凪 の あす から 漫画。 凪のあすからとは (ナギノアスカラとは) [単語記事]

凪のあすからのあらすじとネタバレ!キャストやキャラクター詳しく!

凪 の あす から 漫画

凪のあすからの高画質画像、壁紙まとめ! 凪のあすからの伊佐木要 先島光 向井戸まなか 木原紡 比良平ちさき画像です。 海へジャンプしています。 凪のあすからの向井戸まなか 木原紡画像です。 捕獲していますw 凪のあすからの伊佐木要 先島光 向井戸まなか 比良平ちさき画像です。 幼少時代です。 凪のあすからの景色画像です。 海です。 凪のあすからのかわいい画像です。 向井戸まなかが海の中にいます。 凪のあすからのかわいい画像です。 向井戸まなかと比良平ちさきが海の中にいます。 凪のあすからの向井戸まなか画像です。 泣いている画像です。 凪のあすからの潮留美海画像です。 泳いでいる画像です。 凪のあすからの久沼さゆ 向井戸まなか 比良平ちさき 潮留美海画像です。 海の中で何の装備なしでいられるのはいいですね。 凪のあすからのかわいい画像です。 みんな白いワンピースです。 凪のあすからのかわいい画像です。 TACHIYOMISENYO35のイラストです。 凪のあすからのかわいい画像です。 向井戸まなかと比良平ちさきの可愛い笑顔です。 凪のあすからのエロい画像です。 向井戸まなかと比良平ちさきのセクシー姿です。 凪のあすからのエロい画像です。 下着を見せています! 凪のあすからの美しい画像です。 足を水につけています。 凪のあすからの久沼さゆ 伊佐木要 先島光 木原紡 比良平ちさき 潮留美海画像です。 みんな何かを見ています。 凪のあすからのちょいエロ画像です。 比良平ちさきが鏡に触れてます。 凪のあすからの美しい画像です。 独特の風景です。 凪のあすからの向井戸まなか 比良平ちさき画像です。 学校指定の水着です。 凪のあすからの先島光 潮留美海画像です。 光の優しい一面です。 凪のあすからの比良平ちさき画像です。 海の中で泣いています。 凪のあすからの向井戸まなか画像です。 可愛いポーズです。 凪のあすからの比良平ちさき画像です。 水族館です。 凪のあすからの向井戸まなか 比良平ちさき画像です。 見えそうで見えないパンツです。 凪のあすからの伊佐木要 先島光 向井戸まなか 木原紡 比良平ちさき画像です。 電撃大王のイラストです。 凪のあすからの伊佐木要 先島光 向井戸まなか 木原紡 比良平ちさき画像です。 漫画のイラストです。 凪のあすからのかわいい画像です。 グラスを突いているシーンです。 凪のあすからの伊佐木要 先島光 向井戸まなか 木原紡 比良平ちさき画像です。 みんなでボートに乗っています。 凪のあすからのちょいエロ画像です。 濡れて透けています。 凪のあすからのかわいい画像です。 百合百合です。 関連記事としてこちらの記事も合わせてご覧ください!.

次の

凪のお暇 1

凪 の あす から 漫画

ジャンル 、 アニメ:凪のあすから 原作 Project-118 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン (原案) 音楽 アニメーション制作 製作 凪のあすから製作委員会 放送局 を参照 放送期間 - 話数 全26話 漫画:凪のあすから 原作・原案など Project-118(原作) ブリキ(キャラクター原案) 作画 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 2013年6月号 - 5月号 巻数 全6巻 漫画:「凪のあすから」4コマ劇場 なぎよん 原作・原案など Project-118(原作) ブリキ(キャラクター原案) 作画 茶藤あんこ 出版社 KADOKAWA 掲載誌 ほか レーベル 発表号 Vol. 1(2013年) - Vol. 10月から4月まで放送された。 漫画雑誌『』( )とのコラボレーション企画として同誌10月号で製作が発表された。 略称は「 凪あす」。 概要 人間が昔は海中に住むも今は海中と陸上に分かれて住む世界を舞台に、7人の少年少女の揺れ動く心情を描く作品。 WORKSによるオリジナルアニメ企画として、2013年6月号より『月刊コミック電撃大王』にて漫画先行で公開されている。 WORKSの代表取締役からの「若いスタッフがやりたいものを」という発案で企画が始まり、アスキー・メディアワークスにも話を持ちかけたことで共同制作することになった。 キャラクター原案はが担当しているが、その他の主要スタッフはを『』の、を『』の、を『』のがそれぞれ担当するなど、歴代のP. WORKS作品への参加陣で固めている。 ストーリーと舞台設定 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2014年5月)() やが独自の進化を遂げて走っているなど、独特の雰囲気を持った海浜の町が舞台となっている。 劇中で実在する地名は使われていないが、の東地和生を初めとするスタッフ陣がへ取材におもむいた上で、周辺やのなどをモデルとして描いている。 物語は大きく分けて、ある年の夏とその5年後の夏の2部で構成されている。 ここでは前者を「第1部」、後者を「第2部」として説明する。 第1部 かつて全ての人間たちが海の中で普通に呼吸し、生活を営んでいた世界があった。 だが、ある時を境として陸に上がって生きる人たちも現れ、やがて人の世界は海と陸に分かれた。 先島光、 向井戸まなか、 比良平ちさき、 伊佐木要ら4人の少年少女は、海の世界の村落・汐鹿生(しおししお)で昔からいつも仲良く暮らしていた。 そんな中、汐鹿生の学校が廃校になったため、光たちは陸の世界に上がり、鴛大師(おしおおし)の学校へ通うようになる。 鴛大師の少年・ 木原紡との出会いや、鴛大師で古くから伝わる神事・おふねひきを実現させたい光たちの思い、光の姉のあかりが陸の人間である潮留至と恋仲であったことなど様々なことを経て、光たちは陸と海の人間の間にある溝と真剣に向き合うようになっていく。 そんな思いを抱きながら、陸と海の人間たちの心を1つにして、あかりと至の結婚がおふねひきと一緒に執り行われることとなる。 第2部 あかりの結婚当日に起きたと共に、汐鹿生では冬眠が始まった。 それから5年後。 冬眠以降、海の世界との交流が断絶した陸の世界では寒冷化が進んでいた。 汐鹿生の子で唯一冬眠しなかったちさきは紡の家で世話になりながら、渦潮に呑まれて行方をくらましたみんなの安否を気にしていた。 光たちと同じ年となった 潮留美海と 久沼さゆもまた、あの時抱いてた憧れの気持ちをなくさぬまま、今を生きていた。 そんな巴日の日に、行方不明だった光が5年前と変わらぬ姿で発見される。 光は眠っていた期間の記憶がなく、おふねひきは昨日の出来事に感じていた。 5年間ですっかり変わってしまった町や人々。 それを目の当たりにした光は心の中で受け入れられずにいた。 その後、要も5年前と変わらぬ姿で発見される。 しかし、まなかは発見されなかった。 ある日、海に落ちた美海は突然海の中で呼吸ができるようになった。 美海、光、要はまなかを探しに海へ潜ると… 登場人物 主要人物 海の世界のとある海底の村・汐鹿生(しおししお)に住む四人の少年少女たちが本作の主役で、陸の世界のとある海辺の村・鴛大師(おしおおし)に住む少年と二人の少女がもう一人の主役である。 光達四人とも中学2年生(初登場時点)で、小さな頃から家族同然に付き合って来た同士である。 先島 光(さきしま ひかり) - 、(幼少期) 本作の主人公。 口が悪く短気だが、意外と世話焼き。 まなかに好意を抱いているものの、なかなか素直になれない。 まなかからの愛称は「 ひぃくん」。 料理が得意。 紡とまなかの出会いを「運命の出会い」と称し、一方的にライバル視していた。 (紡は当初からちさきのことが気になっており、まなかも光もそれに気づかず、ちさきを思っていた要はそのことに気付いていた) おふねひきの日に渦潮に呑まれて5年間の冬眠を経験し、目覚めたあとの世界に戸惑う。 目覚めた時から見守っていてくれた美海からの想いを知ってからはまなかへの想いも捨てきれず苦しむことになる。 さらにうろこ様とおじょし様の過去を知ったことで『誰かを想えば誰かが泣く』という残酷な真実を悟ってしまい「そんなのが好きって気持ちなら人を好きになるって最低だ... 」と嘆くまで精神的に追い詰められてしまう。 それでも美海を助けたいという気持ちを捨てきれなかったことが最終的に皆の冬眠を覚ます奇跡へとつながっていく。 運命の出会いだと思ったまなかと紡が結ばれなかったことから運命の出会いなどは存在せず全ては自分たちで変えていけるものだと気づき、最終的にはまなかと両想いとなった。 向井戸 まなか(むかいど まなか) 声 - 光が想いを寄せる少女。 地上の漁師に釣り上げられてしまうほどの天然で、幼馴染の中では末っ子のようなポジション。 優柔不断で臆病な面があるものの、何事にも一生懸命。 地上の人間である紡に惹かれているが、その気持ちを理解できておらず、どう処理していいのか戸惑っている。 おふねひきの当日に起きた海神様の渦潮に呑まれて行方不明となるが、5年後に光たちが汐鹿生に来訪した際、おじょしさまの墓場で冬眠している姿で発見される。 5年間の間、おじょしさまとして眠っていたため人を好きになる気持ちを奪われてしまう。 最終的には光と両想いとなった。 比良平 ちさき(ひらだいら ちさき) 声 - 四人の中では少し大人びた印象を受ける少女。 まなかの保護者で姉のような存在だが、恋愛に関しては少々奥手。 まなかからの愛称は「 ちぃちゃん」。 光に想いを寄せつつも、四人の関係が変わることを恐れ、一歩を踏み出せずにいる。 おふねひきの日に幼馴染の三人を失い陸に取り残されるが、紡の祖父である勇の提案で木原家に引き取られた。 5年後には看護師を目指して勉強している。 光を好きであったが要から告白され戸惑っている中でちさきを残して皆が冬眠し、その5年の歳月の中で紡に惹かれてしまう。 これにより要からの想いに応えられず、その理由であった光が好きという気持ちも紡に惹かれてしまったことで偽物であったかのようになってしまい、光を好きな自分でいなければならないという罪悪感に押しつぶされてしまうことになる。 伊佐木 要(いさき かなめ) 声 - どことなく中性的な容姿を持つ少年。 理知的な性格で飄々としており、一歩引いた目線から光たちを見守っている。 ちさきに恋心を抱いているが、三人の想いを知っている故に傍観者に徹していた。 おふねひきの日に光たちと同じく渦潮に呑まれ、5年後、光より少し遅れて冬眠から目覚める。 自分が冬眠している間にちさきの想いが光から紡に移っていることを知り、一時はまなかが失ってしまった誰かを好きになる気持ちを取り戻そうとする光の行動にも否定的になってしまう。 さらに自分の想いがちさきを苦しめていることも5年前以上に痛感し、はっきりとした形でちさきに振られ5年前と同じようにちさきの心の中心に自分がいないことを受け止める。 これ以上ちさきを傷つけないために身を引き傷心状態にあったが、さゆに心の底からの想いを告げられたことでさゆの心の中心に自分がいたことに気付いた。 木原 紡(きはら つむぐ) 声 - 漁師の祖父を持つ中学二年生の少年。 無口でマイペースな性格をしており、何を考えているのか解かり辛い。 祖父の影響からか元々海の世界に興味を持っており、海からやってきた光たちと出会ってからは彼らにも大いに関心を抱く。 5年後には大学に進学して海の研究に携わっている。 冬眠から覚めた光からまなかが自身に惹かれていると言われても懐疑的であり、ちさきを愛しているとはっきり宣言する。 実はエナをもっており海の中でも会話ができる。 潮留 美海(しおどめ みうな) 声 - 小学三年生の少女。 母が海の人間、父が陸の人間のハーフ。 あかりのことを「あの女」と呼び、敵視しているような素振りを見せる。 自分を救ってくれた光に惹かれるが、年齢やエナの有無から壁を感じていた。 第2部からは光やまなかに代わり、主人公兼ヒロイン的存在を務める。 5年後の巴日の夜、14歳のまま変わらぬ姿の光を発見しはっきりと惹かれていることに気付く。 まなかのことも大切に思っているが光への想いもあり複雑な心境になってしまう。 最終話ではまなかのことを呼び捨てで叫べる良好な関係になっている。 光がまなかと両思いになった事から間接的に振られる結果となった。 美海自身は光への想いは初恋の痛みと受け止めており、光とまなかの両想いに対して後ろ向きというわけではない状態で最終話を迎えている。 久沼 さゆ(ひさぬま さゆ) 声 - 美海の親友でクラスメイトの少女。 生意気で非常に口が悪い。 テレビの影響か、時折小学生とは思えない言葉を使う。 母親(声 - )がいる。 自分の間違いを諭してくれた要に好意を持つが、子ども扱いで恋愛対象としてみて貰えないことに悩んでいた。 おふねひきで要を失ったことにより、女一人で生きて行く決意を固めていたが、5年後、要の突然の帰還に喜びと戸惑いを見せる。 まなかが失った人を好きになる気持ちを取り戻そうとする光に非協力的な意見を述べた要に怒りを見せ、人を好きになる気持ちが最初から無いことと勝手に奪われることは全く違うと皆を叱咤する。 ちさきに振られ傷心状態であった要に対し、自分の心の中心には要がいることをはっきりと告げた。 海の世界 汐鹿生では陸の人間と結ばれることを禁じられており、掟を犯した者は村から追放となる(海と陸の人間との間に生まれた子供は海中では生きていけないと言われている)。 先島 あかり(さきしま あかり) 声 - 地上のスーパー「サヤマート」で働いている。 光の姉。 陸の世界の人である潮留至に恋をしているが、村の掟上反対されている。 5年後には至との子供の晃(あきら)と美海の四人で生活していたが、冬眠から覚めた光も同居することになる。 至と結婚したため、第2部からは「 潮留 あかり」と表記されている。 うろこ様 声 - 汐鹿生の守り神で、自称「海神様の鱗」。 若い男性の姿をしているが、口調は老人で年齢不詳。 気まぐれに呪いをかけては楽しんでいる。 かつておじょしさまに想いを寄せていたが、海神様の肩甲骨の鱗だったため触れることも話しかけることも叶わなかった。 悲劇のきっかけとなった海神様の経験から『誰かを想えば誰かが泣く』という残酷な現実を理解しており、後に光にもまなかへの想いや美海からの想いを通して自覚させる。 光たちが起こした奇跡により、実はおじょしさまは陸の想い人を忘れていなかったのではなく、心の底から海神様のことを想うようになっていたことを知る。 その想いを見誤った海神様が誰かを好きになる気持ちを奪ってしまったことがそもそもの大間違いであったことに気付き、時を超えておじょしさまにはっきりと想いを告げることができた。 海神様 うろこ様が海神様の肩甲骨の鱗だった頃の汐鹿生の守り神。 容姿はうろこ様によく似ている。 海神様への生贄として捧げられたおじょしさまにはとても同情し優しくしていたが、おじょしさまが自分に向けてくれる笑顔は陸に残されたおじょしさまの想い人へ向けたものだと感じていた。 おじょしさまとの間で二人の子供が生まれ家族で幸せに暮らしていてもおじょしさまからの想いが自分に向けられたものだとは感じられず、おじょしさまは陸の想い人を忘れられないでいるのだと考えてしまうようになる。 おじょしさまの想い人の元へおじょしさまを返してあげたいと思いつつもその想い人はおじょしさまが村人によって生贄として捧げられたことに絶望し命を絶ってしまっていたため、もはやどうすることもできないとあきらめてしまう。 これにより誰かを愛する気持ちを奪ったうえでおじょしさまを地上で返すという暴挙に出てしまうが、すでに海神様や子供たちを愛していたおじょしさまは再び想い人を失ったうえに誰も愛することもできず、海には戻れず陸にも居場所がないという絶望を味わうことになってしまう。 このおじょしさまの悲劇が全てのはじまりとなってしまっていた。 先島 灯(さきしま ともる) 声 - うろこ様のいる鳴波神社に宮司として仕える。 光とあかりの父親。 無愛想で料理が不得意。 おふねひきの日、大勢の汐鹿生の人間と共に深い眠りに落ちた。 おじょしさま 声 - おふねひきで使う人形。 元々は生贄の女性を乗せて海の神様に捧げたのが始まり。 現在は本物の女性の代わりにおじょしさまと呼ばれる木彫りの人形を乗せるようになった、と第2話で担任の先生が語っている。 ちさき同様、生贄にされるまで惹かれていた陸の想い人を忘れられないでいた。 一方で海神様にも心から惹かれており海神様や二人の子供達との生活も心から楽しんでおり、その気持ちはすでに亡き陸の想い人への想い同様に本物となっていた。 それを陸の想い人への忘れられない想いであると勘違いした海神様が、おじょしさまから誰かを愛する気持ちを奪ったうえで地上へと送り返してしまったことが全ての悲劇の始まりとなってしまっていた。 陸の世界 陸の世界の人間たちは海の世界の人間と同じ種だが、はるかな昔に陸に上がって以降、海で生きるために必須な「エナ」という皮膚を破って生まれてくる様になっており、海中生活はできない(陸と海の人間との間に生まれた子供も同様)。 よって、見た目は現実世界の人間と全く変わらない。 木原 勇(きはら いさむ) 声 - 紡の祖父。 漁師をしている。 海村出身者であり、その縁でおふねひき後、汐鹿生に帰れなくなったちさきを引き取る。 その後、自宅で網の手入れ中に倒れ、5年後現在、公立病院で療養中である。 潮留 至(しおどめ いたる) 声 - 美海の父親。 鴛大師漁協に務めている。 妻とは死別しており、長らく美海との二人暮らしだったが、その後世話をしてくれていたあかりと再婚する。 5年後には一軒家を購入し、一家の大黒柱として潮留家を支えている。 潮留 みをり(しおどめ みをり) 声 - 故人。 至の妻で美海の生みの親。 光たちと同じ海の人間で、あかりとも親しかった。 潮留 晃(しおどめ あきら) 声 - 4歳になる至とあかりの子供。 やんちゃな性格で、カンチョーがマイブーム。 あかり曰く、美海の言い付けしか聞かないとのこと。 狭山 旬(さやま しゅん) 声 - 紡、光達のクラスメート。 あかりの勤める「サヤマート」の店主の息子。 光たちとはお互い「豚」や「魚」などと貶しあう仲だったが、おふねひきの準備がきっかけで打ち解ける。 5年後にはトラックの運転免許を取っており、トラックに乗って店の手伝いをしている。 江川 岳 声 - 紡、光達のクラスメート。 狭山とよく行動を共にしている。 5年後、狭山の話では社長令嬢との授かり婚で大学を中退し、相手の会社に就職したらしい。 峰岸 淳 声 - 美海やさゆのクラスメイト。 5年後から登場。 小学生の頃から美海を恋慕しており、巴日の夜に想いを伝えるも、玉砕する。 三橋 悟(みはし さとる) 声 - 紡が通う大学の教授。 5年後から登場。 汐鹿生などの海村について調査している。 スタッフ• 原作 - Project-118• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクター原案 -• キャラクターデザイン・総作画監督 -• キーアニメーター -• 美術監督 - 東地和生• 美術設定 - 塩澤良憲• 色彩設計 - 菅原美佳• 撮影監督 - 梶原幸代• 3D監督 - 平田洋平• 特殊効果 - 村上正博• 編集 - 高橋歩• 音楽 -• 楽曲提供 - 出羽良彰、、、(徳岡慶也、三浦拓也)、川田俊介• 音楽プロデューサー - 西村潤• 音響監督 -• 音響制作 -• 音楽制作 -• チーフプロデューサー - 小倉充俊、梅澤淳• プロデューサー - 福良啓、小林由美子、山崎史紀、岡村武真、宮嶋耕平、• プロデュース -• アニメーションプロデューサー - 辻充仁• アニメーション制作 -• 安藤真裕 安藤真裕 許琮 高橋英樹、西畑あゆみ 宮下雄次、小島明日香 大東百合恵 最終話 海の色。 大地の色。 風の色。 心の色。 君の色。 凪のあすから 1 2013年9月27日発売• 凪のあすから 2 2014年2月27日発売• 凪のあすから 3 2014年7月25日発売• 凪のあすから 4 2015年2月27日発売• 凪のあすから 5 2015年9月26日発売• 凪のあすから(6)2016年4月27日発売 「凪のあすから」4コマ劇場 なぎよん 茶藤あんこの作画で『』vol. 1(2013年)からVol. 10(2014年)まで連載されたほか、『月刊コミック電撃大王』にも出張版が掲載されていた。 「凪のあすから」4コマ劇場 なぎよん 2014年7月25日発売 コミックアンソロジー• 4コマ公式アンソロジー 凪のあすから 2014年1月27日• 公式コミックアンソロジー 凪のあすから 2014年2月27日 WEBラジオ 『 凪のあすからじお』(なぎのあすからじお)は、とにて2013年9月25日から2014年4月30日まで配信されていた番組。 毎週水曜日更新。 は向井戸まなか役の(第1部・第3部)、比良平ちさき役の(第1部 - 第3部)、潮留美海役の(第3部)が務めた。 コラボレーション• 2014年1月20日から3月31日にかけて、の釣りゲーム『LINEフィッシュアイランド』とのコラボレーションを行った。 両方の共通点である「海」と「美麗な世界観」をテーマとし、ゲーム内にアニメの主要キャラクター「光」「まなか」「ちさき」をデザインした「釣竿」や「浮き」などのアイテムや、アニメの舞台である汐鹿生が「水槽」となって登場した。 ボイス付きカードコレクションゲーム『』に、2014年2月4日に向井戸まなか、2014年6月17日に比良平ちさき、2014年7月1日に潮留美海が追加された。 パチスロ 2016年11月によりリリース。 キャッチコピーは「誰かをきっと好きになるAタイプ」。 ビッグ後はRTに突入するが、前半のエピソードチャレンジ(25ゲーム)中、RT後半のエピソードゲーム(25ゲーム)へ突入するリプレイ入賞のための三連7の目押しタイミングが揃えた図柄によって変化する(赤は5コマの余裕、青は2コマの余裕、黄色はビタ押し)。 エピソードゲーム入賞前にスペシャルリプレイ成立、もしくはレギュラーボーナス後1G目に突入リプレイが成立した場合は、50ゲームのスペシャルエピソードとなる。 脚注 注釈• 2012年8月27日. 2013年1月4日閲覧。 凪のあすから 2013年7月30日. 2013年8月5日閲覧。 社会面中部版・36ページ 2014年5月27日. 伊賀版 2015年6月12日. 2016年2月3日閲覧。 2013年8月27日閲覧。 Ray GENEON UNIVERSAL OFFICIAL SITE. 2013年11月27日閲覧。 LINE GAME 公式ブログ. 2014年1月20日閲覧。 外部リンク• naginoasukara -• TVアニメ - 's encyclopedia.

次の

凪のあすから

凪 の あす から 漫画

ジャンル 、 アニメ:凪のあすから 原作 Project-118 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン (原案) 音楽 アニメーション制作 製作 凪のあすから製作委員会 放送局 を参照 放送期間 - 話数 全26話 漫画:凪のあすから 原作・原案など Project-118(原作) ブリキ(キャラクター原案) 作画 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 2013年6月号 - 5月号 巻数 全6巻 漫画:「凪のあすから」4コマ劇場 なぎよん 原作・原案など Project-118(原作) ブリキ(キャラクター原案) 作画 茶藤あんこ 出版社 KADOKAWA 掲載誌 ほか レーベル 発表号 Vol. 1(2013年) - Vol. 10月から4月まで放送された。 漫画雑誌『』( )とのコラボレーション企画として同誌10月号で製作が発表された。 略称は「 凪あす」。 概要 人間が昔は海中に住むも今は海中と陸上に分かれて住む世界を舞台に、7人の少年少女の揺れ動く心情を描く作品。 WORKSによるオリジナルアニメ企画として、2013年6月号より『月刊コミック電撃大王』にて漫画先行で公開されている。 WORKSの代表取締役からの「若いスタッフがやりたいものを」という発案で企画が始まり、アスキー・メディアワークスにも話を持ちかけたことで共同制作することになった。 キャラクター原案はが担当しているが、その他の主要スタッフはを『』の、を『』の、を『』のがそれぞれ担当するなど、歴代のP. WORKS作品への参加陣で固めている。 ストーリーと舞台設定 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2014年5月)() やが独自の進化を遂げて走っているなど、独特の雰囲気を持った海浜の町が舞台となっている。 劇中で実在する地名は使われていないが、の東地和生を初めとするスタッフ陣がへ取材におもむいた上で、周辺やのなどをモデルとして描いている。 物語は大きく分けて、ある年の夏とその5年後の夏の2部で構成されている。 ここでは前者を「第1部」、後者を「第2部」として説明する。 第1部 かつて全ての人間たちが海の中で普通に呼吸し、生活を営んでいた世界があった。 だが、ある時を境として陸に上がって生きる人たちも現れ、やがて人の世界は海と陸に分かれた。 先島光、 向井戸まなか、 比良平ちさき、 伊佐木要ら4人の少年少女は、海の世界の村落・汐鹿生(しおししお)で昔からいつも仲良く暮らしていた。 そんな中、汐鹿生の学校が廃校になったため、光たちは陸の世界に上がり、鴛大師(おしおおし)の学校へ通うようになる。 鴛大師の少年・ 木原紡との出会いや、鴛大師で古くから伝わる神事・おふねひきを実現させたい光たちの思い、光の姉のあかりが陸の人間である潮留至と恋仲であったことなど様々なことを経て、光たちは陸と海の人間の間にある溝と真剣に向き合うようになっていく。 そんな思いを抱きながら、陸と海の人間たちの心を1つにして、あかりと至の結婚がおふねひきと一緒に執り行われることとなる。 第2部 あかりの結婚当日に起きたと共に、汐鹿生では冬眠が始まった。 それから5年後。 冬眠以降、海の世界との交流が断絶した陸の世界では寒冷化が進んでいた。 汐鹿生の子で唯一冬眠しなかったちさきは紡の家で世話になりながら、渦潮に呑まれて行方をくらましたみんなの安否を気にしていた。 光たちと同じ年となった 潮留美海と 久沼さゆもまた、あの時抱いてた憧れの気持ちをなくさぬまま、今を生きていた。 そんな巴日の日に、行方不明だった光が5年前と変わらぬ姿で発見される。 光は眠っていた期間の記憶がなく、おふねひきは昨日の出来事に感じていた。 5年間ですっかり変わってしまった町や人々。 それを目の当たりにした光は心の中で受け入れられずにいた。 その後、要も5年前と変わらぬ姿で発見される。 しかし、まなかは発見されなかった。 ある日、海に落ちた美海は突然海の中で呼吸ができるようになった。 美海、光、要はまなかを探しに海へ潜ると… 登場人物 主要人物 海の世界のとある海底の村・汐鹿生(しおししお)に住む四人の少年少女たちが本作の主役で、陸の世界のとある海辺の村・鴛大師(おしおおし)に住む少年と二人の少女がもう一人の主役である。 光達四人とも中学2年生(初登場時点)で、小さな頃から家族同然に付き合って来た同士である。 先島 光(さきしま ひかり) - 、(幼少期) 本作の主人公。 口が悪く短気だが、意外と世話焼き。 まなかに好意を抱いているものの、なかなか素直になれない。 まなかからの愛称は「 ひぃくん」。 料理が得意。 紡とまなかの出会いを「運命の出会い」と称し、一方的にライバル視していた。 (紡は当初からちさきのことが気になっており、まなかも光もそれに気づかず、ちさきを思っていた要はそのことに気付いていた) おふねひきの日に渦潮に呑まれて5年間の冬眠を経験し、目覚めたあとの世界に戸惑う。 目覚めた時から見守っていてくれた美海からの想いを知ってからはまなかへの想いも捨てきれず苦しむことになる。 さらにうろこ様とおじょし様の過去を知ったことで『誰かを想えば誰かが泣く』という残酷な真実を悟ってしまい「そんなのが好きって気持ちなら人を好きになるって最低だ... 」と嘆くまで精神的に追い詰められてしまう。 それでも美海を助けたいという気持ちを捨てきれなかったことが最終的に皆の冬眠を覚ます奇跡へとつながっていく。 運命の出会いだと思ったまなかと紡が結ばれなかったことから運命の出会いなどは存在せず全ては自分たちで変えていけるものだと気づき、最終的にはまなかと両想いとなった。 向井戸 まなか(むかいど まなか) 声 - 光が想いを寄せる少女。 地上の漁師に釣り上げられてしまうほどの天然で、幼馴染の中では末っ子のようなポジション。 優柔不断で臆病な面があるものの、何事にも一生懸命。 地上の人間である紡に惹かれているが、その気持ちを理解できておらず、どう処理していいのか戸惑っている。 おふねひきの当日に起きた海神様の渦潮に呑まれて行方不明となるが、5年後に光たちが汐鹿生に来訪した際、おじょしさまの墓場で冬眠している姿で発見される。 5年間の間、おじょしさまとして眠っていたため人を好きになる気持ちを奪われてしまう。 最終的には光と両想いとなった。 比良平 ちさき(ひらだいら ちさき) 声 - 四人の中では少し大人びた印象を受ける少女。 まなかの保護者で姉のような存在だが、恋愛に関しては少々奥手。 まなかからの愛称は「 ちぃちゃん」。 光に想いを寄せつつも、四人の関係が変わることを恐れ、一歩を踏み出せずにいる。 おふねひきの日に幼馴染の三人を失い陸に取り残されるが、紡の祖父である勇の提案で木原家に引き取られた。 5年後には看護師を目指して勉強している。 光を好きであったが要から告白され戸惑っている中でちさきを残して皆が冬眠し、その5年の歳月の中で紡に惹かれてしまう。 これにより要からの想いに応えられず、その理由であった光が好きという気持ちも紡に惹かれてしまったことで偽物であったかのようになってしまい、光を好きな自分でいなければならないという罪悪感に押しつぶされてしまうことになる。 伊佐木 要(いさき かなめ) 声 - どことなく中性的な容姿を持つ少年。 理知的な性格で飄々としており、一歩引いた目線から光たちを見守っている。 ちさきに恋心を抱いているが、三人の想いを知っている故に傍観者に徹していた。 おふねひきの日に光たちと同じく渦潮に呑まれ、5年後、光より少し遅れて冬眠から目覚める。 自分が冬眠している間にちさきの想いが光から紡に移っていることを知り、一時はまなかが失ってしまった誰かを好きになる気持ちを取り戻そうとする光の行動にも否定的になってしまう。 さらに自分の想いがちさきを苦しめていることも5年前以上に痛感し、はっきりとした形でちさきに振られ5年前と同じようにちさきの心の中心に自分がいないことを受け止める。 これ以上ちさきを傷つけないために身を引き傷心状態にあったが、さゆに心の底からの想いを告げられたことでさゆの心の中心に自分がいたことに気付いた。 木原 紡(きはら つむぐ) 声 - 漁師の祖父を持つ中学二年生の少年。 無口でマイペースな性格をしており、何を考えているのか解かり辛い。 祖父の影響からか元々海の世界に興味を持っており、海からやってきた光たちと出会ってからは彼らにも大いに関心を抱く。 5年後には大学に進学して海の研究に携わっている。 冬眠から覚めた光からまなかが自身に惹かれていると言われても懐疑的であり、ちさきを愛しているとはっきり宣言する。 実はエナをもっており海の中でも会話ができる。 潮留 美海(しおどめ みうな) 声 - 小学三年生の少女。 母が海の人間、父が陸の人間のハーフ。 あかりのことを「あの女」と呼び、敵視しているような素振りを見せる。 自分を救ってくれた光に惹かれるが、年齢やエナの有無から壁を感じていた。 第2部からは光やまなかに代わり、主人公兼ヒロイン的存在を務める。 5年後の巴日の夜、14歳のまま変わらぬ姿の光を発見しはっきりと惹かれていることに気付く。 まなかのことも大切に思っているが光への想いもあり複雑な心境になってしまう。 最終話ではまなかのことを呼び捨てで叫べる良好な関係になっている。 光がまなかと両思いになった事から間接的に振られる結果となった。 美海自身は光への想いは初恋の痛みと受け止めており、光とまなかの両想いに対して後ろ向きというわけではない状態で最終話を迎えている。 久沼 さゆ(ひさぬま さゆ) 声 - 美海の親友でクラスメイトの少女。 生意気で非常に口が悪い。 テレビの影響か、時折小学生とは思えない言葉を使う。 母親(声 - )がいる。 自分の間違いを諭してくれた要に好意を持つが、子ども扱いで恋愛対象としてみて貰えないことに悩んでいた。 おふねひきで要を失ったことにより、女一人で生きて行く決意を固めていたが、5年後、要の突然の帰還に喜びと戸惑いを見せる。 まなかが失った人を好きになる気持ちを取り戻そうとする光に非協力的な意見を述べた要に怒りを見せ、人を好きになる気持ちが最初から無いことと勝手に奪われることは全く違うと皆を叱咤する。 ちさきに振られ傷心状態であった要に対し、自分の心の中心には要がいることをはっきりと告げた。 海の世界 汐鹿生では陸の人間と結ばれることを禁じられており、掟を犯した者は村から追放となる(海と陸の人間との間に生まれた子供は海中では生きていけないと言われている)。 先島 あかり(さきしま あかり) 声 - 地上のスーパー「サヤマート」で働いている。 光の姉。 陸の世界の人である潮留至に恋をしているが、村の掟上反対されている。 5年後には至との子供の晃(あきら)と美海の四人で生活していたが、冬眠から覚めた光も同居することになる。 至と結婚したため、第2部からは「 潮留 あかり」と表記されている。 うろこ様 声 - 汐鹿生の守り神で、自称「海神様の鱗」。 若い男性の姿をしているが、口調は老人で年齢不詳。 気まぐれに呪いをかけては楽しんでいる。 かつておじょしさまに想いを寄せていたが、海神様の肩甲骨の鱗だったため触れることも話しかけることも叶わなかった。 悲劇のきっかけとなった海神様の経験から『誰かを想えば誰かが泣く』という残酷な現実を理解しており、後に光にもまなかへの想いや美海からの想いを通して自覚させる。 光たちが起こした奇跡により、実はおじょしさまは陸の想い人を忘れていなかったのではなく、心の底から海神様のことを想うようになっていたことを知る。 その想いを見誤った海神様が誰かを好きになる気持ちを奪ってしまったことがそもそもの大間違いであったことに気付き、時を超えておじょしさまにはっきりと想いを告げることができた。 海神様 うろこ様が海神様の肩甲骨の鱗だった頃の汐鹿生の守り神。 容姿はうろこ様によく似ている。 海神様への生贄として捧げられたおじょしさまにはとても同情し優しくしていたが、おじょしさまが自分に向けてくれる笑顔は陸に残されたおじょしさまの想い人へ向けたものだと感じていた。 おじょしさまとの間で二人の子供が生まれ家族で幸せに暮らしていてもおじょしさまからの想いが自分に向けられたものだとは感じられず、おじょしさまは陸の想い人を忘れられないでいるのだと考えてしまうようになる。 おじょしさまの想い人の元へおじょしさまを返してあげたいと思いつつもその想い人はおじょしさまが村人によって生贄として捧げられたことに絶望し命を絶ってしまっていたため、もはやどうすることもできないとあきらめてしまう。 これにより誰かを愛する気持ちを奪ったうえでおじょしさまを地上で返すという暴挙に出てしまうが、すでに海神様や子供たちを愛していたおじょしさまは再び想い人を失ったうえに誰も愛することもできず、海には戻れず陸にも居場所がないという絶望を味わうことになってしまう。 このおじょしさまの悲劇が全てのはじまりとなってしまっていた。 先島 灯(さきしま ともる) 声 - うろこ様のいる鳴波神社に宮司として仕える。 光とあかりの父親。 無愛想で料理が不得意。 おふねひきの日、大勢の汐鹿生の人間と共に深い眠りに落ちた。 おじょしさま 声 - おふねひきで使う人形。 元々は生贄の女性を乗せて海の神様に捧げたのが始まり。 現在は本物の女性の代わりにおじょしさまと呼ばれる木彫りの人形を乗せるようになった、と第2話で担任の先生が語っている。 ちさき同様、生贄にされるまで惹かれていた陸の想い人を忘れられないでいた。 一方で海神様にも心から惹かれており海神様や二人の子供達との生活も心から楽しんでおり、その気持ちはすでに亡き陸の想い人への想い同様に本物となっていた。 それを陸の想い人への忘れられない想いであると勘違いした海神様が、おじょしさまから誰かを愛する気持ちを奪ったうえで地上へと送り返してしまったことが全ての悲劇の始まりとなってしまっていた。 陸の世界 陸の世界の人間たちは海の世界の人間と同じ種だが、はるかな昔に陸に上がって以降、海で生きるために必須な「エナ」という皮膚を破って生まれてくる様になっており、海中生活はできない(陸と海の人間との間に生まれた子供も同様)。 よって、見た目は現実世界の人間と全く変わらない。 木原 勇(きはら いさむ) 声 - 紡の祖父。 漁師をしている。 海村出身者であり、その縁でおふねひき後、汐鹿生に帰れなくなったちさきを引き取る。 その後、自宅で網の手入れ中に倒れ、5年後現在、公立病院で療養中である。 潮留 至(しおどめ いたる) 声 - 美海の父親。 鴛大師漁協に務めている。 妻とは死別しており、長らく美海との二人暮らしだったが、その後世話をしてくれていたあかりと再婚する。 5年後には一軒家を購入し、一家の大黒柱として潮留家を支えている。 潮留 みをり(しおどめ みをり) 声 - 故人。 至の妻で美海の生みの親。 光たちと同じ海の人間で、あかりとも親しかった。 潮留 晃(しおどめ あきら) 声 - 4歳になる至とあかりの子供。 やんちゃな性格で、カンチョーがマイブーム。 あかり曰く、美海の言い付けしか聞かないとのこと。 狭山 旬(さやま しゅん) 声 - 紡、光達のクラスメート。 あかりの勤める「サヤマート」の店主の息子。 光たちとはお互い「豚」や「魚」などと貶しあう仲だったが、おふねひきの準備がきっかけで打ち解ける。 5年後にはトラックの運転免許を取っており、トラックに乗って店の手伝いをしている。 江川 岳 声 - 紡、光達のクラスメート。 狭山とよく行動を共にしている。 5年後、狭山の話では社長令嬢との授かり婚で大学を中退し、相手の会社に就職したらしい。 峰岸 淳 声 - 美海やさゆのクラスメイト。 5年後から登場。 小学生の頃から美海を恋慕しており、巴日の夜に想いを伝えるも、玉砕する。 三橋 悟(みはし さとる) 声 - 紡が通う大学の教授。 5年後から登場。 汐鹿生などの海村について調査している。 スタッフ• 原作 - Project-118• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクター原案 -• キャラクターデザイン・総作画監督 -• キーアニメーター -• 美術監督 - 東地和生• 美術設定 - 塩澤良憲• 色彩設計 - 菅原美佳• 撮影監督 - 梶原幸代• 3D監督 - 平田洋平• 特殊効果 - 村上正博• 編集 - 高橋歩• 音楽 -• 楽曲提供 - 出羽良彰、、、(徳岡慶也、三浦拓也)、川田俊介• 音楽プロデューサー - 西村潤• 音響監督 -• 音響制作 -• 音楽制作 -• チーフプロデューサー - 小倉充俊、梅澤淳• プロデューサー - 福良啓、小林由美子、山崎史紀、岡村武真、宮嶋耕平、• プロデュース -• アニメーションプロデューサー - 辻充仁• アニメーション制作 -• 安藤真裕 安藤真裕 許琮 高橋英樹、西畑あゆみ 宮下雄次、小島明日香 大東百合恵 最終話 海の色。 大地の色。 風の色。 心の色。 君の色。 凪のあすから 1 2013年9月27日発売• 凪のあすから 2 2014年2月27日発売• 凪のあすから 3 2014年7月25日発売• 凪のあすから 4 2015年2月27日発売• 凪のあすから 5 2015年9月26日発売• 凪のあすから(6)2016年4月27日発売 「凪のあすから」4コマ劇場 なぎよん 茶藤あんこの作画で『』vol. 1(2013年)からVol. 10(2014年)まで連載されたほか、『月刊コミック電撃大王』にも出張版が掲載されていた。 「凪のあすから」4コマ劇場 なぎよん 2014年7月25日発売 コミックアンソロジー• 4コマ公式アンソロジー 凪のあすから 2014年1月27日• 公式コミックアンソロジー 凪のあすから 2014年2月27日 WEBラジオ 『 凪のあすからじお』(なぎのあすからじお)は、とにて2013年9月25日から2014年4月30日まで配信されていた番組。 毎週水曜日更新。 は向井戸まなか役の(第1部・第3部)、比良平ちさき役の(第1部 - 第3部)、潮留美海役の(第3部)が務めた。 コラボレーション• 2014年1月20日から3月31日にかけて、の釣りゲーム『LINEフィッシュアイランド』とのコラボレーションを行った。 両方の共通点である「海」と「美麗な世界観」をテーマとし、ゲーム内にアニメの主要キャラクター「光」「まなか」「ちさき」をデザインした「釣竿」や「浮き」などのアイテムや、アニメの舞台である汐鹿生が「水槽」となって登場した。 ボイス付きカードコレクションゲーム『』に、2014年2月4日に向井戸まなか、2014年6月17日に比良平ちさき、2014年7月1日に潮留美海が追加された。 パチスロ 2016年11月によりリリース。 キャッチコピーは「誰かをきっと好きになるAタイプ」。 ビッグ後はRTに突入するが、前半のエピソードチャレンジ(25ゲーム)中、RT後半のエピソードゲーム(25ゲーム)へ突入するリプレイ入賞のための三連7の目押しタイミングが揃えた図柄によって変化する(赤は5コマの余裕、青は2コマの余裕、黄色はビタ押し)。 エピソードゲーム入賞前にスペシャルリプレイ成立、もしくはレギュラーボーナス後1G目に突入リプレイが成立した場合は、50ゲームのスペシャルエピソードとなる。 脚注 注釈• 2012年8月27日. 2013年1月4日閲覧。 凪のあすから 2013年7月30日. 2013年8月5日閲覧。 社会面中部版・36ページ 2014年5月27日. 伊賀版 2015年6月12日. 2016年2月3日閲覧。 2013年8月27日閲覧。 Ray GENEON UNIVERSAL OFFICIAL SITE. 2013年11月27日閲覧。 LINE GAME 公式ブログ. 2014年1月20日閲覧。 外部リンク• naginoasukara -• TVアニメ - 's encyclopedia.

次の