岩手 県立 大学 事務 管理 システム。 システム創成工学科

岩手県立大学

岩手 県立 大学 事務 管理 システム

ページ番号1029713 更新日 令和2年6月2日 入札公告 次のとおり一般競争入札に付する。 なお、この公告は、地方公共団体の物品等又は特定役務の調達手続の特例を定める政令(平成7年政令第372号)の適用を受ける調達に係るものである。 令和2年5月15日 岩手県知事 達 増 拓 也 1 調達内容 1 業務件名及び数量 岩手県立学校(21校23組)教育用コンピュータシステム及びその据付け、調整、保守等 一式 2 調達案件の仕様等 入札説明書による。 3 履行期間 令和2年11月1日から令和7年10月31日まで 4 履行場所 岩手県立盛岡工業高等学校その他の知事が指定する場所 5 入札方法 1 の件名で総価で入札に付する。 なお、落札決定に当たっては、入札書に記載された金額に当該金額の100分の10に相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので、入札者は、消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積もった金額の110分の100に相当する金額を入札書に記載すること。 2 入札参加者資格 1 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。 2 この公告に示した仕様の特定調達について確実に履行できると認められる者であること。 3 当該調達に係る保守、点検、修理その他のアフターサービスを納入先の求めに応じて速やかに提供できると認められる者であること。 4 入札の日において、岩手県から、物品の製造の請負又は物品の買入れに係る指名停止の措置を受けていない者であること。 3 契約条項を示す場所等 1 契約条項を示す場所、入札説明書等の交付場所及び問い合わせ先 郵便番号020-8570 岩手県盛岡市内丸10番1号 岩手県教育委員会事務局教育企画室 電話番号019-629-6105(郵送による入札説明書の交付を希望する者は、A4判用紙が入る返信用封筒(宛先を明記したもの)及び重量100グラムに見合う郵送料金に相当する郵便切手又は国際返信切手券を添えて申し込むこと。 ) 2 入札及び開札の日時及び場所 令和2年6月25日午前11時 岩手県庁舎5階入札室(入札書を郵送する方法により入札に参加しようとする場合は、書留郵便により、同月24日午後5時までに 1 の場所に提出すること。 ) 4 その他 1 契約手続において使用する言語及び通貨 日本語及び日本国通貨 2 入札保証金 入札金額の100分の110に相当する金額の100分の3以上の金額とする。 ただし、この一般競争入札への参加を希望する者が、保険会社との間に岩手県を被保険者とする入札保証保険契約を締結し、及び当該保険証券を提出したときは、入札保証金の全部又は一部の納付を免除する。 3 入札への参加を希望する者に求められる事項 この一般競争入札への参加を希望する者は、この公告に示した入札参加者資格を有することを証明する書類及び入札説明書に示す仕様書等の書類を令和2年6月11日午後5時までに3 1 の場所に提出しなければならない。 また、入札日の前日までの間において、岩手県知事から当該書類に関し説明を求められた場合は、それに応じなければならない。 4 入札への参加 3 により提出された書類を審査した結果、入札説明書に示す仕様を満たすと認められた者に限り入札に参加できるものとする。 5 入札の無効 この公告に示した入札参加者資格のない者のした入札、入札者に求められる義務を履行しなかった者のした入札その他入札に関する条件に違反した入札は、無効とする。 6 契約書作成の要否 要 7 落札者の決定方法 会計規則(平成4年岩手県規則第21号)第100条の規定により定められた予定価格の制限の範囲内で最低の価格をもって有効な入札を行った者を落札者とする。 8 その他 詳細は、入札説明書等による。 5 Summary 1 Nature and quantity of the services to be acquired: 1 computer system and local network system for educational use across 23 classes of 21 prefectural schools in Iwate, with services including installation, network management and maintenance 2 Time-limit of tender: 11 : 00 a. , 25 June, 2020(By mail tenders must be submitted by 5 : 00 p. , 24 June, 2020) 3 Contact Information: Educational Planning Division, Iwate Prefectural Board of Education, 10-1 Uchimaru, Morioka-shi, Iwate 020-8570, JAPAN T E L 019-629-6105.

次の

<新入生向け>学内情報システム(事務管理公開システム、Webメールシステム)へのログイン方法等について

岩手 県立 大学 事務 管理 システム

はじめに 私の友人が、の体験記を書いていたので、私も書いてみようと思います。 自己紹介 私の、学校での成績、取得している資格等は以下の通りです。 4年次順位 14位 39人中• 595点• 技術者• プロコン 3年連続本選出場 プログラムを書くのが好きな、ごくごく普通の生です。 受験した大学 私が受験したのは、以下の2校です。 ソフトウェア情報学部 滑り止め• 情報・知能工学過程 本命 体験記 今回は、の体験記を書いていこうと思います。 編はこちら は、滑り止めで受験したので、学力試験を受けました。 学力試験の試験科目は、以下の3つです。 専門科目 学力検査 以上で免除• 英語 学力検査 470点以上で免除• 面接 私は、TOEIC595点、取得済みだったので、試験は面接のみでした。 これとは別に、「志願者記録」という、自己アピールシートのようなものを提出します。 面接での質問は、志願者記録に基づいて行われるようです。 ちなみに試験には、スーツで行きました。 私服の受験者もいましたが、少数でした。 面接は午後からで、学力検査の免除者が先に呼ばれるようです。 ですので、の滞在時間は1時間程度でした。 面接で聞かれた内容は、以下のような内容でした。 なぜうちを受験しようと思ったのか• 岩手で大学生活を送りたかったから• 東京への一極集中が進む今日、岩手でしかできない研究があると考えたから• 今やってる研究は何か• WebRTCという技術の研究をしている• リアルタイムでビデオ通話などができる技術なので、都会から離れていてもまるでそこにいるかのようにコミュニケーションができる• 距離という物理的な壁が破壊できる• 地方活性化につながると考えている• 入学したら、やりたい研究はどのようなものか• WebRTCの研究を続けたいと考えている• のサイトで公開されている研究論文を見たところ、WebRTCに関する論文が複数あった• 今は基礎的な部分の研究を行っているが、大学では応用的な部分を研究したい• 卒業後はどうなりたいのか• 多くの人の役に立つシステムを開発できるエンジニアになりたい• インプットだけでなく、アウトプットも積極的に行えるエンジニアになりたい• 在学中に頑張ったことは何か• プロコンをがんばった• プログラム作成はもちろん、プレゼンやドキュメント作成能力も必要なので、そういった部分も頑張った• アプリを開発するうえで、工夫した点は何か 志願者記録に自作のアプリのことを書いていたので• 多くの人にとって、使いやすいUIとなるように工夫した• 問い合わせや機能追加の要望の連絡にも丁寧に対応するようにしている 面接で聞かれた内容と、それに対する回答はこんな感じです。 試験を受けてから少し時間が空いてしまったので、抜け漏れがあるかもしれませんがおおむねこんな感じでした。 結果とまとめ 試験の結果は合格でした。 面接を受けるのは、中学2年で受けた英検3級の英語面接以来だったので、緊張しました。 面接の内容は、ほぼ予想通りだったので、変な回答はしていないはずです。 特に面接練習もしていないので、事前の対策はイメージトレーニングぐらいでした。 学力検査の免除対象であれば、あまり気負わずに受験できると思います。 sublimer.

次の

編入学体験記

岩手 県立 大学 事務 管理 システム

はじめに 私の友人が、の体験記を書いていたので、私も書いてみようと思います。 自己紹介 私の、学校での成績、取得している資格等は以下の通りです。 4年次順位 14位 39人中• 595点• 技術者• プロコン 3年連続本選出場 プログラムを書くのが好きな、ごくごく普通の生です。 受験した大学 私が受験したのは、以下の2校です。 ソフトウェア情報学部 滑り止め• 情報・知能工学過程 本命 体験記 今回は、の体験記を書いていこうと思います。 編はこちら は、滑り止めで受験したので、学力試験を受けました。 学力試験の試験科目は、以下の3つです。 専門科目 学力検査 以上で免除• 英語 学力検査 470点以上で免除• 面接 私は、TOEIC595点、取得済みだったので、試験は面接のみでした。 これとは別に、「志願者記録」という、自己アピールシートのようなものを提出します。 面接での質問は、志願者記録に基づいて行われるようです。 ちなみに試験には、スーツで行きました。 私服の受験者もいましたが、少数でした。 面接は午後からで、学力検査の免除者が先に呼ばれるようです。 ですので、の滞在時間は1時間程度でした。 面接で聞かれた内容は、以下のような内容でした。 なぜうちを受験しようと思ったのか• 岩手で大学生活を送りたかったから• 東京への一極集中が進む今日、岩手でしかできない研究があると考えたから• 今やってる研究は何か• WebRTCという技術の研究をしている• リアルタイムでビデオ通話などができる技術なので、都会から離れていてもまるでそこにいるかのようにコミュニケーションができる• 距離という物理的な壁が破壊できる• 地方活性化につながると考えている• 入学したら、やりたい研究はどのようなものか• WebRTCの研究を続けたいと考えている• のサイトで公開されている研究論文を見たところ、WebRTCに関する論文が複数あった• 今は基礎的な部分の研究を行っているが、大学では応用的な部分を研究したい• 卒業後はどうなりたいのか• 多くの人の役に立つシステムを開発できるエンジニアになりたい• インプットだけでなく、アウトプットも積極的に行えるエンジニアになりたい• 在学中に頑張ったことは何か• プロコンをがんばった• プログラム作成はもちろん、プレゼンやドキュメント作成能力も必要なので、そういった部分も頑張った• アプリを開発するうえで、工夫した点は何か 志願者記録に自作のアプリのことを書いていたので• 多くの人にとって、使いやすいUIとなるように工夫した• 問い合わせや機能追加の要望の連絡にも丁寧に対応するようにしている 面接で聞かれた内容と、それに対する回答はこんな感じです。 試験を受けてから少し時間が空いてしまったので、抜け漏れがあるかもしれませんがおおむねこんな感じでした。 結果とまとめ 試験の結果は合格でした。 面接を受けるのは、中学2年で受けた英検3級の英語面接以来だったので、緊張しました。 面接の内容は、ほぼ予想通りだったので、変な回答はしていないはずです。 特に面接練習もしていないので、事前の対策はイメージトレーニングぐらいでした。 学力検査の免除対象であれば、あまり気負わずに受験できると思います。 sublimer.

次の