西松建設 採用。 西松建設株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

【平均年収836万円】西松建設の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

西松建設 採用

当社独自の技術とソリューションを武器に、より良い社会・環境づくりに積極的に取り組んでいます。 募集の背景 事業拡大のための増員募集です。 具体的な業務内容 商業施設・ビル・マンション・工場など様々な案件の施工管理をお任せします。 【お任せする業務について】 担当する業務:5大管理業務を担当。 現場での業務とデスクワークの割合は5:5です。 案件の内容:商業施設、ビル、マンション、病院、教育施設、研究施設、工場、倉庫など。 案件の規模:数十億円~数百億円。 数百人から数千人の関係者が働く大規模な現場ばかりです。 案件の期間:約1年。 複数の案件を兼務することは基本的にありません。 【これまでの施工事例】 東京警察病院、朝来市新庁舎、ANA成田スカイセンター、久留米シティプラザ、ホテル金沢、特別養護老人ホームきぬ川苑、イオン高松ショッピングセンター など… 募集条件 雇用形態 正社員 年齢 不問 学歴 大学院、大学、短期大学、高等専門学校、高等学校卒以上 必須の経験・スキル・資格 以下いずれも必須です。 お電話でお問い合わせをいただく際は「転職エージェント宛のお問い合わせ」とお伝えください。 softbankhc. この求人の特徴 企業情報 設立年月 1937年 資本金 23,513,643,819円 従業員数 2536人 (2018年3月現在) 所在地 〒105-6310 東京都 港区虎ノ門1-23-1虎ノ門ヒルズ森タワー10F 代表者名 高瀬 伸利 連絡先 SBヒューマンキャピタル株式会社(西松建設株式会社採用事務局) 〒106-0032 東京都 港区六本木2丁目4番5号 六本木Dスクエア3F 03-5549-1285 個人情報の取り扱いについて ご提供いただいた皆様の個人情報を、ご本人の同意なく、採用業務以外の用途に使用することはございません。 尚、採用活動終了に伴い、ご提供いただきました個人情報は、弊社の責任のもと、適切に廃棄・消去させていただきます。 西松建設株式会社 の求人一覧.

次の

【面接対策】西松建設の中途採用面接では何を聞かれるのか

西松建設 採用

開発・不動産事業 様々な不動産ソリューションサービスを提供しています。 創業1874年。 当社は140年もの歳月を建設事業一筋に歩んできた会社です。 ソリューションとは問題を解決する力。 建設規模が大きくなればなるほど、その現場ではソフト・ハードを含むトータルな技術力と問題解決能力が求められます。 そこに西松建設の存在理由があるのです。 当社はこれまで、道路、ダム、橋梁、鉄道、ビル、公共施設、都市再開発など、国土基盤整備の担い手としてインフラ構築に積極的に取り組んできました。 これらの大型プロジェクトから得た高度な技術や多彩なノウハウが、「土木事業」「建築事業」「開発・不動産事業」の三本柱の土台を形成しています。 当社の建設現場に共通して言えるのは、「建てる」というより「創る」仕事であること。 そこに私たち西松建設のモノづくりのスピリットがあり、総合建設業としての確たるアイデンティティーがあります。 当社の事業は、「土木事業」「建築事業」「開発・不動産事業」の3つの事業で形成されています。 「土木事業」はダム・トンネル・空港・橋梁などの国土の基盤を整える仕事。 「建築事業」は超高層ビルや商業施設、工場や集合住宅等、人々の生活を豊かにする仕事。 「開発・不動産事業」は市街地再開発や土地区画整理など丸ごと街をつくって人々に生活の場を作り出す仕事。 そして、この事業を国内だけでなく海外にも積極的に展開しています。 本社郵便番号 105-6407 本社所在地 東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 本社電話番号 03-3502-7573 創業 1874(明治7)年 設立 1937(昭和12)年9月20日 資本金 235億1,364万3,819円 従業員 2,606名(2019年3月末現在) 売上高 3,369億円(2019年3月期単体) 3,493億円(2019年3月期連結) 事業所 本社=東京 支社=北日本、関東土木、関東建築、西日本、九州 支店=札幌、東北、北陸、中部、関西、中国、四国 海外=香港、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ミャンマー 関連会社 泰国西松建設 株 ラオ西松建設 株 西松地所 株 株 コンケム 株 サイテックファーム(Sci Tech Farm) 平均年齢 44. 3歳(2018年度実績) 沿革• 1874年• 1937年9月• 株 西松組を設立• 1948年7月• 社名を西松建設 株 と改称• 1949年10月• 建設業法により、建設大臣登録(イ)第8号の登録完了• 1950年6月• 技術研究所開設• 1951年9月• 四国支店(高松市)開設、熊本支店(1926年3月開設)を九州支店 福岡市)と改称• 1958年1月• 中部支店(名古屋市)開設• 1961年11月• 東京証券取引所第二部に上場• 1962年8月• 本社新社屋完成• 1963年8月• 東京証券取引所第一部に上場• 1964年2年• 札幌支店開設• 1965年6月・10月• 香港支店開設 平塚製作所開設• 1966年4月• 中国支店(広島市)開設• 1998年1月• 愛川衝撃振動研究所(神奈川県愛甲郡)開設• 1972年5月• 横浜支店開設• 1973年6月• 建設業法の改正により建設大臣許可(特-48)第1100号を取得• 2005年4月• 北陸支店(新潟市)開設• 2009年6月• 在京支店の管理部門を統合し、関東土木支店及び関東建築支店を新設• 2010年7月• 支社制度に移行(関東土木支社、関東建築支社、北日本支社、西日本支社、九州支社)• 2014年8月• 本社を虎ノ門ヒルズに移転 平均勤続勤務年数• 2018年• 9年 月平均所定外労働時間(前年度実績)• 2018年• 8時間 平均有給休暇取得日数(前年度実績)• 2018年• nishimatsu. mynavi. html 外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!.

次の

西松建設株式会社の企業情報・インターンシップ

西松建設 採用

昨今のゼネコン業界では、社長交代が相次いでいます。 そのなかでも、とくに世間を騒がせたのが、西松建設の社長交代です。 西松建設は今年で145年を迎える老舗ゼネコンの一つで、土木事業に大きな強みを持っています。 しかし新しい社長は、2人続けて建設事業出身者が経営に携わることになりました。 それまで社長を務めていた近藤貞社氏は会長に就任し、新しく社長となったのは、髙瀨伸利氏です。 社長交代は9年ぶりで、経営体制の若返りを図る目的があるようです。 建設に関わった経験を経営に生かせるというメリットはありますが、なぜ土木事業出身者ではないのでしょうか。 実はここに、西松建設の生き残りの施策が隠されているのです。 2人続けて建設出身ということが意味するものとは何なのか、そして、老舗の伝統を受け継ぎながら時代の流れを変革していくのか、その手法の一端を年収という切り口から見ていきましょう。 また西松建設は年収が高いことでも有名で、3000社を超える上場企業の中でも常に上位に位置しています。 では一体どれくらい高いのか、高い理由はなにか、年収の高さ以外のメリットやデメリットはあるのかなどに迫っていきましょう。 2015年3月期 720. 8万円 (平均年齢 42歳) 2016年3月期 750. 7万円 (平均年齢 43. 4歳) 2017年3月期 773万円 (平均年齢 43. 5歳) 2018年3月期 803. 7万円 (平均年齢 44歳) 2019年3月期 836. 3万円 (平均年齢 44. 4歳) (出典:有価証券報告書) 西松建設の平均年収は、2018年3月期ではじめて800万円の大台にのりました。 これまでの推移を見てみると、この5年間で116万円も平均年収が上がっていることがわかります。 年ごとに20〜30万の安定したアップを続けており、着実に伸ばしていることが見て取れます。 東日本大震災からの復興事業を契機に、需要が拡大したことによって急回復した建設業界ですが、すべての準大手と中堅ゼネコンが800万円台の年収を得ているのかというと、そうではありません。 緩やかながらも、どんな点が西松建設の年収を押し上げているのか気になりますよね。 西松建設の平均年収が800万円の大台にのった理由に、財務の急改善と高い自己資本比率が挙げられます。 首都圏再開発の需要もあって、2017年12月末の総資産は5年前の2012年12月末より637億円増え、1823億円にまで大きく成長しました。 また西松建設は、課長未満の総合職の若手社員を対象に5%のベースアップを実施しました。 定期昇給と合わせるとその昇給率は7. 3%にも及びます。 対象を絞っての2年ぶりのベースアップとなりますが、これは若手社員の確保と離職防止を目的とするほか、現場を支える若手社員の労をねぎらう会社としての姿勢を表したものです。 これらの成果が平均年収に反映されているといってよいでしょう。 2015年度から優秀な職長や技能者に手当を増額すると発表した西松建設では、技能者に対する手当が厚い傾向にあります。 現場の作業に長く従事する「上級職長」と呼ばれる職務では、従来の4倍となる2000円が手当として支給され、その上級職長の中でもトップの位置に属する「西松マイスター」は、従来の2. 4倍となる3000円が支給されるのです。 年収ベースで見てみると、上級職長は年間で48万円、西松マイスターは72万円を上限に上乗せされます。 これらの制度は、若手社員に希望を与えるとともに、全社員のモチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。 現段階では「上級職長」と「西松マイスター」に限定されていますが、一つの目標として捉えると、仕事に対しての関わり方も変わってくるかもしれません。 手持ち工事の少ない準大手ゼネコンとしては、2020年に開催される五輪後の不安が大きいと言えます。 手持ち工事が潤沢な大手と比べると先行きの不安がつきまといますし、工期が1年前後の案件が多いことから、五輪後の需要の影響が直撃してしまいます。 受注競争が激化する可能性もあるとされているため、留意しておくとよいでしょう。 また業界全体が人手不足のため、一人あたりの負担が増える可能性があります。 日本建設行連合会によると、2014年度には約343万人いた技能労働者のうち、2025年度までにその3分の1程度の約128万人が離職する見通しであることが発表されていることもあり、重大な局面を迎えることになります。 これらの課題を踏まえた上で慎重に判断する必要がありそうです。 実は西松建設は、今後「建設しない事業」すなわち不動産開発やビル管理で収益拡大を目指しています。 自らは建設に携わらず、賃料や管理手数料を収益源にすることで安定的に稼ごうという方針です。 またインフラ整備の需要が年々高まっているため、西松建設にとっては追い風にあります。 高度経済成長期以降に整備された道路橋やトンネル、下水道等は、今後20年で建設してから50年以上経過する施設の割合が加速度的に高くなるため、メンテナンス工事が増えることになりそうです。 これに対して土木の名門と呼ばれる西松建設は、2011年から「インフラの総合病院」として土木リニューアル事業を開始しています。 こうした先見の明ある事業展開が明暗を分けていくことでしょう。 さらに西松建設では、下請け会社との関係にも着目しています。 今までは現金で支払う基準が50万円だったのに対して1000万円に引き上げました。 これにより、自社の人材に頼るだけではなく、下請け会社の資金繰りを支援しつつ良好な関係を築き、受注機会を増やしていくことも予想されます。 このような先を見越したさまざまな改善が、今後の西松建設の土台になっていくかもしれません。

次の