日本電子山形。 89年のスタート以来初の中止 日本一の芋煮会|山形新聞

東京・新宿

日本電子山形

日本一の芋煮会フェスティバル協議会(会長・矢野秀弥山形商工会議所会頭)は12日、山形市の山形商工会議所会館で臨時総会を開き、9月20日に予定していた今年の日本一の芋煮会の中止を決めた。 新型コロナウイルス感染拡大を受けた措置で、中止は1989年の初回以来初めて。 公平雅士実行委員長が「全国から不特定多数の人が集まり、3密状態が発生する可能性が高く、万全の感染症対策を講じることが不可能」として中止を提案し、了承された。 一方、実行委が9月から10月にかけて芋煮を通した山形のPR活動に取り組む考えを示し、具体化に向け今後協議するとした。 総会後、矢野会長は「楽しみにしていた人に申し訳なく思うが、理解をお願いしたい」と述べ、名誉会長の佐藤孝弘市長は「極めて残念だが中止はやむを得ない。 来年は多くの人を迎えたい」と語った。 日本一の芋煮会は、秋を代表するイベントとして毎年、馬見ケ崎川河川敷で開催。 2018年には直径6. 5メートルの日本一の大鍋「3代目鍋太郎」による配食数でギネス世界記録に認定された。 昨年は3万5千食を提供した。 山形新聞からお知らせ• 【2020年8大事業】 山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。 詳しくは、• 山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。 公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。 アドレスは、• 読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。 詳しくは、から。 検索機能も備えています。 アクセス方法は• 他社DB横断検索が便利な、、•

次の

日本航空電子工業

日本電子山形

会社名 日本電子山形株式会社(略称:JYC) 設立 2002年3月23日 資本金 4,000万円 従業員数 78名(2020年3月末現在) 本社所在地 〒994-0101 山形県天童市大字山口字大仏1655番地 TEL:023-658-2811 FAX:023-657-3321• 代表取締役社長 石澤 利浩 事業内容• 日本電子の透過電子顕微鏡・走査電子顕微鏡及び医用機器製品の製造 会社概要 JYCは、世界トップレベルの電子顕微鏡メーカーである日本電子株式会社グループの生産専門会社として、2002年山形県に設立いたしました。 以来、汎用型各種電子顕微鏡や医用機器製品の主力工場として、日本電子製品の約60%(製品本体ベース)の生産を担っています。 ナノテク製品の生産に適した天童の閑静な立地条件を生かし、協力会社と共に生産センター方式による製品づくりを進めています。 平均年齢34. 9歳という若い力を結集し、人類と科学の発展に寄与する製品を世界各国に送り出しています。 また、ISO9001、ISO14001およびISO13485の認証を取得し、お客様の信頼に応える製品を提供している会社です。 生産機種• 透過電子顕微鏡• 走査電子顕微鏡• 電子プローブマイクロアナライザ(EPMA• 医用機器(生化学自動分析装置)• ニュース モンテディオ山形を応援しています•

次の

89年のスタート以来初の中止 日本一の芋煮会|山形新聞

日本電子山形

略称 JAE 航空電子 本社所在地 〒150-0043 1丁目12番1号 渋谷ソラスタ11階 設立 事業内容 事業 インターフェース・ソリューション事業 航機事業 代表者 会長(代表取締役) 秋山 保孝 社長(代表取締役) 小野原 勉 資本金 106億90百万円 売上高 連結:2,095億10百万円 (2017年3月期) 総資産 連結:1,831億96百万円 (2017年3月31日現在) 従業員数 連結:5,419人 単独:1,593人 (2016年3月31日現在) 決算期 主要株主 30. 日本航空電子工業株式会社(にほんこうくうでんしこうぎょう、 Japan Aviation Electronics Industry, Limited)は、グループの部品メーカー。 とにそれぞれ本社と工場を置き、等の電子機器製品の製造販売を行う他、子会社25社 うち海外子会社15社 、関連会社2社と「航空電子グループ」と称する企業集団を構成している。 概要 [ ] 「日本航空電子」の英語表記「Japan Aviation Electronics」から、「JAE」と略される。 また、主力商品であるコネクタにおいて、当社製コネクタを表す際に、「JAEコネクタ」と称するものもある。 社名の由来は『戦後間もない1953年、来るべき日本のアビエーションエレクトロニクス産業の発展を夢見て「日本航空電子工業株式会社」という社名にてスタートしました(当社ホームページより)。 』なお、社名が「(JAL)」と似ている為、JALグループと混同される事があるが、資本提携関係は全く無い。 航空電子グループ [ ] 航空電子グループは、、インターフェース・ソリューション機器(多機能化した各種や等の入力製品の事を当社の呼称としてこのように称している)、航空・宇宙用の電子機器及び電子部品の製造・販売並びにこれらに関連する機器及び部品等の仕入販売を行っている。 航空電子グループでは、「子会社」という呼称を使用せず、当社の「子供」ではなく「分身」であるとの考えから、「分身会社」と言う呼称を使用しているが、グループを構成する分身会社の関係は完全な横並びではなく、設立の経緯等の理由から(非公式ではあるが)ピラミッド型の階層が存在している。 余談ではあるが、最下層に位置すると思われる会社の従業員は、航空電子グループの労働組合への加入ができていない(加入出来ないのか、同社従業員の判断で加入しないのかは不明だが、少なくとも航空電子グループの労働組合から勧誘するという事は無い)。 ほぼ全ての分身会社の取締役は、ほとんどが当社からの出向者で構成されている。 かつては、分身会社の「生え抜き」の者がその会社の取締役(いわゆる「上がり」のポジション)となる事もあったようだが、当社の意向を迅速に反映させる為にそのような者を取締役にする事は無くなった。 「社長」という肩書きについて [ ] 経営トップである「社長」を表す際に世間一般で使用されていると思われる「代表取締役社長」、あるいは「取締役社長」等の肩書きは使用しておらず、単に「社長」としている。 但し、他の役職(例えば「専務」)については、「専務取締役」と「取締役」である事を示すものとなっている。 沿革 [ ]• - 東京都中央区に日本航空エレクトロニクス株式会社を設立。 - 商号を日本航空電子工業株式会社と変更、本店を東京都港区に移転し、営業活動を開始。 - 神奈川県川崎市に工場を設置し、航空機用電子機器の修理、オーバーホールを開始。 - の製造開始。 - 昭島工場(現昭島事業所)完成、川崎市(玉川工場内)より移転。 - 本店を東京都渋谷区に移転。 - 航空機用自動操縦装置、機器、燃料計、量計等の製造開始。 - 装置の製造開始。 - 市場第二部へ上場。 - 株式会社富士工業の株式を100%取得。 - ゼット・マーケティング・カンパニー 現・JAE Electronics,Inc. を設立 現・連結子会社。 - 弘前航空電子株式会社を設立 現・連結子会社 を設立。 - 市場第一部へ上場。 - JAE Taiwan,Ltd. を設立 現・連結子会社。 - 信州航空電子株式会社を設立 現・連結子会社。 - 八紘電業株式会社 現・JAE八紘株式会社 の株式を60%取得。 - 株式会社富士工業を山形航空電子株式会社 現・連結子会社 に商号変更するとともに、富士航空電子株式会社 現・連結子会社 を分離し、設立。 - JAE Oregon,Inc. を設立 現・連結子会社。 - ミサイル部品をイランに不正輸出したとして、元社長ら幹部四人が外国為替管理法違反などの容疑で逮捕()。 - ニッコー・ロジスティクス株式会社(当社出資60%)を設立。 - JAE Hong Kong,Ltd. を設立 現・連結子会社。 - JAE Korea,Inc. を設立 現・連結子会社。 - JAE Philippines,Inc. を設立 現・連結子会社。 - JAE Wuxi Co. ,Ltd. を設立 現・連結子会社。 - JAE Wujiang Co. , Ltd. を設立 現・連結子会社。 - JAE Shanghai Co. , Ltd. を設立 現・連結子会社。 - 八紘電業株式会社 現・株式会社 の株式を100%取得 現・連結子会社。 - ニッコー・ロジスティクス株式会社の株式を100%取得 現・連結子会社。 - 防衛省による企業の会計制度の信頼性等を確認するための調査(制度調査)において、工数付け替えによる不正行為を行っていたことが発覚。 - 筆頭株主であったがにより株式の50. 77%(議決権所有割合ベース)を取得し、親会社となる。 拠点一覧 [ ].

次の