アルコール 消毒 液 ジェル。 サンディ~アルコール消毒液(ハンドジェル)の在庫・入荷最新情報!

過敏症? 「アルコール消毒液」で手にかゆみや発疹、原因や対処法は?(オトナンサー)

アルコール 消毒 液 ジェル

アルコール消毒液の品薄は続いていますが、 最近は、ドラッグストアやネットでちょくちょく見かける機会も増えてきました。 しかし、これまでの大手の商品だけでなく、 これどこが作ってるの? っていうものがけっこう多いですよね。 でもやっぱりアルコール消毒液は欲しい。 そんな時は、 アルコール(エタノール)の濃度を確認することが大切です。 最適な濃度はどれくらいか? 各商品の濃度は? このあたりをまとめてみます。 濃度と殺菌効果 濃度については、諸説ありそうですが、 どこを見ていても、 一つの基準として「 70%」というのがありそうです。 70%あるとウイルス対策として効果が高いということですね。 じゃあ、それより低いと効果が無いのか? という疑問が湧いてきますが、 どうやらそうではないようです。 花王さんのレポートによると、 エタノールの殺菌効果は40%あたりから急激に現れ70%で最大の効果を示します。 出所) とのことなので、 40%以上あれば一定の効果はありそうです。 但し、濃度によって殺菌のメカニズムが異なり、 結果として、ウイルスの死滅時間が変わってくるそうなので、 低めの濃度の消毒液を使う場合は注意が必要です。 それから、あまり売ってはいませんが、 濃度が高ければいいのか? というとそういうわけでもないようです。 例えば90%とかの消毒液があったら、 それは殺菌効果が高いのかと言うと、必ずしもそうではないそうです。 揮発性が高くなるため、 手になじませる前に濃度が下がってしまうことなどが理由のようです。 また、あまりに濃度が高いと手荒れも心配です。 手が荒れてしまうと逆効果になりますので、 肌が弱い方は、保湿剤入りのものを選んだり、 濃度が高すぎないものを選ぶのが良いかと思います。 では、消毒剤別にアルコール濃度をまとめてます。 商品本体に記載があればいいのですが、 無いものもけっこうあるので、 HPやコメント欄などから分かった数値を書きます。 掲載順は、基本的にアルコール濃度の高い順です。 アルコール濃度80%以上 1. プレヴェーユ 薬用ハンドジェル プレヴェーユの薬用ハンドジェルです。 アルコール濃度83vol%と、なかなか見ない高濃度です。 据え置きで使うには、 少し量が少なめかなと感じますが、 高濃度かつ日本製というところに安心感があります。 指定医薬部外品というのも安心ですね。 湿潤剤にアラントインを配合とのことで、 高濃度でありながら、肌にも優しい商品です。 こちらの商品の原材料を見てみると、• 成分:100mL中 日局エタノール83mL含有• 添加物:カルボキシビニルポリマー、アラントイン、DL-アラニン、トリエタノールアミン、 精製水、香料 となっていますが、 実は、上記の赤字部分( 精製水、香料)以外は、 先日販売となり、既に在庫切れとなっている、 薬用ミューズ 消毒ハンドジェルと同じ構成です。 (「ミューズ+(精製水、香料)」というイメージ) しかも、ミューズはベトナム製なのに対して、 こちらは日本製ですので、 ブランド名は違えど、安心して使える商品かと思います。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0. アルキルグリコシド(0. 1%以上)• アルキルアミンオキシド(0. 05%以上)• 塩化ベンザルコニウム(0. 05%以上)• ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0. 2%以上) ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)が入っていますね。 早く適正価格で手に入るようになって欲しいですが、 会社等で見かけたら、しっかり使っておきましょう。 東亜産業 TOAMIT ハンドジェル 500ml 安心の日本製ハンドジェルで、 アルコール濃度は56~59%です。 最近ではスーパー等でも山積みになっていますね。 手に入れやすく、大容量なのがメリットです。 最近では、北里大学の調査で用いられ、 適切に使うことで 新型コロナウイルスの感染力を失わせる効果がある という報告がありました。 今後、他の商品でも検証を進めていくそうなので、 結果に期待したいですね。 武内製薬 アルコールハンドジェル 日本製ハンドジェルです。 アルコール濃度50%とあまり高くはありませんが、 オーガニック成分の「チャ葉エキス」も配合されており、 手に優しいというのがいいところだと思います。 また、ベンザルコニウムクロリドも配合されています。 こちらは化粧品用の成分表示名称で、 医薬部外品であれば、塩化ベンザルコニウムです。 医薬部外品のような効果は期待できませんが、 殺菌剤が含まれているという点で安心感があります。 しかし、 SKCARAの方には、 韓国検査機関KOTITIの試験結果による成分表があり、 エタノール70%になっていますが、 PU:RECIPEにはそれが付いていません。 また、 アルコール濃度が60wt%(約67vol%)を超えると、 消防法により「火気厳禁」の表示が必須ですが、 PU:RECIPEにはやはり記載がありません。 SKCARAも「火気厳禁」ではなく 「 火気注意」という文言なのは引っ掛かります。 「火気注意」は アルコール濃度が60wt%未満だけど、 エタノールが含まれるので注意してね という業界ルールだと思うので、 SKCARAも本当に70%?という感じがします。 どちらもドラッグストア等で大量に売られているので、 確かなものと信じたいですが、 パッケージにアルコール度数の記載が無かったり、 「火気厳禁」の記載が無かったり、 ちょっとどうなのかな~という商品だなと思います。 まとめ 様々なアルコール消毒液をご紹介しました。 名前を聞いたことがあるものならいいですが、 よくわからないものに出会ったら、 まずはアルコール濃度を調べてみると良いと思います。 一つの基準としては70%ですが、 40%以上あれば、ある程度の殺菌効果は期待できるようです。 また、ちょっとアルコール濃度が低めだなと思っても、 実は主成分はベンザルコニウム塩化物ということもあります。 このような商品の場合、比較的安価でありながら、 エタノールとの合わせ技で高い殺菌力が期待できるので、 アルコール濃度を見た後に、有効成分を確認することも大切だと思います。 アルコール消毒液の品薄で、 次亜塩素酸水にも注目が集まっています。 こちらもいろいろな商品が乱立していますので、 選び方とおすすめ商品をご紹介しています。 lucky90.

次の

手指用アルコール消毒液/ジェルおすすめ12選の濃度ランキング

アルコール 消毒 液 ジェル

5月22日、消毒用アルコールの不正転売を罰則付きで禁止するが閣議決定され、公布された。 26日に施行される。 遅きに失した感はあるが、一歩前進であることは確かだ。 規制の対象は? 今回の措置は、国民生活安定緊急措置法に基づく。 政令の改正によって、転売規制の対象である「生活関連物資等」の中に、従来の衛生用マスクに加え、新たに「消毒等用アルコール」を付け加えたというものだ。 メーカーも大幅に増産しているが、医療機関や介護施設などに優先的に供給されており、市中では品薄状態が続いている。 そこで、消毒や殺菌のみならず、これに類する行為に使用されることが目的となっている製品の不正転売を広く規制しようというわけだ。 液体だけでなく、これを染み込ませた脱脂綿や紙、不織布なども含まれる。 「医薬品」や「医薬部外品」として販売されているものであれば、エタノール濃度を問わない。 当然ながら、まったく含有されていない製品は対象外だ。 また、医薬品や医薬部外品でない場合は、エタノール濃度が60vol%以上のものに限られる。 あくまでこれらの要件が前提となるが、具体的には次のような製品が規制の対象となる。 (医薬品・医薬部外品) 口中清涼剤、体臭防止剤、育毛剤、薬用シェーブローションなど、エタノールが含有されていないもの (医薬品・医薬部外品でないもの) ・エタノール濃度が60vol%未満の製品:空間用消臭剤、掃除用シートなど ・除菌等以外の用途の製品:古酒、香水、工業用洗浄剤など 規制の対象にあたる製品か否かは、客観的な濃度のほか、その製品の表示内容、製造業者や小売業者、転売者による宣伝や広告の内容などにより、社会通念に従って判断される。 どのように販売したらアウト? 違反者に対する刑罰は、1年以下の懲役か100万円以下の罰金であり、両者を併せて科すこともできる。 法人の代表者や従業員らが業務に関して違反に及べば、行為者とともに法人にも罰金刑が科される。 ただし、後にできた法規制によって過去の行為は処罰できない決まりだから、施行日である5月26日の転売から規制されることとなる。 もちろん、それよりも前に生産、流通している製品であっても、施行後に不正転売に及びさえすれば、処罰される。 規制される不正転売の内容は、マスクの場合と全く同じだ。 改めて整理すると、次のようになる。 1 一般消費者がアクセス可能な店舗やインターネットサイトなどを通じ、広く対象製品を販売している小売業者などからその製品を購入した者が、不正転売に及ぶこと 2 不正転売とは、実店舗やフリーマーケット、露店、ネット上の転売サイト、通販サイト、SNSなどを通じ、不特定または多数の者に対し、対象製品の売買契約締結を申し込み、あるいは誘引したうえで、「購入価格」を超える価格で譲渡すること 3 暴利を得たか否かを問わないから、購入価格を1円でも超える金額で転売したらアウト 4 転売行為を反復継続する意思は不要であり、入手・転売した数量、転売の回数や頻度などを問わず、たった1回の転売でもアウト 5 製造・輸入業者が卸売業者に販売するとか、卸売業者が小売業者に販売するといった、通常の商取引は規制の対象外 「穴」が埋められぬまま… ただし、今回の政令改正でも、マスクに対する規制の際に問題となった「穴」が埋められぬままだ。 例えば、薬店などでの購入価格やその後の転売価格に送料などの実費を含むのか、という問題だ。 チケットの転売規制を参考にした措置だから、ここでの解釈が参照され、実費は含まれないという方向になると思われるが、グレーゾーンでもある。 少なくとも、プラスする部分は通常の送料などの金額を超えてはならないし、実費の具体的な内訳を明示していなければならない。 例えば、実際の送料が1千円、製品の購入代金が1千円のときに、送料9千円、販売代金1千円の合計1万円で販売するとか、送料込みで1万円で販売するとか、ほかの安価な商品と抱き合わせで1万円で販売するといったやり方だと、1千円のものをそれ以上の金額で販売したと評価されるから、処罰の対象になる。 先ほど挙げた 5 の点も、抜け道に使われる穴の一つだ。 マスクについても、正規の仕入・販売ルートを経たうえでの小売業者による便乗値上げが目立った。 また、中国の卸売業者から直接仕入れたなどとうたい、ネット上の通販サイトなどで高額で販売する業者が相次いだ。 特定商取引法に基づいて表示が義務付けられている住所を調べてみると、レンタルオフィスであり、会社としての実体がなかったり、個人宅だったりする場合もあった。 街なかでも、普段はマスクなど取り扱っていない衣料品店や飲食店などが店先のワゴンに箱入りのマスクを山積みし、販売する光景が見られた。 しかも、不正転売目的で仕入れることを不正転売と同じく罰則付きで禁止しているチケット不正転売禁止法と異なり、政令では不正転売だけを処罰の対象にしているから、転売のための買い占めのような仕入れ行為そのものを処罰することもできない。 アルコール消毒液を保管するスプレー容器や、食品衛生法に適合したポリエチレン製の使い捨て手袋、体温計など、コロナショックで需給バランスが崩れ、ネット上で高額で転売されている製品もまだある。 国民の生命や健康に直結するものであり、政府にはこれらの穴を埋めるために、先手先手のスピーディーな措置が求められる。 「転売ヤー」から買わないこと 今回の規制開始により、これから「駆け込み転売」が予想される。 すでに一定の自主規制を行っている転売サイトや通販サイト、個人間売買仲介サイトなどもあるが、今後、それが一気に加速し、徹底されることで、値崩れの様相を呈することだろう。 在庫を抱えて泣きを見る「転売ヤー」も出てくるはずだ。 マスクで明らかになったとおり、供給が安定して需給バランスが整ってくれば、自然と価格も落ち着き、手に入りやすくなる。 こうした転売規制を実りあるものとするためには警察の「やる気」も重要となるが、5月22日にはインターネットで仕入れたマスクを高額で不正転売し、利益を上げていた衣料品店の経営者らが三重県警に書類送検されている。 全国初の検挙だが、こうした結果を積み重ねることも重要だ。 「転売ヤー」から買うのはやめ、マスクのように供給が安定してくるまで少し待とう。 (了) (参考) 拙稿「」 岩手「南部美人」蔵元・久慈浩介「」 ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の

手指用消毒液の選び方。医薬部外品と化粧品の違いを理解しよう

アルコール 消毒 液 ジェル

新型コロナウイルスの影響もあり、現在はアルコールジェル・消毒液も買い占めによる品切れが継続中です。 フリマアプリやオークションサイトを見ると、定価の何倍もする高額の商品が数多くあります。 大手メーカーのアルコールジェル・消毒液は品切れが続いていますが、 一部の規模が小さいメーカーの商品は、「予約販売」という形で購入することが可能であることも。 定価は大手のものより高めですが、転売に見られるような3倍〜のような価格ではなく、比較的良心的な価格設計になっています。 感染の防止には、咳エチケット・手洗い・不要不急の外出を控えるなどの対応も可能です。 また、 必要な人に商品が行き渡るように、買い占め・転売をしないなど、モラルを守ることも重要になります。 直接手指につけるものだから、肌のことを考えると、保湿成分が配合されたジェル・消毒液がいいですね。 保湿成分が配合されていれば、外出先や帰宅後に手指につけることで、清潔に保つだけではなく、つけた後に肌がしっとりするので、乾燥する季節にもピッタリ! 成分の多くを占めるアルコールは、細菌やウイルスをすばやく除去したり、つけてもすぐに乾きやすいというメリットがあります。 しかし、その一方で、使い続けていると肌が乾燥しやすくなったり、濃度が高すぎると、肌に炎症を起こしてしまう可能性があるため、保湿成分が含まれていないジェルや消毒液を使用する際は要注意。 特に肌が弱い人は、アルコール以外の除菌成分を使うことで、アルコールの濃度を抑えたマイルドなものもおすすめです。 SKIN DESIGN 商品名 ハンドジェルプラス 薬用アルコールジェル CB 180ml(医薬部外品) プレミアムハンドジェル 500ml クリーンクリーン薬用アルコール消毒ジェル755 3本セット(医薬部外品) プレヴェーユ 薬用ハンドジェル 195ml 2本セット(医薬部外品) クリーンケア ハンドジェル 特徴 肌にやさしい成分を配合しながら、アルコール濃度70%以... 国内製造の医薬部外品を探している人におすすめ ヒアルロン酸とアロエベラエキス配合でお肌の乾燥を防ぐ まとめて購入したい人におすすめの3本セット アルコール濃度83%の薬用ハンドジェル 大容量でたっぷり使うことができ、菌が残るのを防ぐ 最安値.

次の