辛いもの 腹痛 対策。 辛いものを食べた後の胃痛、腹痛予防や対処法 効果のある胃薬や漢方は?

まさかの「バニラアイス」で激辛料理でも腹痛知らず!?ベストな腹痛対策をまとめてみた

辛いもの 腹痛 対策

辛さが痛いに変わった時 辛いものは苦手ではなく、たまに食べるのは好きな方です! そんな辛いものの中でも、その辛さが後に「痛い」変わったケースの原因を探ります。 ・食べているときには特に症状なし ・辛いものを食べたあと6時間後やや腹痛が来ました。 ・その後2時間くらい激痛 となりました。 原因は「空腹」 その日は、朝食を食べず、コーヒーを朝に一杯取りました。 その後、昼も過ぎ2時頃、その日初めての食事で、「辛いラーメン」を食べました。 その後、 ・体温が上がる ・眠くなる ・腹痛 ・激痛 となりました。 色々と調べた所、やはり原因は「空腹」でした。 空腹時の辛いものは刺激が強いので注意して下しあ。 辛いものへの準備 辛いものを食べるとき身体を気遣うと 美味しくかつ、その後も痛みを感じません。 その対策を書いておきます。 乳製品を事前に取る 乳製品を取り胃腸の粘膜を守る ことが大切です。 事前にミルクティーでも牛乳でも取っておけば辛さの痛さは軽減されます。 瞬間的な辛さはレモンで レモンを取ることで、瞬間的な辛さは減るそうです。 辛いものを食べた時脳で何が起きているのか 辛すぎるものはダメですが、適度な辛さは美味しさになります。 なんとなく感じている「辛さ」ですが、この時脳で何が起きているのかを調べました。 身体では「辛い=辛い(つらい)」に一時的になります。 その状態を回避するためにエンドルフィンが出ます。 これは「大丈夫、辛くない、幸せだー」という感じです。 ある意味、痛みに対する身体の防衛本能で、平均的な状態を保つために、逆の作用が出ます。 これがある意味、辛さを求める理由でもあるのかもしれません! より深く調べたらこの記事に追記します。

次の

辛いものを食べた後の胃痛、腹痛予防や対処法 効果のある胃薬や漢方は?

辛いもの 腹痛 対策

わたしは基本的にお腹が弱いほうです。 お酒を飲みすぎたり、辛い物を食べたりすると翌日は確実に下痢しています。 30才前くらいから牛乳アレルギーになってしまい、牛乳を飲んだだけで下痢するようになってしまいました。 それまでは全然平気で、1リットルのパック牛乳を一気飲みしても大丈夫だったのが、加齢による体質変化なのか、お腹が全く牛乳を受け付けなくなりました。 牛乳自体は大好きだったので、ショックは大きかったです。 (今では牛乳の代わりに豆乳を飲むようになりました。 ) ただの下痢ならまだ我慢できますが、辛い物を食べた後の下痢は辛いですよね。 腹痛を伴うのでとても仕事どころではなくなります。 外出する予定があったりすると、移動途中のトイレの場所をシミュレーションしながら過ごすことになります。 ところで、実はわたしは辛い物好きでもあります。 お腹は辛い物を受け付けませんが、お口の方は辛い物が大好きという困った嗜好をもっています。 うちの近所には、それはもう美味しい担々麺を食べさせてくれるお店があり、そのこってりとした旨味満タンのお味に魅了され、性懲りもなく何度もチャレンジしては、翌日後悔するという日々をおくっていました。 ところが、あることを試したところ、辛い物を食べた後でも翌日の腹痛が全くなくなったのです。 わたしにとって非常に効果が大きかったそのあることとは何でしょうか? それは毎朝、必ずヨーグルトを食べることです。 私の場合は妻が作ってくれたカスピ海ヨーグルトを毎朝2週間食べ続けた後、満を持して担々麺にリベンジを挑んだのですが、翌朝これまで悩まされてきた腹痛がウソのようになくなっているではありませんか。 おそらく、わたしの腸内でヨーグルト勢力が増殖し、辛み軍の勢力を駆逐したことで腹痛が抑えられたのでしょう。 ただ、連続して辛い物を食べるとやはり腹痛が起こることも確認しております。 これは、せっかくのヨーグルト勢も辛み軍との戦いにより消耗を余儀なくされるため、ヨーグルト勢の腸内勢力が辛み軍を下回った時には腹痛が起こるのであろうと、わたしなりに解釈しています。 腸内環境が大事ってよく聞くけどホントなんだな、と気づかされた出来事でした。 kochorin.

次の

辛いものを食べた後の腹痛はどう対処したら良い?激辛料理の辛さを和らげる方法

辛いもの 腹痛 対策

「辛味中毒」「辛味依存症」ですか、、、それだけ苦しくてもまた懲りずに食べるのはかなりの中毒とお見受けします。 お話から察しますとどうも胃壁が胃炎か胃潰瘍(あるいは食道炎や十二指腸潰瘍)でやられているようですから、先ずそれを治す方から始めてください。 中毒には少々つらい事になりますがその間は「辛味厳禁」です。 とにかく体内部の事は診察、検査をしないと確定的な事は言えませんのでネット上での相談はこのあたりで止めて、後は病院に行かれる事をお奨めします。 【追記】 何か苦しみをけしかけるようで申し訳ありませんが、唐辛子(ペパー)で極度に辛いものを幾つか順不同で書いておきます。 いずれも南北アメリカで良く知られているものです。 「ムラト」「ハラペーニョ」「コビンチョ」「カイエンヌ」「セラノ」「ハバネロ」「ブート ホロキア」「チルテピン(テピン)」「ナガ モリッチ」と言ったところで、中でも「ブート ホロキア」は非常に危険です。 またこれらを使ったチリソースも色々発売されていますが、舐めると口がきけないほど強烈な辛さです。 胃の調子が治ってからお試しください。 【再追記】 面白い話を生理学者・病理学者から聞きましたので一言ご紹介。 この唐辛子の辛味成分カプサイシンは痛みと良く似ていて違うのは熱感覚と発汗作用だそうです。 そうしてこのカプサイシンの受容体に先に取り付く鎮痛剤がいくつかあるそうですが、人体への長期使用の副作用などが未だ判っていないので実際には試験的にしか使われていないそうです。 この受容体に鎮痛剤が先に取り付くと辛味を感じる事がなくなるそうですが、唐辛子の辛味を感じなくなるのでは「辛いものを食べてるぞ!」と言う充実感というか実行感が無くなるのであまりお奨めでないような気がします。 カプサイシンは冷水には殆ど溶けませんが、体温程度になると溶け始めます。 また油やアルコールには容易に溶けますのでラー油の状態やお酒、あるいはチリソースとして一緒に食べると粘膜の損傷が酷くなるそうです。 とにかく口から肛門まで消化管の全ての粘膜に「悪さ」をしますので食べる量にご注意ください。 私の友人で激辛物を食べると肛門がヒリヒリするといつも叫んでいたのがいました。 アメリカ大陸からヨーロッパに最初に紹介された時「毒物」だと考えたのは今になってみるとある程度正解だったかもしれません。 またメキシコ人のあの激辛志向は粘膜に影響無いのかいつも不思議に思って、色々調べましたが別に特段の手立てをしている訳では無いようです、要するに粘膜の鍛え方が違うようです(笑)。 【蛇足】 私も若い頃は猛烈辛味が大好きでしたが、歳とともに丸く甘味の方に寄って行きつつあります(笑)。 食料研の西丸さんがチリで食べた原種の唐辛子はちょっと噛むと1週間は口の中がひりひりするそうです。

次の