西城 秀樹 ツイッター。 西城秀樹の収入源は印税?自宅の豪邸売却の噂についても!

Hideki Forever

西城 秀樹 ツイッター

広島県広島市、広島駅近くの東蟹屋町(現:東区東蟹屋町)に生まれる。 最初の家は三宅一生の実家の斜め前にあった。 父親は事業家で家は裕福だった。 ジャズギターが趣味だった父親の影響で幼少期から洋楽に馴染み、ジャズスクールに通って、最初はエレキギター、その後ベース、次いでドラムを勉強した。 当時、ロックをやりたければ、楽器を置いてあるのはジャズスクールしかなかった。 小学3年の時、最初にファンになったのはジェフ・ベックで、「おませなガキ」でもあり、同世代には洋楽を聴く者は誰もおらず、音楽の話は兄たちとした。 父親が頑固で厳格な人であったため芸能界入りを猛反対。 その反対を押し切り、高校一年の二学期途中の1971年10月3日、家出同然で広島から夜行列車で上京、10月4日朝、東京駅着。 芸能事務所「芸映」に所属。 明大中野高等学校定時制へ転校する。 デビュー後 1972年3月25日、日本ビクター(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)のRCAレーベルよりシングル「恋する季節」で歌手デビュー。 キャッチフレーズは「ワイルドな17歳」。 片仮名の「ヒデキ」が愛称となる。 Wikipediaより引用 「ヤングマン」などで世間一般に知られているが、西城秀樹が本領発揮できるのはBIG GAMEに代表されるように球場・野外コンサートであった。 アジアへの進出も西城が初めてであり、万里の長城コンサートでは10万人を集めた。

次の

西城秀樹の収入源は印税?自宅の豪邸売却の噂についても!

西城 秀樹 ツイッター

レコードジャケットはロサンジェルス・センチュリーシ ティでのスナップ。 緊急発売だったため撮影の時間がなかったので有り物の中から選んだ。 歌衣裳は武藤ネコによるおなじみの星条旗のデザイン。 同じ衣裳が4ポーズあるのだが、最初は手染で星とストライプを染めた物であった。 レコーディングでの手拍子はスタジオにファンクラブの人達を招いて行なわれたが、テレビでのハンドクラップは当初ハンドクラッパーといわれるパーカッション系のクラップマシンを使っていたが、後にローランドTR-808というリズムコンポーザーを使用した。 これも日本で初めて使用された。 以降、ピンクレディ、海援隊など多くのアーティストが手拍子を録音する時にこのマシンが使用される様になる。 27 遥かなる恋人へ 作詞:竜 真知子 作曲・編曲:馬飼野康二 詞を発注する時に「木綿のハンカチーフ」のアンサーソングのような気持ちで…といってお願いした。 詞も曲も素敵に仕上がった。 HIDEKIの声の甘さを出すためにサビの部分をダブルにした。 心地好い仕上りになっている。 間奏のギターは芳野藤丸の演奏、ただしオブリは馬飼野さんの"書き譜"だったそうだ。 また、毎年11月初旬に行なわれる恒例の武道館リサイタルでは初めて、それまでの円形ステージから北面に舞台を作った。 内容も1部は「永遠の愛7章」というタイトルで一人芝居仕立の演出だった。 コンサートで歌った事のないニューミュージック系の楽曲を取入れた。 26 ブルースカイ ブルー 作詞:阿久 悠 作曲・編曲:馬飼野康二 好青年というイメージが定着。 合歓の里で合宿後ツアーへ。 アラジンのようなパンツに鉢巻き姿というのは原宿の竹の子族の影響だろうか。 '81年初めて香港でコンサートを行なった打ち上げの食事で訪れたレストランでHIDEKIを見つけたピアノマンがこの曲で迎えてくれた。 現在でも歌っている西城秀樹のスタンダードナンバーのひとつ。 球場コンサートは東京後楽園でも行なわれる。 東京雨。 ステージの一部が15mの高さに上がるリフト登場。 毎回タイトルが変わっていたが、この年から『BIG GAME』と呼ばれるようになる。 "大きな遊び"という直訳の他に"大漁"という意味もある。 25 炎 作詞:阿久 悠 作曲・編曲:馬飼野康二 ジャケットで手にしている氷のハイヒールは3足? 用意した。 赤坂のアマンドのシェフに削ってもらったもの。 溶けない様にすばやく撮影されたが指の感覚が暫くなくなりヒールも二つに折れてしまった。 歌衣裳は金色の網と黄色の衣裳でサッシュベルト上に金色の紐をしていた。 楽曲的には、当初大野克夫の作曲で「ブーツ~」の延長路線上のメロウでアダルティな曲に仕上がったのだが、TBS『東京音楽祭』に出場するために従来の'動'の部分を強調したかったため馬飼野さんに発注しなおした。 詞はすでに登録されていたため同じ詞で2曲誕生したのだが大野さんのそれは世に出る事なくお蔵入りとなってしまった。 24 あなたと愛のために 作詞:東海林 良 作曲:大野克夫 編曲:水谷公生 レコードジャケット撮影は現在の様にCG加工などなかったのでホリゾントに黒いテープを貼り影が出ないように苦心した。 白いタキシードのベストだけ作った。 歌衣裳は黒のツイードのスーツに星の刺繍が入ったベスト、ハンチング帽子といった具合。 この頃の行きつけの店といえば、洋服では六本木のJUN、原宿のミルクボーイ、食事では飯倉のイタ飯キャンティ、乃木坂のステーキハウスHAMA、赤坂のオリムピック、そして千駄ケ谷の広島風お好み焼 おたふく、四谷の焼肉ギャルソン、河豚の山田屋、ディスコでは赤坂の無限やビブロスから六本木のスクェアビルのギゼやレキシントンクイーンへと移った時代だった。 変わった所では六本木の飯倉よりのホットコロッケでラテンミュージックを楽しんだりした。 阿久さんの通いつけの赤坂のパピヨンにも打ち合せを兼ねてよく顔を出していた。 21 セクシーロックンローラー 作詞:阿久 悠 作曲:三木たかし 編曲:萩田光雄 六本木スタジオで撮影された。 カメラは武藤 義、衣裳は武藤ネコカリプソスタイルで下はホワイトジーンズをバミューダパンツ風にカットしたものをはいている。 撮影では使われなかったが、麦わら帽子まで用意されていた。 歌番組では女性ダンサーグループ クルクルをバックに従えて歌った。 TBS『火曜歌謡ビッグマッチ』で新御三家が初共演、衣裳、歌う順番など各マネージャー立合いの下で決められた。 また、この年は歌だけではなく、TBS『寺内貫太郎一家』、松竹映画『愛と誠』で映画初主演と活躍。 日本で初めての球場ワンマンコンサートが大阪球場でおこなわれる。 ヨット型のステージ。 ナナハンのオートバイ30台を引き連れての登場。 08 薔薇の鎖 作詞:斉藤優子 原案 ・たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:馬飼野康二 雑誌『平凡』で詞を募集。 スタッフは1週間徹夜で選考しなければならない程の応募数で大変であった。 ジャケット写真はエナメルのパンツをはいていた。 胸のネックレスなどのアクセサリーなどでセクシーさを表現。 歌謡界初のマイクスタンドアクションは当時 スパイダースのかまやつひろしといっしょにロッド・スチュアートのステージを見に行き研究。 アルミニウム製の軽量スタンドを特注。 また、NET 現在のテレビ朝日 『ベスト30歌謡曲』でマネージャー対抗歌合戦というコーナーがあり当時現場のマネージャーだった富士原光男が出場し、「~この世の幸せ」という所を「~あの世の幸せ」と歌い爆笑をさそった。 07 愛の十字架 作詞:たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:馬飼野康二.

次の

Hideki Forever

西城 秀樹 ツイッター

スポンサーリンク 西城秀樹の収入源は印税? 西城秀樹さんは70年代に、 野口五郎さん、 郷ひろみさんとともに 「新御三家」として大人気でした。 1972年に 「恋する季節」でデビュー。 「情熱の嵐」が初のオリコンベスト10入り。 「ちぎれた愛」「愛の十字架」がオリコン1位獲得。 「傷だらけのローラ」で日本レコード大賞歌唱賞受賞。 他にも 「YOUNG MAN Y. 」「ギャランドゥ」など大ヒット曲があります。 これらの曲は、今でもCMなどに使われたりしていて、知らない人はいないですよね。 カラオケでも歌われているでしょう。 音楽配信会社JASRACとカラオケBOXの契約から著作権料としてアーティストに支払われるのは1曲あたり 2円~7円だそうです。 たったそれだけ?と思いますが、これだけヒット曲があれば、それなりの額になるのでしょう。 昔ヒット曲を出してこのような印税で暮らしている芸能人はたくさんいるようですね。 スポンサーリンク 自宅の豪邸売却の噂についても! 西城秀樹さんは以前 神奈川県横浜市青葉区と 川崎市に自宅があったようです。 そして 川崎市の方の自宅を 売却したと言われています。 112坪のスタジオが完備された 豪邸だったようです。 売却の理由は、子供たちの学校への通学が大変だからということみたいですね。 西城秀樹さんの3人の子供は 森村学園に行っているという噂です。 森村学園は横浜市にあるので、たしかに川崎市からは遠いですよね。 まとめ 西城秀樹さんの印税はこれからも入ってくるでしょう。 ご家族が相続することになるでしょうね。 子供たちにはまだまだお金がかかるでしょうし、奥さんのこれからの人生もありますからね。 その子供たちのために、自宅の豪邸の1つは売却したということでした。

次の