転生ゴブリンだけど質問あるなろう。 第326話 「リビドワールド」連載再開、「盾の勇者の成り上がり」「ゴブリンスレイヤー」のアニメ化、Web小説投稿サイトの最近の変化について

転生したら悪い国の娘でした。

転生ゴブリンだけど質問あるなろう

あらすじ ある日、気づいたらゴブリンになっていた。 転生だか憑依だかわからないけど、どうもチートはないっぽい。 つまり雑魚ゴブリン。 俺、気づいたら雑魚ゴブリン。 ちょっとハードすぎませんかねえ。 ニンゲンとは敵対してるっぽいし、同族のゴブリンは仲間とは思えないし。 がんばって女の子を助けたらあっさり死んだ俺。 雑魚ゴブリン弱い……とか思ってたら謎の空間にいた。 syosetu. 元人間の雑魚ゴブリン。 シニョン:おっぱいがでかい聖職者。 災難に遭いやすい。 オクデラ:オークなのにオーク語が喋れずゴブリン語が喋れる。 鈍感でED。 アニキ:顔の半分以上が鱗化しているイケメンゴブリン。 感想 ゴブリン語は分かるのに人間語が分からない、 考えが合わずゴブリンの村を追い出されてしまうなど 苦境に立たされ這い上がる系の主人公 …かと思ったらすぐに仲間をゲットなど ご都合主義サクサク話が進み読みやすかったです。 しかしアニキの方が主人公に見えるって一体・・・。 ゴブリンを駆逐することを決意した主人公がチート技を持っていると思ったらポイントが足らず ゴブリンにしか転生できないのはプラスどころかマイナスにしか見えないなぁと思ったり(笑) 右を見ても左を見てもゴブリン一択www 人間になろうと奮闘するもかっこよく決められない主人公の行く末は如何に? とにもかくにも完結していて楽しいライトノベル。 エピローグのオチが笑えます。 だめだ不憫すぎるwww リンク 『ゴブリンサバイバー〜転生したけどゴブリンだったからちゃんと生き直して人間になりたい!』 作者・坂東太郎: 特設サイト:.

次の

[B!] [第1話] 転生ゴブリンだけど質問ある?

転生ゴブリンだけど質問あるなろう

syosetu. goblinslayer. 「盾の勇者の成り上がり」「ゴブリンスレイヤー」のアニメ化で読んだりしてるが、「盾の勇者の成り上がり」の原作が読めるのがいい。 なかなか面白い。 「ゴブリンスレイヤー」はいわゆるやる夫スレ、AA(アスキーアート)と組み合せて公開されていた作品であるらしく、ちょっとそれには行き着いてない。 blog. fc2. html 探したら出てきました。 また、読んでみようかと思う。 5ちゃんねる発なのでヒットも間違いないところですね。 aozora. html 最近、「コンビニ猫ハネケの日常」を書く資料として「遠野物語remix 角川文庫 京極 夏彦 著 , 柳田 國男 著 」「遠野物語拾遺retold 角川文庫 京極 夏彦 著 , 柳田 國男 著 」を図書館で借りて読んでたんですが、やっぱり、これはいいですね。 原作の「遠野物語 柳田国男」は青空文庫で読めるんですが、仮名遣いが古いので読みにくいし、アマゾンで文庫本が安いので、二冊とも中古で取り寄せました。 アマゾンプライムに一ヶ月だけ入会してたので400pt(1ヶ月だと400円)とかあったので使えたし、限りなくタダに近くなってしまいましたが。 「遠野物語」はあやかしもの書くのに絶対読んだ方がいいですね。 マヨイガの話なんか、ちょっと作品に書きたくなりますね。 「コンビニ猫ハネケの日常」はすでに冬の寒さに負けて寝てばかりでエタってますが、続きも書いていきます。 あと、酒見賢一氏の「泣き虫弱虫諸葛孔明」があったりで、一般書店ではあまり見かけない本だし、おお!図書館もお宝本があるので、たまに行かないとと思いました。 西尾維新の「悲鳴伝」シリーズとか(半分図書館、最終巻近くは買っている)、掟上今日子の忘却探偵シリーズ(まだ読んでない)もあるし、図書館もいい本だと販売に繋がるし、侮れないものがあります。 大体、本好きが買いたい本を全部買ったら月一万円超えるだろうし、永野護の「ファイブスター物語」もニュータイプ立ち読みだが(先日、流石に店員に怒られた)、単行本はちゃんと立ち読みの店で買うようにしているし。 珍しく絶対買うので。 そんな言い訳通用しないが。 立ち読みもちゃんと販売に繋がるのでちょっと大目に見てほしい気もします。 syosetu. syosetu. syosetu. 2019年はもう少しちゃんと作品を完結させていって、新作に集中していきたいというか、エタってる作品ばかり増えても困ったものですし。 こんな大長編になるとは思わなかった。 最終話は200話ぐらいだとして、いや、終わらない感じもしますし、短、中編の「人狼戦記~少女格闘伝説外伝~」「時の女神~魔導天使外伝~」を片付けるのが先だろう。 それで今回のメインのお話ですが、カクヨムが最近、読める作品が増えてきたというか、「リビルドワールド」「空手バカ異世界 ~物理で異世界ケンカ旅~ 作者 輝井永澄」も面白いし、小説家になろうで受けてるけどいまいち出版に辿りつけない個性的な作品もカクヨムでポイントとって出版されていってる気がします。 自分の作品はあまり星が伸びないですが、作品傾向が違うんだろうね。 「ノベラボ」は10月ぐらいで毎月行われていた電子書籍のコンテストが止まっていて、電子書籍が意外と売れないからか?これからはどうなるか分からない感じです。 livedoor. html イーデスブックスは結構、キンドル売れてるという話を訊くのだけれど、どうなんでしょう? 僕は「複垢調査官」の再編集というか、連載が止まっていたので、作品を全部一本化して転載中です。 「安倍晴明と安東総理のやり直し転生譚」も連載続けていたら流石に読者数も増えてきて、ジャンル別ランキングも2~7位とかに上がってきてますね。 novelabo. チャット小説はやっぱり漫画化ぐらいのインパクトがあるのか、ちょっとビビリました。 スマホ読者向けのサイトとして定着しつつあります。 それと、自作品がなろうのアクセスの1. 5倍ぐらい累計であるので、結構、読者に読まれるという点では侮れない投稿サイトになってますね。 作品がある程度、出来てからの連続投稿が良かったんでしょうね。 「非正規社員 石田三成」はちょこちょこ更新してたんですがね。 結局、言える事は作品を完結させて次に行く書き方と、人気作品に集中すること、もう少し連続投稿ができるようになりたいですね。 無理だけど。 「リビドワールド」のように一ヶ月休んで書き溜めて、集中連載という形がいいかもね。 ------------------------------------- 第2回『キリスト新聞社 聖書ラノベ新人賞』 長い歴史をもつキリスト教の専門出版社、キリスト新聞社が、ライトノベルレーベル創刊につき、新人賞を開催します。 1万字以上を目安としてください。 daysneo. html ------------------------------------- 第2回『キリスト新聞社 聖書ラノベ新人賞』に応募したいと思ってるんだけど、1月10日までに一万字なら書けるかもと思います。 ただ、作品の構想はあるんだけど、トンデモ学説というか、キリスト教徒に受け入れられるかが難しいし、ただ、いつかは書いてみたい作品なので、たぶん、第三回とかあったら応募になるかも。 一応、書いてみるけど、大長編になってしまいそう。 livedoor. html アルファポリス「広告収入100%還元」インセンティブシステム改正などもあったりして、異世界転生以外のジャンル、あやかしもの、キャラ文芸、ライト文芸も盛り上がってきてるし、なかなか面白いことになりつつある。 「ノベルバ」「ツギクル」はなろうの衛星サイトだし、異世界転生小説なら受けそうだし、「マグネット!」は書籍化がまだなので何ともいえない。 「エブリスタ」に「安倍晴明と安東総理のやり直し転生譚」を転載中ですが、そこそこ読まれてますね。 感謝です。 ここは賞が多いので応募するにはいい投稿サイトですね。 長くコツコツ書いているとそれなりに読まれたり、積み重ねで評価されたりするということに、この低迷期に気づいたりしています。 2019年はもう少し小説を更新したいね。 ということで、今年もよろしくお願い致します。 alphapolis. alphapolis. syosetu.

次の

Re:Monster――怪物転生鬼――

転生ゴブリンだけど質問あるなろう

あらすじ ある日、気づいたらゴブリンになっていた。 転生だか憑依だかわからないけど、どうもチートはないっぽい。 つまり雑魚ゴブリン。 俺、気づいたら雑魚ゴブリン。 ちょっとハードすぎませんかねえ。 ニンゲンとは敵対してるっぽいし、同族のゴブリンは仲間とは思えないし。 がんばって女の子を助けたらあっさり死んだ俺。 雑魚ゴブリン弱い……とか思ってたら謎の空間にいた。 syosetu. 元人間の雑魚ゴブリン。 シニョン:おっぱいがでかい聖職者。 災難に遭いやすい。 オクデラ:オークなのにオーク語が喋れずゴブリン語が喋れる。 鈍感でED。 アニキ:顔の半分以上が鱗化しているイケメンゴブリン。 感想 ゴブリン語は分かるのに人間語が分からない、 考えが合わずゴブリンの村を追い出されてしまうなど 苦境に立たされ這い上がる系の主人公 …かと思ったらすぐに仲間をゲットなど ご都合主義サクサク話が進み読みやすかったです。 しかしアニキの方が主人公に見えるって一体・・・。 ゴブリンを駆逐することを決意した主人公がチート技を持っていると思ったらポイントが足らず ゴブリンにしか転生できないのはプラスどころかマイナスにしか見えないなぁと思ったり(笑) 右を見ても左を見てもゴブリン一択www 人間になろうと奮闘するもかっこよく決められない主人公の行く末は如何に? とにもかくにも完結していて楽しいライトノベル。 エピローグのオチが笑えます。 だめだ不憫すぎるwww リンク 『ゴブリンサバイバー〜転生したけどゴブリンだったからちゃんと生き直して人間になりたい!』 作者・坂東太郎: 特設サイト:.

次の