フェイクポルノ一覧。 フェラクレス

フェラクレス

フェイクポルノ一覧

フェイクポルノの被害例 2017年の後半に、アメリカのとある男性がAI技術を利用して、アダルトビデオやセクシーグラビアなどの人物画像に、全くの別人の顔写真を重ね、合成したポルノ動画をネット上に投稿しました。 フェイクポルノはその精工さから、投稿された動画や画像を顔が映っている本人のものだと勘違いされることもあるのです。 この項目では、国内外で発生しているフェイクポルノの被害例をご紹介します。 有名女優にフェイクポルノで報復 アメリカで話題を博した人気ドラマに出演した女優リリ・ラインハルトは、交際相手である俳優コール・スプラウスのTwitterアカウントがハッキングされてしまったことに対し、自身のTwitterでコメントした。 そのコメントに対し、今度はリリのアカウントがハッキングされ、身元不明女性の裸体写真が投稿された。 参考: 日本でもすでに被害が広まっている 日本でも、数件ではありますが、Twitter上では有名女優のフェイクポルノが確認されています。 こちらもアダルトビデオの映像に有名女優の顔を合成したものです。 使用された女優の名前は伏せますが、#Fakepornoというハッシュタグで一部の層が盛り上がりをみせています。 フェイクポルノ被害が日本で増えるのも時間の問題でしょう。 FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSが公私ともに利用される現代では『誰が被害にあってもおかしくない』状況なのです。 この項目では、もしもフェイクポルノ被害に遭ってしまった場合の対処法についてご紹介します。 サイト運営者に削除を依頼 SNSや掲示板によるトラブルで最も恐ろしいのが『拡散』と『転載』です。 そのため、ご自身が不利益を被る投稿は見つけ次第、削除依頼をすることが重要です。 特にフェイクポルノのように、ご自身の顔写真などが公開されている場合は、明確な権利侵害として削除依頼をすることができます。 削除依頼は弁護士名義が有効 SNSや掲示板の投稿を削除する場合、サイトによっては弁護士からの削除依頼しか受け付けないというところもあるようです。 そのため、個人での削除依頼を拒否された場合でも、弁護士に相談することで解決できる可能性があります。

次の

風俗業界とフェイクポルノ問題について

フェイクポルノ一覧

AIを使ったフェイク動画を、オランダ・アムステルダムのベンチャー「ディープトレース」がまとめている。 米下院議長、ナンシー・ペロシ氏の「酩酊動画」などが注目を集め、2020年の米大統領選を前に連邦議会も対策に乗り出している「ディープフェイクス」。 だが報告書によれば、その大半は女性を標的としたポルノで、作成ツールがオープンソースで共有されているほか、作成請負のサービスも広がっており、コモディティ化(日用品化)が進む。 だがそればかりでなく、巨額詐欺事件が発生するなど、セキュリティ上の脅威としても影を落としている。 2018年12月時点の7,964件に比べて、84%増と急速な伸びを示している。 その内訳をみると、96%はハリウッド女優などの顔をはめ込んだポルノ動画。 ポルノ以外の動画はわずか4%だった。 また、「ディープフェイクス」のポルノ動画専門のトップ4サイトにおける、動画視聴回数は1億3,400万回に上っていた。 報告書では、「ディープフェイクス」動画専門のトップ5サイトと、ユーチューブの「ディープフェイクス」関連の14チャンネルの内訳についても分析している。 動画の被写体は、ポルノ専門サイトでは女性が100%、ユーチューブチャンネルでは逆に男性が61%を占めた。 また、被写体の職業は、ポルノ専門サイトでは99%がエンターテインメント業界、1%がニュース・メディア業界。 ユーチューブチャンネルではエンターテインメント業界は81%、政治家が12%、ニュース・メディア業界が5%だった。 「ディープフェイクス」は、その問題が浮上した当初から、ポルノ動画にハリウッド女優らの顔画像をはめ込むフェイクポルノとして拡散。 リベンジポルノとしても波及するなど、女性に対する人権侵害として注目を集め、その後、政治的な影響も懸念されるようになっていった。 これに対し、排除の動きも強まっているが、その一方でネット上の専用ツール開発コミュニティは20に上り、このうち、メンバー数を公表している13のコミュニティだけでも、その数は9万5,791人に上るという。 ツール開発の基盤となっているのが、オープンソースのコード共有プラットフォーム「ギットハブ」。 「ディープフェイクス」ツールの作成プロジェクトの一つは、人気度を示す指標「スター」数で2万を超え、人気プロジェクトとして存在感を示している、という。 「ディープフェイクス」のツールは、高性能GPUが必要であるなど、一般ユーザーにはハードルがある。 だが、ネット上では250枚ほどの写真をアップロードすると、2日程度で「ディープフェイクス」を作成するオンラインサービスもあり、1本あたり2. 99ドル(約300円)ほどの低価格だという。 また、個人で「ディープフェイクス」作成を請け負うサービスもあり、特注の顔画像交換(30ドル)から50語あたり10ドルの「声のディープフェイクス」作成まで、その内容も幅広い。 中国の顔画像交換アプリ「ザオ」だ。 などによると、このiPhone用の無料アプリは、ユーザーが顔写真をアップロードすると、即座に映画やテレビ番組の動画の有名なシーンで、、という。 8月末に公開されるとすぐにアプリのランキングトップに躍り出たが、作成動画の著作権がすべて運営元に帰属することになっていたため、プライバシー上の問題が浮上。 利用規約を変更し、運営元による作成動画の利用を「サービス向上」などの目的に制限した、という。 このような手軽な「ディープフェイクス」が登場する一方で、従来ある基本的な編集ツールによって動画を改ざんする「シャローフェイクス」の問題も指摘されている。 だが、この動画が2019年5月23日にソーシャルメディア上で公開されると瞬く間に拡散。 ツイッターでは、トランプ大統領の公式アカウントがリツイートしたこともあり、翌月末までで630万回視聴されている。 また2018年11月8日、ホワイトハウスでのトランプ大統領の記者会見の席上、質問を続けようとするCNNの担当記者、ジム・アコスタ氏のマイクを、インターンが取り上げようとした場面があった。 この場面の動画をコマ落としすることで、アコスタ氏がインターンの腕を強く振り払っているように見せた改ざん動画が拡散。 これを当時のホワイトハウス広報官、サラ・サンダース氏もツイッターの。 一時は、「女性に手を上げた」としてホワイトハウスがアコスタ氏のホワイトハウス入館証を。 このような、ローテクな動画改ざんでも、政治的な場面においては、十分なインパクトを持つことが示された事例だ。 2019年3月、英国のエネルギー会社の最高経営責任者(CEO)が、ドイツの親会社のCEOを騙ったAIによる音声のなりすまし、いわば「声のディープフェイクス」の電話による指示で、ハンガリーの企業の口座に22万ユーロ(約2,600万円)を送金してしまった事件だ。 また、によると、シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の研究員を名乗る「ケイティー・ジョーンズ」というリンクトインのアカウントが、米政府中枢の関係者ら50人以上とネットワークをつくっていたが、そのプロフィール画像はAIによって生成されたもので、実在しない人物だった、という。 これは外国政府によるスパイ活動の一環、と見られている。 動画を活用し、人権侵害の告発などに取り組むNPO「」のプログラムディレクター、サム・グレゴリー氏は、報告書の中でそう述べている。 このような事態は、すでに起きている。 その一例が、トランプ氏がNBCの番組「アクセス・ハリウッド」の収録現場で「スターならやらせてくれる。 何でもできる」などと卑猥な発言をしていたテープが、だ。 トランプ氏は当初、このテープが本物であることを認めていた。 だがニューヨーク・タイムズによれば、大統領当選後、上院議員や側近たちに、、という。 そしてその結果、リアルな動画を証拠として疑惑を指摘された人物が、「その動画はフェイクニュースだ」と否定することができてしまう「嘘つきの分け前」と呼ぶ状況が起きている、と述べていた。 トランプ大統領は就任前から、自身に批判的なメディアに対して「フェイクニュース」との攻撃を繰り返している。 これが、「ディープフェイクス」との攻撃に置き換わる可能性を指摘しているわけだ。 2019年1月に中央アフリカのガボンで起きたクーデター未遂事件の発端も、「ディープフェイクス」疑惑だったと指摘されている。 によると、ガボン政府は同月、病気療養で公に姿を見せていなかったした。 だがこの動画は、まばたきの回数が少ないなどとされ、ボンゴ大統領の反対派から「ディープフェイクス」だとみなされて、軍部のクーデター未遂のきっかけとなった、という。

次の

風俗業界とフェイクポルノ問題について

フェイクポルノ一覧

AIを使ったフェイク動画を、オランダ・アムステルダムのベンチャー「ディープトレース」がまとめている。 米下院議長、ナンシー・ペロシ氏の「酩酊動画」などが注目を集め、2020年の米大統領選を前に連邦議会も対策に乗り出している「ディープフェイクス」。 だが報告書によれば、その大半は女性を標的としたポルノで、作成ツールがオープンソースで共有されているほか、作成請負のサービスも広がっており、コモディティ化(日用品化)が進む。 だがそればかりでなく、巨額詐欺事件が発生するなど、セキュリティ上の脅威としても影を落としている。 2018年12月時点の7,964件に比べて、84%増と急速な伸びを示している。 その内訳をみると、96%はハリウッド女優などの顔をはめ込んだポルノ動画。 ポルノ以外の動画はわずか4%だった。 また、「ディープフェイクス」のポルノ動画専門のトップ4サイトにおける、動画視聴回数は1億3,400万回に上っていた。 報告書では、「ディープフェイクス」動画専門のトップ5サイトと、ユーチューブの「ディープフェイクス」関連の14チャンネルの内訳についても分析している。 動画の被写体は、ポルノ専門サイトでは女性が100%、ユーチューブチャンネルでは逆に男性が61%を占めた。 また、被写体の職業は、ポルノ専門サイトでは99%がエンターテインメント業界、1%がニュース・メディア業界。 ユーチューブチャンネルではエンターテインメント業界は81%、政治家が12%、ニュース・メディア業界が5%だった。 「ディープフェイクス」は、その問題が浮上した当初から、ポルノ動画にハリウッド女優らの顔画像をはめ込むフェイクポルノとして拡散。 リベンジポルノとしても波及するなど、女性に対する人権侵害として注目を集め、その後、政治的な影響も懸念されるようになっていった。 これに対し、排除の動きも強まっているが、その一方でネット上の専用ツール開発コミュニティは20に上り、このうち、メンバー数を公表している13のコミュニティだけでも、その数は9万5,791人に上るという。 ツール開発の基盤となっているのが、オープンソースのコード共有プラットフォーム「ギットハブ」。 「ディープフェイクス」ツールの作成プロジェクトの一つは、人気度を示す指標「スター」数で2万を超え、人気プロジェクトとして存在感を示している、という。 「ディープフェイクス」のツールは、高性能GPUが必要であるなど、一般ユーザーにはハードルがある。 だが、ネット上では250枚ほどの写真をアップロードすると、2日程度で「ディープフェイクス」を作成するオンラインサービスもあり、1本あたり2. 99ドル(約300円)ほどの低価格だという。 また、個人で「ディープフェイクス」作成を請け負うサービスもあり、特注の顔画像交換(30ドル)から50語あたり10ドルの「声のディープフェイクス」作成まで、その内容も幅広い。 中国の顔画像交換アプリ「ザオ」だ。 などによると、このiPhone用の無料アプリは、ユーザーが顔写真をアップロードすると、即座に映画やテレビ番組の動画の有名なシーンで、、という。 8月末に公開されるとすぐにアプリのランキングトップに躍り出たが、作成動画の著作権がすべて運営元に帰属することになっていたため、プライバシー上の問題が浮上。 利用規約を変更し、運営元による作成動画の利用を「サービス向上」などの目的に制限した、という。 このような手軽な「ディープフェイクス」が登場する一方で、従来ある基本的な編集ツールによって動画を改ざんする「シャローフェイクス」の問題も指摘されている。 だが、この動画が2019年5月23日にソーシャルメディア上で公開されると瞬く間に拡散。 ツイッターでは、トランプ大統領の公式アカウントがリツイートしたこともあり、翌月末までで630万回視聴されている。 また2018年11月8日、ホワイトハウスでのトランプ大統領の記者会見の席上、質問を続けようとするCNNの担当記者、ジム・アコスタ氏のマイクを、インターンが取り上げようとした場面があった。 この場面の動画をコマ落としすることで、アコスタ氏がインターンの腕を強く振り払っているように見せた改ざん動画が拡散。 これを当時のホワイトハウス広報官、サラ・サンダース氏もツイッターの。 一時は、「女性に手を上げた」としてホワイトハウスがアコスタ氏のホワイトハウス入館証を。 このような、ローテクな動画改ざんでも、政治的な場面においては、十分なインパクトを持つことが示された事例だ。 2019年3月、英国のエネルギー会社の最高経営責任者(CEO)が、ドイツの親会社のCEOを騙ったAIによる音声のなりすまし、いわば「声のディープフェイクス」の電話による指示で、ハンガリーの企業の口座に22万ユーロ(約2,600万円)を送金してしまった事件だ。 また、によると、シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の研究員を名乗る「ケイティー・ジョーンズ」というリンクトインのアカウントが、米政府中枢の関係者ら50人以上とネットワークをつくっていたが、そのプロフィール画像はAIによって生成されたもので、実在しない人物だった、という。 これは外国政府によるスパイ活動の一環、と見られている。 動画を活用し、人権侵害の告発などに取り組むNPO「」のプログラムディレクター、サム・グレゴリー氏は、報告書の中でそう述べている。 このような事態は、すでに起きている。 その一例が、トランプ氏がNBCの番組「アクセス・ハリウッド」の収録現場で「スターならやらせてくれる。 何でもできる」などと卑猥な発言をしていたテープが、だ。 トランプ氏は当初、このテープが本物であることを認めていた。 だがニューヨーク・タイムズによれば、大統領当選後、上院議員や側近たちに、、という。 そしてその結果、リアルな動画を証拠として疑惑を指摘された人物が、「その動画はフェイクニュースだ」と否定することができてしまう「嘘つきの分け前」と呼ぶ状況が起きている、と述べていた。 トランプ大統領は就任前から、自身に批判的なメディアに対して「フェイクニュース」との攻撃を繰り返している。 これが、「ディープフェイクス」との攻撃に置き換わる可能性を指摘しているわけだ。 2019年1月に中央アフリカのガボンで起きたクーデター未遂事件の発端も、「ディープフェイクス」疑惑だったと指摘されている。 によると、ガボン政府は同月、病気療養で公に姿を見せていなかったした。 だがこの動画は、まばたきの回数が少ないなどとされ、ボンゴ大統領の反対派から「ディープフェイクス」だとみなされて、軍部のクーデター未遂のきっかけとなった、という。

次の