ソフトテニス 前衛 ガット。 ツバサ推奨!前衛におすすめのラケット&ガットは?

Somato Publications

ソフトテニス 前衛 ガット

マルチフィラメントとは 複数の細い糸のみで構成されるもの モノフィラメントとマルチフィラメントの違い ガットは大きく2種類に分類できると書きましたが、実際に使用したときの違いについて説明します。 モノフィラメントとマルチフィラメントの違いは簡単にいうと固さ(柔軟さ)です。 モノフィラメントの方が固いです。 固いということはボールを打った時にガットの変形量が少なく、すぐに弾くということです。 このことから、速い球を打つことができます。 しかし、コントロールが難しくなります。 マルチフィラメントはモノフィラメントよりもやわらかいです。 やわらかいということは、ボールを打った時にガットが変形しボールと長い間接触していることになります。 このことによって、コントロール性能が増します。 ただし、耐久性能はモノフィラメントよりも低いです。 ガットの素材 ガットの素材には大きく3種類のものがあります。 ここでは初心者向けということであまり難しいことは書きません。 「ナチュラル」「ポリ」「ナイロン」です。 ナチュラルは天然素材(牛の腸)=高価、耐久性が高い。 ポリは化学繊維のポリエステル、ポリオフィレン、ポリエチレンの略称です。 安価です。 ナイロンも化学繊維。 ポリアミド合成繊維らしいです。 ナイロンを目指して開発されたもの。 安価です。 ということで、普通の人は「ポリ」か「ナイロン」のガットを使います。 ナチュラルは耐久性が高いですが、ほかの2種類でもソフトテニスの場合はガットが切れることはまずないので耐久性の心配はいりません。 簡単なガットの選び方 長々と説明をしてきましたが、ようやく本題に入ります。 素人にもわかりやすいガットの選び方です。 まずは、自分のプレースタイルをどっちにしたいかを決めます。 「ボールの速さ重視」=ポリガット、モノフィラメント 「コントロール重視」=ナイロンガット、マルチフィラメント まだプレースタイルは決めかねているという方は自分のパワーで決めてみてください。 パワーのあるなしの見極め方はこちらを参考にどうぞ。 「パワーのある人」=ポリガット、モノフィラメント 「パワーの無い人」=ナイロンガット、マルチフィラメント 決めるのはこれだけです。 あとは価格や見た目で自分の好きなガットを選べばいいと思います。 初心者のうちは上記の2種類のどちらかを決めてしまえば、それ以外の違いはほとんどわからないと思います。 ガットは徐々にゆるんできます。 一年ほど経験を積んだなら、ガットを張り替えましょう。 この時になれば、それなりにボールを打つ感覚もわかってきているはずですので、もう少し細かくガットの性能を見て決めるといいでしょう。 おすすめのガット 「ポリガット、モノフィラメント」「ナイロンガット、マルチフィラメント」それぞれのおすすめガットを紹介しておきます。 迷った場合はこれをつかってみるといいと思います。 ポリガット、モノフィラメントのおすすめ ナイロンガット、マルチフィラメントのおすすめ.

次の

前衛向け!人気のソフトテニスラケットおすすめランキング

ソフトテニス 前衛 ガット

ストリング ガット のテンションは、下のような特徴があります。 強めに張ると、コントロールが付きやすくけれど、ボールが飛ばなくなる。 弱め 緩め に張れば、ボールが飛びやすくなるが、コントロールがしにくくなる。 前衛やパワーヒッターは、やや強めに張ってボールの飛びを抑えます。 パワーが無い人は、やや緩めに張るのが一般的です。 このことを踏まえると、ボールが飛びすぎてアウトにあってしまうことが多いようなら、強めに、逆にボールが飛ばなくネットにどうしてもかかってしまうようなら、緩めに張る方がいいでしょう。 ちなみに、ソフトテニスラケットの適正テンションは、25~35lbs ポンド の物が多かったと思います。 なので、強めなら31~35lbs、弱めなら25~29lbsだと思います。 大体、1lbs単位で調整が出来るので張る人に相談してみるのがいいでしょう。 最近は、機械で張ることが多いので、ストリング1本にかかるテンションはほぼ一定ですが、ストリングパターン 張り方 や張る人によって面圧は異なるので、同じテンションではっても若干違和感が出ることがあります。 面圧を正確に測る方法が無いので難しいのですが、張替えの時は信頼できる きちんとした技術を持った お店でやったほうがいいと思います。 具体的に何ポンドがいいのか?という疑問が残りました。 そこで、実業団で全日本優勝をしたこともあるチームのメンバーに聞きました。 (メーカーと契約していて、ラケットやウエアを無料で貰うくらいの選手です) 35~40ポンドということです。 その人は「結構力が強いので、かなり強く張らないと飛びすぎてアウトしてしまう」らしいので「40ポンドくらいかな」ということでした。 この点は#1さんの意見と少し違うかも知れません。 張りの強さについては「強く張ると力が要るけどコントロールがつけやすい。 少し弱めだと力はあまり要らない。 」と言っていました。 「じゃあ、後衛は何ポンドがいいの?」と尋ねたら「最終的には好みだよ」とのことでした。 私は中学の頃、3年間、軟式テニスで後衛でした。 懐かしい。 さて、ガットですが、私はかなり緩め(弱め)にしていました。 単位が分からない(;;) 顧問の先生に「緩くして下さい」とお願いして、先生が手で張ってくれていたのです。 多分、私は腕力・背筋・肩の力が元々あり、相手の球のスピードに負けずに、少し振り遅れても、力でもって行けるタイプで、 攻撃方法も、後ろの方から球を待って打つタイプだったから緩くしていたのが、打ちやすかったのだと思います。 もしも、なるべくコート内で、トップから打ち続けるような攻撃をするのなら、ガットは強めの方が、球の方向がぶれないし、相手の球の威力を生かせるとは思います。 前衛の人がボレーをするので、ガットを強く張っていた方が有利であろう事と同じ理屈です。 だんだんと、打っているうちに自分の好みが分かってくるとは思います。 頑張ってくださいね。 Q こんにちは。 ソフトテニスをやっている中2です。 ちなみに後衛です。 中学に入ってから始めたばかりで、お世辞にも上手とは言えない実力でした。 なんとか試合には出れているものの、満足な結果がでず最高で1回勝っただけです。 今度のある試合では絶対勝ちたいです。 顧問の先生が忙しくあまり指導してくれる時間が無いので、2年のこの時期になっても技術が中途半端です。 ペアーの子にも迷惑を掛けたくないので今度こそ頑張りたいです。 いつもの負けパターンは僕の打ったボールが相手前衛にボレーされるという形になってしまいます。 たぶん球のスピードが遅いからだと思います。 逆にポイントが取れるのは相手のミスで取れる程度です。 珍しく乱打が続いても、速いボールを打とうとして思いっきりふるとアウトになってしまいます。 最近はアウトが怖くて思いっきり振らないと相手前衛の丁度良い所にボールが上がってしまい、最悪の場合スマッシュされてしまいます。 それに稀に良いボールが打てたとしてもスピードが出ていません。 こんなんで今度の試合に勝てるのでしょうか? 僕が実力のないのはわかっています。 でも、みんなのラケットに比べて僕のラケットはどうなのか? ガットが悪いのかと思って、スポーツ専門店でガットを張り替えたら、 「このラケットはかなり上級者向けで力がないと充分のスピードがでない」 といわれました。 さらに 「スイートスポットに当たらないと、しっかり飛ばない構造になっている」 とも言われました。 このラケットは2本目で1年生の時に使ってたラケットの使うわけもいきませんし、この2本目は2万以上した物を両親に買ってもらったものなので、いまさら買い換えてとも言えません。 ガットも一応は最適なものに変えて貰いましたが、それでも思いっきり振るのは怖いです。 僕はどうしたらいいんでしょうか。 軸足に乗って打つなど、1本打ちの時は出来ている、つもりですが、 逆サイドにボールを回されたりして走ってとった時はどうか解りません。 今回の試合はレギュラーにもかかっているので絶対に良い成績を残したいです。 それなりのスピードが出て、安定したボールが打てるにはどうしたらいいですか? このままでは大好きなテニスが嫌いになってしまいそうです。 方法を教えてください。 こんにちは。 ソフトテニスをやっている中2です。 ちなみに後衛です。 中学に入ってから始めたばかりで、お世辞にも上手とは言えない実力でした。 なんとか試合には出れているものの、満足な結果がでず最高で1回勝っただけです。 今度のある試合では絶対勝ちたいです。 顧問の先生が忙しくあまり指導してくれる時間が無いので、2年のこの時期になっても技術が中途半端です。 ペアーの子にも迷惑を掛けたくないので今度こそ頑張りたいです。 いつもの負けパターンは僕の打ったボールが相手前衛にボレーさ... A ベストアンサー こんにちは。 大学生で後衛の男です。 だけど自分で言うのもなんですがけっこういい成績を残せたと思います。 まずラケットですが、力がないのならやわらかく面のおおきいものがいいかと思います。 買い替えは難しいかもしれませんが高校でもテニスをするならお願いしてみる価値はあるのでは? そしてむりして速いボールを打とうとしてアウトしてしまうのはあまり良くないと思います。 そりゃ早いボールがいいにこしたことはないですが、ボールが早くなくてもきちんとコースをついたり、1球1球考えて打ちながらゲーム作りをしたりとすれば前衛にボールも取られにくくなると思います。 ロブで相手を走らせるより前衛を抜きたいとおっしゃっていますがそれはみんな思っていることです!この考えは決して悪いことではなくむしろこの気持ちは持ち続けていたほうがいいと思います。 だけど前衛は抜かれないように気をつけているので簡単ではありません。 だから抜きやすくするためにロブを使ったりして前衛の気をサイドから離し、シュートで抜くといったように、相手との駆け引きをしないといけないと思います。 中学生で速い球打ちたいと思う気持ちはわかりますが、質問者様より少し長くテニスをしている者の意見、少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。 大学生で後衛の男です。 だけど自分で言うのもなんですがけっこういい成績を残せたと思います。 まずラケットですが、力がないのならやわらかく面のおおきいものがいいかと思います。 買い替えは難しいかもしれませんが高校でもテニスをするならお願いしてみる価値はあるのでは? そしてむりして速いボールを打とうとしてアウトしてしまうのはあまり良くな... A ベストアンサー #1さんの答えが間違っていますので書き込ませていただきます。 正しくは、ガットを強く張ると、ボールは飛びにくくなります。 何故なら、インパクトの瞬間、ガットが強く張ってあると、ガットの振動の幅が狭まり、反動がつきにくくなって飛びにくくなるのです。 逆にゆるく張ると、振動が大きくなって、その反動でボールは飛びやすくなります。 ラケットにボールを当てるとき、スポットに当てるのと、ラケットの先に当てるのとで、全然ボールの飛び方が違いますよね。 先で当てると、振動で感触が硬くなって、飛びにくいですよね。 それをイメージされると分かりやすいと思います。 一週間後に合宿があり、「ガット変えた方がいいんかな?」と思いました。 ですが、張り替えるタイミングの見極め方がよくわかりません…過去の質問を読んで、なんとなく分かりはしたのですが、自分でラケットをみて「そろそろかな?」って判断することができないのです。 現物をみないとわからない問題のような気がするので、特に2とかすごい答えづらい質問だと思いますが、よろしくお願いします! ガットを張り替えようかどうかで悩んでいます。 一週間後に合宿があり、「ガット変えた方がいいんかな?」と思いました。 ですが、張り替えるタイミングの見極め方がよくわかりません…過去の質問を読んで、なんとなく分かりはしたのですが、自分でラケットをみて「そろそろかな?」って判断することができないのです。 例えば『ガットが緩んでいたとき交換する』とあったのですが、緩んでいないのに緩んでるような気になることもありますし、逆にビヨンビヨンの状態なのにまだ使えるような気がすることもあるの... Q 最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。 でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。 一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、 スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。 やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。 でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。 (彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。 身長も高く上から打ち下ろす感じです。 どちらかというとサイドスピンがかかってます。 ) ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、 ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも 多かった気がします。 うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、 なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。 最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。 でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。 一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、 スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。 やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。 でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。 A ベストアンサー テニス歴25年の者です。 今も週一でスクールに通っています。 質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。 全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。 フォアの場合 1 ひざを曲げ、腰を落とす。 (目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。 また瞬時に反応しやすいです。 ) 2 テイクバックはコンパクトに。 (大きく振りかぶると振り遅れます。 ) 3 スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。 (ちょっと前めでという意識で。 ) なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。 4 ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。 5 フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。 6 最後にラケットを頭の位置まで持っていく。 (手の甲が顔の横に来る程度) スイングは後を小さく、前を大きく。 という感じです。 変に回転をかけようとはしてはいけません。 質問にある通り、押し返す感じでいいです。 ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。 また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。 問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。 浅いボールに対処できません。 ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。 そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。 また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。 多分相手は振り遅れるでしょう。 バックの場合、逆襲するのは困難です。 あなたはバックハンドはダブルハンドですか? ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。 「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。 私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。 スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。 1 テイクバックを小さくしラケットを立てない。 2 グリップから振り出す。 3 ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。 こんな感じでしょうか。 ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。 疑問であれば、また質問してください。 テニス歴25年の者です。 今も週一でスクールに通っています。 質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。 全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。 フォアの場合 1 ひざを曲げ、腰を落とす。 (目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。 Q 中学3年生女子のソフトテニス部で、後衛をやっている者です。 5月2日に個人戦があったのですが、そこでラケットを変に地面にぶつけてしまったらしく中から繊維のようなものが出てきてしまいました。 そして次の日、部活で乱打をしている最中にそのぶつけてしまった箇所がだんだん陥没し始めて、 張り替えたばかりのガットがだんだん緩んできて、顧問の先生や友達からもやめた方がいいよと言われしょうがなく新しいラケットを買いに行きました。 壊れたラケットはXystのN8でガットが飛びチタンの26ポンド。 その新しいラケットがXystのZ8でガットは飛びチタンなのですが、テンションをお店の方に30ポンドで張られてしまいました。 ラケットをもう3、4日使っているのですがどうも硬くてロブもシュートもサービスラインでバウンドしてしまいます。 真ん中に当たっても飛距離が伸びていってくれません。 7月の初めに夏の最後の大会があるのですが、このラケットでずっと練習してもあまり上達しないような気がして…。 大会までにガットは緩くなってくれるでしょうか? ガットはどのぐらいのペースで緩んでいくのでしょうか? それとも大人しくガットを張り替えた方がいいのでしょうか? 同じラケットを使っている方がいらっしゃいましたら使い心地などの感想も教えて頂けると嬉しいです。 中学3年生女子のソフトテニス部で、後衛をやっている者です。 5月2日に個人戦があったのですが、そこでラケットを変に地面にぶつけてしまったらしく中から繊維のようなものが出てきてしまいました。 そして次の日、部活で乱打をしている最中にそのぶつけてしまった箇所がだんだん陥没し始めて、 張り替えたばかりのガットがだんだん緩んできて、顧問の先生や友達からもやめた方がいいよと言われしょうがなく新しいラケットを買いに行きました。 壊れたラケットはXystのN8でガットが飛びチタンの26ポンド。 A ベストアンサー ミズノの後衛向けに作られたラケットのようですね。 ガットに関しても、ストローク重視のコンセプトのようです。 しかし、打球は、ガットの性質、ラケットの硬さなど、から 張って打ってみないとわからないことの方が多いですね。 貴方も、後衛ということで、ガットやラケットの選択は、間違ってはいないとは思いますが、テンションは使いながら調節したほうがいいでしょう。 いまボールの飛びが悪いということなので、3ポンド~5ポンドくらい落として張って見ましょう。 しかし、これから、気温が上がってきて、ボールも更に伸びてくる可能性もあります。 とりあえず、テンションを落として張って、試合までに、もう少し調節してはいかがかな?と思います。 A ベストアンサー グリップテープには2種類あります。 リプレースメントグリップとオーバーグリップです。 ・リプレースメントグリップは初めに巻いてあるグリップテープをはがして「交換」する為のグリップテープです。 このグリップテープによってグリップ全体の握りの硬さなどが変わります。 大きなショップでは、グリップだけのラケットにこのグリップテープが巻いてあり、握った感触などが確かめられます。 バボラは軟らかいなど。 値段はだいたい1本1000円前後です。 ・オーバーグリップは初めに巻いてあるグリップテープ上に巻くグリップテープです。 このグリップテープによってグリップの質感が変わります。 ウエットタイプだったり、ドライタイプだったりです。 値段はだいたい300円前後です。 3本入りや5本入り15本入りなどを買えばもっと安くなります。 俗に言うグリップを巻きなおすというのは、だいたいオーバーグリップを言います。 リプレースメントを巻きなおすのは、新しいラケットを買ってすぐに、グリップの感触を変えたい場合や、長年使って磨り減ったグリップを変えたい場合などです。 自分のプレースタイルや筋力・握力に応じて,自分にあったガットの張り具合 テンション があるからです。 自分のプレースタイルや筋力・握力に応じて,自分にあったガットの張り具合 テンション があるからです。 A ベストアンサー ストリンガーの仕事をしています。 まず、プロのラケットですが、市販モデルをそのまま使っているプロも居れば、選手用のスペシャルモデルをを使っているプロもいます。 選手用モデルは、重量が重いもの・ストリングパターンが違うもの・バランスが違うものといろいろな種類があり、プロ自身がテストした上で自分に合うものを選んだり、トッププロになると自分専用のスペシャルラケットを作って使っている場合もあります。 さて、ラケットに錘を貼ることですが、あまり難しく考えずにやってみてください。 単純に両面テープで貼り付けるだけなので、手間さえ惜しまなければ元の状態に戻すことは簡単です。 危惧されているバランスの狂いですが貼り付ける場所さえ間違わなければそれほど大きな影響はありませんので、現状のラケットになんとなくでも不満を感じているのであれば、いろいろと頭で考えているよりはやってみる価値はあるはずです。 重くしたことでその分だけ疲労感が出るでしょうけれども、トップライトにバランスを変化させる事によってスウィングウエイトが軽くなり振り抜きが楽になりますので10~15gほどの変化は相殺されてしまう可能性もありますね。 全体的に重量を増やした上で若干トップライトにしたいということですので、フェイスの両脇に2gづつ合計4g・グリップをすべて外してベースグリップの下に8gくらいから始めてみると良いのではないでしょうか? 1度で完璧に自分好みに合わせる事は不可能なので、小さく切ったセロテープ なるべく重量の増減が少ないようにしましょう。 厳密に言えば錘の裏についている両面テープも裏紙を剥がして貼り付けるので、その分軽くなります! まぁ、あまり気にならない程度なんですけどね~ などで仮止めをして、できればボールを打ちながら錘を貼り付ける最適な位置を探しましょう。 位置が決まったら錘に付いている両面テープで固定して完成です。 ご自分で錘のチューンナップをする場合以下のことにご注意下さい。 錘はお近くのショップで700~1000円で売っていると思いますので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか? ベースグリップの下に貼る錘はキモニーが良いかと思います。 私が知る限りでは市販されている錘の中で一番薄いのでグリップサイズの変化が少なくなります。 ストリンガーの仕事をしています。 まず、プロのラケットですが、市販モデルをそのまま使っているプロも居れば、選手用のスペシャルモデルをを使っているプロもいます。 選手用モデルは、重量が重いもの・ストリングパターンが違うもの・バランスが違うものといろいろな種類があり、プロ自身がテストした上で自分に合うものを選んだり、トッププロになると自分専用のスペシャルラケットを作って使っている場合もあります。 さて、ラケットに錘を貼ることですが、あまり難しく考えずにやってみてください。...

次の

【徹底解説】ソフトテニスラケットの選び方&最新おすすめラケット | VOKKA [ヴォッカ]

ソフトテニス 前衛 ガット

はじめに 現在では、大きく分けて2種類のガットの種類があり、主にYONEX、GOSENから商品が出ています。 それぞれのガット種類の説明と商品の紹介をしていきます。 太さやテンション 張るときの強さ 、張替え時期についても解説していきます。 ガットの種類 モノフィラメント モノフィラメントタイプのガットは、ガットの中心に1本の芯が通っており、その周りに細い繊維が巻き付いているガット。 打球感が硬くボールをよく弾く• スピードのあるボールが打てる• 手首やひじに負担がかかる マルチフィラメント マルチフィラメントタイプのガットは、中心に芯がなく、大量の細い繊維がまとまっているガット。 ボールがラケット面に食いつく時間が長い• 球持ちがよくなる• 重い打球が打てる おすすめのガット モノフィラメント YONEX ・CYBER NATURAL SHARP YONEXのロングセラー商品です。 球離れがよく、よく弾くガットです。 フィラメントのなかにシリコンを混ぜており、クッション効果を高めたため、手首やひじにかかる負担を軽減しています。 ソフトテニスを始めたての初心者や力のない女性におすすめのガットです。 細いガット• 反発力が高くなる• ボールのスピードがアップする• 耐久性が低い 太いガット• 反発力が低いのでコントロールしやすい• 耐久性が高い• 速い球や遠くに打つのに力が必要 一般的には、前衛は細いガット、後衛は太いガットを使用することが多いです。 ガットのテンション テンションが高い• 反発力が低くなるので、コントロールしやすい テンションが低い• 反発力が高くなるので、コントロールしにくい また、ラケット毎に推奨されているテンション数が決まっています。 25~35lbs この範囲内でガットをはるようにしましょう。 この範囲を超えるとガットが切れやすくなったり、ラケットが折れてしまったりしてしまいます。 ガットの張替え時期 テニスをするうえでガットは消耗品です。 使っているときはもちろん、使っていないときでも劣化していきます。 紫外線や湿気、雨の影響など、、、 3ヶ月に一度くらいのペースで張り替えましょう。 さいごに いかがでしたでしょうか? スポーツ店などに行くとガットがたくさんあってどれがいいのか迷いますよね?今回の記事でもほんの一部しか紹介できていません。 まずは、モノ、マルチフィラメントの違いを理解してガット選びに役立ててください。 ガットを張り替えたら練習をしよう! かっこいい、かわいいアイテムでモチベーションアップ!やる気を引き出そう!.

次の