腓骨 疲労 骨折。 下腿疲労骨折について

「腓骨骨折」の原因や症状は?治療がいらないって本当?

腓骨 疲労 骨折

疲労骨折とは? 疲労骨折とは骨に疲労が蓄積されることが原因で起こる骨折です。 同じ動作を繰り返し行ったり、体の一部に軽い衝撃が継続的にかかることで、ひびが入ったりひどい場合には完全な骨折につながることもあります。 アスリートに多い原因として、短期間に集中的なトレーニングを行ったときに生じることが多く、最初は運動時のみの疼痛が見られ、進行していくと安静時にも疼痛が発生します。 起こりやすい原因 骨自体がもろくなると、負荷や疲労に耐えられなくなってしまうことが原因の一つとされています。 他にも下記原因が考えられるでしょう。 スポーツやトレーニングでの運動強度の急激な変化• 日常生活で体の同じ部位に集中的に負荷をかけている• 栄養不足• 女性特有の疾患、ホルモンバランスの乱れ 高強度のスポーツやトレーニングでの疲労骨折 速いスピードやジャンプ、切り返しなど、同じ部位に大きな負担がかかる種目に多く、筋力・技術・柔軟性の不足があるとさらに骨への負担が増大します。 また、オーバートレーニングによる疲労蓄積も原因のひとつと考えられているので無理をしすぎないことが大切です。 栄養不足からくる疲労骨折 たんぱく質に含まれるコラーゲンはカルシウム・リン・マグネシウムなどのミネラルが組み合わされて骨の強度・弾力・耐性を作り出しているので、不足すると骨自体がもろくなり、骨折のリスクが高まります。 また、加工食品や保存料に含まれる「リン」は過剰摂取するとカルシウムの吸収を抑制するので取りすぎには注意しましょう。 ホルモンバランスの乱れによる疲労骨折 女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは骨吸収(古い骨を壊す)を抑制する働きをしていますが、無月経・生理不順などの月経異常、婦人科系疾患などでホルモンバランスが崩れるとエストロゲンの働きが弱くなり、骨形成より骨吸収の働きが上回るため骨密度の低下から骨がもろくなってしまいます。 疲労骨折を起こしやすい部位 疲労骨折は下半身の骨に発症することが多く、中でも脛骨(すね)・中足骨(足の甲)に起こりやすいです。 骨がもろくなっている段階で痛みを感じる場合もあれば、完全に骨折に至ってから初めて気づく場合もあります。 脛骨 すねの骨に圧力がかかり続けることで発症しやすくなります。 疾走型 長距離を走ることが多い選手に多く発症します。 跳躍型 ジャンプを反復するスポーツ(バレーボール・バスケットボールなど)において多く発症します。 脛骨の中央前方部に痛みが出てくるのが特徴で、再発のリスクが多く早期復帰のために手術療法が選択される場合があります。 中でも足の小指側に起こる第5中足骨疲労骨折は「JONES骨折」と呼ばれ、繰り返し発症しやすく、競技パフォーマンスに長期間影響を及ぼしやすいので早期復帰・再発防止のために手術療法が選択されることもあります。 出典:一般社団法人 日本骨折治療学会、第5中足骨骨折・いわゆる下駄履き骨折と疲労骨折 疲労骨折の治療方法 疲労骨折は自覚症状のないまま進行している場合がありますので、少しでも痛みや違和感を感じたら専門機関で適切な診断・治療を受けましょう。 治療内容と経過観察 痛みを感じたら、整形外科を受診しましょう。 発症したばかりだとレントゲンに映らないこともありますが、MRI検査や骨シンチグラフィー撮影をすると早期発見につながる場合もあります。 適切な治療を早めに行えば短期間の休養で運動を再開できるようになりますが、疲労骨折の状態によっては固定・手術が必要になる場合もありますので、できるだけ早めに病院へ行きましょう。 疲労骨折は、外的な刺激以外の原因として「個人の骨格による負担」も要因の一つだと考えられています。 再発防止のために、 運動動作の改善や蓄積していた筋肉疲労の回復、下肢の血行を良くするためのストレッチなど柔軟性改善・可動域向上などのリハビリトレーニングも効果的です。 安静の後、2~3か月で完治するものから、手術・リハビリなどを経て6か月以上かかる場合もあります。 疲労骨折の予防 場合によっては重症化してしまう恐れのある疲労骨折は、未然に防ぐことも大切です。 効果的な予防方法をご紹介しますので、トレーニングの一環として取り入れてみましょう。 運動前後のストレッチ ウォーミングアップ・クールダウンにストレッチを取り入れて骨に付着する筋肉を柔軟に保つようにしましょう。 張りを感じている部分はもちろん、全体的に体を伸ばすことでさらに効果が高まり骨にかかる負担が減少します。 体の回復を促すストレッチは「」もご覧ください。 積極的に摂りたい栄養素 適度な運動は骨内血流量を上昇させ骨強度を高くしますが、骨生成に必要な栄養素を積極的に摂取して体の中からも骨を強くしましょう。 カルシウム 新しい骨を作る「骨形成」と古い骨を壊す「骨吸収」がバランスよく行われるには、適切な血中カルシウム濃度を保つためのカルシウム量が必要です。 骨代謝において骨吸収が優位となった骨はもろくなり、骨折を起こしやすくなってしまいます。 カルシウムの効果的な補給には、体内吸収率の良い牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂取する方法がおすすめです。 出典:スポーツ運動栄養学 講談社 P62 栄養の基本がわかる図解辞典 中村丁次 成美堂出版 P106~107 タンパク質 タンパク質に含まれるコラーゲンとカルシウムが結合することで丈夫な骨が作られます。 体内で合成できない必須アミノ酸を含む肉・魚・卵・牛乳などを中心にバランスよく摂取しましょう。 通常の食事と合わせてプロテインなどのサプリメントを併用しながら適切量を確保することも効果的な方法です。 しかし、たんぱく質を過剰摂取すると無駄になるだけではなく、腎臓への負担が増大します。 摂取量は体格・運動量・生活習慣に伴った適切量を心がけましょう。 反対にタンパク質が不足した場合、骨生成の材料が不足するだけではなく、体力・免疫力低下からおきる疲労性疾患を招くことにもなります。 詳しくはこちら「」 マグネシウム 体内に含まれるマグネシウムの60~65%が骨の中に含まれています。 出典:栄養の基本がわかる図解辞典 中村丁次 成美堂出版 P112~113 疲労骨折をしない体を目指そう 疲労骨折は、体が弱っていなくても強い運動負荷疲労など予期していないことが原因で起こってしまいます。 強い痛みを感じなくても、痛む箇所があれば早めに医療機関を受診し早期発見につなげることが大切です。 おすすめ商品.

次の

【跳躍型疲労骨折】ジャンプで多いスネの疲労骨折について

腓骨 疲労 骨折

腓骨疲労骨折は大きく分けて疾走型 遠位部 と 跳躍型 近位部 に分けられます。 疾走型はランニングなどが原因でおこるという報告が多く、 跳躍型ではジャンプなどで発生しています。 腓骨は脛骨のような荷重骨ではなく、 非荷重骨であるのが特徴的で、 そのため比較的治療期間 スポーツ復帰まで は短めです。 左の図は腓骨に付着する筋・靭帯を示しています。 腓骨に疲労骨折が生じる要因の一つとして 解剖学的特徴があげられます。 腓骨は脛骨の外側に位置し、 上部は腓骨頭関節面で脛骨に接し、 下部は外果関節面で距骨に接します。 上部にはヒラメ筋、大腿二頭筋、長腓骨筋が付着し、 その下に短腓骨筋が中央から下部まで 外側に付着しています。 下部内側は脛腓靭帯で脛骨と、 下端外側は距腓靭帯と踵腓靭帯により結合されています。 藤巻らは実験結果から、 内反荷重時は腓骨に引っぱり曲げ応力が作用し、 内縁には圧縮応力、 外縁には引っぱり応力が働くと述べています。 また、外反荷重時には腓骨に圧縮曲げ応力が働き、 内縁には引っぱり、 外縁には圧縮応力が働くと述べています。 荷重の違いにより、 腓骨にかかる応力の違いがあるという事です。 この実験では、 足底筋の強い収縮により、 腓骨が脛骨にX線的に近づくと述べられています。 そのため、内側へ大きくたわみ、 疾走型の疲労骨折が生じると報告されています。 腓骨内側に働く力が外側に働く力より大きいため、 内側にまず疲労をきたし、仮骨形成がみられ、 次いで完全骨折をきたし、 外側仮骨を形成することを暗示したもので、 腓骨はウサギ跳びにさいして、 外側に弯曲するものであると調べています。 左のレントゲン画像は初診時のものです。 左の腓骨部分が主訴ですが、 特に異常な所見は見当たりません。 この写真は左の側面から撮影した画像です。 矢印の腓骨に注目して御覧ください。 このレントゲンにも特に異常な所見はありません。 しかし、約5週後のレントゲン画像では 下腿遠位部に腓骨疲労骨折と思われる 骨膜反応が確認できます。 部位から、疾走型の腓骨疲労骨折であると分かります。 骨膜反応がレントゲンで確認できた時点では、 痛みが消失しているこ場合が多く見受けられます。 治療はスポーツ中止が原則です。 治療期間はおよそ2〜4週と短期で、スポーツ復帰は1〜2ヵ月が多いとされています。 治療終了の目安はレントゲン写真と疲労骨折部の圧痛の消失で判断しています。

次の

疲労骨折の初期症状とは?スポーツ選手に見る7つの特徴

腓骨 疲労 骨折

1.下腿疲労骨折について 疲労骨折とは繰り返しの外力により発生する骨折です。 他の要因として、筋による衝撃吸収の低下や筋の牽引力によるものなどがあります。 全身的な骨の脆弱性も関与しており、女性ランナーでは生理不順や摂食障害、骨粗鬆症などもあげられています。 全身の疲労骨折の中でも脛骨が最も多く発生し、腓骨も少なくありません。 スポーツ障害のひとつで、運動量の多い10歳代に多く発生します。 運動中の痛みが主な主訴で安静にしていれば症状は軽減します。 痛みが起こる部位によって疾走型・跳躍型に分類されます。 脛骨では後内側部に発生することが多くシンスプリントと間違われやすい疾患です。 安静にしていれば痛みは軽減します。 症状が進行すると腫れや熱感を感じます。 慢性化したものでは皮膚が分厚くなります。 3.下腿疲労骨折の原因 疲労骨折は繰り返す外力により発生します。 ・骨に繰り返す衝撃が加わった時 ・筋肉の疲労により骨に加わる衝撃力を軽減する作用が低下した時 ・筋により繰り返しの牽引力が加わった時 など、これらの要因が複合して発生します 他にも全身的な素因も関与しており、女性では生理不順や摂食障害、骨粗鬆症などがあげられています。 疲労骨折が起こる部位によって疾走型と跳躍型に分けられています。 4.下腿疲労骨折の分類 脛骨と腓骨の疲労骨折には部位により疾走型と跳躍型が分けられています。 ・脛骨疲労骨折疾走型の特徴 解剖学的に凹となる脛骨の後内側に加わる圧迫力により発生します。 ランニングやジャンプは圧痛が消失するまで中止し、負荷のかからないトレーニングを指導します。 圧迫力が作用せず、損傷部が理解されるような外力が作用するため治癒には長期間要します。 たわみが一番大きい部位では疲労骨折が起こりやすいです。 慢性化した場合では皮膚の肥厚がみられることもあります。 初期には異常がみられないですが、数週間すると骨膜反応や骨折部の透亮像がみられます。 6.脛骨・腓骨疲労骨折の一般的な治療 基本的に安静が主となります。 症状や画像所見をみながら徐々に運動を開始し、5~6週間で運動復帰が可能となります。 骨の脆弱性などその他の素因がある場合は全身的な治療も行います。 8.下腿疲労骨折の予後と後遺症 予後が良好です。 症状が消失するまで原因となる運動の中止を行えば慢性化しにくいです。 しかし跳躍型では骨に離開するような外力が働くため慢性化することもあります。 初期にレントゲンを撮って異常がない場合でも時間の経過とともに異常が見つかることも少なくありません。 症状が続く場合はもう一度検査しましょう。 JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。 東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。 219• 142•

次の