中近東 旅行。 方面エリアガイド 中近東/アフリカ|海外旅行・新婚旅行|JTBのハネムーン

お知らせ

中近東 旅行

中近東の国々• のシナイ半島• のアジア側• 自治区• エジプト全域やリビアなどのアフリカ北東部、諸国(、、)や、他周辺地域を含むこともある。 トルコ、キプロスはヨーロッパと考えられることもある。 キプロスは事実上、トルコ系国民とギリシャ系国民で国土が二分割されている。 そのためとして含む場合もある。 都市 [ ]• — 平和で静かな村からヨルダンの首都となったことで活気ある大都会へ大きな変遷を遂げる。 — の商業と金融の中心地として、真の国際都市である。 レバノンの中心都市である。 — 昔は、'ヒッピートレイル hippie trail ' や名所がいっぱい詰まった好まれる目的地であったが、現在は、地球上で最も危険な都市のひとつとなっている。 — 最古であると信じられ、世界で継続的に居住者がいるこの特徴的な城郭都市は、とても古さを感じ取れる。 — 信じられないほどの速度で開発が進む、で最も近代的かつ進歩的な首長国である。 中近東有数の世界都市である。 — 旧市街のを含むこの都市は、ユダヤ人、キリスト教徒とイスラム教徒のための神聖な場所である。 — 非イスラム教徒の出入りを禁止している、主にとして知られているイスラム教の神聖な都市である。 — 娯楽のほとんどを禁止し、興味のあるいくつかの観光名所と厳しい気象条件であるリヤドは、大部分がちょっと見るとゆうような都市であり、サウジアラビアの中心都市。 — 1,400万人の活気ある都市で、主要な博物館、公園、レストランや温かく友好的な人々いる国際都市である。 世界有数のメガシティである。 その他の旅行先 [ ]• — '新七不思議 New Seven Wonders ' のひとつであるペトラは、紀元前6世紀前後からナバテア王国の息をのむような首都である。 分かる [ ] 演歌はアラブの心です?? のホテルで朝食を取っていたときのこと。 テレビの歌謡番組から流れてきた、フルオーケストラをバックにした女性歌手の歌声にふと箸を(と言いたいところだが、実際はフォークを)持つ手が止まった。 「…ん?」。 メロディーラインといい節回しといい、はたまた曲を歌い上げる歌手の表情やしぐさといい、なんだかとてもおなじみな感じがして、初めて聞いた音楽とは思えない…と考えて、ハタと思い当たった。 そうだ「演歌」だ!え、でもまさか…。 アラブ風に味付けはされているとはいえ、その歌いっぷりが日本の演歌に実によく似ている。 そのときは何か狐につままれたような不思議な気分になったが、帰国してから調べてみて、たしかにこの世になる音楽ジャンルが存在していることを知った。 この「アラブ演歌」、伝統的に出身の女性歌手が多いそうで、「レバノン演歌」とも言うらしい。 歴史的な経緯から、やなどアジアの国々には日本の演歌やそれに類するような歌謡曲があることは知っていたが、思いもよらず、こんな地中海沿岸の、半分は砂漠のような乾燥地帯の国で、日本のウェットなマインドを象徴する(と勝手に思っているだけかもしれないが)演歌を偶然耳にする機会に恵まれたわけだ。 ハプニングとでもいうような出会いではあったが、このアラブ演歌、確かに旅に華を添えてくれた(こんな意外な出会いも旅の楽しみの一つ)。 アラブと演歌、(日本人の勝手な思い込みかもしれないけれど)どう考えてみてもイメージとして両立しない二つのものが結びついているところが何ともミスマッチで面白い。 文化的な地理 [ ] は、言語、宗教、文化やいくつかの民族グループと、いろいろな意味で中近東と似ている。 一部の著述家は、"中近東"という表現を、またはやにも使用している。 その反対に、でも中近東と多くの共通点がある。 民族や言語が異なっていても、宗教、多くの食べ物、衣類、そして建築様式が似ている。 は、一時的に中央アジアのほとんどが、ペルシャ帝国の支配下に置かれていたため、いづれかの地域の一部として見なすことができる。 南東と中近東との境界も明確さに欠けている。 ほとんどの著述家は、"中近東"の用法としてを含めており、ウィキトラベルも上述に含めているが、トルコの一部は、非常にヨーロッパ的である。 トルコの大部分とやの全域も、明らかに地中海地方である。 いくつかの国々は、通常ヨーロッパと見なされている反面、、、のある程度は、文化的に中近東の特徴も合わせ持っている。 arab. net — サウジアラビアで新聞や雑誌を発行している企業グループによる、中近東と北アフリカを対象としたニュース、オンライン情報サイト。 (英語) WEB 喋る [ ] は地域の主要言語であり、(が優勢な場所)、()や()を除くすべての中東諸国の主要言語である。 それらの国々であってもアラビア語は、第二言語としてかなり一般的である。 イスラエルのアラビア語は、第二公用語である。 また、、ジュデズモ語、、アゼルバイジャン語、やいくつかの他の言語も、一部の地域で話されている。 英語は、観光地で適度に一般的であり、他の場所で概して珍しくなっている。 トルコ内での一部ドイツ語は、ドイツで多くのトルコ人が働いている関係で話されることになる。 着く [ ] 動く [ ] 観る [ ] 遊ぶ [ ] 食べる [ ] やはり、中近東周辺の料理で際立った存在感を放つのが、フランス料理、中華料理と共に世界三大料理として数えられるトルコ料理が有名である。 飲む [ ] 気を付ける [ ] 宗教問題 [ ]• 中近東の国々は、イスラム教を国教とする国が多い。 歴史的事情でイスラム教はキリスト教への反発による紛争が絶えず、一般旅行者には巻き込まれないように注意した方が良いだろう。 逆に言えば、一般旅行者といってもイスラム教のルールに則って行動すれば、"安全"とも言える。 モスクはイスラム教信者にとっては、聖地そのもの。 日本国で例えると、神社あるいは寺院といったところ。 写真撮影も禁止にしているところがあり、事前に確認をとっておくことを強くお勧めしたい。 キリスト教の十字架を模したペンダントは極力首からぶら下げないまたは持たない方が良い。 持っているとキリスト教信者と思われて、深刻なトラブルの被害を受けやすくなる。 イスラム教における断食もあり、この時間帯は飲食すら出来なくなる。 事前に確認をしておいたほうが良い。 このページの最終更新日時は 2020年4月15日 水 08:12 です。 当サイトの記事に関するテキストは、全て クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3. 0の条件下で使用可能です。 画像については使用するものによってライセンスが異なる場合がありますので、詳細については個々の画像に表示されたライセンスの内容をその都度ご確認ください。

次の

お知らせ

中近東 旅行

旅行の選び方 海外旅行の費用・予算の相場はどのくらい?エリア別に紹介 国内旅行と比べても、旅費が高くなりがちな海外旅行。 海外旅行は行き先によって飛行機代や宿泊費の相場が大きく変わってくるため、特に初めての海外旅行の場合は予算を決めにくいと思います。 予算を決めるためにも、 行き先に応じておおよその相場は把握しておきたいところです。 今回は、海外旅行にかかる費用の項目や、エリア別の飛行機代および宿泊代の相場についてご紹介します。 目次 海外旅行の予算の内訳は? まずは、海外旅行に必要な予算の内訳を見ていきましょう。 海外旅行をする場合、おもに次のような費用が発生します。 ・飛行機(航空券)代 ・燃油サーチャージ ・空港利用税(国内、海外、乗り継ぎ空港) ・宿泊代 ・食事代 ・現地交通費 ・お土産代 ・ビザ取得代(必要な場合に限る) また、初めての海外旅行となると、パスポート取得代も発生します。 さらに、海外旅行保険に加入していない場合は、万が一のトラブルに備えて加入しておきたいところです。 クレジットカード付帯の海外旅行保険もありますので、確認してみるといいでしょう。 旅先や目的によっては、新たに携帯品や旅行グッズを購入する必要もあります。 このように、海外旅行には飛行機代以外にもさまざまな費用が発生するため、 予算は相場よりも多少の余裕を持たせて設定することがポイントです。 【エリア別】航空券代+ホテル代の相場はどのくらい? 海外旅行の費用の大きな決め手となるのが、目的地です。 アジア、ヨーロッパ、アフリカなど、行き先のエリアによって相場も異なり、国や場所、滞在期間などによっては10万~20万円以上の差が生じることも珍しくありません。 海外旅行の航空券代とホテル代を合わせた予算について、エリア別に相場をまとめました。 アジア旅行の相場 日本からアジア各国へ旅行する場合の予算相場は、5万~15万円程度となります。 日本から近いアジアは直行便で行きやすい国も多く、比較的予算を安く抑えられます。 節約すれば、5万円前後で旅行することもできますし、15万円程度の予算があれば、贅沢な旅程を組むこともできます。 また、東南アジアなどは物価が安いエリアも多いため、現地での費用も安く済ませられます。 ヨーロッパ旅行の相場 日本からヨーロッパ各国へ旅行する場合の予算相場は、10万~30万円程度となります。 ヨーロッパは定番のフランスやイギリス、イタリア、スペイン、ドイツなどに加えて、スウェーデンやフィンランドなどの北欧、オーストリアやチェコの中欧、クロアチアなどの東欧と、 どのエリアも非常に人気が高いです。 渡航者が多いため安い航空券を見つけやすく、意外とリーズナブルな宿泊施設がそろっている国もあります。 ただし、ヨーロッパは物価が高いエリアが多いため注意しましょう。 オプション付きのツアーでは20万円ほどかかることも珍しくありません。 北米旅行の相場 ヨーロッパと並んで日本人に人気の高いアメリカやカナダがある北米。 日本から北米の各国へ旅行する場合の相場は、10万~30万円程度となります。 日本から直行便で行けるエリアも多く、アメリカやカナダの主要都市には、比較的スムーズに行くことができます。 シーズンによっては20万円ほどの予算で非常に充実した旅行を楽しむこともできるでしょう。 少し予算に余裕を持たせて、絶景大国でレジャーやアクティビティのツアーに参加することもおすすめです。 ただし、北米大陸はアジアやヨーロッパと比較して非常に広大なため、目的地間の移動方法によっては予想外の費用が発生する可能性もあります。 観光ルートや移動手段についても綿密に計画を立てるようにしましょう。 中南米旅行の相場 日本から中南米の各国へ旅行する場合の相場は、15万~45万円程度となります。 メキシコやキューバなどがある中米だけでなく、ペルーやボリビア、ブラジルなどの南米も人気です。 日本からはかなり距離があるため、航空券代もそれなりに高くなります。 また、回りたい国がいくつかある場合も旅費が大きく変わってくるため、 プランは慎重に決めていくといいでしょう。 国や観光地によっては個人で行くことが難しいエリアもあるため、ツアー参加などが必要な場合もあります。 さらに、添乗員付きツアーとなると、50万~60万円以上となるケースもあります。 オセアニア旅行の相場 オーストラリアやニュージーランドなど、南半球にある島々によって構成されるオセアニア。 日本からオセアニアの各国へ旅行する場合の予算相場は、8万~25万円程度となります。 日本との時差があまりなく、治安の良さもあり人気の観光地となっています。 オセアニアは物価が高い傾向があるため、飲食費がかさみやすいことに注意しましょう。 また、レジャーやアクティビティも豊富なため、現地での遊びをメインにしたい場合も予算には余裕を持たせたいところです。 アフリカ旅行の相場 エジプトやモロッコ、ケニアなどの国々が人気のアフリカ大陸は、観光スポットだけでなく、レジャーやアクティビティも豊富なエリアです。 日本からアフリカの各国へ旅行する場合の予算相場は、15万~45万円程度となります。 日本から遠方の大陸ということもあり、旅費は高めとなります。 また、日本からの直行便がないエリアも多く、どこかの都市を経由する必要があることも珍しくありません。 そのため、航空券は特に高くつきやすいです。 国によっては観光地化されていないところも多いため、ツアーを組むとかなり高額な予算が必要となるケースもあります。 中近東旅行の相場 日本から中近東の各国へ旅行する場合の予算相場は、8万~25万円程度となります。 治安の不安定さやテロの危険性からハードルが高いと感じる一方で、魅力的な国も多い中近東エリア。 近年は海外旅行客が激減している国もあり、旅費自体は他のエリアと比べてもかなり安く抑えられるケースが多いです。 治安などの問題があるため、旅行する際は安全には十分に配慮しましょう。 費用の相場はシーズンによって変動があるので注意 海外旅行の予算を設定する際に注意したいのが、シーズンによって相場に変動があるということです。 特に、海外へ渡航する日本人が増える春休みやゴールデンウィーク、夏休み、年末年始などの大型連休シーズンは、飛行機代も高くなります。 反対に安くなるシーズンは、 春休みシーズンを除いた4月から5月にかけてと、年末年始以外の12月から1月です。 また、ホテル代などの現地費用は、そのエリアのベストシーズンやイベントがある時期は高くなり、酷暑や雨季、厳寒期などのオフシーズンは安くなります。 なお、観光に向かないと思われるオフシーズンでも、旅の目的によっては好条件になるケースもあります。 例えば、ヨーロッパの観光スポットとして人気の美術館は、冬のオフシーズンは比較的空く傾向があるため、ゆったりと観光することができるでしょう。 旅行先のベストシーズンを知りたい、または旅費を抑えたいという場合は、オフシーズンの気候やその他の条件などについても旅行会社に相談してみることをおすすめします。 旅の目的やスケジュールから予算を決めよう 海外旅行の予算相場についてご紹介してきましたが、実際の費用は滞在日数や目的、周遊する国などによっても大きく変わってきます。 また、観光や宿泊施設、グルメなど、どの分野にコストの比重を置くのかによってコストバランスは変わるため、海外旅行の計画は国内旅行以上に余裕を持ったスケジュールで立てていきたいところです。 どのような旅行にしたいのかを念頭に置きつつ、旅行会社のツアーなども参考にプランを練っていきましょう。 (注)エブリプラスを含む•

次の

中近東の国一覧

中近東 旅行

海外支店・ツアーデスク一覧 アジア地域• 韓国 |• 台湾 |• 香港 |• 中国 |• タイ |• カンボジア |• インド |• マカオ |• マレーシア |• モルディブ |• シンガポール |• ベトナム |• インドネシア |• モンゴル |• ミャンマー |• バングラディッシュ |• スリランカ |• ラオス |• ネパール |• ウズベキスタン |• 太平洋・オセアニア地域• オーストラリア |• ニュージーランド |• フィジー |• ニューカレドニア |• タヒチ |• サイパン |• アメリカ ハワイ |• グアム |• パラオ |• 北米地区• アメリカ合衆国 |• カナダ |• カリブ・中南米地区• メキシコ |• キューバ |• ペルー |• ブラジル |• コスタリカ |• ヨーロッパ地区• イタリア |• フランス |• イギリス |• スペイン |• ドイツ |• オーストリア |• オランダ |• スイス |• ロシア |• クロアチア |• ギリシャ |• スロバキア |• スロベニア |• チェコ |• デンマーク |• ノルウェー |• ハンガリー |• ベルギー |• ポーランド |• ポルトガル |• モンテネグロ |• ジョージア |• 中近東地区• トルコ |• アラブ首長国連邦 |• ヨルダン |• アフリカ地区• エジプト |• モロッコ |• ケニア |• 南アフリカ |• ジンバブエ |• マダガスカル |• チュニジア |• エチオピア |•

次の