたの『 フルネーム』を書きます。 フルネームにするのは、同姓がいても区別ができてわかりやすいためですが、見た目のバランスも美しいとされています。 特に入学祝いの場合は、同姓が集まる親族で行う事が多いので、必ずフルネームで書きましょう。 その場合は夫のフルネームを中央に書き、左に妻の下の名前のみを書くのが正式です。 ですが、バランスよく見えるよう連名全体を中央に配置したり、苗字を中央に書き、夫婦それぞれの下の名前を、その下に左右バランスよく書く事もあります。 のし袋には新札を 入学式はお祝い事なので 新札を用意します。 あらかじめ新札を用意しておくことで、 「 この日を待ちわびていました」 という意味をこめます。 お札は、顔が描かれた表面が封筒の表になるよう入れます。 ・ 姪や甥の中学校入学祝い金額相場は?贈る時期とのし袋の書き方は?まとめ 中学校の入学祝いは、贈る側の年齢が比較的若い場合は5000円程度、ある程度の年齢になったら10000円程度、といったあたりが一般的です。 お祝いの金額の相場は、地域や家庭によっても、かなり変わる場合があります。 過去に入学祝いをいただいたことがある場合には、同じ金額を渡すのが無難です。 きょうだい同士、なんでも言い合える間柄であれば、あらかじめ金額を取り決めしているケースもあります。 金額をどうすればいいのか迷うようであれば、両親や他のきょうだいと相談してみるのがおすすめです。 中学校に限らず、入学祝いを贈る時期は、入学式の2~3週間前までを目安とします。 中学校の場合は、義務教育で必ず入学することが決まっていますから、早めに準備をして、3月初旬くらいに贈るのをおすすめします。 入学祝いは、3月中には渡したいところですが、それもケース・バイ・ケースです。 お正月にお年玉と一緒に渡すこともありますし、中学校に上がってから初めて会った、という時に入学祝いを贈る場合もあります。 入学祝いに使うのし袋は、『紅白の蝶結び(花結び)』です。 新札を用意して、 「この日を待ちわびていました」 という意味をこめます。 可愛い甥っ子や姪っ子の入学祝い。 直接会って渡す時は不要かもですが、会えない時は、入学祝いに簡単なメッセージカードを添えると、お祝いの気持ちがより伝わりますよ。 小学校から中学校に変わる時は環境の変化が大きな時です。 暖かく見守ってあげたいですね。

次の

【中学】女の子が喜ぶ入学祝い決定版!人気&トレンドアイテム特集

入学祝い 中学生

この場合は祖父母なら男の子にとって親の次に近しい立ち位置になりますので、親と同じ 10,000円~20,000円内が妥当になります。 兄弟なら年齢的な部分もありますので、 3,000円~10,000円で大丈夫です。 ただし兄弟については、立場も近い分無理に贈る必要はありません。 こちらはあくまで目安なので、最低金額さえ下回らなければ大丈夫です。 逆に高価すぎるものを贈るとかえって相手に気を遣わせてしまうので、 相手と自分の関係的に適正だと思える金額で入学祝いのプレゼントは考えてみましょう。 男の子の中学校入学祝いを選ぶポイントは? 入学祝いに合わないものは? まず、 入学祝いに適してないプレゼントの条件からご紹介いたします。 一つは ブランド物や高価すぎる物。 高すぎるものは子供の手にも余るものなので、あまりおすすめはできません。 次に ご両親が与えたくない物。 例えばゲーム等は親がやらせたくないと考えていることもあるので、事前に相談をしてからがベストです。 最後は 大人にならないと使えない物。 中学生の入学祝いなのに、今使えないものを贈ってしまうのは興ざめです。 またその贈り物が活かせる年齢になった時、最新のモデルが出ていたらその品はお蔵入りになってしまうかも。 今使ってもらえるものをプレゼントに選びましょう! 入学祝いにおすすめのものは? 次は 入学祝いに選ぶべき贈り物の条件です。 一つ目はやはり 実用性が高いもの。 お洒落なボールペンや財布などであれば今後も頻繁に使えます。 また、日用品にはお金を自分ではかけにくいところなので、慶事の際にワンランク質のいい日用品を贈るのは大いに喜ばれるでしょう。 二つ目は男の子 本人が欲しがっているものです。 こちらは ご両親とも打ち合わせして決めるのが一番ですね。 学業でも使える物を贈りたい場合、学校の校風により持ち込めるものとダメなものもあるので、そこも事前に調べておくとプレゼントを選びやすくなります。 Sponsored Link 男の子の中学校入学祝いにおすすめのプレゼントは? プレゼントを選ぶポイントは事前に述べましたが、では具体的にどういうものがそのポイントに当てはまるの?という疑問もあることでしょう。 中学校入学祝いに適した、男の子におすすめのプレゼントをご紹介していきますね。 電子辞書 中学校からは英語の授業も始まるので、電子辞書が大いに活躍する時期です。 選ぶならカシオのエクスワードが、内容も充実していておすすめです。 電子辞書は金額によってどこまでデータが入っているのか分かれるので、 高校まで使って欲しい、大学まで使って欲しいならそこも見越して機種選びをしましょう。 お財布 お小遣いの金額も少々上がるので、ここでそろそろしっかりとした お 財布を持たせておきたいと思う親御さんも多いのでは。 メンズブランドならポーターが人気高めです。 男の子はポケットに財布を入れておくことが多いので、 ウォレットコード付きで失くしにくいタイプを選んであげてください。 腕時計 時計はスポーツブランドが出しているタイプも多いので、スポーツが好きな子やこれから部活動を始める男の子から人気が高いです。 定番は頑丈さにも定評のあるG-ショックですが、ナイキやアディダスなど、男の子が好きなスポーツブランドから選ぶのもいいですね。 自転車 中学校に入ってからは行動範囲が小学生のころよりも大きく広がるので、移動を助ける 自転車はちょうど贈るのに最適な時期です。 日常用のシティサイクルもいいですが、運動好きの子にはマウンテンバイクやロードバイク、ほかには折りたたみ自転車も喜ばれやすいですよ。 ボールペン 中学校は書き留めておくことが小学校よりもかなり複雑化されていくため、 色つきペンが大いに活躍し始めます。 贈り物ならクロスやウォーターマンといった、見た目からも高級感を感じさせる ワンランク上の文具メーカー製品から選んでみるのもおすすめです。 カジュアルな財布 中学生になると、学校の売店などで買い物をすることもありますね。 お財布を持つことは、お金の管理にも目を向けることができ、大人になる心の準備ができる感じで大切なことですね。 中学生になった記念に、新しい財布を使ってもらいましょう。 ショルダーバッグ 中学生の男の子に、入学のお祝いにショルダーバッグを贈るのもおすすめです。 塾に通う時や、学校の荷物が多い時に、ショルダーバッグが便利です。 お弁当やノートなど、いろいろと収納できます。 中学生の男の子にとってカジュアルなショルダーバッグは、とっても便利なアイテムと言えるでしょう。 おしゃれな腕時計 中学生の男の子の入学お祝いプレゼントに、今までとちょっと違ったおしゃれな腕時計をプレゼントすると喜ばれるでしょう。 カシオやクウォーツなど、学生が持つ腕時計のブランドはいくつもあります。 中学生にもなれば腕時計をして出かけることもたびたびあるでしょう。 カジュアルなファッションを楽しみはじめる年頃ですから、おしゃれな腕時計が喜ばれますね。 スマホで時間は分かりますが、腕時計をすると大人っぽくなるところも魅力ですね。 学生用スクールベルト 中学生の男の子にスクールベルトを、入学祝いに贈るのも良いですよ。 学生ズボンを毎日履くので、ベルトは学生の間使い続けます。 しっかりした作りの新しいスクールベルトはきっと役に立つでしょう。 黒革のスクールベルトは、長さを調節できるものが便利で良いですね。 ペンケース 中学生の男の子の入学祝いに、簡単なものでペンケースのプレゼントも素敵ですね。 ペンケースは学生の間に毎日使います。 たくさんのペンが収納できるペンケースが良いでしょう。 男の子の場合はスポーツブランドのペンケースがおすすめです。 入学祝いの贈り物にメッセージを添えてみよう! 折角の入学祝い、ただ品物をあげるだけでは少々味気ない気もします。 メッセージカードに 3~5行程度で十分なので、これからの中学校生活を激励するような メッセージを書いて、ぜひ男の子へのプレゼントに添えてあげてみてくださいね。 メッセージがあるだけで、贈り物を受け取った時の感慨深さも増します。 せっかくの記念のお祝い、祝われる男の子にとっても最高の思い出になるよう、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。 人気の高いプレゼントをメインに紹介させていただきましたが、 現金や 金券も喜ばれやすいプレゼントではあるので、そういったものも視野に含めて考えるのもいいと思います。 ただ、 現金はなるべく親戚や祖父母から贈るようにした方が無難ですね。 親ならせっかくの贈り物を一緒に選んで買ってあげたいところですし、友人の場合は現金を贈り物に選ぶのはちょっと気が引けますね。 ただし 図書券や商品券なら問題ないです。 入学祝いにおける基礎的な知識や、贈り物として人気の高いメーカーなど、詳細に情報をご案内させていただきました。 今回の記事を活かして、お子さんにとって最高の入学祝いの思い出をプレゼントしてあげられることをお祈りしております。

次の

中学校入学祝いプレゼント【女の子編】ランキングと相場!

入学祝い 中学生

この場合は祖父母なら男の子にとって親の次に近しい立ち位置になりますので、親と同じ 10,000円~20,000円内が妥当になります。 兄弟なら年齢的な部分もありますので、 3,000円~10,000円で大丈夫です。 ただし兄弟については、立場も近い分無理に贈る必要はありません。 こちらはあくまで目安なので、最低金額さえ下回らなければ大丈夫です。 逆に高価すぎるものを贈るとかえって相手に気を遣わせてしまうので、 相手と自分の関係的に適正だと思える金額で入学祝いのプレゼントは考えてみましょう。 男の子の中学校入学祝いを選ぶポイントは? 入学祝いに合わないものは? まず、 入学祝いに適してないプレゼントの条件からご紹介いたします。 一つは ブランド物や高価すぎる物。 高すぎるものは子供の手にも余るものなので、あまりおすすめはできません。 次に ご両親が与えたくない物。 例えばゲーム等は親がやらせたくないと考えていることもあるので、事前に相談をしてからがベストです。 最後は 大人にならないと使えない物。 中学生の入学祝いなのに、今使えないものを贈ってしまうのは興ざめです。 またその贈り物が活かせる年齢になった時、最新のモデルが出ていたらその品はお蔵入りになってしまうかも。 今使ってもらえるものをプレゼントに選びましょう! 入学祝いにおすすめのものは? 次は 入学祝いに選ぶべき贈り物の条件です。 一つ目はやはり 実用性が高いもの。 お洒落なボールペンや財布などであれば今後も頻繁に使えます。 また、日用品にはお金を自分ではかけにくいところなので、慶事の際にワンランク質のいい日用品を贈るのは大いに喜ばれるでしょう。 二つ目は男の子 本人が欲しがっているものです。 こちらは ご両親とも打ち合わせして決めるのが一番ですね。 学業でも使える物を贈りたい場合、学校の校風により持ち込めるものとダメなものもあるので、そこも事前に調べておくとプレゼントを選びやすくなります。 Sponsored Link 男の子の中学校入学祝いにおすすめのプレゼントは? プレゼントを選ぶポイントは事前に述べましたが、では具体的にどういうものがそのポイントに当てはまるの?という疑問もあることでしょう。 中学校入学祝いに適した、男の子におすすめのプレゼントをご紹介していきますね。 電子辞書 中学校からは英語の授業も始まるので、電子辞書が大いに活躍する時期です。 選ぶならカシオのエクスワードが、内容も充実していておすすめです。 電子辞書は金額によってどこまでデータが入っているのか分かれるので、 高校まで使って欲しい、大学まで使って欲しいならそこも見越して機種選びをしましょう。 お財布 お小遣いの金額も少々上がるので、ここでそろそろしっかりとした お 財布を持たせておきたいと思う親御さんも多いのでは。 メンズブランドならポーターが人気高めです。 男の子はポケットに財布を入れておくことが多いので、 ウォレットコード付きで失くしにくいタイプを選んであげてください。 腕時計 時計はスポーツブランドが出しているタイプも多いので、スポーツが好きな子やこれから部活動を始める男の子から人気が高いです。 定番は頑丈さにも定評のあるG-ショックですが、ナイキやアディダスなど、男の子が好きなスポーツブランドから選ぶのもいいですね。 自転車 中学校に入ってからは行動範囲が小学生のころよりも大きく広がるので、移動を助ける 自転車はちょうど贈るのに最適な時期です。 日常用のシティサイクルもいいですが、運動好きの子にはマウンテンバイクやロードバイク、ほかには折りたたみ自転車も喜ばれやすいですよ。 ボールペン 中学校は書き留めておくことが小学校よりもかなり複雑化されていくため、 色つきペンが大いに活躍し始めます。 贈り物ならクロスやウォーターマンといった、見た目からも高級感を感じさせる ワンランク上の文具メーカー製品から選んでみるのもおすすめです。 カジュアルな財布 中学生になると、学校の売店などで買い物をすることもありますね。 お財布を持つことは、お金の管理にも目を向けることができ、大人になる心の準備ができる感じで大切なことですね。 中学生になった記念に、新しい財布を使ってもらいましょう。 ショルダーバッグ 中学生の男の子に、入学のお祝いにショルダーバッグを贈るのもおすすめです。 塾に通う時や、学校の荷物が多い時に、ショルダーバッグが便利です。 お弁当やノートなど、いろいろと収納できます。 中学生の男の子にとってカジュアルなショルダーバッグは、とっても便利なアイテムと言えるでしょう。 おしゃれな腕時計 中学生の男の子の入学お祝いプレゼントに、今までとちょっと違ったおしゃれな腕時計をプレゼントすると喜ばれるでしょう。 カシオやクウォーツなど、学生が持つ腕時計のブランドはいくつもあります。 中学生にもなれば腕時計をして出かけることもたびたびあるでしょう。 カジュアルなファッションを楽しみはじめる年頃ですから、おしゃれな腕時計が喜ばれますね。 スマホで時間は分かりますが、腕時計をすると大人っぽくなるところも魅力ですね。 学生用スクールベルト 中学生の男の子にスクールベルトを、入学祝いに贈るのも良いですよ。 学生ズボンを毎日履くので、ベルトは学生の間使い続けます。 しっかりした作りの新しいスクールベルトはきっと役に立つでしょう。 黒革のスクールベルトは、長さを調節できるものが便利で良いですね。 ペンケース 中学生の男の子の入学祝いに、簡単なものでペンケースのプレゼントも素敵ですね。 ペンケースは学生の間に毎日使います。 たくさんのペンが収納できるペンケースが良いでしょう。 男の子の場合はスポーツブランドのペンケースがおすすめです。 入学祝いの贈り物にメッセージを添えてみよう! 折角の入学祝い、ただ品物をあげるだけでは少々味気ない気もします。 メッセージカードに 3~5行程度で十分なので、これからの中学校生活を激励するような メッセージを書いて、ぜひ男の子へのプレゼントに添えてあげてみてくださいね。 メッセージがあるだけで、贈り物を受け取った時の感慨深さも増します。 せっかくの記念のお祝い、祝われる男の子にとっても最高の思い出になるよう、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。 人気の高いプレゼントをメインに紹介させていただきましたが、 現金や 金券も喜ばれやすいプレゼントではあるので、そういったものも視野に含めて考えるのもいいと思います。 ただ、 現金はなるべく親戚や祖父母から贈るようにした方が無難ですね。 親ならせっかくの贈り物を一緒に選んで買ってあげたいところですし、友人の場合は現金を贈り物に選ぶのはちょっと気が引けますね。 ただし 図書券や商品券なら問題ないです。 入学祝いにおける基礎的な知識や、贈り物として人気の高いメーカーなど、詳細に情報をご案内させていただきました。 今回の記事を活かして、お子さんにとって最高の入学祝いの思い出をプレゼントしてあげられることをお祈りしております。

次の