エア マックス グラビトン。 【楽天市場】【ポイント2倍】Nike Air Max Graviton ナイキ エア マックス グラビトン AT4525

ナイキ エアマックス

エア マックス グラビトン

復刻モデルが今なお絶大な人気を誇るナイキの代表的シリーズ「エアマックス」 ナイキから初代エアマックスが発売されたのは、1987年3月のこと。 ソールにエアを注入する技術自体は1970年代後半に「エアテイルウインド」で実証されていたものの、成功を収めたのはエアマックス1がきっかけである。 最大の特徴は、外から見えるエア設計の「ビジブルエア」。 エアを履き心地のためだけでなく、視覚でも楽しめるというアプローチで生み出されたエアマックスは、スポーツ市場はもちろんストリートも席巻。 エアマックス95では前足部にもビジブルエアが搭載され、日本でも「エアマックス狩り」などの社会問題を起こすほど爆発的な人気を誇った。 1997年にはフルレングスビジブルエアを備えるエアマックス97が、その翌年にはチューンドエアという新技術を搭載したエアマックスプラスが投入され、エアマックスシリーズはハイテクスニーカーブームを牽引する存在に。 現在でも90年代のエアマックスシリーズはリメイクモデルがコンスタントにリリースされており、スニーカーファンから根強い支持を獲得している。 独創的なデザインが高評価の隠れた名作「エアマックスプラス」 エアマックスプラスは、1998年にリリースされたモデル。 発売当初は米国の大手スポーツショップ「フットロッカー FOOT LOCKER 」限定でリリースされ、その後フットロッカー以外でも販売されるようになったことで日本でも人気に火がついた。 フルレングス・ビジブルエアを搭載したエアマックス98と同年に発売されたエアマックスプラスだが、ビジブルエアに関してはエアマックス95のような前後にわかれたものを採用している。 このモデルならではの特徴として、エア部分に樹脂製の半球状クッション材を組み合わせたチューンドエアを搭載。 さらにメッシュ製のアッパーはプラスチックパーツで覆われており、斬新なデザインで時代を牽引してきたエアマックスシリーズのなかでも、ひときわ存在感を放つデザインとなっている。 90年代のエアマックスのなかではエアマックス95やエアマックス97が一般的には知名度が高いが、エアマックスプラスはスニーカーフリークに愛されてきた隠れた名品。 日本では「マップラ」の愛称でも呼ばれていた。 近年ではその独創的なデザインを活かしたカラーリングのモデルや、ヴェイパーマックスのエアユニットを搭載したモデルなども展開。 ストリートでの注目度を高めている。 このモデルでは「Tuned Air チューンドエア 」と呼ばれるクッショニングシステムを採用している。 チューンドエアは、エアの中に半球状のプラスチック樹脂材を重ね合わせて配置させたもの。 この半球帯がサスペンションの役割を果たし、安定性を得るとともに着地時の衝撃を緩和する。 アッパーのデザインもエアマックスにはない独自の路線を貫いている。 通気性の高いメッシュアッパーをベースに、ラバーによるギザギザ状のラインを配置。 このラバーパーツはパームツリー ヤシの木 をモチーフにしたもの。 見た目のインパクトだけでなく、まさにパームツリーの根のように足を固定し、足の横ブレを防いでフィット感を高める役割を兼ね備えている。 1998年発売のオリジナルモデルでは鮮やかなオレンジカラーが採用されていた。 当時製作を担当したデザイナーのショーン・マクドウェルによると、この大胆なスタイルは海に沈む夕日をイメージしたものとのこと。 「ある日の夕暮れに、真っ青な空がダークブルーに変化し、パームツリーが風で揺れている様子を見たんだ」とショーンは語る。 フロリダのビーチで描かれた一枚のスケッチからエアマックスプラス誕生したのだ。 現在購入可能なエアマックスプラスのおすすめモデルを紹介 エアマックスプラスは発売から20年以上が経つ今なお、新カラーや特別モデルなどが頻繁にリリースされている。 オレンジのグラデーションアッパーは、デザイナーのショーン・マクドウェルがフロリダの暮れゆくビーチの空をイメージしてカラーリングしたもの。 オリジナルモデルからミッドソールをブラック、シューレースとスウッシュをホワイトカラーへと変更。 Playboi Cartiはルイ・ヴィトンのランウェイモデルにも起用されるなどファッションシーンから熱い注目を集める若手ヒップホップアーティストの一人だ。 鮮やかなイエローとブラックで構成されたエアマックスプラスは、ヒール側の樹脂パーツがまるで炎のような雰囲気を醸し出す。 サイドに差し込まれたホワイトのスウッシュが絶妙なバランス感を演出。 革新的なエアソールを搭載させたハイブリッドモデル「エアヴェイパーマックス プラス」 「AIR VAPORMAX エアヴェイパーマックス 」は、日本人デザイナーの南哲也氏によって2017年に誕生したモデル。 アウトソール全体をエアユニットにすることで、独創性を発揮するとともに快適な履き心地を実現している。 そのソールユニットに、エアマックスプラスのアッパーを組み合わせたのがAIR VAPORMAX PLUS エアヴェイパーマックス プラス だ。 軽量性に優れた最新のヴェイパーマックスのエアユニットは、エアマックスプラスの型破りなスタイルと相性抜群。 通常モデルのアッパーと異なり、ネオプレン製のファブリックにデボス加工を施し、厚めのケージを使用している。 さらに通常とは異なる部分にスウッシュロゴを配置しているほか、「Tn air チューンド エア 」ロゴに似せたデザインの「Vm air ヴェイパーマックス エア 」をカカト部分にあしらうなど、随所にこだわりが見られる。

次の

【楽天市場】【ポイント2倍】Nike Air Max Graviton ナイキ エア マックス グラビトン AT4525

エア マックス グラビトン

新しいスニーカーをゲットしました。 といっても僕のではなく奥さんのです。 ナイキ エアマックス グラビトン。 エアマックスって90とか95とか98とかヴェイパーマックスとか、種類がたくさんありますし、限定版とかコラボとか入れたらどんだけあるんでしょうってくらいあります。 今年はエアマックス90が割と人気があって最新モデルが出てますけど、90ですからね。 30年前のスニーカーですよ。 それだけ長いあいだ愛されるってスニーカー冥利に付きますね。 僕個人的にはクラシカルなスニーカーが好きなんで、NikeよりもCONVERSE派。 AIR MAXよりもコルテッツ派なんですが、AIR搭載のNikeのスニーカーはやっぱりクッション性がいいんで、履き心地が違います。 コルテッツやコンバースのオールスターでダイレクトに足に衝撃を受けながら鍛えてる僕の足にエアマックスの履き心地は極上すぎます。 ニューバランスなんか履いたらたぶん、昇天します。 奥さんの買ったグラビトンもメンズ用を試着したんですが、スニーカー自体にボリュームもあるんで、まるで包み込まれるような履き心地。 このままでは僕の鍛えた足が甘やかされてしまう!とおそろいでは買わなかったんですが、ふつうに履き心地いいですよ。 別に僕みたいにドMじゃなければおすすめです。 エアジョーダンとかに比べるとリーズナブル.

次の

ナイキ「エアマックスプラス」はシリーズ屈指の独自デザイン!3つの特徴と現在買えるおすすめモデルを紹介!

エア マックス グラビトン

について ナイキ NIKE が生み出した不屈の名作スニーカー「エアマックス AIR MAX 」。 1987年3月26日の誕生から今年 2018年 で生誕31周年を迎えた。 最新鋭のクッショニングシステム「AIR」を搭載して発表されたこのエアマックス AIR MAX は、スニーカー界の頂点と言っても過言ではないだろう。 エアマックス1から始まり、95や90、イエローグラデ ネオン やシルバーブレッドなど、数々の名作を生み出してきたエアマックスを今回は、コーデ紹介から人気モデル、伝説的カラーなどを徹底紹介! エアマックス AIR MAX とは? NIKE ナイキ の有名デザイナー「Tinker Hatfield ティンカー ハットフィールド 」氏がデザインを手掛けたエアマックス AIR MAX は、1987年に初代となるエアマックス1 AIR MAX 1 が誕生した。 ソールにウィンドウがついたそのデザインは瞬く間に世界中のスニーカーマニアや、ストリートファッションに身を包む若者にヒットした。 そして今に至るまでの31年、AIRMAX(エアマックス)は履き心地、デザイン、根強いファンのニーズに応えるため様々な改良を重ね続けてきた。 今も昔と変わらず愛され、NIKE ナイキ の主力ランニングシューズとして人気を獲得し続けているのである。 さぁ、これから人気AIRMAXシリーズの歴史を遡っていこうではないか! エアマックス AIR MAX の人気シリーズ紹介 エアマックス1 AIR MAX 1 初代! 1987年に登場したエアマックス1 AIR MAX 1 は、ソールからエアバッグを見ることができるウィンドウを搭載した画期的一足だ。 このウィンドウはエアバッグに負荷がかかった時に変形し、負荷を緩和させる役割を担う作りとなっていて、デザインと機能を両立させた大発明をナイキ NIKE は成し遂げたのである。 ここからエアマックス AIR MAX の華々しいストーリーは始まった。 エアマックス90 AIR MAX 90 ストリートファッションに照準を合わせた! 蛍光色を纏って生まれたこのエアマックス90 AIR MAX90 は、ストリートファッションを好む若者に愛され爆発的にヒットした非常に人気の高いスニーカーだ。 機能面では、前作より更にエアの容量が拡大されたことで大幅にクッション性が向上した。 スニーカーヘッズはもちろん、ファッショニスタにも今も尚、愛され続けている人気モデルである。 エアマックス95 AIR MAX 95 社会現象を引き起こした名作! スニーカーバブルの立役者ともなったのが、このエアマックス95 AIR MAX 95 だ。 特に「イエローグラデ」と呼ばれるカラーは、履いている人を襲って強奪する「エアマックス狩り」という社会問題をも生み出したほどだ。 その人気は今でも健在であり、復刻の度に購入を求める人で販売店舗には数千人の行列ができる。 エアマックス AIR MAX シリーズの中でも最も知名度が高く、プレミア価格で販売され多くのファンを魅了し続ける名作である。 エアマックス97 AIR MAX 97 近未来的なフォルム! ミッドソールにフルレングスビジブルエアを搭載した、エアマックス97 AIR MAX 97。 サイドの緩やかな曲線美が特徴で、日本の新幹線がモデルと言われている超名作だ。 2017年にはUNDEFEATEDなど有名ブランドとのコラボモデルが登場し、再び大きな話題となった。 エアマックス98 AIR MAX 98 伝説的なシルエット! 1998年に誕生し、前作のAIR MAX 97 エアマックス97 より受け継いだフルレングスのビジブルエアを搭載したのが、エアマックス98 AIR MAX 98 だ。 スムーズな流線形のボディはランニングシューズらしく、機能性を追い求めてシンセティックレザー、スウェード、メッシュで構築。 360度取り巻く中央パーツのエッジには反射素材を使い、ユニークなデザインが随所に落とし込まれている。 人気ストリートブランドsupreme(シュプリーム)とコラボしたことでも有名である。 エアマックス180 AIR MAX 180 よりスマートに! エアフォース1 AIR FORCE 1 を世に出した「ブルース キルゴア」と、ナイキ NIKE の有名デザイナー「ティンカー ハットフィールド」の共同開発によって生み出されたエアマックス180 AIR MAX 180 だ! 180度どこから見てもエアを確認できるビジブルエアソールを初めて搭載したソールユニットがバスケシューズに採用された画期的なモデル。 2018年に入り、復刻モデルや新色が発売されるなど今大注目の人気シリーズである! エアマックス270 AIR MAX 270 史上最大のエアバックを搭載! 1993年に270度のビジブルエアを採用したこの「エアマックス270 AIR MAX 270 」が一度登場したが、数年後の復刻のタイミングで「エアマックス93 AIR MAX 93 」と名前が切り替えられた。 そして今年2018年に再び、「エアマックス270 AIR MAX 270 」の名前でデビュー! なんといっても目を引くのはヒールケージとクッショニングシステムが一体化したかのようにリデザインされ、後部にせり出すようなシルエットに仕上げられた270度のAirユニットで、アッパーには抜群の通気性と軽量性を誇る1枚のメッシュ素材を採用。 履いていくうちにダメージを受けやすい部分には特殊素材の圧着コーティングを施して耐久性を高めている。 エアマックス AIR MAX シリーズで最も軽さと柔軟性を実現したナイキ NIKE の最先端テクノロジーが詰まった一足。 しなやかな履き心地を実現したフライニットでアッパーを編み上げ、サイドには安定性を確保するフライワイヤーを取り付けた。 ソールのエアユニットを独立させることで、従来のミッドソール素材を削減し直接貼り付けることで抜群の屈曲性や足裏でダイレクトにクッショニングの感覚が伝わるようデザインされている。 エアマックス AIR MAX コーデ30選超 エアマックス AIR MAX ってどんな風にコーデに取り入れればいいの? そんな方にもメンズ・ウィメンズの様々なコーデパターンを紹介します! エアマックス1 AIR MAX1 コーデ編 画像引用元: エアマックス1 AIR MAX 1 を使ったこちらのコーデ。 全体的にラフに仕上げているが、足首を出してシンプルなエアマックス1 AIR MAX 1 を着用することで重くなりすぎない非常にバランスの取れたコーデである。 黒や白などのモノクロコーデも良いが、ラフなカラーを巧みに使ってエアマックス1 AIR MAX 1 を着用するのは旬な組み方ではないだろうか。 画像引用元: 定番のチェスターコートにアクティブなフリースジョガーパンツ。 そして足元にはシンプルなエアマックス1 AIR MAX 1 合わせたこちらのコーデ。 色味も非常に落ち着いており纏まっていて好印象だ。 淡いカラーのデニムをネイビーのエアマックス1 AIR MAX 1 が引き締める! THE NORTH FACE(ザ ノースフェイス)とsupreme(シュプリーム)のコラボアウターともカラーバランスが抜群だ! 画像引用元: モノトーンにまとめたシンプルなこのコーデ。 トップスにジャケットと白Tシャツに細身のスキニーパンツでカチッとしたコーデに見えるが、ローキャップと真っ白なエアマックス1 AIR MAX 1 で外すという大人の上級コーディネートだ! シンプルだが外すとこは外す、メリハリが効いたコーデである。 画像引用元: レザージャケットとパーカー、スキニーデニムにAIRMAX1を合わせたこちらのコーデ。 ダークな雰囲気にカジュアルなカラーリングのAIRMAX1を合わせることで良いバランスが取れているのである。 ピンキーリングなども女子らしさを感じるのでオススメだ! エアマックス90 AIR MAX90 コーデ編 画像引用元: ブラックカラーのエアマックス90 AIR MAX90 を活かしたコーデ。 supremeのキャップとANTI SOCIAL SOCIAL CLUB(アンチ ソーシャル ソーシャル クラブ)のナイロンジャケットのストリートスタイル。 パンツはデニムのジョガーパンツで、足元に目が行きやすくエアマックス90 AIR MAX90 をアピールすることができるコーデなのだ。 さりげないTOMFORD(トムフォード)の黒縁メガネもポイントアップなのではないか。 画像引用元: エアマックス90 AIR MAX90 使ったモノトーンコーデ。 USJ ユニバーサルスタジオジャパン)に行った時のコーデだそう。 adidas originals(アディダス オリジナルス)のトップス、パンツはブラックで締めて足元はオールホワイトのエアマックス90 AIR MAX90 で統一感を出したスポーティなコーディネートだ。 男女共にお手本にできるようなエアマックス90 AIR MAX90 の使い方ではないか。 画像引用元: ロングカーディガンで女性らしさを演出しながらもエアマックス90 AIR MAX90 を履くことで、程よく外し要素を加えた上級コーディネート。 女性らしいエレガンドなコーデにもエアマックス90 AIR MAX90 はマッチする。 コーデの幅には驚くばかりだ。 鞄には鮮やかなピンクを取り入れることで全身にアクセントをプラス。 スニーカーヘッズなら一目惚れしそうなコーデだ。 画像引用元: 全身ペアルックにエアマックス90 AIR MAX90 を取り入れたコーディネート。 落ち着いた雰囲気に仕上がっているので、カップルではもちろん、親子や友達でもペアルックにエアマックス90 AIR MAX90 を気軽に取り入れることができるのではないか。 ペアスニーカーは最近の流行なのでお洒落さんたちはもうすでに取り入れている。 画像引用元: こちらの夏コーデには注目すべきポイントが2つある。 まずエアマックス90 ウルトラ 2. 0 イーズ アトモスエクスクルーシブ AIRMAX90 ULTRA 2. 0 EASE atomos EXCLUSIVE だ。 このエアマックス90 AIR MAX90 は、シューレスの代わりに滑らかなスリップオンデザインを採用することでモダンに仕上げている。 その隠れた名品を使用している素晴らしさに目が止まった。 そしてもう1つはBAO BAO ISSEY MIYAKE LUCENTBASIC(バオバオ イッセイミヤケ)である。 入っているものの大きさ、量や形によってバッグの形状が変化するこのバッグをさらっと持つことで一気に全体のコーデに纏まりが生まれるのだ。 画像引用元: こちらは海外からピックアップだ。 インパクトの強いバラの刺繍がレトロ感を出している。 そこに近代的なハイテクスニーカーエアマックス90 AIR MAX90 を合わせたのだ。 画像引用元: 全身NIKEで揃えたおチビちゃんコーデ。 キャップとトップスには存在感溢れNIKEのロゴ! エアマックス90 AIR MAX90 は子供が履くとまた違った印象が生まれ、可愛くかつスポーティでカッコいい印象に変わるのだ。 エアマックス95 AIR MAX95 コーデ編 画像引用元: エアマックス95 AIR MAX95 の大人気イエローグラデを使い、グリーン、グレー、ホワイトでまとめたこちらのコーデ。 サングラスはRay-Ban(レイバン)。 バッグとアウターはstussy(ステューシー)。 スポーティなスウェットはもちろんエアマックス95 AIR MAX95 との相性抜群だ。 明日は敢えて、スウェットパンツを選んでみるのも良いかもしれない。 画像引用元: エアマックス95 AIR MAX95 が映えるこちらのコーデ。 細身のデニムパンツから続く「イエローグラデ」が最高のアクセントだ。 supremeのニット帽を被り、全体の雰囲気としてもとても良い。 また、ゴールドのリングも付けていて、女の子らしさもきちんと存在。 ボーイッシュなだけでなく、可愛さも両立させているのである。 メンズライクな女子にはオススメのコーデの組み方ではないだろうか。 画像引用元: 全身NIKEで揃えたスポーティ感溢れるこちらのコーデ。 キャップまでNIKEと言った、NIKEのフル装備だ。 パープルのエアマックス95 AIR MAX95 を着用していて統一感が素晴らしい。 パープルのエアマックス95 AIR MAX95 は珍しいので人と被りたくないという人にはオススメできる。 統一感があって素晴らしい!ロングシャツを一枚さらっときてハイテクスニーカーという新しい組み合わせも好印象だ。 全体のシルエットとしても完璧なコーデである。 画像引用元: デニムジャケットと、ブラウンのワイドパンツの非常にカジュアルな服装にエアマックス95 AIR MAX95 を合わせたこのコーデ。 カジュアルな服装にエアマックス95 AIR MAX95 を合わせると、カジュアル過ぎず良い具合に中和してくれるのだ。 一気に普通ではなくオシャレに変えてくれるのがエアマックス95 AIR MAX95 のGOOD POINTだ。 画像引用元: こちらは韓国ブランドのアイテムを使ったコーデ。 印象的なチェックのキャップとパンツに落ち着いたカラーリングのエアマックス95 AIR MAX95 を合わせている。 バーバリーチェックを邪魔せず、際立たせるようなこのコーデの組み方はおもしろい。 画像引用元: チュールスカートをレイヤードしたこちらのコーデ。 チュールスカートの中から見える黒いパンツとエアマックス95 AIR MAX95 のおかげで遊び心をプラス。 またsupreme(シュプリーム)のウエストバッグを持つことで可愛いだけでなくカッコよさも兼ね備えているのである。 画像引用元: 今期大流行したモコモコパンツとエアマックス95 AIR MAX95 を合わせたコーデ。 エアマックス95 AIR MAX95 のコーデの幅の広さには驚かされるばかりだ。 エアマックス97 AIR MAX97 コーデ編 画像引用元: UNDEFEATED アンディフィーテッド とのコラボエアマックス97 AIR MAX97 を使ったストリートコーデ。 GUCCI(グッチ)のソックスとカラーバランスが相性抜群だ。 ストリートブランドとハイブランドを融合させた上級者コーデだ。 画像引用元: デニムジャケットとデニムワイドパンツのデニム オン デニムのコーデ。 敢えてエアマックス97 AIR MAX97 を主役に持ってこないこのような使い方もオススメできるのである。 これからの季節に使えるオススメの組み合わせではないのだろうか。 画像引用元: シンプルなロングTシャツにカーキのパンツにエアマックス97 AIR MAX97 を合わせたコーデ。 上下ともシンプルなのでハイテクなエアマックス97 AIR MAX97 の存在感がより際立つのだ。 足元をゴツくするだけでもこんなに印象が変わるので取り入れやすい。 エアマックス98 AIR MAX98 コーデ編 画像引用元: エアマックス98 AIR MAX98 ガンダムカラーを着用したこちらのコーデ。 このカラーリングは一部の間で「ガンダム」と呼ばれ話題になったプレミアなエアマックス98 AIR MAX98。 MYne(マイン)のレインコートとパンツを一色にまとめ、赤、青、白と三色のカラーのエアマックス98 AIR MAX98 でアクセントを加えた上級者コーデだ。 画像引用元: Y-3 ワイ スリー のREVERSIBLE BOMBER(リバーシブル ボンバー)とエアマックス98 AIR MAX98 を使ったコーディネート。 全体的にモノトーンで仕上げた統一感のあるこちらのコーデ。 存在感あるY-3のソックスもポイントだ。 画像引用元: レッドカラーのエアマックス98 AIR MAX98 を着用した、ハイセンスなコーデ。 真っ赤なビンテージのセットアップと合わせているので全身の統一感が素晴らしいのである。 花柄のストッキングの上から、ちらっと見えるソックスもNIKEで揃えてあるところがまたGOOD。 エアマックス270 AIR MAX270 コーデ編 画像引用元: 90年代を意識したエアマックス270 AIR MAX270 コーデ。 最先端スニーカーであるエアマックス270 AIR MAX270 をクラシックスタイルに溶け込ませた上級者コーデだ。 オレンジのキャップを使うことでアクセントを効かせているのもGOOD! 画像引用元: 淡いブルーのデニムとエアマックス270 AIR MAX270 の相性の良さを示してくれるこちらのコーデ。 今っぽいスタイルにもビシっとエアマックス270 AIR MAX270 がハマることが分かる。 全身をストリートスタイルでまとめた統一感あるコーデとなっている。 画像引用元: ブラックを中心としたエアマックス270 AIR MAX270 コーデ。 エアマックス270 AIR MAX270 の最大の魅力とも言える大きなヒールバッグのオレンジカラーがアクセントに効いている。 全身をブラックカラーで統一し、エアマックス270 AIR MAX270 のアクセントカラーで差し色を入れるこの使い方は是非真似したい。 画像引用元: ホワイトを中心したエアマックス270 AIR MAX270 コーデ。 先程のブラックとは逆に、全身をホワイトカラーで統一し、エアマックス270 AIR MAX270 のアクセントカラーで差し色を入れる。 このコーデはエアマックス270 AIR MAX270 の定番コーデになるかもしれない。 エアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX コーデ編 画像引用元: OFF-WHITE オフホワイト とのコラボ エアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX を使用したコーデ。 このコラボモデルのエアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX は、スニーカー単体としてかなり主張が強いデザインのため、全身のコーデが食われがちになることが多いが、このコーデは完璧に履きこなしている。 かなり細めのスキニーパンツに、MONCLERの大きめなアウター、そしてエアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX を使うことで美しいシルエットへ。 是非真似したいコーデだ。 画像引用元: 90年代風コーデに溶け込むエアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX コーデ。 ブラックのエアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX とホワイトの靴下が絶妙なコントラストを生んでいる。 クラシックスタイルのコーデながらもハイテクなエアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX を上手に溶け込ませた上級者コーデだ。 画像引用元: これはもう間違いなく格好良い! ブラックのエアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX にパンツやアウターなど全身をナイキ NIKE で固めたスポーティなコーデ。 本人のスタイルの良さも際立ち、アクション映画の主人公のようだ。 スニーカーヘッズ男子なら一目惚れ間違いなしのコーデだろう。 画像引用元: 夏を感じるエアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX コーデ。 BETRUEコレクションのカラフルなエアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX が涼しさをプラス。 シンプルなラフコーデにもエアヴェイパーマックス AIR VAPORMAX は相性抜群だ。 機能性も抜群なので、歩行距離や立ち時間が多いディズニーデートでは大正解な選択だろう。 エアマックス AIR MAX を愛用する芸能人 エアマックス AIR MAX の魅力に惹かれプライベートでも着用している芸能人が数多くいる。 年間150足をローテーションで回しているスニーカー大好き芸人なのである。 そんな彼、1日3足履き替えることもあるのだという。 キャップでボーイッシュな雰囲気を醸しつつ鮮やかな足元が女の子らしさ溢れるコーデ。 大きめのシルエットのスニーカーを着用することで美脚がさらに際立っている。 日曜劇場「A LIFE(アライフ)〜愛しき人〜」で着用していて、オンエア後の価格が高騰していたのである。 やはり影響力がある芸能人が着用すると話題になるのは間違いない。 また、ドラマ「HERO」でもイエローグラデのエアマックス95 AIR MAX95 を着用していた。 「形が抜群に好み」とコメントしている。 カラーリングもピンクで、アイドルにぴったりだ。 実際に着用している写真も見てみたいのである。 アメカジスタイルなファッションやスニーカー好きとしても知られる浜田雅功さん。 浜田雅功さんが着用するスニーカーは度々ネットでも話題になり、さまざまな番組でもエアマックス AIR MAX シリーズを着用している。 梨花さんが着用するスニーカーもネットで話題になることが多く、要チェックである。 エアマックス AIR MAX の隠れた名シリーズ! エアマックス ゼロ AIR MAX ZERO ティンカー・ハットフィールドがエアマックスをデザインしたのは、実は1が最初ではない。 エアマックス1 AIR MAX1 ができる前の案はたくさん存在していて、ただ商品化されなかったがために靴になれなかったスケッチが転がっているのだという。 その中の一足を現代の技術で靴にしたのがコレである。 1986年ボストンマラソン優勝者を排出した、当時の時代の最先端のランニングシューズから意匠を受けた、パーツがなく、ベース部丸出しのつま先。 ヒールカウンターの代わりにストラップを取り付けた構造。 これはエアハラチで初めて商品化されたものである。 エアハラチは91年のスニーカーだ。 要は、この構造、この靴はエアマックスワンになるにはあまりに先進的すぎたのだ。 29年間エアマックス ゼロとなったスケッチは眠っていたという。 その時間はさらに技術を推し進めた。 素材の厚みを抑えることのできるフューズ構造、アッパーのメッシュは単繊維である。 扱いはゼロ番目のエアマックスであるが、同時にとても新しいエアマックスであった。 何れにせよ、ここから数奇なエアマックスの歴史は始まった。 エアマックスライト AIR MAX LIGHT エアマックス1 AIR MAX1 のマイチェン版ではない。 いや、そうとも取れるかもしれない。 1と90という名作を繋ぐピースだと思っている。 と同時にキメラ感(もちろんキメラではないのだが)がたまらない。 tpuのシューホールパーツやヒール周りの生地の重なり方、なんか目につくアイステイ等が最高ではないだろうか? 筆者が好きなエアマックスのトップは95ogで間違いないが、次点はコレである。 本当に。 ミッドソールの素材も変更があり軽量化している。 エアマックスという進化するスニーカーの片鱗が見られる。 エアマックスBW AIR MAX BW エアクラシックBW AIR CLASSIC BW とも、エアマックス4 AIR MAX 4 とも呼ばれる名作。 もっともっとエアをデカく、見えるように。 キャッチコピーは「air even more max」。 この思想はエアマックスの根幹を成すものかもしれない。 Big Windowの名が表すように、デカいエアを搭載した。 象徴的なバイオレットカラーの影響もあるかもしれないが、同時にスウッシュも結構にビッグにしているように見える。 エアマックスST AIR MAX ST このあたりからかなりスッキリしてきた気がする。 エアマックスが有機的に感じられる点として挙げられる。 代を重ねるごとに徐々に変化していくのだ。 もちろん大きな変化が見た目に起こるモデルも多いが、デザインの思想が徐々に変容していくのが感じられる気がする。 服と合わせるときもそういった点を意識すると面白いのかもしれない。 このスニーカーは地味ではあるが、180や93に似た、どこかアッサリ感のあるデザインだと感じる。 bwと比べてエア容量も増えているようだが、ミッドソールを傍から見ただけでそれは感じられない。 靴自体に安定性を求めたらしく、構造もフットブリッジというソール内部に搭載する安定性増大パーツが付いている。 いろいろな意味で隠れているのはこっちではないだろうか? セレブリティや有名人は履いてないだろうな…と思って調べていたら、ワンオクのタカが履いていた。 (2015復刻分? ) エアマックス93 AIR MAX 93 ハラチフィットシステム搭載。 ハラチフィットシステムは確かに今でも結構感動の履き心地を生むので、この靴のインナーソックスというか、この靴下状の構造は本当に革新的だっただろう。 それをエアマックスに重ねがけしたのだ。 エアは270度から見えるようになった。 このデザインはミルク瓶から着想を得たと言うが、こういった変な着想は他の靴にもたまに見られる気がする。 私のような凡人にはよくわからない思考だが、この靴によって、エアマックスは一つの世代の到達点に達したような感覚は覚える。 最近ロレンゾのインスタ見たらこれを息子の野球に付き合ってるときに履いていた。 エアマックス94 AIR MAX 94 デザインに関して先祖返りを起こした気がする。 このアッパー、シューホールガードの構造は補強だけでなくサポート性を高めていると言う。 どことなくこの辺りから本格的に(もちろん以前から性能だけ追求しているカテゴリーではないようだが)カジュアル面にシフトしているように感じる。 デザインがまたポテっとしたのもその影響かと感じる。 エアマックス2 AIR MAX 2 またエアバッグに新構造を取り入れた。 ナイキには感服するが、味を占めたと言えばそうなのだろうか。 新しいエアマックスを売ることは新構造を売ることなのかもしれない。 エアユニットを分離。 低圧2つの気室を囲むように高圧の気室を配置。 クッションと反発を両立することを目指した。 ハラチフィットも同時に搭載。 復刻してくれたら絶対に買いますので、本当にお願いしますというモデルである。 シューズ機材としての評判はさほどでもないairmaxだが、この靴は悪くないという評価が出ていた。 履いたことはないが。 エアマックス96 AIR MAX 96 骨かな?デザインが骨っぽい。 ウロコやエラにも見える。 96年は異気圧複数気質構造の集大成となるわけだが、まだ人々は95に湧いていた。 とはいえ、95に引っ張られる形のスニーカーブームでプレミアがついた。 若干同年発売のノモマックスっぽさを感じるが、何か関係あるのだろうか? これと次の96-2はダッドスニーカーとしての資質に溢れている気がする。 このくらいのエグみがあるほうが好きな人も多い気がするし、どういった靴が売れるか、エアマックスというシリーズが売れるのかは普遍的なものでは全くなく、時代の風潮、流行が支配的な要因となっているのだろう。 エアマックス96-2 AIR MAX 96-2 エアマックスに関して、デザインのコンセプトというか、受ける印象が先祖返りすることがある。 dad感丸出しであるし、デザイナーが変わったのかは知らないがランニングシューズ然としたスタイルになった。 件のハイテクブームはほぼ必要十分条件で95ブームだったのかもしれない。 エアマックス120 AIR MAX 120 アルファプロジェクトの一環として生み出されたエアマックス。 通好みというやつである。 airmaxフリークで90s hiphopが好きそうな兄ちゃん(もうそれらの方の年齢は兄ちゃんからオジサンになっている)は大抵これが大好きなイメージがある。 マイナーairmaxの一角であるが好きな人にはとても愛されているairmaxだろう。 このデザインのエッセンスやエアバッグのデザインは現行・エアマックス270に通じているのだろうか? エアマックスプラス AIR MAX PLUS 通称マップラ。 最初はフットロッカー限定販売だった。 ソールのエアユニットにゴムパーツを組み合わせ、クッション性を文字通りチューンしたチューンドエアを搭載。 エアユニットはフルレングスではなく2つに別れた。 おそらくフォアフット部は95のものの流用?である。 ソールの方のエアユニットはゴムパーツを除けば97っぽい。 新技術を従来品にプラスしたソールユニットとも言えるか? アッパーが甲殻っぽい。 樹脂パーツの並び方故だけではあるが。 エアチューンドマックス AIR TUNED MAX フルレングスのチューンドエアを搭載。 max plusの系統、またアルファプロジェクトとして進化した形態とも扱えるか。 玉虫色というか、コッパーとメタリックグリーン、黒のコントラストがヤケにナイキっぽくないような印象を受ける。 これもdad臭が多少するので今なら行けるのではないか?アメリカでも日本でもマイナー中のマイナーだったようだがイギリスとフランスでは多少ウケたらしい。 スケプタもその流れか。 エアマックスデラックス AIR MAX DELUXE 99モデルではあるが、ソールユニットは97のものを受け継いでいる。 (マイチェン程度の変更はあるかもしれないが無知である) 昨年の彼とのコラボは、彼が初めてお金をためて買った靴・air tuned maxのカラーからサンプリングしたair max 97だった。 先述のようにアメリカでは人気だったようだ。 アッパーの点線様のネオプレン地のパンチングが目を引く。 97skeptaがやや隠れてはいるがかなりの名作だったのでこちらにも期待したい。 エアマックス AIR MAX は2018年で生誕31周年 1987年に誕生して以来、世界中の多くの人々に愛されているエアマックス AIR MAX。 今年2018年の3月26日に生誕31周年を迎え「AIR MAX DAY」イベントも開催されるなど、今尚絶大な人気を誇っている。 今後も新モデルが発表され、これからもスニーカーヘッズを魅了するエアマックス AIR MAX に目が離せない。 エアマックス AIR MAX の商品はNIKEオンラインでゲットしよう! エアマックス AIR MAX の情報を随時更新! これからも新作やリークなど、エアマックス AIR MAX の情報をキャッチ次第、本サイト スニーカーダンクマガジン で最速で更新予定! を友達登録して最新情報を見逃すな! 新着投稿.

次の